真夜中の山ゴハン

日本山岳耐久レースは第二関門となる月夜見駐車場で年に一度の山ゴハン。
今年は渋滞がひどかったこともあり、25分遅れをずっと引きずったままで到着は0.30am

雰囲気を出すためのキャンドルを置くのを忘れた(>_<)

雰囲気を出すためのキャンドルを置くのを忘れた(>_<)

材料は肉450g、たまねぎ1,にんじん半分、ねぎ2本、ピーマン2、キャベツ半分、にんにくの芽300gほか。

場合によっては鋳物の焼肉ロースターやパール金属の焼肉グリルを持って行くけど、今回は激安フライパンの取っ手をリベットごともいだ機材を使用。フライパンの下は 2024番 t=0.3のアルミ板をカットした防風版。バーナーはユニフレームのUSナントカ、ガスは火子様、テーブルと椅子はロゴスの7075番のヤツ。ただしネギは現場で出すのを忘れてそのまま持ち帰ってしまい、雰囲気を出すための100円ショップのキャンドルも行って来い(T_T)

焼くつもりが忘れてしまい、一周してきたネギw

焼くつもりが忘れてしまい、一周してきたネギw

就寝は2am-4amで今年は4時を過ぎてもランナーはたくさんおり、「4時を過ぎて居残ってもいいですよ―(意訳)」といったアナウンスあり。
再スタートを切ると、やはり山ゴハンと睡眠のおかげで後半も足取りも快調。
今年はいろいろなところでバーナーを使って温かい食を楽しんでいる人を見かけたけど、もともと山屋さんメインの大会だからこんなスタイルもありということで\(^o^)/


トレイル検定

7年ほど前に検定モノが流行って「マラソン検定」も複数登場するまで増えたものの、2回め以降を出すところはほとんどナシ。そんな中、ランニングマガジン・クリールの毎年9月号では「トレイル検定」を開催中で、今年はもう8回目。
国語・算数・社会・理科・英語のほか、たまには雑学や一般教養なども問題にしており、年々難易度を上げていた。

過去にはこんなマニアックな設問も。でもトレイルランナーなら楽勝!

レースと温泉にまつわる問題

レースと温泉にまつわる問題

そんな中で連載10年を機に初心者向けに刷新したのと連動して簡単な問題にしてあるので、高得点を取りたいなら今年がチャンス。

問題例:
国語  次の漢字の読みをひらがなで書きなさい→神流・・・
外国語 次のカタカナを英字にしなさい→スント・・・
などなど

検定であるものの単に答え合わせをするためのものではなく、解説の方にいろいろなエピソードを盛り込んでいるため、一つの読み物としても楽しめます。
トレイルランナーなら常識!?な見開き2ページの簡単な問題集なので、立ち読みでもかまわないので解いてみてー(^o^)

見たことあるかもしれないけれど、どれがどこだかw

各社から色々出ている。

各社から色々出ている。


足柄駅で乗換えろ!

JR線⇔5キロ⇔足柄峠⇔20キロ⇔小田急線

JR線⇔5キロ⇔足柄峠⇔20キロ⇔小田急線

つくばマラソンの当日朝は、秋葉原駅で山手線からつくばエクスプレス線に乗り換え!立ちっぱで会場へ向かうのはイヤなんで、下りてダッシュで最短1分でホームに到着!という芸当をやったこともあるけど、乗り換えに時間がかかるところには東京駅の京葉線⇔横須賀線や早稲田駅の東西線⇔都電荒川線のほかにとんでもないところもある。

ネットで拾った案内図をプリントして走り出す

ネットで拾った案内図をプリントして走り出す

霞が関は同名が東京と埼玉にあるだけで、同じ地域じゃないから乗り換え対象外。
同じ地域の同名の駅となると足柄駅で、乗り換えは最短25キロ。

小田急線をスタートした2017年

小田急線をスタートした2017年

途中に足柄峠という標高700mオーバーの県境があるので徒歩で6時間近くかかる。
足柄峠近辺は奥多摩湖周辺みたいに気持ちのいいワインディングロードじゃないので、車やバイクはほとんどおらず。逆にちゃりんこやランナーは交通量が少ないためか、わりと安心して走ってる模様。

昨年はJR線足柄駅→小田急線足柄駅の乗り換え。スタートの標高が300mのために登りより下りが多めで楽チンみたいだけど、いきなりの急坂で一気に登るから大変。そして峠を越えて下りの勢いがなくなってからの平坦が長すぎて飽きてしまう(>_<)

JR線を出発した2016年。

JR線を出発した2016年。

今年は小田急線足柄駅→JR線足柄駅で、これだとウォーミングアップで街ナカを走り、本気が出る頃に登りに差し掛かり、飽きてくるころに峠で休憩。
峠では先回りして到着した仲間がカフェ&バーを開いてくれてて、ここでガソリンとブリュレを補給できた。

峠から駅は5キロなのであっという間に走り終える、はずが、今回はエクストラステージが入って倍の距離となった(笑)
JRの足柄駅は電車の間隔が長いものの、駅前にはコンビニがあるから反省会もしっかりできる。
最近はメジャーになってきた乗り換えのためか、まとめサイトのほかにバリエーションルートも増えてきたみたい。
シリアスランもいいけれど、たまにはこんなアホな企画をー(^o^)

峠に先回りした仲間がカフェバーを開いてて、しばし休憩

峠に先回りした仲間がカフェバーを開いてて、しばし休憩


トレイル裁判、進んでます

三浦半島縦断トレイルレースの裁判は続いてます(あらましはこちら

これまでにもらった反応の一部を挙げると、
「損害賠償金が1千万超えは素人目にもおかしい」
とか
「関係ない奥多摩の大会も損害に入れるのはなぜ?」
とか
「FBのネタ話を裁判に持ち込むのは大人げない」
といった声がありました。

先日の口頭弁論でこっち側は
「そもそも請求金額がヘンだから、まずは算定の根拠を出してから先に進みたい」
と主張しました。

誰でもわかるのは、
「参加人数は約600人を見込んでいたところ、ワタシのせいで280人しか集まらなかった」
と向こうは主張してますが、そもそも2016年の募集要項に
「300人募集」と書いてある(笑)

2016年のパンフについてる申込書には、定員300人と書いてある。

2016年のパンフについてる申込書には、定員300人と書いてある。

さらにランネットの2017年募集要項には2016年は361人参加したと書いてある。
ほかにもいろいろありますが、どう説明してくれるのか興味深いです(^o^)

ランネットに書いてある、2016年の参加者数は361人。

ランネットに書いてある、2016年の参加者数は361人。

※先日行われた三浦半島縦断トレイル大会は、241人の参加者を集めて盛況だったようです


トレイル裁判

\(トレラン界で初の裁判へ、カンパのお願い)/
環境や地元の人たちとうまくやっていくのはトレラン界の課題ですが、必ずしも守られているとは限りません。地元の理解を得られないまま開催しようとするケースもあります。

環境への負荷が過多だと思い、昨年春の三浦半島縦断トレイルラン大会の参加者にピクニックへのお誘いをしたところ、主催者が参加者の激減分等で1千万円超を払えと裁判を起こしてきました。
こちらには反論できる証拠がいくつもありますが、いかんせん裁判費用がありません(T_T)
そこでお願いです。費用の一部をカンパしてもらえないでしょうか。目標額は裁判費用の60万円ですが、余剰金が出たら真摯に運営しているトレイル団体に寄付する予定で、会計は第三者に行ってもらいます。口座はトレランJAPANとは関係なく、このカンパのために私が開いた口座です。

郵便局からは
記号10130、番号68794411
他金融機関からは
ゆうちょ銀行なので店名は「ゼロイチハチ」,店番018、普通預金、6879441
口座名「トレイルランニングJAPAN」

です。
ご協力いただいた方には、裁判の経過をご報告させていただく予定です。お手数ですが、振り込んだ方はコメント欄にアドレス等を残してもらえないでしょうか。後ほどお礼と裁判の経緯をメールにて差し上げたいと思います。

トレイルラン界で問題となっている部分を根本的に正すため、和解ではなく判決まで戦います。
よろしくお願いいたします

 =================================

追記です

hottan_all

当時のスクリーンショットです

情報がわかりづらいようなので、続報としてQ&Aを載せます

1.ピクニックに誘うってどんなの?
右がその時のスクリーンショットです→

今は非公開にしているFBのグループに載せました。個人のささやかな行動なので、費用は全部持ち出しになっています。場所がぜんぜん違うので来ないかなとも思いました。念のために現地に行くと誰もおらず、ほっとしたようながっかりしたような(T_T)

2.裁判費用60万ってどうなのよ?
今回のように損害賠償金が1千万を越えている場合、弁護士の方に払う一般的な相場です。着手金30万、成功報酬でその倍ぐらい。今回の裁判費用も100万に近くなりそうです。

3.真摯に運営しているトレイル団体ってどこ?
困難を乗り越えて大会を開催しているところです。FBやSNSで大抵の情報は入ってくるので、共感するところを選び、最後にカンパなどで協力してくれた方に賛同を得て決定です。とは言え裁判費用がすごいので、とても到達することはありません(T_T)

メッセージが多いので、表示せずに個別に回答します、すいません。

質問が多い案件はブログに適宜追加していきます。


ハセツネで焼肉2

いろんな意味で恒例のハセツネ、今年は無事に焼肉ミッションをこなせた。コツをたまに聞かれるので、備忘録代わり&チャレンジする人の参考に手記を書いとこ。用意するものは普通に鉄板とバーナーと肉があればOKだけど、無駄には重くしたくないし手際よくやりたい。

1

見た目と違って軽くて手頃な大きさ

鉄板
鉄板のおすすめはパール金属のストロングマーブル懐石シリーズの「丸型焼肉グリル」。これはアルミ製で軽いけれど鋳鉄みたいな質感がある。大きさも一人焼肉用に作られているだけあって16センチと手頃。アマゾンのレビューでもソロキャンプ等での使いやすさが語られてるほど。

2

ファイヤーメープルの分離型。

バーナー
小さいから組み合わせるバーナーも小さめで充分。とは言え場所が吹きっさらしのところなので防風板を用意しとこう。ワタシは0.3ミリ厚のアルミ板を適切な大きさに切って使用。なければアルミホイルで代用可。アルミホイルは風よけ、皿の代わり、フタの代わり、電池をスパークさせて着火用、丸めてたわしの代わり、残り物包み用、など万能なので用意しとこう。

3

ロゴスのトレックテーブル。700gで耐荷重は15キロ。

テーブルと椅子
最初にやったときは地べたでやったから貧相な食卓になった(>_<)。やはりここはテーブルと椅子を使いたい。ロゴスのトレッキング用テーブルと椅子で重さは1キロ。それにテーブルクロスを敷くだけでちょっとした食卓になる。さらに今回はキャンドル風LEDを配置してのんびり加減をプラス。

4

ロゴスのトレックチェアは200gぐらい。

食べ物
まずは枝豆。冷凍枝豆だと飲み物を冷やしておけるので重宝する。
スターターは餃子がぴったり。鉄板に並べてアルミホイルで包んで焼いてほっとくと、セッティングが終わる頃にはちょうどいい焼き加減になってるはず。肉はせっかくだから良い肉を半額セールで買っとこう。野菜は運搬のしやすさと使いやすさでカット野菜のパックがおすすめ。

5

コンビニでも買えるジンビームの小瓶。香ばしくておすすめ。

飲み物
アルコール類は予め小瓶のものを探しておこう。例えばジンビームには200ccのペットボトルがあるし、ワインもたまにみかけるので、ボトル目当てに買ってとっとくのも手。ビールを水代わりに飲める人なら、水切れの際にも重宝する。

6

2016年の食料と飲料

バックパック
これだけ入れるとなると40リットル以上のものが欲しくなる。小さいパックにムリムリに詰め込むより、大きいパックに入れたほうが、軽く感じられて楽に走れる。あとは荷物の配置とベルトのセッティングで揺すらずに走れるはず。

7

今年の焼肉風景

時間
今回は第二関門に0時に到着。2時まで飲食して4時に起床・スタートした。ザックの重さは16キロだったので軽くすればもっと長く滞在できたかも、だけど豪華さは譲れない(笑)。無駄に重いものは避けても、装備を削ることはない方向で用意しよう。

8

3年前は地べたでやったので、貧相な食事になった(>_<)

ピクニック錬
ざっと挙げてみたものの、やはり場数を踏んでいたほうが器材の使い方や走り方で有利になる。たまには重い食材と調理器具を背負ってピクニックを催しておこうー。

9

やっぱりテーブルクロスは重要よ♡


ハセツネの蜂対策

ポイズンリムーバーを推奨してるみたいだけど、実は100円ショップにある注射器で代用可能。とは言えそれだけじゃ不安なので、ファーストエイドキットにアナフィラキシー用の注射を追加。
ショック状態のランナーを見つけたら先着1名に処方します。
練習用の注射器もついてるから、試したい人も募集中。現地にて(^o^)

一発一万円ナリ〜

一発一万円ナリ〜


お手軽ドレスアップ

廃盤カラーで激安だったホカを激安価格で置いてあり、気に入ったので即購入。
しかし残念なことにソールに色気がなかったんで、ちょいと好みの色を吹いてみました。あまり手を掛けたくなかったんでマスキングもなしで10秒で完了w

いつまでこのままかわからないけど、とりあえずモチベーションアップ〜\(^o^)/
hoka


ナルゲンのボトル

水を運ぶ時に昔はポリタンしかなかったんで、登山する人にとってナルゲンはアイコニックな装備。
広口でとっても丈夫だから、暴風雨のハセツネコース上でチュロスを運ばなきゃならないとき等に重宝する。また梅入りの梅酒を持ち歩く時にもぴったり。しかし今となっては重いし高価(1800円ぐらい)だし、ペットボトルで代用できるんで激減中。

目盛りがついてるから、64のお湯割りを正確に作りたい時にも活躍中

目盛りがついてるから、64のお湯割りを正確に作りたい時にも活躍中

そんな中でほぼ同等のボトルを100均で発見。本物と同じ色使いで素材も同じPET樹脂。シリコンの飲み口とカバーが付いてるところが弱っちぃ感じだけど、トレンドだから仕方ない(笑)
ちなみに柿の種を入れて持ち歩く時は、やや広口になってるビタミンウォーターやゲータレードのペットボトル。それより広いのが必要な時は、焼酎などのワンカップペットボトルが最大サイズかな?。
いずれにせよフライパンとボトルは集めてしまう癖があるみたい(笑)

こちらが本家のナルゲン

こちらが本家のナルゲン


単4×3カートリッジ

単4電池を3本使うライトがよくあるけど、このカートリッジがモロい。液漏れで朽ちたり、無くしたりで、本体の寿命前に使えなくなる。そんな時は100円ショップから単4の乾電池を3本を使うライトを買ってくるべし。

denti

ジェントスの閃325と、キャンドゥの100円ライトと、その単4x3本カートリッジ

この手のライトは実はみな同じカートリッジを使ってるんで、そのまま移植可。端子の形状がちょっと違っててもアルミホイル等でモディファイしちゃえば問題なし。ハセツネで途中電池交換必要な時も、電池を入れたカートリッジを用意しとけば、電池ごとの出し入れは不要となるし、バラバラっとなることもない。

g2

ミリタリー向けの米国シュアファイア社唯一の樹脂ボディであるG2ナイトロロン。100円ライトのデザインはそのパクリ(笑)

カートリッジをなくした、踏んづけて壊した、液漏れで壊れた、予備がほしい、という人はお試しあれ〜(≧ω≦)b