トレイル裁判、進んでます

三浦半島縦断トレイルレースの裁判は続いてます(あらましはこちら

これまでにもらった反応の一部を挙げると、
「損害賠償金が1千万超えは素人目にもおかしい」
とか
「関係ない奥多摩の大会も損害に入れるのはなぜ?」
とか
「FBのネタ話を裁判に持ち込むのは大人げない」
といった声がありました。

先日の口頭弁論でこっち側は
「そもそも請求金額がヘンだから、まずは算定の根拠を出してから先に進みたい」
と主張しました。

誰でもわかるのは、
「参加人数は約600人を見込んでいたところ、ワタシのせいで280人しか集まらなかった」
と向こうは主張してますが、そもそも2016年の募集要項に
「300人募集」と書いてある(笑)

2016年のパンフについてる申込書には、定員300人と書いてある。

2016年のパンフについてる申込書には、定員300人と書いてある。

さらにランネットの2017年募集要項には2016年は361人参加したと書いてある。
ほかにもいろいろありますが、どう説明してくれるのか興味深いです(^o^)

ランネットに書いてある、2016年の参加者数は361人。

ランネットに書いてある、2016年の参加者数は361人。

※先日行われた三浦半島縦断トレイル大会は、241人の参加者を集めて盛況だったようです