滝へ~誰でも行けるスポット編~

夏山シーズンですねーー。
MMAブロガーの方々もあちこちで縦走を楽しんでいて、実に羨ましい・・・
やはり小学生を抱える我が家。 なかなか宿泊をともなう縦走はできません。。。
ということでお盆休みは実家のそばの滝に遊びに行きました。

私の実家は現在韮崎にありまして、 (小淵沢が本当の実家なんですが、ボロ家なので今はスリーピークの倉庫になってます) 鳳凰三山の登山口の1つ、青木鉱泉まで車で30分で到着するという、山好きにはたまらないエリアに住んでおります。

まず、実家の母を精進ヶ滝へ。

どんな場所か・・・今回も北杜市市役所HPより引用します。

◇日本の滝100選
◇東日本最大の名瀑・落差121m

 石空川の上流に位置し、落差121mと東日本最大の名瀑です。その昔に神仏に祈願するためこの滝の水を浴びて身体のけがれを洗い流したことがこの滝の名称の由来と言われています。また、日本の滝100選にも選定されました。
 石空川渓谷遊歩道を登り、約40分ほどで木々に覆われた渓谷遊歩道から一気に開けた滝見台に到着します。目の前に広がる標高1,400mの山から流れ落ちる精進ヶ滝は見る人を圧倒させます。写真上部に見える滝が精進ヶ滝で、手前が九段の滝です。

石空川・・・これなんて読むかわかります??(笑)
「いしうとろがわ」って読むんですよ、お兄さん。
読めないよね(笑) 読めないよねーーーー(笑)

さて、目的の滝まで、普段運動は一切しない母と、常に私に振り回されている夫と共にスタートします。
カーナビに出てこない場合が多いので「アグリーブルむかわ」を目印にすると、その手前あたりから「精進ヶ滝」方面の看板がたくさん出てきます。

駐車場からすぐ、大きな吊り橋を渡ってスタートします。

駐車場からすぐ、大きな吊り橋を渡ってスタートします。

すると・・・すぐに 地形好きにはたまらない、断層を見れるポイントが!!! しかも、ここただの断層じゃなありません。 世界第一級とも呼べる大断層なのです。 石空大断層露頭 syou3 簡単に言うと、すっごい昔の昔の日本が、まだ西日本だけで形成されていた頃、 東日本の部分の大陸が合わさって、この断層ができて、さらに逆断層の部分も見れたり、断層の上に新しい地質ができてたり・・・ 糸魚川静岡地質構造線のちょうどぶつかるところですよってことなんだと思うんですけど、 説明書きが難しいのよね(笑)
でもたしかに、見てみると、3つの違う地層が見えるでしょ。
ロマンティックですねー。

さて、すすみます。
しばらく気持ちのいい林を歩いていくと すぐに1の滝、2の滝、3の滝が見えてきます。

一の滝

一の滝。

2の滝

2の滝

3の滝

3の滝

どこも大迫力でとっても綺麗。 しかも、すごい近くにとってもきれいな吊り橋がかかっていて、 渡るのも楽しい!

母も夫もたのしそう。 そんなに揺れないけど、やっぱり揺れます(笑)

母も夫もたのしそう。
そんなに揺れないけど、やっぱり揺れます(笑)

そんな感じで川沿いをひたすらすすみます。

川遊び出来そうなエリアもあったりして素敵

川遊び出来そうなエリアもあったりして素敵

この3つの滝を超えると、子供でも安心して遊べそうな河原エリアが続きます。
とにかく水がきれいで、冷たくて気持ちいい!
来年から我が家の水遊びスポットになること間違いなしです。

さて、そんなこんなで、あっちこっち写真撮りながら、 ゆっくりペースで進みましたが、終点の滝見スポットまでなんと 50分で到着。
実際、精進ヶ滝のそばに行くには、たぶんかなりの時間もかかりますし、 登山道もないので、この滝見スポットまで。 syou7奥に精進ヶ滝、手前が九段の滝ですね。
すっごいきれいで癒されました。
特に、全く普段運動していない母を連れてくるには、最適な場所でした。
ハイキング道は綺麗だし、約1km川沿いを歩いていくので、全然飽きない。
そして、急な上り坂などがほぼなし。 また家族で来たいな~なんて思える場所でした。
ちなみに、滝以外でも syou8巨木や巨石がたくさんあるのが面白いです。
マグマに包まれた花崗岩(おにぎり石って書いてあったような)が見れたりもします。
大人でも子供でも楽しめるスポットですので、 ぜひ皆さん行ってみてください♪


HOC!瑞牆山へ行く。

平日ゆるりと山遊びを楽しむチーム『HOC』
チームと呼ぶほど立派なものでもないのですが(笑)
平日に、日本百名山の1つ『金峰山』へ一人で行こうと計画していたのが、松ポン(夫)にばれまして、
松ぽんは登山を全くしない人で、トレランもようやくデビューしたばかりという状況なので、

『一人で行くなんて危ないからやめなさい!』

と、注意された為、仕方なく(笑)facebookで、誰か一緒に行ける人います?
と、ゆるーく募集したら、あっという間に手を上げてくれた8名で構成されてます。

なぜ8名かというと、当初、登山口と下山口に車をデポする予定だったので、
車に乗り切れる人数ってことで決まったんですが、
このメンバー絶妙で、本当に一緒に行っていてストレスが無い。
ずっと楽しい。
ずっとキャッキャ言って登って走って歩いてご飯食べてビール飲んで・・・
とにかく月に1度リフレッシュできる最高の1日です。

さて、前回のHOCの活動報告は、渋井さんえまちゃんがしてくれたので、
今回の報告は松井からお届けします。

HOC 2ndの舞台は『瑞牆山』
読み方は『みずがきやま』です。
山梨県民なら当たり前に読めるこの山の名前。
実際「なんて書いてあるのか読めないから検索も出来なかった」との声多数(笑)
たしかに、この漢字、特に「がき」の部分、他で見たことない。

さて、そんな瑞牆山をちょっとご紹介。
せっかくなので、山梨県北杜市のHPから抜粋。


■日本百名山 海抜2,230m
■中級者向き 徒歩往復5時間30分(登り3時間30分ほど)

瑞牆山は秩父連山の西端に位置する標高2,230mの花崗岩山です。 まるでノコギリのような独特のギザギザ頭は今から2万年以上も昔の火山活動の名残で、その大小様々な形の岩が切り立つ山頂は奇峰の名にふさわしく、大小の奇岩にはヤスリ岩、弘法岩、十一面岩などの名前が付けられています。 弘法岩からもわかるように、瑞牆山は弘法大師が修行した山と伝えられ、弘法岩の基部にはカンマンポロン(不動尊大日如来)という梵字のようなものが刻まれているという。 これは弘法大師が彫ったものだとも言われるが、実のところは雨による侵食というのが本当らしい。 いずれにしても山岳信仰の山である。

 

なるほどーー
弘法大師はほんとどこにでも現れるすごい人ですね(笑)
山梨だけでも何箇所めぐったんだろうってぐらい、弘法大師の名所があります。

さて、前回金峰山に行き、本当は瑞牆山まで行く予定でしたが
『メジャールートではない道をあえて行く』のもHOCの楽しみの1つ!ということで、
荒れた登山道を歩き、のんびり活動していたので、結局瑞牆山にはたどり着かなかったのです。

ということで今回は瑞牆山リベンジ。
そして、分水嶺をリタイアしてしまった私にとっては、
本当はここに来たかったんだよな・・・の、くやしいリベンジでもありました。

登山ベースでも往復5時間半程度の瑞牆山。
わりとお手軽に登れてしまう百名山という印象です。

いつもは、瑞牆山荘→富士見小屋→瑞牆山→富士見小屋→瑞牆山荘のピストンだったり、
富士見小屋を基点にして、金峰山行ったりするのが多いのですが、
今回はぐるっと瑞牆山を楽しもうということで、
瑞牆山荘→富士見小屋→瑞牆山→不動滝→みずがきやま自然公園→瑞牆山荘のルートに決めスタートしました。

今回のルート。 山と高原の地図のアプリはとっても便利なのでよく使います。

今回のルート。
山と高原の地図のアプリはとっても便利なのでよく使います。



瑞牆山や金峰山登山の中で、一番の難所は富士見小屋までなんじゃないか?と私は思います。
ぐるっとゆるく林道を上がるか、わりと急な登山道を登るかの2択なのですが
どっちもあんまり好きになれない(笑)
眺望も無いし、景色も代わり映えしないからだとは思いますが、我慢の登山が続きます。

スタートから30分ほどで、ようやく富士見小屋到着。
平日だというのに、かなりの登山客が富士見小屋周辺で休憩をしていました。
HOCの活動はあくまでもゆるい登山なのですが
スタイルは「トレイルランニング」なので、登山客の方に
「走りに来たの?」なんて声をかけられることもしばしば。
「格好だけで歩いてます」と言うと
「だめじゃん、走りなよ」なんて言われたり(笑)
登山客のみなさん、割とトレイルランニングに好意的な方が多く、一度も嫌な顔をされなかったです。

さて、小休止をへて、瑞牆山へ。
ここから、大きな石や岩がごろごろとしている瑞牆エリア。
やっと楽しくなってきます。

HOC1

ぱかーん!と割れていて有名な岩。 みんなと棒が支えています(笑)


でも、あちこちがすごく滑りやすそうな石ばかりで、ペースを不用意に上げられません。
ざらざらとした小石がゴロゴロしているエリアも多く、足の置き場がなかなか難しい・・・
水は流れていないものの、沢をあがっていくような道なので、
ところどころ、ロープや鎖がついています。

平日なので登山客は割りと少なく、
途中、高校生の40人パーティと出会うのみで、山頂に到着。
瑞牆山荘から約1時間45分程度で到着。

超気持ちいい景色です。

超気持ちいい景色です。


ノーラン&途中おやつ休憩有でもあっという間に山頂です。
休日は大賑わいで立ち止まるのも大変な山頂ですが、さすが平日。
山ごはんを楽しむ女子2名がいたのみ。
それに、強風や霧に包まれていることが多い瑞牆山山頂ですが、
この日は、登っている最中は曇り空だったのに、山頂についた頃には青空が見え
風も無く、ぽかぽか陽気。
山頂でのんびりお昼ごはんを食べたり、写真撮影したり、ひとしきり楽しんで下山です。

こんなに瑞牆山山頂でのんびりできるのも珍しい。

こんなに瑞牆山山頂でのんびりできるのも珍しい。



下山は、また岩場が多く、大きな石や岩がとにかくかっこいい。
それに、川沿いを歩いていくので、清涼感もあり、とにかく気持ちいいコース。

しかも滝で遊べる!
キャーキャー言いながら滝の水を浴びてクールダウンしたり
女子高生のように水をかけ合ったりとにかく楽しい(笑)

下山道は岩場で滑りやすいので注意です。

下山道は岩場で滑りやすいので注意です。

 

本当に綺麗な滝で 水遊びに最適! 清涼感に癒されまくり。

本当に綺麗な滝で
水遊びに最適!
清涼感に癒されまくり。


下山で使ったコースは、途中の岩場にクライミングを楽しんでいる方がいただけで、
登山客には1度も出会いませんでした。

途中、広い林道に出てからは、ゆるめに走り、みずがき自然公園へ到着。

本当は富士見小屋まで戻って、富士見小屋オリジナルビールを飲もうという計画でしたが
みずがき自然公園が楽しすぎて、素敵な場所すぎて、ここで一杯に決定。
ビールを買うと、定員のおじ様達が甲州弁丸出しで、ガンガンに話しかけてきてくれます。
そして、缶ビールを買っただけなのに、店員のおば様が、煮物や漬物を次から次へと運んでくれます。
地元のおじ様&おば様にたくさんもてなしを受けて、このままずっとここに居たい気持ちにかられましたが
瑞牆山荘へもどります。

瑞牆山荘まではずーとロードかと思いきや、森林の中を経由して戻れる道を発見!
地図に載っていないこのルートですが、きれいだし、利用者が少ないせいか、
途中の橋が苔むしていて、すごく素敵な雰囲気にうっとり。

瑞牆山荘に着くギリギリまで、楽しくて、気持ちの良いトレイルをずーっと味わうことが出来ました。

HOCメンバーの大半が、UTMBやUTMFに出場するので
しばし活動は休止かな?(笑)
どうかな?動けるメンバーだけで動くのかな?

いずれにしても、
走っても走らなくても
やっぱり山は楽しいよねーの1日でした。

山から下りて、車にのったらゲリラ豪雨で
ワイパーがまったく役に立たないぐらい。
無駄にブレーキかけたら絶対に水没しそうな勢いでしたが、
それもまた夏の思い出ですね。

本当に最高に気持ち良い1日だったなーーー!

本当に最高に気持ち良い1日だったなーーー!