足柄駅で乗換えろ!

JR線⇔5キロ⇔足柄峠⇔20キロ⇔小田急線

JR線⇔5キロ⇔足柄峠⇔20キロ⇔小田急線

つくばマラソンの当日朝は、秋葉原駅で山手線からつくばエクスプレス線に乗り換え!立ちっぱで会場へ向かうのはイヤなんで、下りてダッシュで最短1分でホームに到着!という芸当をやったこともあるけど、乗り換えに時間がかかるところには東京駅の京葉線⇔横須賀線や早稲田駅の東西線⇔都電荒川線のほかにとんでもないところもある。

ネットで拾った案内図をプリントして走り出す

ネットで拾った案内図をプリントして走り出す

霞が関は同名が東京と埼玉にあるだけで、同じ地域じゃないから乗り換え対象外。
同じ地域の同名の駅となると足柄駅で、乗り換えは最短25キロ。

小田急線をスタートした2017年

小田急線をスタートした2017年

途中に足柄峠という標高700mオーバーの県境があるので徒歩で6時間近くかかる。
足柄峠近辺は奥多摩湖周辺みたいに気持ちのいいワインディングロードじゃないので、車やバイクはほとんどおらず。逆にちゃりんこやランナーは交通量が少ないためか、わりと安心して走ってる模様。

昨年はJR線足柄駅→小田急線足柄駅の乗り換え。スタートの標高が300mのために登りより下りが多めで楽チンみたいだけど、いきなりの急坂で一気に登るから大変。そして峠を越えて下りの勢いがなくなってからの平坦が長すぎて飽きてしまう(>_<)

JR線を出発した2016年。

JR線を出発した2016年。

今年は小田急線足柄駅→JR線足柄駅で、これだとウォーミングアップで街ナカを走り、本気が出る頃に登りに差し掛かり、飽きてくるころに峠で休憩。
峠では先回りして到着した仲間がカフェ&バーを開いてくれてて、ここでガソリンとブリュレを補給できた。

峠から駅は5キロなのであっという間に走り終える、はずが、今回はエクストラステージが入って倍の距離となった(笑)
JRの足柄駅は電車の間隔が長いものの、駅前にはコンビニがあるから反省会もしっかりできる。
最近はメジャーになってきた乗り換えのためか、まとめサイトのほかにバリエーションルートも増えてきたみたい。
シリアスランもいいけれど、たまにはこんなアホな企画をー(^o^)

峠に先回りした仲間がカフェバーを開いてて、しばし休憩

峠に先回りした仲間がカフェバーを開いてて、しばし休憩


ハセツネで焼肉2

いろんな意味で恒例のハセツネ、今年は無事に焼肉ミッションをこなせた。コツをたまに聞かれるので、備忘録代わり&チャレンジする人の参考に手記を書いとこ。用意するものは普通に鉄板とバーナーと肉があればOKだけど、無駄には重くしたくないし手際よくやりたい。

1

見た目と違って軽くて手頃な大きさ

鉄板
鉄板のおすすめはパール金属のストロングマーブル懐石シリーズの「丸型焼肉グリル」。これはアルミ製で軽いけれど鋳鉄みたいな質感がある。大きさも一人焼肉用に作られているだけあって16センチと手頃。アマゾンのレビューでもソロキャンプ等での使いやすさが語られてるほど。

2

ファイヤーメープルの分離型。

バーナー
小さいから組み合わせるバーナーも小さめで充分。とは言え場所が吹きっさらしのところなので防風板を用意しとこう。ワタシは0.3ミリ厚のアルミ板を適切な大きさに切って使用。なければアルミホイルで代用可。アルミホイルは風よけ、皿の代わり、フタの代わり、電池をスパークさせて着火用、丸めてたわしの代わり、残り物包み用、など万能なので用意しとこう。

3

ロゴスのトレックテーブル。700gで耐荷重は15キロ。

テーブルと椅子
最初にやったときは地べたでやったから貧相な食卓になった(>_<)。やはりここはテーブルと椅子を使いたい。ロゴスのトレッキング用テーブルと椅子で重さは1キロ。それにテーブルクロスを敷くだけでちょっとした食卓になる。さらに今回はキャンドル風LEDを配置してのんびり加減をプラス。

4

ロゴスのトレックチェアは200gぐらい。

食べ物
まずは枝豆。冷凍枝豆だと飲み物を冷やしておけるので重宝する。
スターターは餃子がぴったり。鉄板に並べてアルミホイルで包んで焼いてほっとくと、セッティングが終わる頃にはちょうどいい焼き加減になってるはず。肉はせっかくだから良い肉を半額セールで買っとこう。野菜は運搬のしやすさと使いやすさでカット野菜のパックがおすすめ。

5

コンビニでも買えるジンビームの小瓶。香ばしくておすすめ。

飲み物
アルコール類は予め小瓶のものを探しておこう。例えばジンビームには200ccのペットボトルがあるし、ワインもたまにみかけるので、ボトル目当てに買ってとっとくのも手。ビールを水代わりに飲める人なら、水切れの際にも重宝する。

6

2016年の食料と飲料

バックパック
これだけ入れるとなると40リットル以上のものが欲しくなる。小さいパックにムリムリに詰め込むより、大きいパックに入れたほうが、軽く感じられて楽に走れる。あとは荷物の配置とベルトのセッティングで揺すらずに走れるはず。

7

今年の焼肉風景

時間
今回は第二関門に0時に到着。2時まで飲食して4時に起床・スタートした。ザックの重さは16キロだったので軽くすればもっと長く滞在できたかも、だけど豪華さは譲れない(笑)。無駄に重いものは避けても、装備を削ることはない方向で用意しよう。

8

3年前は地べたでやったので、貧相な食事になった(>_<)

ピクニック錬
ざっと挙げてみたものの、やはり場数を踏んでいたほうが器材の使い方や走り方で有利になる。たまには重い食材と調理器具を背負ってピクニックを催しておこうー。

9

やっぱりテーブルクロスは重要よ♡


ハセツネの蜂対策

ポイズンリムーバーを推奨してるみたいだけど、実は100円ショップにある注射器で代用可能。とは言えそれだけじゃ不安なので、ファーストエイドキットにアナフィラキシー用の注射を追加。
ショック状態のランナーを見つけたら先着1名に処方します。
練習用の注射器もついてるから、試したい人も募集中。現地にて(^o^)

一発一万円ナリ〜

一発一万円ナリ〜


お手軽ドレスアップ

廃盤カラーで激安だったホカを激安価格で置いてあり、気に入ったので即購入。
しかし残念なことにソールに色気がなかったんで、ちょいと好みの色を吹いてみました。あまり手を掛けたくなかったんでマスキングもなしで10秒で完了w

いつまでこのままかわからないけど、とりあえずモチベーションアップ〜\(^o^)/
hoka


GPSログ処理

年末の忘年ランの行程を地名で表示
gpz400途中で920XTの電池が切れたので、7:11:52からはハンディGPSのログを追加してカバー。
今回はTrailNoteというMac用の編集ソフトを使いましたが、思ったより使える(≧ω≦)b。(カシミールは下品な色使いと無駄なインターフェイスが気に入らない(笑)のでもー使わん。)
Screen Shot 2016-01-04 at 10.47.07amそれをヤマレコに読ませて出力しました。
日原峠が4:22と5:22に二度出てきますが、これは間違えて上野原に下りたからです(笑)Screen Shot 2016-01-04 at 10.47.38am


貧乏遠征 宿編

今回の遠征、ミュンヘンからミラノへのチケットは取らずに来てしまい、レース中に予約することになった。使ったのは英国のイージージェットで、ヨーロッパ圏内だとどこでも5千円で移動できるぐらいの勢い。

ミュンヘンから1駅ずらせば宿が見つかりやすい。

ミュンヘンから1駅ずらせば宿が見つかりやすい。AOホステルのミュンヘンハッカーブリッジ

安いから一旦ロンドンに遊びに行ってミラノへ戻っても1万円、という魅力はあったけど詳しく予定を立ててなかったもんだから今回は見送り。当初の予定通りにミュンヘン→ミラノが5千円ぐらいで取れた。空港から会場までの特急鉄道より安い(笑)

ドイツの宿は決めてなかったところ、ニュルンベルクとミュンヘンのユースを現地で押さえた。ニュルンベルクは一泊19ユーロ。ミュンヘンは人気があって高く、一泊26ユーロ。どちらもドイツのユースホステル&ホテルチェーンのAOHOSTELS&HOTELSというとこがやってる。

作りは古いが広くて静かなアル・カミーノ

作りは古いが広くて静かなアル・カミーノ

ミラノに移動してアオスタに行ったら、アル・カミーノという★★の安宿。作りが古くて洗面台が室内にある(笑)んだけど部屋は広い。価格は公式には55ユーロと書いてあるけど実際に申し込む時に安くなり、一泊28ユーロ。数年前はコロンバットという安宿を使ったけど、そこはなかなか雰囲気が良くて街中から近かった。

クールマイヨールはホテル王がスポンサーなんでタダで泊まれる(≧ω≦)b。改装中で営業してなかったけど、一室を開放してくれて朝食はオーナーのとこでいただけた。

受付前のロビー。いろんなところにゼブラ柄。

ゼブラホステルの受付前のロビー。いろんなところにゼブラ柄。

ここのオーナーはハッピーターンが好きなので、日本からのおみやげはハッピーターン。向こうにない味だから誰に分けても喜ばれる。昨年のUTMBで応援ついでにハッピーターンを配ってたイタリア人がいたら、それはワタシが持って行ったやつです(笑)

ミラノは今回夜出発の飛行機だったんで宿を取らなかったけど、UCLAの学生寮みたいなノリが好きならゼブラホステルがおすすめ。酒が安くてキッチンがしっかりしててビリヤードや寝そべって使えるスタディルームもある。ドゥオモにも近いので、観光の拠点としてもOK。28ユーロぐらい

住宅地の中に佇むため静かで、とっても清潔

Ostello di Saronnoは住宅地の中に佇むため静かで、とっても清潔

ミラノのマルペンサ空港を使うんならOstello di Saronnoもあり。シンプルで清潔なユースで、空港にも近い。周りは住宅地だから、最終日に食料を買い込んで翌朝に備えるつもりの宿としておすすめ。20ユーロぐらい


貧乏遠征

昨年は日本人5人出場して全滅。ワタシはどこまで行けるか?

昨年は日本人5人出場して全滅。ワタシはどこまで行けるか?

今年もトルデジアンが外れたところ、ドイツのFB仲間がこれどうよ?と教えてくれたのがドイツの400マイルレース。

チェコとドイツの国境にある登山道を8日間で661キロ走るもの。
さらに翌週はクールマイヨールでビールを飲みながらトレランをやるアランカビッラがある。2つを1度に楽しめるんなら、と申し込んだのは良いけど、ドイツとイタリアをどうやって行き来するの?と最近になって気がついた。

往復が安いはずなので、イタリア往復+イタリア⇔ドイツ往復を買うかなと思ってたところ、周遊券もみっけ。
ざっとエクスペディアとかで探すと

周遊券で日本→ドイツ→イタリア→日本を回る激安チケットだと17万ぐらい
ドイツ往復だと10万ぐらい
イタリア往復が9万ぐらい
ドイツ⇔イタリア間が往復4万ぐらい

でもさらにトラベルコちゃんで探すと最低の値段でバラバラに紹介してくれることを発見。
いつもはイタリア遠征で13〜16万かかるところ、日本〜ミュンヘン、ミラノ〜日本のバラ買いで8万2千円。
ミュンヘン⇔ミラノはLCCで1万円かからない。会場までは鉄道で3千円。

結局10万円でお釣りがキタ\(^o^)/
しかも帰りはアブダビでお昼に18時間トランジットで観光できる。しかもどれもが夜の便なので宿代もナシ\(^o^)/

なわけで、まずはミュンヘン行ってきます(≧ω≦)b

http://www.goldsteig-ultrarace.de/goldsteig-ultrarace/announcement/


またたび酒

ワタシ初の浅間尾根で浅間嶺に登ってる最中、ニコニコしながら手に袋を携えたオジサンが下りてくる。
こんにちはー、とあいさつすると、「これ見てみぃ」と袋の中を見せる。
よ~知らんが初めて見た形はにんにくそのもの。
「何だと思う?」とオジサン。
聞けばまたたびで、これを酒に漬け込んで飲むと滋養強壮(?)に良いらしい。

ふーんと思ってまた登り出したらまた違うオジサン。
同じように「何だと思う?」と聞かれて、今回は答えられた(笑)
2人も同じようなことやってるんなら、やっぱ効果あるのか?とワタシも途中からまたたびを探しながら登り始めた。

結局そこそこの量が採れたのでさっそく焼酎と氷砂糖で漬け込む。
冬場にはできあがるだろうから、ビーフシチューパーティの時には罰ゲームとして飲ませられそう(笑)
んなわけで梅酒ならぬまたたび酒の制作開始〜

最後は濾してやんないと、ヘタのカスが沈んどる。

最後は濾してやんないと、ヘタのカスが沈んどる。


ランニングダイナミクス

■スントとガーミン

ambit3

スントのアンビット3ピークサファイアの白は女子にぴったりなカラーリング

トレラン界ではスントとガーミンは双璧をなすGPSウォッチで、どっちを買おうかと迷ってしまうことが多い。
スントは最新型で稼働最長200時間というので引き離したようだけど、間欠的にGPS使っているので、かなりの誤差が出る。

920xt

デザインの好みが別れるところ。

デザインが良くて管理画面のMovesCountもガーミンより優れているように見えるから、サービスが長く続くのならスントにするのもいい※。

しかし最近になって接地時間や上下動といったランニングダイナミクスが取り沙汰されるようになった。この一番近くにいる機器がガーミンの220,620,920XTだ。
モーションセンサーを内蔵した新型の心拍ベルトとペアリングさせると、リアルタイムでGPSウォッチの液晶上に接地時間や上下動を表示してくれる。
ケイデンス(1分あたりの歩数)は前から出る機種が多かったけど、接地時間や上下動はまだ出せる機種が少ないのでこれでスントを再び離したかも。

fenix3

ガーミンのFenix3は、高精細液晶を利用して、平時はアナログ時計のふりができる。

■心拍ベルトはなくならない。

これまで数十個のGPSウォッチをテストしているうちに、心拍ベルト不要の機種も出てきた。便利だから今後は増えていくかと思ったが一向に増えない。

先日同時に複数個のGPSウォッチを試したところ、エプソンの脈拍計測は不正確で、8割の確率で2割以上高い脈拍を提示していた。
同じ手首で計測するアディダスのGPSウォッチは、もともと脈拍を測るデバイスが元だったこともあり、心拍ベルトで計測する他機種と同じ正確さだった。しかし電池の消費量がハンパなく、4時間半で終わってしまうのが残念。

garminbelt

ガーミンの心拍ベルトで左が従来品、オジサンが描いてある右のベルトがモーションセンサー内蔵の最新型。

しかし状況が変わり、心拍ベルトがランニングダイナミクスを測定してくれるのなら話が変わってくる。

心拍ベルトは体の中心につけるので、上下動や左右のブレに敏感だ。この機能は同じモーションセンサーを内蔵するスントにはまだついてない。またエプソンのGPSウォッチは手首で脈拍を測るシステムだから、逆立ちしても立ち向かえない。

■実は海外では有名なワフー
ランニングダイナミクスだけ見るなら、ワフー社のTickrXも捨てがたい。これは一見普通の心拍ベルトだけれど、メモリーを内蔵しているので、これだけ付けて走れば帰宅後に時間と距離と心拍数の変移をチェックすることができる。

wahoo

ワフーの心拍ベルトは3種類ある。心拍のみ、心拍+モーションセンサー、心拍+モーションセンサー+メモリー

また機材を選ばないのがこの機種だけの特徴。BT4.0とAnt+の2つの電波を出すことができるので、ブルートゥースだけのiPhoneとペアリングができるし、Ant+だけのスントともペアリングできる。

さらにモーションセンサーがガーミンより優れていて、ガーミンは上下動だけの1軸(?)センサーっぽいところ、こちらは5軸センサーのために左右のブレと前後へのゆらぎもわかる。
ただしこれらのデータは走ってる最中に、iPhoneやアンドロイドのアプリを立ち上げたままにしておかなくてはならない。今後のソフトのアップデートを期待したいところ。

epix

ガーミンのEPIXはマップを読み込ませることができる。ハンディGPSいらずとなるか?

今年は心拍ベルトと別れる元年か?と思っていたが、心拍ベルトは逆に重要なミッションを得た。 ランニングダイナミクスの結果が楽しみで、走るのが楽しくなってる今日このごろです。

※スントとガーミンのデータはサードパーティのサイトを経由して互いに行き来できる。ナイキもランニングデータの取り出しが可能。


バーナーテスト

バーナー類

火口が大きければ早く沸くというわけじゃない。

冬のトレイルロング走になると、温かいものが欲しくなる。先日はOMMでも必携装備となったバーナー類を集めてテストしてみた。とりわけ気になるのはガスバーナーで、写真は1から順にジェットボイルPCSFlash、ユニフレームのUS Trail、FireMaple116T、プリムス115、FireMaple117T。

gas

使用による温度の低下で火力が弱くなるのを防ぐため、休憩中は湯せんをする

今回試した中で最も軽量・小型・高性能なバーナーははプリムスで、火口の径が小さい分火が逃げずに効率良し。小さいから500cc程度のカップに放り込めて、110のガスボンベでフタができるぐらいコンパクトに収まる。

fm117T

少しでも実際の条件に近くなるよう、ベランダでテスト中。

FireMapleは素材がチタンという男ゴコロをくすぐるブツだったけど、見てくれと違ってバーナー径が小さいプリムスより沸くのが遅し。最初のテストでは13センチの鍋を使ったけど、広い鍋に適応した直径のバーナーだなと思って17センチとインチアップした鍋をあてがって再テストしたら、分離型の117Tが最高タイムを叩きだした。分離型だとガスの出が悪くなった時に熱源に近づけたり生ガスを出したりとオタクなことができるので慣れた人におすすめ。

jetboil

ジェットボイルはかさばるけど取り扱いは楽なのでビギナーにおすすめ。右は100円カップ+プリムス

大きい鍋を使い、ガスを安物にした場合の最低タイムはジェットボイル(笑)ジェットボイルは火を付けたままお湯を注げるという芸当はあるけど、ちょっとシチュエーションが変わるとアドバンテージが低くなるみたい。

メインストリームはガスだけど、ほかにアルコールストーブや固形燃料も試してみた。アルコールはホワイトボックスストーブというやつで28グラムと超軽量。しかしアルコールはカロリーが低いからお湯が沸くまでに時間がかかるため、大量に使う場合は燃料の重さでガスより重くなる。ただし温度が低くても火がつく点がアドバンテージ。ガスの2倍の時間でお湯がわいた。

primus

プリムスは火口が小さく、折り畳めるのでコンパクトになる。でも高価(笑)

固形燃料は他の燃料と違って漏れたり揮発したりしないので取り扱いは楽。カロリーも少ないけど、とりあえずダイソーの3パック100円のヤツ1パックで300ccのお湯がわいた。ススも臭いも出ないから山屋さんが使いそうな高価な固形燃料よりおすすめ。

ファイアーメーブルの分離型

チタン製で超軽量なファイアーメープルの一体型(左)と分離型(右)

実は家のコンロ、電気ポット、700Wの電子レンジを試したけれど、どれもアウトドア用のガスバーナーより沸くのが遅くてびっくり(笑)