信越五岳の想定タイム

信越五岳まであと4日!
天気が良いといいですね~

ここ何日かは毎晩頭に蝋燭を2本巻いて晴れになるようにお祈りをはじめました。
ですが、やってることが合ってないような気がしてなりません。

どーもアフロです。

さて、信越ですが、1回目はあまりの楽しさや調子がいいことに
エイドやコース上で遊びすぎて20時間くらい?
2回目はあまりの体調の悪さにリタイヤと、自分でも全く参考にできない
レース展開でした(笑)
なので、今回はバックリとでも想定タイムを考えて、
レース終了後の備忘録として書いておきたいと思います。
まあ、調子良かった場合はまた遊んでしまうので、全く意味のないものになるかもです。

なんとなく自分の経験から、速い、中間、遅い想定を作ってみました。
でもかなり適当にタイムを設定したので、これで
ウルトラトレイルを未経験の方や、初心者の方はこれから出るのに
この私のタイムが参考になる方がいれば幸いですが、
たぶん参考になりません(笑)

 信越2

信越五岳まであと僅かですが、練習もしてないのに全く焦りがありません(笑)

きっとこういう時って、必ず忘れ物するんですよね僕。
シューズを一番忘れそうなので、今日から履いて寝ることにしました♪

みんなが楽しみにしている大人の遠足!
それぞれのペースで♪
それぞれの楽しみ方で♪
最高のトレイルを♪
最高の仲間や同志と♪
そして僕と一緒にハッピーな気分で走りまくりましょっ♪
そして、最高の思い出作りましょっ!

会場まで安全に、ゆっくりいこうぜ!


信越五岳の装備

信越五岳まで1週間を切りました。
出走される皆様におかれましては調整は万全でしょうか?

UTMFより走れなくなり、8月のお盆より本番に向けて調整をはじめました。
たぶん間に合ってません。

どーもアフロです。

さて、信越での装備ですが、備忘録として書いておきたいと思います。
まだ当日決めることもあるので候補録ということで・・・

ウルトラトレイルを未経験の方や、初心者の方はこれから揃えたりするのに装備って
気になるところでしょう。
しかも速いランナーではなく、この私ということで参考になる方がいれば幸いです。
参考にならなければ流してください(笑)

●スタート時

★ウエア

上:チームT(トレイルノースリーブ)
下:ノースフェイス スワローテイルショート
インナー:フラッドラッシュ パワーメッシュ上下(ノースリーブ・ボクサーショーツ)
ソックス:Xsocks トレッキング ライト コンフォート
(雨なら シールスキンズかアンダーにファイントラック スキンメッシュソックス)
タイツ:スキンズA400 ハーフ
ゲイター:スキンズA400
帽子:アークテリクス ニュートロバイザー(状況見てBUFF)
グローブ:ノースフェイス ブレーキマン
アームスリーブ:(C3fit)状況を見て、光電子タイプに変更

★ギア

ザック:ノースフェイス エンデュランスベスト(改)
ハイドレーション:サロモンソフトフラスク500ml×2
+プラティパスリザーバー1L(暑い時は予備タンク)
シューズ:HOKA スティンソンエボ

●デポ

★ウエア

上:チームT(サイクルハーフスリーブ)
下:パタゴニア トレイルチェイサーショーツ
インナー:フラッドラッシュ パワーメッシュ上下(ノースリーブ・ボクサーショーツ)
ソックス:Xsocks トレッキング ライト コンフォート
(雨なら シールスキンズかアンダーにファイントラック スキンメッシュソックス)
帽子:チームバイザー(状況見てBUFF)
グローブ:ノースフェイス ブレーキマン
アームスリーブ:(C3fit)状況を見て、光電子タイプに変更
アウター:モンベルバーサライト上下(状況見てノースフェイスアクティブシェル)

★ギア

ザック:状況見て、ノースフェイス エンデュランスベルトかキリアン5L
ハイドレーション:サロモンソフトフラスク500ml×2
+プラティパスリザーバー1L(暑い時は予備タンク)
ザック変更時はキャメルバッグ650mlボトル×2に変更
シューズ:状況見て モントレイル マゾヒスト
ライト:ブラックダイヤモンド アイコン(腰にスパイベルトで着用)+ジェントスハンドかペツルミオRXP頭付けの2灯

★携行品

ファーストエイドキット:(テーピング、絆創膏、ワセリン、消毒液、など)
携行食:グリコワンセコンド12個(半分デポ)
予備・ハニースティンガーグミ、クリフバーグミ、プロテインバーなど口に合うもので(燃費悪いので多目に用意します)
サプリ:ベスパハイパー×3、MUSASHI Ni×9本(半分デポ)、MUSASHI レプレニッシュ×2、
塩熱サプリ×2(半分デポ)OS1(去年お世話になったので、デポに多目に)

また、近いうちに、違うレース時の装備もお話したいと思いますが、
昨年の反省を踏まえて今回の装備では、
発汗量の多い僕は暑さ対策でサプリメントや水で濡らして頭に被れるBUFFなどを追加しています。

出来る限り軽装で行きたいとは思うのですが、最低限持たなくてはならないものもあるのと、前に出し入れするところが多いと便利なので、ベスト型では一番前に入れることができる、
エンデュランスベストにしました。ただ、難点として、ボトルを前に入れておけないという点があるので(僕にとってはとっても大事なことなんです・・・)
ベストの脇にボトルホルダーを改造して着けてみました。
使用感はロングを試してないので
よくわかりませんが、 こうすることでよりベストのポケットを有効活用できそうです。
また、最近使ってみて、使いやすそうだと思っている
ソフトフラスクの500MLをボトル代わりに使うことで、
脇差しのボトルでも変形して身体にフィットしてくれて着用感もよさそうな気がします。

P1060302

信越五岳まで装備の準備はなんとかなりそうですが、身体と心の準備は・・・まぁ、楽しければいいですよねっ♪

速いだけがレースじゃない、チャレンジする人の数だけ、
それぞれレースへの思いがあるものです。
レースを目一杯楽しみ、最高の思い出作りましょっ!

信越も、ゆっくりいこうぜ!

 

 


久しぶりのホームコースへ・・・

このMMAのブログでも1年で一番のお祭り「UTMB」で最高の盛り上がりを見せる中、
一人マイペースで全く関係ない話題を綴っております。
どーも、こんにちは!アフロです。

そんなUTMBなどモンブランで行われているいくつかのレースで友人たちが活躍しているのを見て気分が盛り上がってきたのを静めるべく、
ホームコースの高尾山に行ってきました!
ホームコースとは言ったものの、
最近は近所のお気に入りの里山コースにうつつを抜かし、
行くのは半年ぶりに近く、いかにさぼっているかがバレてしまいますね~。

さて、ランはじめの更に続きですが、
西湖の東吉さんの所へ行ったその週末に続けて行ってきたわけです。
ようは走り足りなかったってことです。

コースは北高尾と言われるルートで、
高尾界隈ではなかなかアップダウンがあるコースで、
しかも、行かれた方はよくご存知かと思いますが、茶屋などはなく、一番近い茶屋でも明王峠までの14、5km先でそこも開いていないことが殆どなので、陣馬まで行かなければ何もありません。
更に、ここはルートの入り口がよくわからないので、登山者も殆どいないです。
でもそんなコースに始発で行って、だれもいない山を走る気持ちよさは格別で、
やめられない魔力みたいなものを感じ、いつも足を運んでしまいます。
同じくお気に入りのコースに南高尾というコースもあり、こちらはかなり走れるコース
ですが、このお話はまた今度。

住宅街をスッと入るよくわからない入り口から山に入って行くと、
暫く細かいアップダウンが続きます。
イメージはハセツネの第一関門までのミニチュア版と想像してください。(大げさか?)
最後まで行くとかなりギコギコ上がったり下がったりするのですが、
今日は水場に寄りたかったので、このアップダウンは堪能せず、
高尾界隈で天然の美味しい水場はここくらい?ではないかという小下沢に下りました。
ここのお水、とっても美味しいんです。

無題

3 2013-08-25 08.46.47
土砂降りだったもんで、こんなボケボケの写真ばかりでスンマセン、
しかも水場の写真がない(笑)
途中九十九下りの激下りを下りるとこの広場みたいなところに一旦降りてきます。
脇にあるこの立札下に川が流れていて、水場があります。あまり来る方は少ないと思いますが、猛暑だったからか今年に入りコップも最近3つに増えてました(笑)

ここから程よい傾斜の林道を3km程登り、また本コースへ戻っていくのですが、
もーホントこの日は雨が酷くて参ってしまいました。
でも、高尾の通常ルートの粘土質の道では味わえないこんな気持ちの良い
シングルトラックもあります。

4

やっと高尾~陣馬ルートに合流するのですが、ホントわかりにくい(笑)
逆走だったら間違いなく見落とすでしょう。
ここからすぐの明王峠を目指しましたが、やっぱり茶屋はクローズでした。

2

そんなこんなで陣馬に着きました!
陣馬に着くまでに何回も服を絞るくらいビショビショでしたが、
この頃には雨も止んできました!

5

珍しく山頂から雲海が見えましたよっ!

DSC_2029

猛暑が嘘なくらい涼しく(22℃)寒いくらいだったので、ソバを食べました!
ヤバイくらい美味しかったので、「このまま下って止めてしまえ!」と思いましたが、
こんな日に同じように山に登られていた登山者の方たちに、
「走ってきたの?すごいわねぇ~」とか「またそれを戻るのかい?えらいわねぇ~」
などと言われていい気分になったので折り返す決心をして帰りました。
勿論、ピークハントはせずに、全て巻き道でまいて走ります。

6

わかりにくいかもしれませんが、走っている最中、足を置こうと思っていたそこに、
マムシさんがいてビックリ!!
あやうくパックンチョされるところでした~。
高尾でマムシさんを見ることは珍しいのですが、こいつ小さいくせに、いっちょまえに、
尻尾をカサカサ震わせて「咬んじゃうぞ!咬んじゃうぞ!」と威嚇します。

 8  

いつもは朝一だと猪さんだの猿さんだの出会うのですが、今回はこのマムシさんのみ。
このあとも人型の生き物に会う以外は出会いはなく、高尾山口まで下りてきました。

今回、行ければ南高尾までグルッとする予定でしたが、
雨とブランクが長かったので心折れ、ルート変更し、帰ってきました。

信越に向けてあまり走っていませんが、僕は大丈夫なのでしょうか・・・。
本番まであと僅か・・・練習量は明らかに足りませんが・・・

まぁ、なんとか・・・・なると思いますよっ。

よいトレイルランナーのみんなはマネしないでねっ♪

ゆっくりいこうぜ!


UTMFちょびっとツアー

 

夏も終わりを感じる今日この頃、朝顔の咲く量が減ってきたのを見て、
ちょっと、おセンチな気分になってます。

どーもアフロです。

さて、ランはじめの続きですが、8月の終わりに
山繋がりということで、山形に続いて今度は山梨へ行ってきました。
何しに行ったかって?
木村東吉さんのところへ遊びに行ってきたのです。

東吉さんを知らない方のために・・・
メンズ雑誌のポパイやメンクラなどの看板モデルを経て、
今はアウトドアの達人として(若い頃の僕にとっては神様のような存在でした)
活躍されている方です(省略しすぎました。東吉さん、すみません)

そんな東吉さんが今年から20年通っている西湖キャンプビレッジノーム(旧西湖レークサイド)
の運営にあたられるということで、早く行かねば!と思いながらもこのタイミングになって
しまいました。
東吉さんは、最近注目度の高いワラーチの普及活動もされていて、
僕も走り方やワラーチの作り方をご指導をしていただいた師のような存在であります。
その時の2ショット写真は僕のフェイスブックにUPしてます(笑)

その話題は一旦置いておいて、表題の「ちょびっと・・・」ですが、
東吉さんに「朝ランするのに良いコースありませんかねぇ」と話をしていて、
「じゃあこれがいいよっ!」って教えてもらったコースで、
結果ちょびっとだけUTMFのコースに触れたというもの。
インチキくさくてすいません(笑)

コースは、
キャンプビレッジノーム~野鳥の森公園~樹海~竜宮洞穴~紅葉台~三湖台~五湖台~足和田山というルートです。

DSC_1919DSC_1918
今回、時間がなかったので、三湖台から西湖民宿村まで戻るルートに変更しましたが、
明け方~早朝の湖や樹海の景色は素晴らしく、最高に気持ち良いコースでした。

DSC_1923 DSC_1924 DSC_1928
午後は少し寄り道が出来たので富岳風穴から鳴沢氷穴までの樹海トレイルも往復でき、
この春走ったUTMFの思い出にちょびっとだけ触れることができました。
次回はもっと沢山走りたいぞ~!

次の信越五岳まで1週間切りましたが・・・まぁ、焦らず、慌てず♪ (おい、あわてろよっ!)

みんな

ゆっくりいこうぜ!