櫛形山劇場。

おつかれやまです!                                    

暑い。暑すぎる。いや、熱すぎる。そんな2日間が過ぎました。

昨日は山梨県は南アルプス市にある櫛形山を舞台にしたトレイルランニング教室。すでに3回目となり櫛形山の素晴らしさが、、、いや、芸の、、いや、、ネタが、、いやいや山本健一が素晴らしい笑

講師にどうやら英語が苦手だと判明した世界の山本健一。サポートにBoomerungの広報部長、五味幾三さんこと五味勇樹。そして山本健一がたぶん暇なんだろうといつも声を掛けてくれるボクの3人で時には楽しく、そして時には楽しく、結局楽しく行わさせて頂きました。

  
ホント、最高の天気、最高の雰囲気でツアーが進みます。

この櫛形山のツアーの目玉は途中に設置して頂くエイドです。このエイド、ハンパないんです。毎回パワーアップ、いや、パワーナップしてます。

   
       
ヤバくないですか?笑

ほぼ食卓です。一般サラリーマンの家庭の食卓を越えてます。山梨名物ほうとうから始まり、海苔巻き寿司に唐揚げ、ボクの大好きな南アルプス名物サクランボ、キュウリと梅干とこれまたボクの好物ヤングコーンの酢漬け。疲れが抜けます、パワーがでます、お腹がいっぱいで走りたくなくなります笑

本当に豪華!

1番食べた自信あり!ごちそうやまでした!

ここで終わりでいいやんテキな雰囲気をブチ破りツアーは続きます。この直後に来てよかったーという場所に到着します。

北側の展望台。南アルプス丸見え!

写真なし!ごめんなさい笑

この日は本当に良い天気で北岳、甲斐駒ケ岳、スリーピークスの舞台の八ヶ岳。

本当にキレイだったな。

写真ないけど、、、

と言いながら、、、

ホントにナイーー笑

そしてツアーは進みます。 

 

 実はワリとハードなトレイルの櫛形山。

でも、いつも1人で走ってるという方が皆で走るとこんなに楽しいんですね!と言ってた。

この言葉を聞けるだけで帯同した意味があります。

こういうイベントは参加者同士が知らず知らず仲良くなる。あれ?一緒に来たの?なんて聞くと今日初めて会ったなんて答えが返ってくると本当に嬉しいです。皆が仲良く楽しくマナーよろしくで走ればトレイルランニングは最強だと思います。

いつも発見がありボク自身ホントにありがたい。

ネタがどうのこうのとはあえて掲載いたしません笑

なぜなら御迷惑だったら申し訳ないと思ったから!笑

参加者の皆さんにしかわかりませんね笑

また櫛形山ツアーは秋場所があります。

11月7日、、かな?笑

よかったら皆さんいっしょに楽しみましょう!

南アルプスのスタッフの皆様、ユーコリンエイド部隊、参加者の皆様、素晴らしい時間をありがとうございました! 


キラキラ輝く子供たち。

おつかれやまです!

今日から都内へ日帰り出張のボク。
眠い・・・
眠すぎる・・・

中央道は今月29日まで上下の高井戸~上野原間が集中工事となってます。
皆様お気をつけください!

雨の予報をガツンと晴れにしてしまったパワー。
完全にちびっこのパワーが炸裂しました!

昨日、武田の杜トレイルレースでもお馴染みの健康の森内で
山梨県初のーーー

YAMANASHI Jr TRAILRUN!!!

が開催されました。

カテゴリーは未就学児から始まり小学生(学年別)、中学生に限っては保護者も交えた
親の威厳を賭けた(笑)レースとなりました。

ボクの息子リッカ4歳も初レースに挑戦!
距離は1km!
もちろん保護者付き。

ricka1

レース前にいつもの儀式。

儀式と言いますのは毎日ボクが仕事に行く時にやる挨拶。
言葉で表すと、、、

タッチ、握手、こっちの握手、裏の握手、グーチョキパー、タッチ、タッチ、腕、腕
肩、肩、おでこ、ギュー、アイーーーン

わかります?(笑)

数年前はタッチだけでしたが少しずつ増やしました(笑)

さーーー いよいよスタートです。

皆さん結構な勢いで飛びだします。

リッカもスタート直後はいい笑顔ーーー

ricka2

この直後急速に失速いたします(笑)

半泣きです。
抱っこの依頼がきます。
父、困ります。
彼は泣くとき舌の出入りが激しくなります。
出入り激しいです。
抱っこの依頼続きます。

Boomerungのミスターポジティブ、ユージ石川がスタッフをしてました。

ユージが必至に励まします。
全然効きません。

チームSUNDAYの方々もたくさんいて励ましてくれます。
全然効きません。

たまに抱っこの依頼がきます。

それでもがんばって突き進みます。

父、心で泣いてます。

ゴールで待つ妻は今日が誕生日。
最後の森の中でボクのザックに入れた誕生日プレゼントをリッカに渡し、、

「ママに渡せるか?」

「渡せる」

「頑張れる?」

「頑張る」

「じゃーいこう!」

片手にプレゼント。
片手に拾った木。

進みます。

森を抜け広場に出ます。

ゴールが見え、妻も見えます。

リッカが近寄りプレゼントを渡しました。

ちなみに会場内ではどえらい物を拾ってきたと話題になりました。

そしてゴール!

そしてすぐ昆虫探し。
はえー
切替えはえー

このレース家族でいろんなドラマがあったに違いない。

ボクはボクの好きなトレイルランで遊べたことは本当にいい思い出となりました。
やっぱり家族でしかもアウトドアをベースに触れ合うのいいことですね。

山梨は子供が遊べる自然がたくさんあります。

週2でやりたい!

プロデューサーの宮地藤雄さんをはじめ、スタッフの方々、疲れきった親御さんたち(笑)
素晴らしい機会をありがとうございました。


FULLMARKS×山本健一×3PKS試走会 やっぱりタチさん凄かった!

おはようございます!

前のブログでもお伝えいたしました

「FULLMARKS×山本健一×3PKS試走会」

素晴らしい天候と最高の雰囲気の中開催されました!

朝9時頃に3PKSのスタート&ゴールでもあります三分一湧水に集合。
爽やか揃いのFULL MARKSのスタッフは初対面の方が多かったのですが
爽やかな仮面を被ったおもしろ集団でした笑

参加者の方々もぼちぼち集まり本日のスタート地点となります
鐘掛松に車で移動します。

この鐘掛松という場所は本番のレースではワンパク38kでは
第3関門で第3エイド、アタック23kでは第1エイド、ラウンド後の第2エイド
となりコース上では一番選手が交わる場所でもあります。

今回の参加者は23kメインでありますが38kの苦し楽しなとこも感じてもらえるようアレンジした約10kなのになんやかんや3時間ぐらいかかるだろうね、だってボクたちいつもおしゃべり多いからルートに設定いたしました。

スタート前、まずは皆で自己紹介。
ニックネームを自分で言ったり皆でつけたり。

栃木の方は大至急「ギョーザ」になりました笑
妥当です。

image1

そして今回の試走会はかなりプレミアム!
山本健一の存在は当たり前のプレミアムだとして、、、

その山本健一をレースやコンディショニングでサポートする
あのはちみつオジサン・・・

だったり

アンクルハニー(ご本人から了承済)

だったり

ハチミツギャング(ご本人から了承済)

こと齋藤道生さん!

そのサイトーさんがなんと・・・

image4

こんな感じにいっしょに走り現場で補給講座をしてくれました。
後にも先にもないパターンですよこれ!

image5

そしてもう一つのプレミアム。

この補給講座を撮影しているランヨーさん率いるFULLMARKSの
方々からウェアに関する講座なのですが・・・

いやーーーーーー
特にアレのアレは素晴らしいの一言でした。
すんごい得した気分!

そして・・・

HOUDINI担当の舘下さん、通称タチさん。
あのレユニオン完走者でゴーストレユニオンと巷では呼ばれてます。
ヤマケンにサポートされた方です。

このタチさん、自らの履いてる短パンを濡らして速乾の様子を皆さんに伝えます。
まるで通販の切れる包丁を売るやり方となんらかわりません。
短パンに名前を入れてくれる勢いです。

でも本当に楽しくて参加者の皆さんが楽しめたのかわからないくらい
自分が楽しんでしまいました。

皆様ごめんなさい!笑

こんな感じのイベント、その道のエキスパートがいると中身が
グッと濃くなります。
すごくいいバランスだなと感じました。

是非またやりたい!

参加者の皆様、サイト―さん、FULLMARKSの皆様本当にありがとうございました。

解散後は三分一湧水からほど近いとんでもなくオサーレなカフェ「DILL」さんへ

フルーツラッシーとジェラートがハンパなく美味しかった!
今度はご飯食べたいーー!

image3

そしてかなり濃いーーナイショ話。

素晴らしい一日をありがとうございました!

 


FULLMARKS×山本健一×3PKS

おはようございます!

台風が過ぎ素晴らしいお天気です。
しかしながら東北岩手の方でまた地震、、、
震度5強と聞いてます。
大丈夫でしょうか、、?
この先何もないことを深くお祈りいたします。

さてさて
もう1ヶ月を切っております第3回となりました

スリーピークス八ヶ岳トレイル

皆様のおかげで第3回も開催できそう?です笑

大会前には過去にスリーピークス主催としての試走会
昨年は山梨が誇るアウトドアショップELK様主催による試走会を
行わせて頂きました。

そして今年は・・・

http://www.fullmarksstore.jp/pc/blogs/971

5月17日の日曜日。 遂にきました!
FULLMARKS×山本健一による試走会が行われます!

FULLMARKS様と言えば山本健一が着用してるHOUDINIの代理店。
これは皆様ご存じかと思われます。
(ボクもひっそりと着用させて頂いてますww)

更にご縁がありスリーピークスを第1回からサポートして頂いてます。
本当にありがとうございます。
今思ってもよくこんな得体の知れない大会に協力してくれたものです笑

神!
いや、ネ申!

さーらーに!
FULLMARKSのスタッフの方々は本当にオシャレでカッコいい人たちばかり!
これホント!

当日はそのFULLMARKSのスタッフの方々もいっしょに走ってくれるそうです!
もう楽しいイメージしか湧きません。

募集状況の確認は・・・
んーー、どーでしょー?

とにかくその日八ヶ岳が華やかになることは間違いありません!

RD松井さんとボクもうっすら帯同させて頂く予定です。

当日の様子はまたこのブログにアップいたします!

お天気??

晴らーーす!!!

山本健一、HOUDINIがよく似合う!

山本健一、HOUDINIがよく似合う!

 

 


Boomerung trailholic

おつかれやまです!

昨日行われました
「道志村トレイルレース」
走られた方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
キツさが先行しがちですが、トレイルが本当に素晴らしい!

ボクの仲間も走りました。
ここで言う仲間というのは、、、
知る人ぞ知る、知らない人はまったく知らないーーー

そう!

Boomerung trailholicの仲間です!

Boomerung trailholicの仲間です!

Boomerung trailholic!!!

どうやら知らないようですね。

ボクがトレイルランニングを始めてから数年後に
立ち上げました草トレイルランチームです。

ずっと団体競技、あっ、実は小学生の頃は野球とミニバスを
やってました。
余談ですがピアノも笑 バイエルで心折れた。

チームというものは凄くいいものでして、個人競技の
トレイルランニングに取り入れてたら楽しいことが
出来るんじゃないかという漠然とした思いで動き出しました。

2013年の元旦にスタートさせたかった。
なぜならスタート記念日を忘れないから笑

そしたらまずは仲間を集めなければならない。
いや、待て、、

名前が先だ。

どんな名前がいいかな??

なんてことは全然考えてなくもうすでに決まってました。

フットサルもかなりガチでやっていた時期があり
その時代のスペインの強豪チーム、ブーメランインテルビュー
というチームに凄く憧れました。

ブーメラン、、、
いい響きだな、、
カッコいいな、、、
いつか使ってやる笑
なんてな思いでずっときてたものですから迷いナシ!
むしろ時がきた!

今のとこひとりです。

英語が堪能な方はお気づきでしょう。
ブーメランの本当のスペルはBoomerang。
強引な日本人がranの部分をrunに変えてしまいました。
走るのだからrunでよし!

まだまだひとりです。

しかもブーメランて投げたら戻ってくるじゃん。
だからBoomerungも山に行ったら必ず戻ってる。
確実に大事な人が待つところへ戻ってこよう。

こんな意味を込めました。

相変わらずひとりで。

holicもあなた中毒だからと英語の得意な友達に言われ即決定!

さぁ、肝心のメンバー集め。
いや、待て、、

ロゴが先だ。

決して仕事中ではございません。
仕事が終わってからPCに向い作り始めます。
ボクはイラストレーターとか使えないのでVISIOというソフトで
1本の線からあのロゴを作りました。

ロゴは出来た。

いよいよメンバー集め。
今度こそいいよね。
仲間探していいよね。

がしかし、ここももう自分の中では決まってました。

この人だったら声をかけたらやってくれるだろうという根拠のない自信。
この人だったら楽しくやっていけるだろうというストーカーまがいな思い。

始めは数人。
その中でも軸になるこの人に声をかけます。

ボク自身がまだまだ山の知識が薄い為、絶対に入ってもらおうと思いました。

青木光洋(HOKA)

この人以上の山博士がいようものかというぐらい本当に凄い。
ハートも素晴らしい。
ボクらもいろんな事を教えてもらってます。

青木くんのような際立った仲間がいてくれればボクみたいな
チンチクリンがいてもバランスが取れる。
青木くんもハイテンションで引き受けてくれました。

そして小川壮太(Salomon)

壮太くんもいろんな絡みがあるだろうから、ここぞの御意見番として
見守ってもらうようにお願いしました。

楽しくなってきたよコレ。

オリジナルメンバーからセカンドメンバー、そして昨年サードメンバーと
いい仲間が揃いました。

昨年末のSTSとのセッションにて。

昨年末のSTSとのセッションにて。

ボクが嬉しいのはボクの違う方面の仲間がBoomerung
の中で仲良くなってくれたこと。

走ることなんてまったくしなかったのにBoomerungでトレイル中毒に
なってしまったこと。

今ではボクが絡まなくてもいろんな活動をしてくれること。

そしてBoomerungを好きでいてくれること。

ボクもBoomerungをやってなかったら間違いなくここまで
楽しめてなかった。

勝手に作ったのに快く仲間になってくれたことに感謝。

メンバー小出しにしてきますね笑
これから幾度となくメンバーが登場すると思います。

皆様、Boomerung trailholicをこれからもよろしくお願いいたします。

 


船長、勇気をありがとう。

おつかれやまでございます!

昨日のGW最終日、今をトキメクすしざんまいクラスのショップRunboys!Rungirls!
そのいかしたオーナーの桑原慶の結婚2次会パーテーに
行って参りました。

場所は表参道、、
青山??
ドコダッタ??
あれ?
あれれ??

17:30から開演ということでしたが僕らが着くころには
すでに1.5次会が開催されており
某トレイル某TOBAちゃんの船長さんなんかは期待通り
いや期待以上の仕上がりでした。
ロレツ、目線、共にパーフェクト、早くもMVP獲得です。

そしていろんな方と話をしていると、、、

「新郎新婦入場!」

本日の主役の二人がにこやかに入場してきました。

見て見て見てーーーー この幸せそうなお二人の姿!

見て見て見てーーーー
この幸せそうな二人の姿!

なんだか不思議な気分になります。

だってトレイルランニングをしていなければまずこの場にはいない。
この場にいた当たり前にふざけ合う仲間もそう。
そして会いたかった方にも会え挨拶が出来た。
すべてトレイルランニングが繋げてくれました。

いっしょに参加したスリーピークスRD松井さんが
レース前にブリトーを食べてたころが懐かしいです。

「あなたレース前だけどブリトー大丈夫?」

「ハム&チーズだから大丈夫です。」

驚きの的外れな答えです。

今やそんな方も多くの仲間を手にいれました。

RUN+TRAIL再現!笑

RUN+TRAIL再現!笑

なにはともあれ幸せな空間はいいものです。

慶さん&千春さん本当におめでとう!!

そして素晴らしい時間をありがとうございました。。

 


あんだちみは?

皆様はじめまして!

小山田隆二と申します。

この度はご縁がありこのMMAサイトでブログをさせて頂くことになりました。

このご縁、本人が一番驚きすぎて軽い動悸が止まらないのと残尿感がハンパありませんがとにかく楽しんで皆様にいろんなことを伝えたられたらと思っております。

ほとんどの方がボクのことを知らないと思います。

聞こえます。 聞こえますよ。

「あんだちみは?」っていう皆様の声。

なので軽く自己紹介させてくださいね。

山梨県在住。 生まれはUTMFでもお馴染みになりました富士山が丸見えの富士吉田市というところです。

まったく山には興味がなく富士山に登ったのは昨年の夏!奇跡!

実は山にに囲まれて育ったものの山には無縁で、力を注いだものはサッカーでした。

中学からサッカーを始め、高校、大学そして社会人とずっとサッカー漬けの人生でした。

現在43歳ですが、37歳までサッカーに打ち込み、打ち込み尽くして引退。

この流れでいくとだいたいは少年サッカーのコーチとかやったりするのですが、ボクは子供に教えるということに一切興味が湧かなかったのです。

まだ自分で体を動かすことをやりたい。 そんな気持ちが強かったです。

じゃあ何すんの?って凄く不安になったことを思い出します。

サッカーが好きすぎてもうそれ以上のものはこの先ないんだろうな、普通に仕事してくだけなんだろうな、デブでゴロゴロしたオッサンになってくんだろうな、、、

こんな不安です。

やっぱり好きなものってなかなか見つかるものじゃないと痛感した時期がありました。

なんやかんやしてる時に東京で仕事があり、日勤と夜勤の間に時間を潰したマンガ喫茶で人生が大きく変わります。

そのマンガ喫茶で何気なく見た雑誌。

読んでるとページ4分の1ぐらいの小さな写真に胸を打たれます。

リュックサックを背負って山を走ってる…

トレイル… ランニング…?

ナニコレ…

よくわからないけど理屈抜きで惹かれます。

これだっっ!って笑

山梨に帰り早速サッカーの格好で近くの山に入りました笑

走ることは好きじゃない。 だからマラソンも好きじゃない。

でもこの不整地、走ることが嫌じゃない。

なんだか気持ちいい。

そして1番気持ちいいと思ったのはこのブログのタイトルでもあります「足音」でした。

アスファルトでは聞こえない変化に富んだ無数の音が聞こえます。

心地いい。

よし、またこの足音を聞きにこよう!

トレイルランナー小山田隆二の誕生です笑

ボクのトレイルランニングライフの始まりでした。

しかも、なんなら山梨は山しかねーじゃん笑

最高じゃん!

この数年後にスリーピークスに絡んだりBoomerungを立ち上げたりしますがこの時は想像も出来なかったな笑

ホント人生はわからないものです。

あれ? 自己紹介になってないかも笑

MMAブログとのご縁。

とても意味のあることだと思ってます。

大好きなトレイルランニングの事、皆様に伝えていきたいと思います。

文章、得意じゃございません。 優しく見守りましょう笑

これからよろしくお願いいたします!

Ryuji Oyamada