菊嶋啓さんと私

さて、これまで
『大会をするキッカケの話』
『トレイルランニングを知ったキッカケの人』
の、お話を書きましたが、キッカケシリーズ最終章は
『トレイルランニングをやってみよう!と思った、キッカケの人』の話です。

前回書いたように、トレイルランニング大会開催に向けて、
あっちこっちの社長さんたちと名刺交換をしまくっていたわけですが、
小山田さんに「トレイルランニングの原点」に引き戻され、
自分自身の知識不足にも大きな不安もあったため、まずはトレイルランニングレースのスタッフとしてトレイルランニングにかかわることに決めました。

ちょっと話がそれますが、小山田さんは見た目ワイルド系なんですが、慎重に物事を考えて、足元を固めてから進むタイプの方で、反対に私は、足元が固まってるとか固まっていないとか、そういったことは全く関係なく、がーーーーーーーって突っ走るタイプなのです。

昔から『根拠のない自信家』で有名なのですが(笑)、今回こそはそういうわけにはいかないな・・・と。
で、本を読んだり、ネットを見たりするんですが、競技人口が少ないだけに情報も少ないんですよね、トレイルランニングは・・・。

ましてや、当時、私の身近でその競技をしている方は小山田さんしかいないわけです。
なので、この時期から小山田さんの背後霊のように、おんぶに抱っこ状態で
工事の開始終了連絡が会社に入るたびに、
『どうしたらいいの?』
『何したらいいの?』
『何が楽しいの?』
『どこが楽しいの?』
と、質問しまくりなので、きっと相当面倒だったと思います(笑)たぶん・・・
質問しまくりの私も、若干心苦しさがありまして(笑)、やっぱり自分がやるって言うなら、他の大会のやり方を勉強してみなきゃダメよね・・・と、ようやく重い腰を上げたわけです。

その時目前に迫っていた大会こそ

『武田の杜トレイルレース』

でした。

同じ山梨で、しかも近くの甲府市開催ということもあり、これは絶好のタイミングだ!と、ボランティアスタッフの仲間入りをさせていただきました。

早朝4時から、選手受付の準備を始めると、
続々と武田神社境内に人が集まってきます。
みんな寒いのに、わくわく楽しそう。
こんなに寒いのに、今から山を走るようには到底思えないような爽やかさ。
来ているウェアもおしゃれだなーというのが第一印象。

お祓いがすみ、一斉にスタートすると、今度は健康の杜の中でコース誘導の仕事が私に課せられていた為、そそくさと移動。

ちょうど21キロ地点。
ラスト10キロだけど、ここからが武田の杜トレイルレースで一番きついエリアと言われている「健康の杜」入り口付近での誘導でした。

スタートしてまだ1時間経ったか、経たないか・・・
まだまだ来ないだろーと、ゆったり構えていた私のもとに、選手がそろそろ来るとの連絡が入ります
えーーーーーーーーーーー
山道を?21キロもあるのに1時間ぐらいで来ちゃうの?と、びっくり。
でも、もっとびっくりしたのは、その1位の選手が、私の前を通り過ぎる時に
すっごい楽しそうに、笑顔で

「ありがとうございます」

と言って、風のように通り過ぎた姿でした。
その人こそ、菊嶋啓くん。

キクリンと言えば、このさわやかな笑顔とピースですね

キクリンと言えば、このさわやかな笑顔とピースですね

この年の武田の杜で見事優勝しました。

私の前を通り過ぎる時の、あの楽しそうな顔。
それに、スタッフに対して感謝の気持ちを伝えてくれる謙虚さ。

いままで、トレイルランニングは厳しくて辛いものだ!とばかり思っていた私にとって、菊嶋君のあの笑顔は、トレイルランニングのイメージを大きく変えました。
その後、通り過ぎる選手の大半が

「ご苦労様です」
「ありがとうございます」

と、苦しそうな顔を見せながらも、お礼を言いながら誘導員の私の前を通過していき、
トレイルランナーって、なんて謙虚でしっかりしているんだ!と、心から感動しました。

以前自分で出たマラソンのレースで、誘導スタッフに感謝の気持ちを伝えるなんてシーンは一度も見たことなく
スタッフなんだから、ここで誘導しているのは当たり前って思っていたのに

『寒いのにすみません、ありがとうございます』

なんて言われて、

『いえいえコチラこそ気の利いた掛け声ひとつ出来ずすみません・・・』

みたいな気持ちになり、トレイルランナーに惚れ惚れ。

トレイルランの魅力を一瞬で教えてくれたすごい大会

トレイルランの魅力を一瞬で教えてくれたすごい大会

トレイルランニングがどんなものか知れれば、走らなくても大会なんて運営できるはずって思っていた私にとって
トップの菊嶋君の笑顔と「ありがとうございます」の言葉。
その後に続く選手の苦しくも楽しそうな姿が、本当に心にズキューン!と刺さり、完全に虜になりました。

これがトレイルランニングを始める第一歩です。
そこで早速必要な靴を、買いにエルクへ向かいます。
(エルクについてはさらっと過ごせない程、濃い話がたくさんあるので、後程じっくり、あんなこともこんなことも書くとして・・・)

そのエルクで、なんとびっくり、偶然に菊嶋啓くんに遭遇するのです。
あの武田の杜のレースで感動した以来で、全く面識はなかったので、偶然に会えたことにびっくり。

しかも、菊嶋くん直々に、靴を紹介してくれ、私は初めてのトレイルシューズをGETすることになります。
その後、1年間いろんなレースに連れて行ってくれた、大事な靴です。

初めて買ったこの靴は、本当にいろんなところに連れて行ってくれた魔法の靴です

初めて買ったこの靴は、本当にいろんなところに連れて行ってくれた魔法の靴です

エルクで、トレイルシューズを買いたいという私に、当時今よりかなりおデブちゃんで
そのとき、ふがふが言ってる娘も連れて、右も左もわからず、てへへ・・・困っちゃったな~状態のおばさんがトレイルシューズを欲しいって、トップランナーに相談するって、今考えると身の程知らずにもほどがあるという・・・
きっと、あなたじゃ無理だよって言いたいだろうに(笑)そんなこと一言も言わず、丁寧に教えてくれた姿にまた感動し、その後のトレイルランニングレース承知活動が、より鼻息の荒いものになったのです。

いろんなランナーがいるけど、今仲良くしてくれるからとかっていう理由だけでなく、
私は菊嶋君が好きです。
トップ選手なのに、そんなところで悩むの?っていう人間臭いところや、
本気出さなくていいレースでもちゃんと本気で走るところや
足痛いんだから辞めればいいのに、辞めずにゴールをしっかり目指すところや。。。

今年は怪我に悩まされて思うように走れなくて大変だったと思うけど
きっと来年はキラキラ輝く走りを見せてくれるんだろうな・・・と思います。

トレイルランニングを知らないのに
トレイルレースを開催しようとしている私に
トレイルランニングを教えてくれて、その後も行先を示してくれた小山田さんと
トレイルランナーが礼儀正しくて、トレイルランニングは楽しいんだよってことを教えてくれた菊嶋君と
武田の杜トレイルレースがなければ、きっとレースを開催しようなんて、本気で思わなかったと思います。

この2人はスリーピークス開催になくてはならない人です

この2人はスリーピークス開催になくてはならない人です

出会いというのは本当に不思議なもので、
その後、大会開催計画を進めていくにあたって、私は常に周りに恵まれていたと思います。
私は大会をやりたい!と騒いだだけで、後はすべてまわりの方が支えてくれました。
ものすごくまわりの方に迷惑をかけながら、お世話になりまくりで、大会準備は進んでいきます。

次回は、前回の話に出た異業種懇談会と実行委員メンバーとの出会いについて書きます。
この実行委員にどんな人が入るかというのが、大会開催にはものすごい大きなカギとなります。

さて・・・・現在、第2回大会に向けて、事務局はてんやわんや。

第1次ピークを迎えております。
昨年はこの時期からベッドで眠ることができなくなりました。
毎晩こたつで資料作成しながら寝る日々が、約半年続きました。
(そのまま寝ちゃうので、我が家は昨年6月までこたつを片づけられませんでした(笑))

今年は・・・今年も・・・こたつ寝スタートです。
ふぅーーーーーーーーーーーーーーーーーがんばります!!
ではまた。

 


小山田隆二さんと私

前回トレイルランニングのレースをするキッカケの話をしたのですが、
今回は、私にトレイルランニングを教えてくれた人の話をします。

この人との偶然の再会がなければ、きっとまた別の人生だったのかな?と思うと、
出会いというのは不思議です。
私とトレイルランニングの出会いは、今から約5年前にさかのぼります。

当時私は、子育て支援講師として山梨県内各地で幼児教室を開催する傍ら、
某通信会社でシステムオペレーターの仕事をしていました。

当時の現場作業着姿 まーほんと、丸々と太ってましたね・・・

当時の現場作業着姿
まーほんと、丸々と太ってましたね・・・

通信の設計ソフトがなかなか複雑で、扱える人がいず、昔からお世話になっていた知人に依頼され、
仕方なくやっていた仕事ですが、子供を生んで3年あまり、周りは赤ちゃんとお母さんばかりだった私にとって
社会と繋がる窓みたいな存在であり、仕事の内容も今までで一番好きな仕事だったかもしれません。
まぁ、ここの会社の思い出話を書き出すと、話は尽きないのでこのへんにして・・・笑

5年前の年末の甲府市丸の内のオフィス。
会議室で協力会社さんを呼んで『1年間おつかれさまでしたー!』と親睦を兼ねて飲む会場での出来事です。
その会議室飲み会で、ものすごい偶然に昔の知り合いに遭遇します。
それがこの人。

photo by Sho Fujimaki

photo by Sho Fujimaki

小山田隆二さんです。

会社の会議室で再会するもっとずっーと前、まだお互いが独身だった頃、共通の知人と一緒に、何度か遊んだことがあり、当時小山田さんはサッカーをしていたし、私は別の会社で働いていたような、まだ学生だったような・・・どうだったっけ・・・??
とにかく思い出せないぐらい昔の話。
しばらくみんなで一緒に遊んだりしていたけれど、お互い家庭を持つようになって、なんとなく疎遠になり3年以上まったく連絡を取っていなかったので、会社の会議室でばったり再会した時、お互い

「なんでここにいるの?」

と、心底ビックリしたのを、今でも忘れません。
そこで、

「もうサッカーじゃなくてフットサルなんだけど、それも引退して、トレイルランニングをしていこうと思う。」

という話を聞いて、さらにビックリ。
小山田さんといえば、サッカーっていうぐらい、サッカーのイメージしかなく、この人一生サッカーで生きていくんだろうなぁ~と漠然と思っていたので、サッカーをやめる?トレイル?なんだそれ?ブラジルにサッカー留学までした人が?と、再会のビックリ以上に、サッカー引退発言に驚きました。
加えて「山を走りたいんだよー」なんていう彼に何度も驚きつつも、そのときは
「きっとこの人、鍛えるのが好きなんだな・・・」
程度の興味しかありませんでした。

その後、工事現場で会ったり、会議で会ったりするたびに

「山まだ走ってるの?」
「走ってるよ、この間100キロ走った」
「は?100キロ?」
「うん、100キロ」
「えー信じられない」

という会話を繰り返しても、やっぱりこの人鍛えるのが好きなのね・・程度。

トレイルランニングという競技は知ったけど、自分が関わるなんて絶対に無いな・・・と思っていました。

それから約1年。
また小山田さんに「最近どう?相変わらず走ってるの?」と聞くと、以前より楽しそうに話す姿がありました。

ちょっと気になって
「ねぇ、その競技やりたい人って沢山いるの?」
と確認すると、いっぱいいると言うのです。
大会によっては、70キロも走るのに、エントリー開始から15分ぐらいで定員いっぱいになっちゃうレースもあるというのです。
(今思えば、たぶんこれはハセツネのことだと思いますが)

なんで、ただでさえ70キロ走るのも辛いのに、山の中を走らなきゃならないの?
目的は?何が楽しいの?どういうこと?

聞いても聞いても謎は解けない(笑)

でも、大勢の人が、山を走りたくて必死にエントリーしているが、なかなかエントリーできず、残念ながら走れないレースもあるという事実をはじめて知りました。

そこで、ふと思ったわけです。

ここは甲斐の国「山梨県」なわけで、富士山をはじめ、周囲をぐるっと山に囲まれているわけで、山に囲まれてるから産業が発展しないわけで、とにかく山しかないんだから、そんなに走りたいなら、自分で大会やれば?と。
自分で開催すれば絶対出られるじゃん!と。

それを小山田さんに言うと
あのね、あなたね、そんなに簡単な話じゃないから

と、当然言うわけなんですが、私は昔から負けず嫌いでして『できない』とか『無理』とか言われると

そんなんやってみなきゃわからないじゃん

と思う性格なもので、このときも例外なくそう思い、小山田さんが無理って言うなら、本当に無理かどうかやってやろう!と思ったのです。

おりしも、前回のきっかけの話で書きましたが、なにか山梨でなにか面白いことを・・・と、考えていた時期とも重なり、これはきっと運命だ!と
なんか、頭の中でベルがリンリン鳴って、何かに突き動かされているような感覚でした。

そこで、今まで子育てのイベントはやっていたけれど、大人向けのイベント、しかもスポーツ大会などやったことない私は、まずどこから始めようかな・・・と途方にくれます。

お金も、時間も、人数も莫大にかかる。
でも私はただの主婦。
どっからはじめたら良いのだろう・・・

いま考えるとかなり無謀な考えでしたが(笑)
なぜかその頃、私は絶対に大会が開催できる!と思っていたし、絶対にやってやるんだ!と思っていました。
出来ないとはなぜか思わなかったのです。

そこで、まず自分の知り合いの中で、一番顔が広そうな人のところに相談に行きました。
株式会社柳生のトモオさん(https://www.facebook.com/ryuseikofu)という方で、私の知り合いの中でダントツに顔が広い方でした。
見た目は強面ですが、心優しいかたで、兄のような存在の方です。

まずトレイルランニングの大会を開催したいという話をして、
どこにどんなふうに話をするのがいいのか?」と
相談すると、1つの異業種懇談会を紹介してくれました。

NFL(ニューファンデーションリンク)
(http://nfl-yamanashi.com/)という、会です。

トモオさんは私に
「山梨の若手企業家たちが集まる会が月に1度開催されてるので、そこに来てみんなに話をしてみろ。そうすれば、興味をもった人が話を聞いてくれるかもしれない。
でもお前が本気かどうか、一発でわかるからな、ちゃらちゃらしてたら話なんか聞いてもらえんぞ」
と、厳しい言葉を投げつつも、その会に誘ってくれたのです。

それは行こう!
行かなきゃね!
ここで掴んでこよう!
2011年の冬、異業種懇談会へ初めて参加することになります。
この話はあとでまた書きますね。

いろんなところの社長さんと出会う機会をもらってルンルンな私は、
意気揚々と小山田さんに

「私ねーちょっといろんな業界の人とつながってレースとかまじで開催できるかもよー♪ふふーん♪」

と、報告すると

そうやって、業界の人とつながるのも大事だけどさぁ、実際やったこともない人に言われても、説得力ないよね。まずはさ、自分がやってみてから言えば?そういうこと

と、冷静に言われ、チーン・・・現実に戻ります。

そうです、私、この時点でまだトレイルランニングに一切触れてません。

あーーーーー大変。
どうしましょう。
確かにその通り、でもな・・・運動嫌いなんだよな・・・
走るとか無理なんだよな・・・
と、当時の私はトレイルランニングを自分でやる!とはまだ思えませんでした。

なので、まずはトレイルランニングの大会のボランティアスタッフをして、選手や大会の運営を学ぼう!と第一歩を踏み出すことにしました。
ということで、今回はここまで。
次回は、私にトレイルランニングをするキッカケを与えてくれた人についてお話します。
トップランナーのあの方です。
お楽しみに・・・。


第2回大会開催のおしらせ

Photo by Sho Fujimaki

Photo by Sho Fujimaki

第2回スリーピークス八ヶ岳トレイルを下記日程にて開催いたします。

開催日:2014年6月8日(日)
※出走受付は前日の6月7日(土)のみとなります

種目:One Pack Line 38k(400名)
Attack Line 23k(300名)
※上記に加え第1回大会上位入賞者・ゲストスタッフ・地元枠は出場権あり

エントリー開始日:2014年2月11日(火・祝) 21時~
エントリーサイトはスポーツエントリーとエムスポエントリーを予定しています

現在、大会ホームページは第2回の内容に変更する為、更新中です。
上記以外の詳細につきましては、決まり次第MMAブログ、facebook、HPにて発表いたします。

MMAを見てくださった方だけに、ちょっぴりお知らせを追加★
(そんな勿体ぶるものではないですが(笑))
来年はせっかく前泊してくださった皆様ともっと楽しみたいな~と、前夜祭を企画しています。
ただ、コース的に前日あんまり飲みすぎると大変なことになると思いますのでほどほどに・・・(笑)

より環境に配慮した、選手の皆様に寄り添った大会を目指し、来年も精一杯頑張ります。
きっと私のことだから、またミスも出ると思います。
先に謝ります、すみません。
でも、皆様の笑顔にまたぜひお会いしたいので、全力投球するつもりです。
ぜひぜひよろしくお願いいたします。


きっかけの話

トレイルランニングのレースを開催したいと思った人間というのは、

①トップランナーであり、依頼されてレースを開催した
②トレイルランニングをしているないし、好きだから開催した
③トレイルランニングレース開催地域で商売や政治活動をしており、
 地域活性化を目的として開催した
④レースやイベントを開催する会社を運営していた
⑤トレイルランニングのギアを製作・販売している会社に所属していた

上記が主な理由・原因だと思います。

でも、約3年前に私が
「トレイルランニングレースを開催したい!」
と思った頃、私は上記理由が一つも当てはまらない人物でした。

じゃあ、なぜトレイルランニングのレースを開催したいと思ったのか・・・

きっかけの出来事と人物がいたからです。
まずは、きっかけの出来事からお話します。

私は7年前に出産しまして、それからしばらくベビーマッサージの講師をしていました。
ベビーマッサージとは、子供の心身の発育、親子の深い絆づくり、お母さんの育児ストレスの解消を目的とした、スキンシップ方法のことです。

7年前の山梨で、ベビーマッサージ教室を開催している人は少なく、
お陰様で、テレビやラジオ、新聞に取り上げていただきました。
山梨は狭いのでそうやった活動をしていると、いろんな業種の方々からお声がかかるようになります。
その方々は口をそろえて
「山梨を盛り上げる、なにかいい案はないですか?」
と、私に質問をしてくるのですが、当時の私には何一つ良いアイデアは浮かばず、むしろ
「どうせ山梨なんて盛り上がらない」
と思って、提案をしようという気持ちにもならない状況でした。

そう思って、子育て支援活動や生活をしていくうえで、ふと自分の子供のことを考えました。
私は山梨を愛してるのか?自分が愛していない地で子供は生きていくのか?

山梨という場所は本当に中途半端な位置にありまして、
東京に2時間で行けるのです。
東京以外の主要都市に行こうとすると、ものすごい不便なのですが、東京へのアクセスは意外と便利。
なので、山梨に無いもの、山梨で出来ないことは、東京に行けばすぐに解決するので
地元をなんとかしよう!という気持ちがなかなか芽生えないのです。
(あくまでも私個人の意見ですのであしからず)

私が生まれた山梨県北杜市は今は都会からの移住者が多く、元々の住民と都会から引っ越してきた住民が半々ぐらいですが、私の幼少期は元々の住民が多く、地元の公立小学校、公立中学校、県立高校に進むのがセオリーでした。私の場合、私立の女子中学校へ進んでしまったので、「地元」という絆からはみ出してしまった感もあり、それが余計「地元愛」を失ってしまった原因かもしれません。

果たして、自分の子供は山梨に生まれ、山梨で育っていくのに、
このままどんどん人口が減ってしまって、どんどん寂しい県になってしまったらどうなってしまうのだろう?
寂しい田舎にしてしまうのも、楽しい田舎にするのも、他人ではなく自分なのではないか?
でも、都会のマネをしたイベントでは、一時的な盛り上がりで、継続性は無いだろう。
山梨の特色を生かした、山梨で無ければ出来ないことってなんだろうか?

その答えが出ないまま、いつもどおり様々な育児イベントを開催していく中で、子供が喜ぶイベントに確かに人は集まるけど、子供だけでなく親自身が楽しくなるイベントでなければ継続性が無いことがわかりました。
『子供の為に』という思いだけのイベントは、子供が巣立てば興味が失せ、親も楽しいイベントなら子供が大きくなってもずっと通い続けてくれる。

『大人が楽しむことに子供が共感し、子供が喜ぶ』

このキーワードで何かできることがないか?と思っていたとき、私はトレイルランニングに出会います。
正確に言うと、すでに出会っていたトレイルランニングに、ようやく可能性を見出したというか、興味を持ったというか・・・
現状を打破するのは、トレイルランニングの存在かもしれないということに、気が付いたのです。

ということで、次回はきっかけを与えてくれた、私にトレイルランニングを教えてくれた人物についてお話ししたいと思います。

育児支援講師真っ最中の頃の写真 何が驚くって太りすぎだろう・・・(笑)

育児支援講師真っ最中の頃の写真
何が驚くって太りすぎだろう・・・(笑)


雑魚キャラですが・・・

はじめまして。
松井裕美と申します。

今回、MMAの渋井さんから『ブログ書いてみませんか?』とお誘いを受けまして、
まさか私がMMAでブログを書かせてもらうなんてことが現実になるとは思わず、
きっと口約束で終わるだろうと(笑)
『あは~ぜひ~』
なーんて答えていたら、現実になってしまい、非常に恐縮しております・・・

プロフィールに書いたように、私は普通の一般の主婦です。

ただ、とっても幸運なことに、2013年6月に山梨県北杜市にて
『スリーピークス八ヶ岳トレイル』
という大会を開催させていただきました。

本当に沢山の方々のご協力のもと、無事開催できたことを心から感謝しています。

私はこの大会で事務局を務めまして、
まーおっちょこちょいな事務局だったので(笑)
エントリー後に『事務局の松井です~』とお詫びを何度HPやブログに掲載したことか・・・
スリーピークス八ヶ岳トレイルと言えば、必ずミスがある・・・
そう言わしめた原因は、はい、私です。。。すみません。。。

なんでこんなおっちょこちょいな女が事務局なんだ?と思ったでしょう。

私が大会の「言いだしっぺ」だったからです。

私はお金持ちじゃないですし、トレイルランニングのアイテムをあつかうメーカーでもお店の店員でもありません。

それどころか、私がこの大会を企画したとき、私はまだトレイルランニングをしたことが1度もありませんでした。
職業は子育て支援講師で、幼児教室でベビーマッサージを教えていました。

そんな私が、なぜトレイルランニングの大会をはじめようと思ったのか・・・
どうやって素人が大会開催までこぎつけたのか・・・
大会開催には何が必要なのか・・・
なぜこの雑魚キャラがMMAブロガーになれたのか・・・

じわじわゆるりとありのままに書かせて頂こうと思います。

でもって、せっかくなので、山梨の山やトレイル、アウトドアショップにトレイルランナーなど
山梨のトレイルランニングにかかわることを書かせていただきたいと思っていますので
ぜひかわいがってください。
意外と打たれ弱いので優しく見守ってください。
どうぞよろしくお願いいたします。

mitsugashira

写真は、権現岳山頂から見た富士山
手前の三ツ頭はスリーピークス八ヶ岳トレイルのピークの山です。
標高は2500mちょっと。
大好きな山です。