花鳥風月

なかなか厳しい2日間でした。さぁ行くぞ!から、涙のスタートととなり、

走らせてあげたかったなぁ。

っていう気持ちと、

安全には変えられないもんなぁ。

って気持ちと、

なんかとにかく複雑で、

でも形にするなら、不謹慎かもしれないけど

「悔しい」かなぁ。。。
もちろん主催者の苦渋の決断を分かった上で、、、

それでも悔しいもんは悔しい。
走ってる姿見たかったし。

苦しんで苦しんでそれでも前に進む姿見たかったし。

で、ゴールに入ってくる姿を見て、泣きたかったし。。。

だから、STY中止発表後の夕焼け見て、

本気で悔しくて、なんだよ!なんなんだよ!って、感傷に浸れずに、ムカついてしまった私は、自然の中で生きることがわかってないチンチクリンだし、選手、そして主催者の方々の方がずっとずっと苦しい2日間だったと思います。

23日はあちこち動きながら、短い時間だったけど、パノラマ台入り口で分岐誘導。

私が分岐誘導したのなんて短い時間で、22時頃まで暴風雨の中対応してくれたボランティアスタッフのみんなには、本当に頭が上がりません。寒くて本当に大変だったと思う。

スイーパーが通過し、もう終わりだって思った直後に、体調不良の選手が出てて、土砂降りの中、長い時間待機となってしまい、本当に申し訳なかった。。。

でも、チームワーク抜群で、すごい楽しそうに、選手を盛り上げてくれた。

ありがとう。

24日はコースの1番最後の山「霜山」で、分岐誘導する予定だったけど、山に上がる前に中止になってしまった。

この3日間の為に、あちこちから集まってくれた、スリーピークス八ヶ岳チーム。

遠い人は名古屋から。
霜山チームは、前日から直前まで目まぐるしく変わるスケジュールに、迅速に対応し、お互いに連絡取り合い、チームワークでどんどん判断して動いてくれた。

レースが続行されると信じて、最後まで雨の中待機してくれた。

中止発表後、口々に残念だと言いながら、また来年頑張ろう!って言ってくれて嬉しかった。

担当していた分岐誘導箇所は4箇所。

総勢20名が雨の中、風の中、どうなるかわからない大会の進行の中、頑張って、見守って、待機して。

選手を迎えて勇気づけたい!

2日間のみんなの思いは同じ。

トレイルランニングは自然と共存だから、自然の恵みの恩恵を受けて、その中で楽しむスポーツだから、この結果はしかたない。

むしろ、当然の判断だと思う。

でも、、、

そんな思いで家に着き、テレビをポチっとつけたら、ケツメイシが歌ってた。

花よ 咲き誇り土へと戻り

鳥よ 羽ばたく命ははかなく

風よ 吹き抜けるどこまでもゆける

月よ 月照らす心奥(深く)根差す

花よ 咲き誇り土へと戻り

鳥よ 羽ばたく命ははかなく

風よ 吹き抜けるどこまでもゆける

月よ 月照らす心奥深く根差す
永久に 空に消えるまで 月の光を…

『花鳥風月』by ケツメイシ

なんか、自分って小さいなぁ。

くよくよすんなよ。

こんな年もあって、何年か経って

『あの年は悔しかったよね!』って、笑いあえる時も来る。

アウトドアスポーツを満喫したんだ!

そんな年になったと思えよ!

なんかやっとそう思えた。
今年のUTMFは豪雨で流れたけど、また来年、私たちはパノラマ台と霜山で待ってます。
みんなおつかれさまでした!


あと2日

UTMFスタートまであと2日。

それぞれ思うことはあると思いますが、私の思いを。

スリーピークスが出来上がる前に、コース整備の仕方を習ったり、マニュアルの相談をしたり、運営の悩みを打ち明けたり、ボランティアのやり方を教わったり、選手として走らせてもらったり、サポートすることの意味を1から考え直す機会をもらったり、、、

とにかく今の私にとってなくてはならない大会。

それがUTMFです。

台風や温帯低気圧や秋の長雨で今年のコースのコンディションは良くないかもしれない。

今日は1日雨で、気温は16度。
立ち止まると汗と雨と寒さでどんどん体温が奪われて行いき、当日の天気を思うと、不安でならない。

マーキングを取り付けるために、手袋を外して進むけど、指先から寒さがどんどん進行して、あっという間に身体が冷えてくる。

選手のみんなは、レインウェアの機能をきちんとテストしてあるのかな?買ったきりたいして手入れしていないレインを持ったりしてないかな?

手袋は?きちんと指先まで保護してくれる手袋を準備出来てるのかな?

水の量は?行動食の量は?防寒対策は??

去年は必携品だったあれこれを、全く準備していない人もいるのでは?

あなたが「ま、いっかー」と思って持たなかった命を守るアイテム。それ、持たなかったからって、本当にタイムが速くなったりしますか?

ぜひ、今一度確認して下さい。

あと2日もあるのだから。

もし、選手に何かあったら、、、

大会の準備をしている人は、大会前から不安で不安で寝られなくなります。

それは『命を預かってる』という思いがあるから。

それは『この大会を楽しみにしてきた人を裏切りたくない』から。

それは『せっかくお金をかけて時間を費やして準備してくれた人を、少しでも長く走らせたい』から。

諦めたくないから。

UTMFは、毎年準備のお手伝いをさせて頂いていたのに、今年は何にもできなくて、ようやく直前の2日間整備とマーキングをさせてもらいました。

昨日は杓子山、今日は鳴沢氷穴をスタートして、精進湖民宿村まで、長いロードを歩き、草を切り、1本1本心を込めてマーキング。

杓子山は新ルートを。

雨天迂回になるから、このコースは使うか使わないかわからない。

でも使うと決まった時、少しでも気持ちよく駆け抜けられるように、1歩1歩気持ちがこもる。

どうか台風に飛ばされませんように、このマーキングが誰かの勇気に繋がりますように、1本1本気持ちをこめて。


たぶん160kmというコースを作るために関わった全ての人が、それぞれの思いを込めて作り上げていたはずです。

怪我をしないようにつけたトラロープも、走りやすくするために刈った草も、スコップで掘り出したトレイルも、走るあなたにとって満足できないかもしれない。

それでも精一杯、あなたが1歩でも前に進めるように、心を込めて作り上げ、考え抜き、準備をしたコースだから、どうかあなたの思うような完走をしてほしい。

トレイルランニングは天候がかなり左右するから、せっかく準備したことが、発揮できない人もいるかもしれない。

それでも、あなたがUTMFに向けて努力し、懸命に走った事実は変わらない。

どうか、1人でも多くの人が笑顔で戻ってきてくれますように。

サポートがいる人もいない人も、あなたを待ってるエイドがあって、あなたを待ってる誘導スタッフがいる。

あなたを暖かく出迎えたい、力強く背中を押したい。

そう思って、選手と同じように戦っているスタッフのことを、どうか忘れないで下さい。
さぁ、UTMFまであと2日。

笑顔でゴールゲートでお会いしましょう。