アブダビー

2015-09-24_04-12-37

右側がリームラウンジ。左はエティハド航空プレミアムラウンジ。

9−10月のドイツーイタリア遠征に使った国際線はエティハド航空で、アブダビを拠点とした国営企業。
アブダビ空港はハブらしく、お昼に発着することは少なく、夜10時ぐらいと朝3時ぐらいの発着が多くて賑わっている。

2015-09-24_06-41-10

肉を探すもなかなかない。

そこで入ったラウンジは2つ

●リームラウンジ
壁のデザインは中東らしいものとなっており、鍋や器などはシルバー+ゴールドのきらびやかなものが目立つのは、大人っぽい落ち着いた色でコーデされたフィンランドと好対照。ラウンジの軽食はインターナショナルっぽいものが置いてあるものの、酒はバーラウンジに限られている。

2015-10-12_06-36-32

ラウンジ入り口にある、きらびやかな食器類

アブダビのラウンジはどこも4時間まで利用できると書いてあるけど、それ以上いるとどうなるか?と思ってたら、利用時にコピーされたパスポートのコピーを持った姉さんがやってきて「延長しますのでカード出してください」と言われ、カードを出すとその場で4時間延長してくれた。

2015-10-12_07-12-26

手前はカレーパン、右はチキンのハムとソーセージ。

記事を書き上げて日本に送るつもりだったので、デスクワークで8時間過ごした後はいったん空港のモールを冷やかす。アブダビ空港は売ってある服やおみやげ品のセンスが中東チックで目新しい。

2015-09-24_07-48-17

中東らしいおみやげ

●アブダビラウンジ
空港内を散歩した後はアブダビラウンジに。先ほど使ったリームラウンジは奥に行くとフロアが下になる層構造だったけど、ここは平坦なつくり。とは言え酒類が奥の間にあったり、料理がきらびやかな鍋に入った無国籍料理という点は変わりない。

2015-10-12_15-13-59

欲しくないおみやげが並んどる。

せっかくアブダビにトランジットで立ち寄るんなら、いったん空港外に出 て中東の街を見て回るのもいい。まわりにはモスクやフェラーリワールドなどがあり、どちらもバスでアクセスできて所要時間は約3時間。先を急がないのであれば、トランジットの時間を優先して旅程を組むのもおすすめよ(≧ω≦)b

 

2015-10-12_15-07-03

デザインが中東らしい、異国情緒にあふれた待合室。