フジフジと山と優しい気持ち

正直なところ言葉が出ない。
本当に、こんなに言葉が出ないってあるだろうか。

 

知り合いが増えたから

登山は危険度が高いから

年をとったから・・・

色々と言い訳を考えてみるけれど

全くどれもしっくりこない。
「危険な山に1人でいくからいけないんだ」
そんな風なことを言う人がいるから
私が言うのはおこがましいけど
尊敬するリーダーの為に言いたい。

絶対に無茶をする人じゃなかった。

「危ないからやめておきましょう、無理しないでおきましょう」

「きちんと帰らないと楽しくないですから」

いつもそう言ってた。
私が先月末、仲間のサポートをした後
ほとんど寝ないで八ヶ岳に登ろうとしたけど、天候が悪いから諦めました~
って話をしたときに

「正解です!山は逃げませんから、また行けばいいです!」

って言ってくれた。

自分が山に登るときも、仲間が山に登るときも、
一緒に登るときも、安全第一、楽しく登って楽しく帰るのが一番って言ってくれた。

私が出会ったのは、本当に最近で
分水嶺チームに混ぜてくれて
本当にきつくて辛い状況なのに、気遣い助けてくれた。

それに、すごい小さいことでもほめてくれた。

頑張ってますね!とか、いいペースで来てますよ!とか、
私が前向きになれるような言葉をたくさん投げかけてくれた。
私が足引っ張ってるってわかってるから、顔に焦りがきっと出ていたんだと思う。
そんな私に
「焦らなくても大丈夫ですから、ゆっくり行きましょう。安全第一です。」
って声をかけてくれた。

それでも私が弱くて、リタイアになってしまって、、、

フジフジは相当時間をかけて、分水嶺のために準備してくれてたのに、私がリタイア原因なのに、一言もネガティヴなことを言わずに、寒い中ツェルトを建ててくれて、私に早く入って休むように言ってくれた。

私がツェルトの中でぬくぬく寝ている間、白さんと2人で頭むき出しで、夜露に濡れながら野営してくれた。
野生動物が沢山いる峠でのビバークだから、何かあっちゃいけないと、女子3人を守ってくれたんだと思う。

今日、昼間、事故の話を聞いて
信じられなくて、悲しくて、言葉にならなかった。
同じ名前の別の人、そう思いたかった。

でも、やっぱり現実は現実で、
ネットニュースに掲載されていたとおり。

フジフジが引っ張ってくれた分水嶺

フジフジが引っ張ってくれた分水嶺

藤生芳宏さん。
あだ名はフジフジ。
9月6日に南アルプスの鋸岳で滑落。
今もこの現実に向き合うことが
本当に辛い。

短い間だったけど、出会えて本当によかった。

もっともっと、私でも行ける山を教えて欲しかった。
山が題材となった本をたくさん知っていて
その話も面白かった。
面白い話いっぱい知ってるのに、私のくだらない話をたくさん聞いてくれた。
分水嶺の時も女性陣のために重い荷物を代わりに背負ってくれた。
分水嶺リタイア後に、私の家族と一緒に温泉に行って、
露天風呂から見える山の景色を、私の夫に教えてくれてありがとう。
おかげで、松ポンが山に興味を持ってくれたと思います。
その後、甲府の蓬莱軒でみんなで中華そば食べたね。
来年は絶対完走して、お祝い会を蓬莱軒でやろうと思ってたのにずるいよ。

今日、家に帰ったら、分水嶺の報告書が届いてたよ。
DVDも入ってたけど、ちょっとしばらく見れそうもないよ。

フジフジ、来年、分水嶺どうするのよ。
私たちだけじゃ完走できないよ。
チームダブルヒルクライムのリーダーはフジフジじゃん。
ちゃんとロープも、あのすぐお湯が沸くバーナーも必要だよ。

来年ちゃんと完走したいから、私重たい荷物背負って山登る訓練してるんだよ。
この間も編笠山だけど、ちゃんと10キロ背負って登ったよ。
フジフジがリューGMF行きたいって言ってたから、
来年の分水嶺前に、みんなで行こうよって誘おうと思ってたのに・・・

フジフジ。
私はこれからも山に登るよ。
その度に思い出すよ。
フジフジ、もっといっぱい山登りたかったよ。
ごめんね、分水嶺リタイアして。本当にごめんね。

フジフジ。
ありがとう。
本当にありがとう。