幻のIZUに愛をこめて

先日我が家に届いた郵便物。

それは出場予定だった「IZU TRAIL Journey」から。

小包を開けてみると、中には参加賞のTシャツ、本来だったら販売予定だったコースマップ、そして中止にいたるまでの経緯が詳細に記された資料、大会パンフレットが入っていた。

 

手にとって1つ1つ見てみる。

 

どれも本当に素晴らしいもので、大会運営側がどんなにこの大会に愛情を持っていて、どんなに開催したかったのか、痛いぐらい伝わってきた。

こんな素晴らしいものを、ここまで用意していて、あの大雪の中危険も顧みずコースを確認に行った実行委員の方の熱い思いを考えると、大会中止という決断がどんなに切なくて、悲しくて、辛かっただろうと思う。

 

トレイルランニング大会とは、

このトレイルを味わって欲しい!という競技者としての思いと、
この地域を盛り上げたい!という地域の思いが重なり合ってピークに達したときにようやく実現するものだと思う。

競技者としての思いだけでは地域理解は深められず、地域や観光といった面だけでは選手は楽しめない。

何度も何度も地域と競技者が話し合い、ぶつかり合い、時には悔しい思いも悲しい思いもしてそれでも参加者に喜んでもらえる最高のものを作り上げたい!そういう思いで、目に見えない苦労を沢山してきたはず。

大会のパンフレットは、ランナーにとっても、そこに滞在しようと思う旅人にとっても、とても素晴らしい作品だった。

普段家族を置いて大会に出かける私も、IZUは家族旅行のつもりで参加する予定だった。

「家族を連れて行きたい」そう素直に思える大会だった。

それは、ほんのささやかなことの積み重ね。

詳細な交通アクセス、会場周辺マップ、おしゃれなHP、昨年走ったランナーの楽しそうな姿。

伊豆を丸ごと楽しんで欲しい!

そんな気持ちがあふれていたような気がする。

 

今回大雪で中止になってしまったけれど、中止にいたるまでの経緯、そして決定後の対応、どれをとっても素晴らしかった。

やりすぎです、そこまでやらなくていいんです、私のことは心配しないでください。

そう、大会側に言いたくなるほど、素晴らしい対応だったと思う。

 

スリーピークスも大会開催まであと3ヶ月。

【やらなければならい事】と【やりたい事】が沢山あるが、
いよいよ【やりたい事】を諦めて【やらなければならない事】に集中しなければならない時期に来た。

それは運営側として最初に訪れる悲しい出来事。

もっとこうしたい、もっとああしたい、みんな大きな目標をもって突き進んでいる中で、現実と向き合い進む。

 

みんなが100%納得するというのはきっと難しいと思う。

でも、みんなの100%に近づけるように。

IZU TRAIL Journeyから学んだことを生かせるように。

 

来年こそIZU TRAIL Journey走らせてください。

よろしくお願いいたします。

参加できなかったけど素敵な思い出をありがとう

参加できなかったけど素敵な思い出をありがとう


スリーピークス雪かきボランティア募集のおしらせ

皆様にお願いがあります。

2月14日、山梨県には120年ぶりの大雪が降りました。
北杜市はもともと雪の多い地域で、今回の雪で普段だったらもう雪がほとんどない場所まで雪で埋まっています。

私たちもコース整備をそろそろ始めたいのですが、雪と毎日にらめっこ状態です。
標高1000mを越えたエリアでは、昨日も雪が降りました。
八ヶ岳は雪で真っ白です。
もう少したてば雪が溶けてコース整備ができるかもしれない・・・
そんな期待をしていられないのです。

そこで・・・雪かきボランティアを募集いたします。
雪かきエリアは、棒道&防火帯エリアです。
スリーピークス八ヶ岳トレイルコースでいうと、スタートしてから約10キロの区間です。
早めに雪かきを実施して、道を確保して、みんなが踏み固めてくれればきっと良い道ができます。
普段地元の方がウォーキングやハイキングや犬の散歩などで使う方が多い道です。地元の方も困ってます。
トレイルランナーの力を終結して、この雪どかしてみませんか??

どうぞお力を貸してください。
よろしくお願いいたします。

★雪かきボランティア募集★

日時:3月30日(日) 9:00~15:00
集合場所:三分一湧水館駐車場(http://www.alps-hs.co.jp/sanbuichi.html)
山梨県北杜市長坂町小荒間292-1
持ち物:雪かきスコップ、お昼ご飯、おやつ、飲み物、動きやすくて寒くない服、手袋等雪かきスタイルでお願いします。

ご協力いただける方は下記URLからご登録ください。
URL:https://ssl.form-mailer.jp/fms/bfafb9a0291237

※申込後info@trail38.comから詳細メールを送ります。
かならずメールが届くように設定をお願いします。
※雨天や悪天候の場合は中止になる場合があります。
中止の場合はfacebookやHPにてお知らせを出しますので、予定日近くなったらマメにチェックお願いいたします。


抽選エントリーということ

皆さんご存知の通り、スリーピークス八ヶ岳トレイルはエントリー時にシステムのエラーがおきました。

このブログはありのままの私の七転八倒を・・・ということがコンセプトなので、この約半月の間のもだえっぷりをお伝えします。

2月11日、私もエントリーしてくださったみなさんと同じぐらいドキドキしながら、パソコンの前に向かっていました。
私は管理者画面で、2分程度の遅れでエントリー状況が確認できる立場にあります。

21時02分、最初の登録者の名前を確認した瞬間、本当に本当に胸をほっとなでおろしました。

なんせ、昨年が第1回のまだまだ未熟な大会。
スリーピークス八ヶ岳トレイル開催日の前後や同日に大きな大会がたくさんある中
素人集団が作り上げたこの大会がどこまで世の中に受け入れられているのか、全く未知数だったからです。

スリーピークス八ヶ岳トレイルでは2つのエントリーサイトで選手受付をしています。
なので私はその時間、2つのサイトを交互にチェックしていました。

何分でうまるか?

そんなことをチェックしたくてサイトを確認していたのではありません。

混乱なくエントリーができているのかをチェックしていたのです。
というのも、エントリーサイトは土日祝日は休み。
平日も21時では対応してくださるかたはいないので、なにかあった際に実行委員が早急に対応せねばならないからです。

問題なくどうかエントリーが進み、翌日エントリーサイトの方が出勤した時まで順調にエントリーができますように・・・
そんな願いを込めて確認していました。

エントリーサイトを2つ以上使う時、どちらのサイトに何人分の枠を用意するのかを、大会側が指定します。

私の予想をはるかに越え、スポーツエントリーに依頼していた枠が満員となり、
混乱を避ける為、MSPOエントリーサイトへエントリー者を誘導するメッセージをfacebookにupした瞬間、エントリー者から悲痛のメッセージが入ります。

「登録ボタンが無くエントリーできません」

私は最初、コメントをくださった方のブラウザ設定のミスなのでは?と思っていました。
しかし、その後何人もメールが入ります。
そして、友人から詳しいエラー状況を知らせるメッセージが入り、私自身も状況確認を行ってみると・・・なんとも不思議なエラーが発生していました。

名前も住所もすべて登録できるのに、「完了」というボタンだけない・・・

こんなエラー見たことない。

症状の確認、エントリー出来た人への聞き取り、できなかった人への聞き取りを行いつつ、
実行委員長、副実行委員長、事務局計5名で状況の再確認、今後の方針を考える。
確認、相談、確認、相談、相談・・・

困ってる人がたくさんいる、困ってる状況を出来るだけ早く回避しなければならない、
サイトが復活する可能性は無い、であれば出来る限り早くエントリーサイトに不具合が発生しいることを報告し、これ以上困る人を増やさないようにすることが先決だ!との結論を出しエントリー開始から約1時間後に不具合発生の報告をしました。

1時間。

1時間もどうしたらいいの?このままエントリーできないの?という人を放置してしまった。。。

本当に本当に今も胸が締め付けられるぐらい悲しい出来事。

加えて言えば、今回の混乱でOne Pack Line 38kにエントリー出来なかった人がAttack Line 23kにエントリーしてくれたこと・・・。
感謝の気持ちと、純粋にAttack Line 23kにエントリー希望していた人がエントリーできなくなってしまったことなど、考えれば考えるほど申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

不具合発生報告の際、お詫びと共にいつまでに今後の方針を出すのか・・・

実行委員長、副実行委員長協議の上、翌日17時までに今後の方針を決めよう・・・という結論だけをだし、翌日エントリーサイト側との交渉を始めます。

エントリーサイトへ、指針を報告しなければならないので、エントリー開始日深夜まで、どういった方向で今後エントリーを行い、どうやってこの事態を終息させるかを深夜まで話し合いました。

翌日、エントリーサイトの営業開始時間から、大会側の意向や方針について説明するとともに、なぜエラーが発生したのかの状況報告を依頼し、依頼→報告→確認→報告→依頼→確認・・・と、何度も何度も電話とメールで情報共有を行いました。
そして、大会側が出した条件に対し、OKの返事がでたのがなんと16時58分。
選手の皆様へ今後の報告を発表すると約束したのが17時。。。

約束の2分前まで、ギリギリの交渉を繰り返し、抽選エントリーを行うという、再エントリー方式に決定したのです。

でも、こんな混乱のなか、抽選エントリーなんて希望者出るのかな???

そんな不安な思いで、再エントリー日当日PCの前で状況を確認していると・・・・

なんと、エントリーから開始30分を待たず、用意していた70人を超える応募がありました。

こんなにエントリーしてくれて嬉しい・・・という気持ちよりも、落選通知を出さねばならなくなってしまった状況に、本当に本当に申し訳なくて、毎日毎日エントリーリストを見ては落ち込んでいました。

厳正なる抽選・・・

今まで私もIZUやUTMFなど、抽選エントリーという制度でエントリーしてきましたが・・・
抽選結果を待つ側も本当につらいですよね。わかります。わかります。
でも、選ぶ側も本当に苦しいです。

厳正なる抽選のもと、あ!この人知ってる!って思ったって救えません。。。

毎日毎日増えていくエントリーリストを眺めて、本当に苦しく辛い思いでいっぱいになり、
実は当選者を確定してから3日間、寝込みました・・・

だから思うのです。。。

こんなに期待されて、こんなに応募してくださる方がいて、これを裏切るわけにはいかないから、去年よりもっともっとブラッシュアップをすべてにおいてしなければ・・・と。

本日からAttack Line 23kの抽選エントリーが始まりました。
現時点(エントリー開始30分)ですでに募集数を超えた人数の応募があり、Attack Line 23kについても厳正なる抽選が必須となる状況になってしまいました。。。

ごめんなさい。

抽選って、私がエントリーする時、結構いい加減な気持ちで
当たったら出ようかなぁ~てへ★ぐらい簡単に考えてぽちっと押すんですけど、
当選者を決める大会側は、本当に切ない思いを毎日毎日、応募者が増えれば増えるほど苦しむ・・・という事実に初めて直面し、もう真剣に向き合える大会以外エントリーしないでおこう・・・自分のためにも、本気で出たい人のためにも、大会運営者のためにも・・・と。
色々と気づかせてくれた抽選エントリーでした。

誰が落ちて、誰が当選したか。
当然私はわかってます。
だからこそ、本当に苦しいです。
当選した方、おめでとうございます。
落選した方、本当にごめんなさい。
あなたが嫌いとか、あなたがダメだから落選したわけではありません。
抽選の結果なのです。

そして私。
私を含め実行委員全員、褌を締め直して、大会運営をしていく所存ですので、どうぞこれからも見捨てずに、よろしくお願いいたします。