大会を終えて・・・

第3回スリーピークス八ヶ岳トレイルにご参加頂いた方、お手伝い頂いた方、ご協力およびご協賛いただいた方々、本当にありがとうございました。
大きな怪我人も出ず、無事終了できたのは、ご協力いただいた皆様のおかげです。

本当にありがとうございました。

本来であれば、一人一人にお礼申し上げるところですが、MMAブログという場所を借りて、皆様にお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

私が大会開催したいと思い立ったのは2011年。
そこから4年が経過し、2015年にスタート会場には、沢山のアウトドアメーカー様、アウトドアショップ様が、出店してくださり、あの光景を思い出すだけでも、涙がでます。

あなた誰ですか?
なんの人ですか?
目的はなんですか?

そんな会話から始まったスリーピークス八ヶ岳トレイルも3回目になりました。

トップランナーでもない
アウトドアメーカーでもない
アウトドアショップを経営しているわけでもない
官公庁の人間でもない
イベント会社でもなければ
お金持ちでもない。
本当にただの主婦の私が、小山田さんとの口げんかの延長で
「いいもん、やってやるもん、できるもん」
って、半ばひねくれ気味に動き出した大会が、3年目を迎えたわけです。

あの頃は・・・という話を、最近小山田さんとするのですが
当時私、アウトドアメーカーさんのお名前も全く知らなくて
とんでもなくトンチンカンなことばっかり言っていたあの頃から3年。

3年経てば、仲間がスタート前の準備体操のお兄さん役から、駐車場の交通整理、
大会の命である計測までやってくれる大会になりました。
みんな本当にありがとう。

第3回目を終えて、1週間たち、ようやく一息つけるかな?という状況にきました。

昨年までと違うのは、廃人になってないことでしょうか?(笑)

1回目、2回目は、大会終了後は完全なる廃人で、なんにも考えられず、
病名がつくなら【欝】というのでしょうか?とにかく、外界と触れることも無理でした。

今年は、忙しさも大変さも前年までと全く変わらないのですが
【欝】症状は少なく、これが大会を重ねるっていうことなのかな?なんて思ったりします。

さて・・・

このブログは「赤裸々に七転八倒をお伝えする」というのがコンセプトですので
ありのままを書きます。

第3回 スリーピークス八ヶ岳トレイル

一言でいうと

「苦しかった」

もうこの言葉に尽きます。

本当に本当に苦しくて、何度泣いたかな・・・と。

2014年の第2回大会終了後、
One Pack Line 38kのコース使用について、
各所から、中止依頼も含め、本当に数々の開催反対のご意見をいただきました。

もうOne Pack Line 38kは走れなくなるかもしれない。
そんな思いで、コースディレクターの小山田さんと何度も地図を見ては話しあい
現場に行き、代替えコースがないか?と、喧嘩しながら(笑)話し合いました。

でも、今のOne Pack Line 38kのコース以上に良いと思えるコースはありませんでした。
私と小山田さんがその結論を出したことによって、
実行委員会全体がまとまらなくなり、
コースを守りたい派、自然を守りたい派、地域理解を深めたい派・・・
などなど、実行委員の考え方や方向性までバラバラになり
一時はわたしも、仲間であるはずの実行委員メンバーに背を向けていた時期がありました。

なんでわかってもらえないんだろう
なにがだめなんだろう
どこがだめなんだろう

毎日毎日悩んでいました。

現状のコースで、より地域の方々や、自然を愛する方々と共存できる方法を・・・

そんな思いで、何カ月も悩みました。

MMAの展示会場で
MMAの洋服一切見ず(笑)
2時間も熱いトークを繰り広げたり(←ごめんね、渋井さん)
あちこちの大会主催者に話を聞いて
どうやったら3回目の大会を開催できるか・・・と、本当にずっとずっと悩んでいいました。

小山田さんとどうしたもんかな・・なんて話になるのですが
お互い思いがあるので、どうしても避け合ってしまう時期でもあったと思います。

主催者としての気持ち
コース担当としての気持ち

なんの実績もない頃から大会を支えてくれた、協賛の方々への気持ち

なにより、第2回大会のゲストスタッフのことを思うと

第3回大会を開催しないなんてことはできない。

やりたいけど、やれないかもしれない・・・・。

年末年始はそのピークで。
家族や親友がいなかったらきっと社会復帰できなかったと思います。

一応、主婦なもんで。
一応、娘を育ててるもんで
娘の行事や予定で外に出なきゃならなくて
それがあったから家の外に出たけど、
それがなければ引きこもっていたと思います。

それと、
ほんと無理だ・・ダメだ・・・
っていう闇を、親友であり、大会の許認可申請を担当してくれた寛子に、
遠くに住んでるのに、何時でも電話に付き合ってくれる上宮逸子に、
そして大会当日に本部を手伝ってくれたカコさん、ナミコさん。
泊まりにおいでーって誘ってくれた彩ちゃんに救ってもらいました。

ワンワン泣いて、ハグしてもらいました。
美味しいもの食べて、笑って、そういった時間で救ってもらいました。

エントリーシステムや計測をしてくれたトレイルレジストの皆にも、本当に支えてもらうことが多かったです。トレイルレジストについては、語りたいことが多いので、別でまた書きます!

それと、翔くん。

藤巻翔くんは毎年大会の写真を撮ってくれてるのですが
日本だけじゃなくて、世界中のレースを撮っている翔くんの視点は
ランナーでもなく、スタッフでもなく、まったく別の視点で話してくれるので、
これってどう思う?
っていう私の疑問に対して、知り合いだからとかまったく加味せず
ストレートに答えを出してくれるところもすっごくいい勉強になりました。

他にも、駆け込み寺担当の洋兄さん、六花先生、まみさん、エディーさん、マンタさん、キング・・・・
名前をあげればキリがないほど
世界のレースを知っている方や大会主催者の方に
チームのつくり方や、レースについてのHOW TOなど・・・
本当にいろんな人に相談にのってもらいました。

寛子と小山田さん以外は、2011年には出会ってない方々です。
2011年から4年たち、2015年になった頃には
【トレイルランニング】というカテゴリーで、こんなにも助言をくれる人たちが増えたということが
ものすごい感激で、結局は大会当日も、多くの友人が医療マーシャルから分岐誘導、エイド、スイーパー、マーシャル、あちこちで活躍してくれました。

スリーピークス八ヶ岳トレイル
第3回大会。
当日を迎えるまでに、私の中で最低でも2回

「ごめんなさい、大会開催できません」

と、発表しようかな・・・と思った日がありました。

なんなら、その発表目前だった時もありました。

もう、ダメだ、みんなに迷惑をかける前に、今年の大会やれません!ごめんなさい!って謝ってしまおう。。。

そう思って、言い出そうと思うと、なぜか、どうしてか、そんなことを言い出せない状況になっていて、絶望的だったはずなのに、急転して道が開けてたりして

あぁ、これは、この大会は、わたしがやりたいからやるんじゃ無くて、やらなきゃならないんだなぁ、、、

なんて、漠然と、何かに動かされてると感じた事もありました。

おこがましい発言とは思いますが、すみません。

それに、やっぱり小山田さんの存在は大きかったです。支えてくれるんですよね、大会全体を。

わたしはすぐイライラピリピリするので、小山田さんがなごましてくれたり、後ろ向きにならないように声かけてくれたり。それなのに、喧嘩売ってましたが、、、反省してます。

わたしは彼のようには慣れないなぁと、いつもいつも反省します。

そんなこんなで準備をしても、土壇場で本当に色んな事が起きて、大会1ヶ月を切ったあたりからは、あちこちに謝ってばかり(笑)
謝って済む事もあれば、どうにもならない事も多くて、自分の未熟さに嫌気がさす事が多かったです。

もっと自分が動けたら。

もっと周りに気を遣えたら。

もっと自分に力があれば、、、

毎度毎度、自分が情けなくて、それなのにわたしを信じて、力を貸してくれる方々の多さに、申し訳なくて情けなくて、今も胸がぎゅっと締め付けられる思いです。

何だか長い長い反省文(笑)

毎年、みんなが笑顔溢れる大会にと思ってるんですけど、結局今年も、みんなに笑顔にしてもらった大会でした。

大会2日間で、大会を支えてくれたゲストスタッフはのべ250人。

私の拙い言葉や、マニュアルをしっかり見てくれていて、嫌な顔せずどんどん動いてくれました。

おかげで23kの完走率は100%。

38kの完走率も90%を超えました。

けが人を背負って降りてくれた、マーシャルランナーの皆さん、山のあちこちで手当てしてくれたメディカルランナーの皆さん、選手を応援しゴールまで連れて来てくれた分岐誘導のみなさん、笑顔で選手対応してくれたエイドスタッフのみなさん、的確な処置をしてくれた医療スタッフのみなさん、選手の食べ物や飲み物、重たいテントに至るまで、あちこちに運んでくれた運搬スタッフのみなさん、大会会場でずっと運営を支えてくれた本部スタッフのみなさん、最後のランナーまでしっかり会場に送り届けてくれたスイーパーの皆さん、会場を盛り上げてくれたメーカーブースの皆さん、美味しい食べ物や素敵なグッズを販売してくれたマルシェのみなさん、沢山の選手や家族を迎え入れてくれた地域の皆さん本当に有難うございました。

そして、この超スーパーローカルな手作り大会にご参加頂いた選手の皆さん。

本当に本当に有難うございました。

来年もみなさんの笑顔に出会えるよう、もう準備はスタートしてます。

ずっとずっと愛される大会でいられるよう、1からスタートです。

ゼロからのスタートと言ったほうが良いかも(笑)

どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。
さて、次回は、大会当日の出来事を書こうかなぁなんて思いますので、お楽しみに!


第2回大会開催のおしらせ

Photo by Sho Fujimaki

Photo by Sho Fujimaki

第2回スリーピークス八ヶ岳トレイルを下記日程にて開催いたします。

開催日:2014年6月8日(日)
※出走受付は前日の6月7日(土)のみとなります

種目:One Pack Line 38k(400名)
Attack Line 23k(300名)
※上記に加え第1回大会上位入賞者・ゲストスタッフ・地元枠は出場権あり

エントリー開始日:2014年2月11日(火・祝) 21時~
エントリーサイトはスポーツエントリーとエムスポエントリーを予定しています

現在、大会ホームページは第2回の内容に変更する為、更新中です。
上記以外の詳細につきましては、決まり次第MMAブログ、facebook、HPにて発表いたします。

MMAを見てくださった方だけに、ちょっぴりお知らせを追加★
(そんな勿体ぶるものではないですが(笑))
来年はせっかく前泊してくださった皆様ともっと楽しみたいな~と、前夜祭を企画しています。
ただ、コース的に前日あんまり飲みすぎると大変なことになると思いますのでほどほどに・・・(笑)

より環境に配慮した、選手の皆様に寄り添った大会を目指し、来年も精一杯頑張ります。
きっと私のことだから、またミスも出ると思います。
先に謝ります、すみません。
でも、皆様の笑顔にまたぜひお会いしたいので、全力投球するつもりです。
ぜひぜひよろしくお願いいたします。


きっかけの話

トレイルランニングのレースを開催したいと思った人間というのは、

①トップランナーであり、依頼されてレースを開催した
②トレイルランニングをしているないし、好きだから開催した
③トレイルランニングレース開催地域で商売や政治活動をしており、
 地域活性化を目的として開催した
④レースやイベントを開催する会社を運営していた
⑤トレイルランニングのギアを製作・販売している会社に所属していた

上記が主な理由・原因だと思います。

でも、約3年前に私が
「トレイルランニングレースを開催したい!」
と思った頃、私は上記理由が一つも当てはまらない人物でした。

じゃあ、なぜトレイルランニングのレースを開催したいと思ったのか・・・

きっかけの出来事と人物がいたからです。
まずは、きっかけの出来事からお話します。

私は7年前に出産しまして、それからしばらくベビーマッサージの講師をしていました。
ベビーマッサージとは、子供の心身の発育、親子の深い絆づくり、お母さんの育児ストレスの解消を目的とした、スキンシップ方法のことです。

7年前の山梨で、ベビーマッサージ教室を開催している人は少なく、
お陰様で、テレビやラジオ、新聞に取り上げていただきました。
山梨は狭いのでそうやった活動をしていると、いろんな業種の方々からお声がかかるようになります。
その方々は口をそろえて
「山梨を盛り上げる、なにかいい案はないですか?」
と、私に質問をしてくるのですが、当時の私には何一つ良いアイデアは浮かばず、むしろ
「どうせ山梨なんて盛り上がらない」
と思って、提案をしようという気持ちにもならない状況でした。

そう思って、子育て支援活動や生活をしていくうえで、ふと自分の子供のことを考えました。
私は山梨を愛してるのか?自分が愛していない地で子供は生きていくのか?

山梨という場所は本当に中途半端な位置にありまして、
東京に2時間で行けるのです。
東京以外の主要都市に行こうとすると、ものすごい不便なのですが、東京へのアクセスは意外と便利。
なので、山梨に無いもの、山梨で出来ないことは、東京に行けばすぐに解決するので
地元をなんとかしよう!という気持ちがなかなか芽生えないのです。
(あくまでも私個人の意見ですのであしからず)

私が生まれた山梨県北杜市は今は都会からの移住者が多く、元々の住民と都会から引っ越してきた住民が半々ぐらいですが、私の幼少期は元々の住民が多く、地元の公立小学校、公立中学校、県立高校に進むのがセオリーでした。私の場合、私立の女子中学校へ進んでしまったので、「地元」という絆からはみ出してしまった感もあり、それが余計「地元愛」を失ってしまった原因かもしれません。

果たして、自分の子供は山梨に生まれ、山梨で育っていくのに、
このままどんどん人口が減ってしまって、どんどん寂しい県になってしまったらどうなってしまうのだろう?
寂しい田舎にしてしまうのも、楽しい田舎にするのも、他人ではなく自分なのではないか?
でも、都会のマネをしたイベントでは、一時的な盛り上がりで、継続性は無いだろう。
山梨の特色を生かした、山梨で無ければ出来ないことってなんだろうか?

その答えが出ないまま、いつもどおり様々な育児イベントを開催していく中で、子供が喜ぶイベントに確かに人は集まるけど、子供だけでなく親自身が楽しくなるイベントでなければ継続性が無いことがわかりました。
『子供の為に』という思いだけのイベントは、子供が巣立てば興味が失せ、親も楽しいイベントなら子供が大きくなってもずっと通い続けてくれる。

『大人が楽しむことに子供が共感し、子供が喜ぶ』

このキーワードで何かできることがないか?と思っていたとき、私はトレイルランニングに出会います。
正確に言うと、すでに出会っていたトレイルランニングに、ようやく可能性を見出したというか、興味を持ったというか・・・
現状を打破するのは、トレイルランニングの存在かもしれないということに、気が付いたのです。

ということで、次回はきっかけを与えてくれた、私にトレイルランニングを教えてくれた人物についてお話ししたいと思います。

育児支援講師真っ最中の頃の写真 何が驚くって太りすぎだろう・・・(笑)

育児支援講師真っ最中の頃の写真
何が驚くって太りすぎだろう・・・(笑)