まだまだ雪が街にあふれてます

2月14日に降った大雪。
ようやく今日北杜市のスリーピークス八ヶ岳トレイル倉庫まで行ってきました。
小淵沢に行く途中に、甲斐駒の登山口を通過します。
登山道入口はこんな感じ。

道は雪は無いですが、道幅はやはり狭いので要注意!

道は雪は無いですが、道幅はやはり狭いので要注意!

登山道入り口の横にある、白州道の駅は、14日の大雪から3日間あまり、避難所となっていただけあり、残された雪が山のよう。
道路も両端に高く雪が積まれていて、国道とはいっても、いつもよりずっと道幅が狭くなっています。

倉庫の手前にある、小淵沢小学校。
ここは私が6年通った思い出深い小学校。
でもグラウンドはすべて雪で埋め尽くされていました。
kobuchisyo残された雪の高さがわかりにくいと思いますので
身長130cmの、私の娘をこの前に立たせてみました。

娘の肩の高さまで雪が残ってます

娘の肩の高さまで雪が残ってます

1週間以上たってもまだ、雪かきをしていないところは、これだけの量の雪が残されています。
小淵沢小学校は1週400mのトラックがあったり、屋外プールがあったりと、とにかく広い校庭が自慢なのですが、この校庭が前面使えるのはいつなんだろう・・・。
自然に溶けるのを待っていたら、きっと春が来ますね。

この時期小淵沢の子たちはスピードスケートをするんですが、スケートリンクもこの雪で稼働してるのか心配。
大事な大会がたくさんある時期なだけに、雪で練習がまともにできないとかわいそうだな・・・と思いました。

さて、倉庫の様子は・・・
soko3人が1人通れるだけの通路があったのみで、1mを超す雪に覆われてました。
もちろん屋根の上にも、すごい雪が乗っていたのですが、屋根の上には登れません。
なぜなら、この1週間で、すでに表面の雪が凍ってしまい、固くて重くなってしまい、雪の上に乗るのも危険だったからです。

soko6とりあえず、気合を入れて夫と雪かきを開始します。
とにかく白銀の世界なので、サングラスは必須です。
かっこつけてるとか、顔がばれたくないとかではありません(笑)
目があっという間に痛くなります。

娘もがんばって雪を運んでくれましたがあっという間に飽きていました

娘もがんばって雪を運んでくれましたがあっという間に飽きていました

固まってしまった雪をブロック状に切り取って運ぶしかありません。
プラスチックのスコップでは、ばきっとすぐに折れてしまって、役に立ちません。
なので、角スコップという重たいスコップで切り出します。

3mちょっと雪をどけるのに、なんと3時間。
休憩もほぼせず、もくもくと雪運びをしたのに、これっぽっちです。
soko4前回言った通り、この倉庫は私が昔住んでいたお家。
でも住まなくなってからもう20年近くの月日が経っています。
それでも、私が雪かきをしていたら、ご近所の方がぞろぞろと近づいてきてくださって

「誰かと思ったら、ゆみじゃん、どうしたで?わざわざ来ただけ?えらいじゃん」
(訳:わざわざ来たなんて大変だったね)
「手伝ってやりたいだけんど、もう歳でえらいだよ、わりーけんど食えし」
(訳:手伝ってあげたいんだけど、歳がとった体には辛くて手伝えないけど、これ食べてね)
と、栄養ドリンクやら、おせんべいやら、いろいろとくれました。
この久々の田舎のノリ癒されます(笑)
しばし、ご近所の皆さんと、最近の家族の様子について語り合い。
みんな歳をとってあちこち痛いけど元気だそうです。よかったよかった。

北杜市内には、長野や新潟から来た除雪車や、都内から雪かきボランティアに来てくださった方々がたくさんいて、私のトレイルラン仲間も今回たくさん来てくれました。
清里周辺の孤立住宅や、小学校の通学路をせっせと雪かきしてくれたそうです。
本当にありがたいことです。
昨日も甲府市内を「水戸市」という腕章をした方々が雪かきをしてくださっていて、どうしたんですか??と聞くと、
「大震災の時に甲府市から水をいただいたので、そのお礼で雪かきに来ました」と・・・

この助け合い精神というか、困った人を助けよう!と、忙しいのに予定を合わせてきてくれるみなさんの行動の速さ、軽快さ、豊かな心・・・本当に感謝です。
みなさん本当にありがとうございました。

大雪から1週間たって、雪は本当に固く重くなってしまって、
私でも運ぶのがつらくて、腕や肩がパンパンです。
これを70代、80代の方がやれるのか・・・みんな黙々と頑張ってるけど本当に厳しいと思います。
また、最初に言ったように、子供たちが使う、学校の校庭、通学路の歩道、公園などはまったく手が付けられていない状況です。
通学路は特に、除雪車がよけた雪が高く高く積み上げられ、2mの壁があり、歩道に入ることがまず困難で、車道を歩くしかないところがほとんどでした。

まだまだ雪かきが必要で、まだまだ人が足りてません。
もし少しでもお時間がある方はぜひお手伝いください。
(北杜市福祉課までお問い合わせください。
http://www.shakyo.or.jp/hp/news/detail.php?s=842&a=5483

スリーピークスのコースも大丈夫かな・・・

なんとかこれ以上の雪が降らないように祈るのみです。


ヴァレンタインの大雪から4日目

テレビやラジオ、新聞が取り上げてくれるようになって、山梨の現状を多くの方に知っていただき、毎日励ましのお言葉をいただきます。
ありがとうございました。

昨晩遅くに、ようやく八王子~諏訪まで高速道路がつながり、
やったー!と喜んだのもつかの間・・・
確かにつながったけど、つながっただけで、小淵沢、長坂、須玉といった、北杜市のICは乗ることも降りることも出来ませんと発表があり、なんだかガッカリ・・・。

そもそも少ない電車もさらに少なくなり、1時間に1本あるかないか・・・
それも、小淵沢~甲府間のピストンだそうで、明日には東京方面へもちゃんとつながるといいなぁ。。。と心から願うばかりです。

ちなみに本日の小淵沢駅の様子はコチラ・・・

4日たってもまだこんなに雪の山・・・

4日たってもまだこんなに雪の山・・・

こんな雪見たことないなぁ・・・こんな雪いつ溶けるんだろう??

小淵沢にある、帝京第三高校サッカー部の皆さんが、かなり駅の周りを雪かきしてくれたそうで、ありがたい・・・若い力、感謝します。

小淵沢の駅のそばにはスリーピークスの倉庫があるのですが・・・

雪でつぶれないかとにかく心配な大会倉庫

雪でつぶれないかとにかく心配な大会倉庫

もともと古い空き家を倉庫として使っているので、この雪で屋根が落ちないか真剣に心配。
ここの雪かきをしたいのだけど、小淵沢へのアクセスがまだ万全になっていないので、行くことがまず困難。

スリーピークス八ヶ岳トレイルのボランティア作業第一弾を、倉庫の雪かきと屋根のペンキ塗りとかにしたいぐらい(笑)

実はこの倉庫、私がもともと生まれて住んでいたお家。

人が住めないぐらい老朽化したので、今は倉庫。
でも、思い出がたくさん詰まった家なので、つぶさず、誰かに譲ることもなく、小淵沢にそのままあるのですが、こうやって雪が降るたびに、今度こそつぶれるのでは?と心配になるぐらい、とんでもなくぼろいお家。

でも今は、スリーピークスの旗や分岐誘導でつかった木製看板やあれこれがたくさん保管されていて、新たな役割を持ったお家。

どうか救出(雪かき)に行くまで、つぶれずに頑張ってほしいな・・・

今日も、スリーピークス八ヶ岳トレイル実行委員のメンバーはあちこちに雪かき。
1人は小淵沢で、1人は大泉で、そして1番最年長の多賀さんは、増冨で孤立してしまった友人を助けに、スノーシューで自分も遭難しそうになりながら食べ物を届けていました。
増冨は、クライミングで有名な瑞牆山、金峰山の麓にある町で、普段行くにも険しいところです。

孤立していると報道されている早川町だけでなく、須玉の増冨や甲府の昇仙峡、黒平など、心配な地域がたくさんあります。

新潟からはるばる北杜市を助けにきてくれました

新潟からはるばる北杜市を助けにきてくれました

自衛隊の方々だけでなく、今日は新潟から雪かき部隊が、見たこともないようなすごい除雪機で助けにきてくれました。

早く困ってるたくさんの方々のところに、救いの手が届きますように。

今日もとりとめのない文章になってしまいましたね。
とりあえず、私は今日も元気です。
あしたも1日頑張ります。


山梨の大雪について

昨日のブログをご覧下さった皆様、ご心配おかけしています。
マツイです。

山梨がそもそも豪雪地帯だと思っていた方が多くびっくりしたのですが、
甲府は夏は40度に達っする場所です。
だから、道路も建物も大雪が降ることを想定しはいません。
だから、今回1日で110㎝以上も雪が降り、カーポートの倒壊は何百件もおきていると思いますし、倒壊したカーポートに押しつぶされた車を何件も見ました。

トレイルランニングをしている方なら有名な「道志村」は村外につながる道が雪の影響で寸断されており、雪崩も起きているので、非難を呼びかけられています。
甲府市旅館でヘリで救助された方々がいましたが、あれは武田の杜トレイルランニングレースのコースの横にある宿です。
そう考えると、身近なところで災害がおきてるな?って思いませんか?

ちなみに我が家ははこんな感じでした。
ちなみに甲府のとなり、甲斐市という場所です。
yuki1玄関から出られない。。。
スコップ片手にラッセルしまくって車に到着し、近所の住民が一丸となって主要道までの道をつくり、丸一日格闘したけれど、主要道には除雪車が来ず・・・
結局、降雪から3日経ちましたが、甲府市中心部や石和あたりは、まだまだ人が外に出られるような状態ではないようです。

でも、いろんな方々のご協力により
電車は甲府~小淵沢区間で、今日の19時にようやく動き出し
先ほど23時に高速道路もやっと動き出しました。よかったー。
ほんとよかった。

でも近県にアクセスできるはずの県道、国道も部分的に寸断されていて、自家用車1台が通るのがやっとだから、荷物を運んでくれるトラックは通れません。
ところどころまだ危険なぐらい雪が高い箇所がありますので、皆様お気を付け下さい。

大変な状況ですが、みんなでい声を掛け合ったり、雪かき協力しあったり、助け合って頑張ってます。
たぶん、甲州人の気質でしょうか?
みんな根性あります。
そっちが頑張るならこっちも頑張るけどね!
みたいな(笑)見えない意地の張り合いがあっちでもこっちでも繰り広げられてます。

今日、実行委員の家のそばにようやく除雪車がきました。
早速「神キター!!」と写メをもらったのですが、まじで神!(笑)
かっこよすぎです。

トランスフォーマーのような車が除雪してくれます

トランスフォーマーのような車が除雪してくれます。

ここは、スリーピークス八ヶ岳トレイル大会会場近くの北杜市小荒間。
14日の降雪から3日たってようやく除雪車がやってきてくれました。

本当に大変な状況だけど、
みんなで助け合おう!とか、困ってる人優先に!とか、
情報共有しよう!とか。
いろんな人種が集まっている田舎の結束が、この大雪を機に一気に強くなった気がします。

とはいえ、まだまだ取り残されている人が山梨県内のあちこちにいるのは事実で、
病院に行きたくても行けない人がたくさんいることを考えると胸が苦しいです。

新潟から援助隊がきてくれたり、自衛隊が助けてくれたり、
ヘリでパンを届けてくれたり、皆さんありがとうございます。

とにかく120年に1度の大雪。
負けずに頑張ります。

とりとめのない文でごめんなさい。


大雪でどうにもこうにも

私は小淵沢という雪が多い土地で生まれ育ったのですが、
その私も、こんなひどい雪は見たことない・・・というぐらいの大雪にこの2日間翻弄されています。

実は、先週も大雪が降りまして、でもその時はまだみんな
「こんなに雪が降るなんてねー」
ぐらいの気持ちでした。

山梨を大きく誤解されているかたがいるのであえて説明しますが、
山梨県は雪がたくさん降る地域と、ほとんど降らない地域に分かれるんです。
県庁所在地がある甲府付近は降ってもあまり積もらないし、翌日天気がよければあっという間に溶けてしまうので、雪に対する備えがほとんどありません。

だから、今回の大雪に何も対応できなかったのです。

実際、大雪を経験している私でも、今回の雪は初めてと言っていいほどの大雪でした。
でも、甲府市周辺の住民、大半が雪かきスコップすら持ってません。
だから、私の家の周りの方々は、チリトリや洗面器や買い物かごや・・・いろんなものを駆使して雪かきをしたけれど、降雪量110cmを越えた地域ではほとんど意味がなく、陸の孤島状態まっしぐらです。

すでにスーパー、コンビニには食料がほぼありません。
山梨は山にぐるっと囲まれている為、近県を繋ぐ道には必ず山があり、
そのすべての坂道を立ち往生している車が塞いでいるというこの事実。
降雪から2日たってもなお、電車のなかには900人も閉じ込められています。
停電になり、完全に孤立してしまった町があります。
みんなそれぞれのライフライン確保に精一杯で、こんなときお年寄りは?妊婦さんは?赤ちゃんは?みんな無事なのかな・・・と思うと胸が苦しいです。

車が動かなくなったから、歩いて帰ろとした方が凍死してしまった程の災害が出ているのに
お店に食べ物が無くなっているのに、なんで報道がほとんどされないのかわかりません。
鉄道も道路も使えないから?
オリンピックだから?

とりあえず、私は元気です。
備蓄の食料があるのでとりあえずそれを食べて生きてます。
雪国出身(北杜市)なので、雪に強い車もあります。
雪かき用のスコップもあります。
トレイルランニングのおかげで、防寒具には困らないし
ゴアテックス製品がとっても役立ってます。
これは耐久レースのためのトレーニングだ!と自分に言い聞かせて雪かきしてますし、
トレイルランのおかげで、その辺の男子より雪かき体力あります。
車がいけないところは、先に私が走って様子を見に行きます。
全てトレーニングだと言い聞かせてます(笑)
家族に初めて
「トレイルランニングの成果がでてよかったね」と(笑)
こんなところで役立つとは・・・です。

明日は山梨県内315校が休校です。
私の夫の家のカーポートも倒壊しましたが、怪我はありません。

また朝から晩まで雪かきです。

早く電車や高速がつながって、困ってる人たちがお家に帰れますように。
もっと情報がたくさん入って、待っている人がいる家族が安心できますように。
みんなの雪かきの疲れが取れますように。

早く普通の生活が取り戻せますように。


コースに込めた思い

スリーピークス八ヶ岳トレイルエントリー開始の日をいよいよ迎えました。
エントリーしてくれる人がいるのだろうか・・・いなかったらどうしよう・・・

エントリーは下記2つのサイトよりお申込受け付けていますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします。

スポーツエントリー http://www.sportsentry.ne.jp/event/t/40800

エムスポエントリー http://info.mspo.jp/profile/bayue165

さて、現在山梨県甲府市「やまなしプラザ」では、スリーピークス八ヶ岳トレイルの展示会を開催しています。
昨年度の大会の様子と共に、トレイルランニングに必要なギアや食料、そして大会オリジナルアイテムを展示しています。
この展示会、突然開催がきまったので、何をどんなふうに展示するか2日か3日しか考える時間もなく、また展示してあるギアも各メーカーさんに無理言って送っていただき、あわただしくも無事展示開催日を迎えることになりました。

トレイルランニングを知らない多くの方々に、
「どんなことをしているのか?」
「トレイルランニングとはなんなのか?」
「スリーピークス八ヶ岳トレイルってどんな大会なのか?」
をわかりやすく伝えることを目標とし、写真やアイテムの他に、文章の展示もしました。

そのなかで、コースディレクターをしてくれた小山田さんに、
「コースに込めた思い」を語ってもらいました。
昨年一緒に大会を作った間柄ですが、改めてこんな思いだったんだな・・・とか、こんな迷いもあったよな・・・と思い出しました。
そこで、これはぜひ皆さんに伝えたいなと思い、展示させてもらいました。

スリーピークス八ヶ岳トレイルはとっても厳しいコースだと、あちこちから噂は聞いていらっしゃると思いますが、どうしてこのコースになったのか、このコースにどんな思いを込めたのかという話です。
なかなか山梨の展示会会場までお越しになるのは難しいとおもいますので、今回小山田さんに無断(笑)で私のブログに掲載させていただきます。

本日21時にエントリー開始になりますので、その前に見ていただければと思います。

多くの皆様の笑顔に、今年も会えますように。
皆様のエントリーを心よりお待ちしております。

********************************************************************

誰でも走れるような走りやすいコース設定をし、より多くのランナーに楽しんでもらった方が良いのでは?と思いながら、スリーピークス八ヶ岳トレイルのコースを探していました。

 でも、コースを探し、あちこち走っているうちに、走りやすいコースを提供するのではなく、この土地の良さが前面にでるようなコースの方が良いのでは?と思えるような場所に沢山出会いました。
 そして、三ツ頭を目指し、他のレースにはない、男らしい八ヶ岳を表現したテクニカルなコースと、棒道をはじめとする、新緑の息吹がより感じられる爽やかなコースの2つを考えました。

 登山をする方にとって、三ツ頭は八ヶ岳の中ではあまりメジャーな山ではなく、奥の権現岳や赤岳へ行くための通過点というイメージだったと思います。
 しかし、鎖場やハシゴといった危険箇所を通過せずに頂上へ向かうことができ、手前の木戸口公園付近では、まるで海外に来ているのではないか?と錯覚するような、山岳景観を目の当たりにすることができます。
 また、八ヶ岳横断歩道は、八ヶ岳のすそ野を横断する約10kmの登山道ですが、初めて走った時からトレイルランニングのために造られたのではないか??と思ったほど、厳しさと美しさが備わったトレイルでした。 

 スタート会場の「三分一湧水」の標高は1000m。
そこから、ピークの「三ツ頭分岐」標高2500m地点まで一気に駆け上がります。
 また、大きな岩やガレ場など走るには不向きな下りを終え、またアップダウンが激しい八ヶ岳横断歩道を走り続ける…。しかし、この厳しい三角形のルートを終えた先には、木漏れ日が降りそそぐトレイルや雄大な甲斐駒ケ岳へ飛び込んでいくようなトレイルが出現し、今までの疲れや、苦労を忘れて爽やかにゴールへ向かうことができます。

 第1回大会では、厳しさのあまり、当初低い完走率になるのではないか?と思われていましたが、実際の完走率は想像をはるかに越えた97%でした。
「必ずゴールしてもらいたい、ゴールすればこのコースの良さが必ずわかる」という思いがあったので、より多くのランナーの方々にゴールしてもらい、この思いを感じていただけたのではないかと思います。 

スリーピークス八ヶ岳トレイル コースディレクター 小山田隆二

One Pack Line 38kから見える、景色の中で、私はここが一番好きです。

One Pack Line 38kから見える、景色の中で、私はここが一番好きです。


敵をつくりそうな話

深夜に文章を書いていると、どんどん熱を帯びて、敵を作りそうな話がどんどんと湧き上がる。
この性分どうにかせねば・・・と思う自分がいたり、まぁこれが自分と思うもう一人の自分がいたり、深夜の脳内はめまぐるしい。
とりあえず、今晩は思い立った敵を作りそうなはなしは封印し、明日冷静になって読んでみよう。
なーんて保守的な自分嫌だな・・・
これが大人になるということなのだろうか・・・
とりあえず、その前に伝えなければならないことが・・・もとい、謝らねばならないことが・・・
まずそれを優先しよう・・・

気が付けば2月。
スリーピークス八ヶ岳トレイルのエントリー開始まであと1週間。
12月、1月と、募集要項作成、HP作成、各種申請手続き、後援&協賛依頼、招待選手&優先エントリー者への連絡と確認、大会関係者へのご挨拶などなど
めまぐるしく日々はすぎ、今度は出来上がったポスターや募集要項を持ってあっちこっちへあいさつ回り。
現状まだ挨拶が終わっていないところもあったりして、非常に申し訳ない気持ちであふれかえっている。
現状私が抱えている一番の大仕事は、みなさんがエントリーする「スポーツエントリー」&「エムスポエントリー」のスリーピークス用サイトを作成することである。

昨年エントリーしてくださった方ならご存知であろう。
私は昨年度このエントリーサイト作成で大きなミスを犯した・・・。
そう、「チーム名」を聞き忘れた。
そして今年も招待選手のエントリーサイトで同じミスを犯した・・・。
きっとあほなのだと思う・・・。
ということで、招待選手には今から
「あのーすみませんー所属のチーム名なんでしたっけねー」
という連絡をしなければならず、あぁ二度手間。
完全に去年の教訓が生きていない。
ということで、みなさんのエントリーまで間違えるわけには行かず。。。
念には念をの確認をしながら、粛々とエントリーサイト作成に励んでいる状況である。

あまりにもエントリーサイトが出来上がらないので、既に何名かの方から
「大丈夫ですか?エントリーサイトあってますか?間違ってませんか?」
との問合せも入り、さすがスリーピークス。
きっとミスがあるに違いないと、エントリーしてくれる方までもスタッフのような気持ちで居てくれて非常にありがたい。
それに甘えてはいけないのだが・・・(反省)

ということで、ご迷惑おかけし大変申し訳ありませんが、あと2~3日お待ちください。
必ず2月11日にはエントリーできるようにしてお行きますゆえ・・・

なにとど、なにとど。。。