リューGMB〜加齢なる脱臭〜。【後編】

早くも後編です!(笑)

さぁー、後半部のはじまりです!

おむすび山〜高川山〜羽根子山〜近々峠〜丸太クリーンセンターサポートポイント。

鬼門。まさに鬼門のこのセクション。過去2回このルートの高川山でリタイヤしてます。真夏に行い気温が高く体が動かなくなったせいもありますが、とにかく高川山の登りが見事すぎるくらいキツイ(笑)

単に自分に力がなかっただけ!鬼門でもなんでもない(笑)

おむすび山も名前はカワイイもののいやらしい小刻みなアップダウンが続きます。

今回は気温も低く補給もバッチリ!過去にないぐらいのいいペースで進みます。

  
高川山の登り!頑張って進む!光がいい感じ!

五味くんと話します。

なんだかんだでやっぱりキツイねと(笑)

そして高川山ピーク手前で応援に来てくれた立田くんと会います。いっしょにピークへ。

立田くんは富士見バーチコーで6位となった実力者!

  
高川山ピーク!

差入れを頂きました!ドーナツ!口の中のすべての水分持っていかれた!(笑)ウィダーインゼリー持ってこいよ!(笑)

なんてなことは言いません!

立田くん、ありがとね。こういうのは本当に嬉しい。感謝です。。

よし!サポートポイントは目の前だ!行こう!

五味くんと気合いを入れ直します。

がしかーし、ここで痛恨のミスを犯してしまいます。

高川山から羽根子山、そして近々峠を経由して丸田クリーンセンターのルートは今回が初めて。事前にクボヒデが調査をしてくれて写真も撮ってきてくれたのですがボクの確認不足によりロストしてしまいました、、、

サポートクルーと連絡を取り合いながら山の中で行ったり来たりのシャトルランを繰り返します。

しかも今日イチの蜘蛛の巣地獄!

ボクが先頭、蜘蛛の巣避ける。後から来る五味選手、、「うわーー!」蜘蛛の巣引っかかる。ボク、、「わしゃわしゃー!」笑う。「うわっ!」ボクもすぐ蜘蛛の巣引っかかる。

このやり取り30セットぐらい繰り返す。

最終的にクボヒデが逆走してきてくれてなんとか脱出!

1時間ちょっとぐらい彷徨ってたかな、、

そして丸田クリーンセンターで合流。

  
松井さん必殺のうどーんぬを食べてパワーを充電します。なにせ次のセクションはこのルートの最大の山場でもあります、、

鶴ヶ鳥屋山〜角研山〜本社ヶ丸〜清八峠〜東山梨変電所サポートポイント。

この行程の最初の山、鶴ヶ鳥屋山(ツルガトヤ)。1300m台の山ですが約900upしなければなりません。しかも登り具合もかなりハード!とにかく気合いでクリアしたいセクションです。 

 
距離はここまで44k。思ったほど伸びてません。

ライト装着、ウェアも着替えナイトセクション及び最大の難関にに挑みます。

ロードを少し走りツルガトヤの表示のある林道へ。てかこの林道なげーー(笑)いやらし傾斜ーー(笑)早くもうどーんぬパワーを使い果たします。

そして本登山道へ。ジワジワ上昇していきます。ボクも喋らなければ五味くんも喋りません。いや、喋れません。

キツイ、、キツすぎる、、

そして日が落ち暗闇へ。

ツルガトヤの登りは2段階。最初の登りの終わりはロードに当たります。そこを横断しコンクリートの階段を上がり次の登りが始まります。この階段の傾斜、高さ、どれを取ってもワールドクラス。目眩が止まりません(笑)

  
さらに登り続けます。

そして長すぎて忘れた頃にツルガトヤ山頂(笑)

2人でヤバイ、まじでヤバイよツルガトーーーヤーーー!叫びます(笑)

ヤバイのは登りだけではありません。猛烈なガスにより視界0、、、

慎重に次の山、本社ヶ丸(ホンジャガマル)を目指します。

この区間は過去に昼間に1度来ただけ。一本道の分かりやすいルートというのが印象でしたが、条件が変わるとまったくの別物に変貌します。

ホンジャガマルまでは相当手前の地点でルートを見失います。

あれ?あれ?

ルートがわからない、、、

ボクがここかなと思ったところはとんでもない傾斜の岩場。

ここか、、、?いや、こんなとこなかったよな、、、

すると上の方から五味くんが、こっちにルートがありそうです!ルートを探してくれました。

ここで思いました。そして五味くんにも伝えます。

今回はここの区間で終わろう。

この区間、1度来て分かりやすい印象なのにガスに遮られるとまったくわからない。次の区間に関してはほとんど行ったことないルート。リスクが高すぎる。

無理して行くべきではないと判断しました。

ここで完走を断念しましたが、悔しさなんぞは微塵もなく、それよりもサポートの3人に何かあったらどうしようという怖さと既に時間はスタートから14時間、ここまで付き合ってもらったという感謝の思いしかありませんでした。

とは言うもののまだ途中。五味くんにもとにかく注意して進もうと声をかけます。

ホンジャガマル山頂。

晴れてれば富士山や河口湖が見える場所。ガスってる中でもいい雰囲気を感じさせる山頂です。

やっぱり昼間だなこりゃ(笑)

そして清八峠を目指します。ホンジャガマルと清八峠の間は岩場が多く更に下り基調。滑らないようお互いに声を掛け合い進んでいきます。

清八峠到着。

後は東山梨変電所まで下り。しかしながら距離も結構ありますが相変わらずのガスり具合とツヅラ気味の下りは突っ込んだらアウト。集中します。

長い下りを終え林道からアスファルト、東山梨変電所の側を抜けていきます。

  
クボヒデ、松井組と合流ー!!

すぐさまここで終わろうと伝えます。

2人とも解放され安心した様子(笑)

ラーメン食べにいこーー!

長い一日が終わりました。

ボクのGPSで距離56k、累積標高は5100m。時間は15時間ほど。

この8月はロード中心でほとんど山には行ってませんでした。久々に来た山は楽しさは勿論ですが、気を許すと簡単に有らぬ方向に行ってしまうことを教えてくれました。

あらためて自然の厳しさを学んだ次第です。

そしてクボヒデ、五味くん、松井さんには本当に感謝してます。

楽しく厳しく素晴らしい一日でした。

これ1人でも欠けたら間違いなくムリでした。

ボクのワガママに付き合ってくれてありがとう。

ムダにしません絶対に。

さーー!もうひと頑張りだ!!


リューGMB〜加齢なる脱臭〜。【前編】

おつかれやまでございます!

いろんなことがあった先週。ボクはやっぱり走り続けるしかないと思いました。何かが起こってはいけませんが、何が起こるかわからないのが人生。精一杯生きていきたいと思います。

さてさて、先週末の話題と言えばやはりUTMB!!

昨年と比べ物にならないくらいSNSの稼働率を感じました。それと同時に海外レースの難しさをたくさんの方から感じました。でもチャレンジする姿勢、素晴らしかった!

そしてレシャップベルの山本健一。

見事、、本当にお見事の第2位でゴール!!

やっぱりやりやがったこの男!帰ってきたら話を聞きたいです。

そんなこんなの週末。実はボクも丸一日山を楽しんでおりました!

SNSでご覧になった方は説明不要ですね。

UTMBに参加されてる方、そして山本健一を応援する気持ちで、、、

「リューGMB〜加齢なる脱臭〜。」

自分の山行に勝手に名前を付けました(笑)

日にちはたまたまドンピシャになってしまいました。

かれこれ3年前ぐらいに思いついたこのコース。ボクが思いついたにも関わらずあまりにタフすぎて過去2回同じ場所でリタイヤしてます(笑)

山梨県は甲州市大和町にあります景徳院がスタート、そしてゴール。この景徳院は凄い歴史のあるお寺で武田信玄の四男、武田勝頼が自害したお寺でもあります。歴史に興味ある方は是非松井さんに聞いてみてください。彼女も相当喜びます(笑)

今回はリューGMBやなんやら言っておりますが実質はボクのUTMFに向けてのトレーニング。なので一緒に走るペーサー役をBoomerung五味くんに、サポートカーをこれまたBoomerungクボヒデ、UTMFではメインでサポートしてくれるであろう松井さんにお願いしました。

強烈なボクのワガママです(笑)

朝スタート前の様子。 

やってやる、やってやるさ!の1枚!

景徳院スタート後大菩薩方面に進みます。ザックリと景徳院〜大鹿山〜コンドウ丸〜大谷ヶ丸〜ハマイバ丸〜大蔵高丸〜湯の沢峠〜白谷ノ丸〜黒岳〜大峠サポートポイント

ナンチャラ丸多め(笑)

前半の前半部分になります。

下りもありますがアップダウン繰り返しの登り基調が特徴。 タフな中にも雰囲気の変わり具合が好きなコース。特に大蔵高丸付近は開けて本当にいい雰囲気です。
  
ただ天気悪すぎ(笑)

天気いいと最高な場所!

五味くんとヒーヒー言いながら進みます。

このルートの最高到達点の黒岳を過ぎてわかりずらい分岐を大峠方面に下ります。

大峠。ここでサポートクルーと合流。

  

ここでペーサーをクボヒデにチェンジ!大月にある岩殿山を目指します。

ここからのルートは、、、

雁ヶ腹摺山〜姥子山分岐〜金山峠〜大垈山〜セーメーバン〜稚児落とし〜天神山〜岩殿山〜大月市立病院サポートポイント。

これまた前半部とは真逆のコース。登りもありますが下り基調。

下りもずっと続くとシンドイです、、低山なのにちょっとした登りが馬鹿デカイ山に感じる(笑)

  

雁ヶ腹摺山ピーク手前目印の岩壁。この区間の1番の登り返し。ピークから見える風景は500円札のデザインにもなったところ。

がしかし天気悪すぎ(笑)

ソータさん風に言うとこの後下りっ放しジャーマン、多少の登りをこなし前半最後の岩殿山塊へ。岩殿山はスカイツリーと同じ高さということで一瞬話題になった山。低山ですが岩が剥き出しの存在感アリアリな大月の町の象徴となってます。

 

岩殿山手前の山塊の一角、天神山からすでにお岩さん。クルピチカ選手が登ってきそう!(笑)

岩殿山を下り2kほどのロードを走り大月市立病院付近でサポートクルーと合流!

   
いろんな物を用意してくれていて本当にに有り難かった。100%ひとりではムリでした。。ペーサーはチェンジし再び五味選手。ここまで32kですが結構なアップダウンにより足がヤバめです、、、

メンタルが試される後半へ。。


浦山くん。

もう御存知の方も多いかと思います。

彼と初めて話したのは昨年のスリーピークスゲストスタッフ説明会。

大会のことよりも次に出る道志トレイルの攻略法を教えてくれということで盛り上がりました。今考えればボクよりも全然速く強いランナーなのに(笑)

スリーピークスでは第2エイドの天の河原スタッフとして昨年と今年全力で頑張ってくれました。今年の大会ではコースロストがあり慌てた松井さんからボクに見てきて欲しいという連絡が入りました。

ボクは前三ツ頭という結構上の方でしたが下れば第2エイドなのでそこで情報が得られるかなと全力疾走で下っていきました。第2エイドと言えば浦山くんだなと思い彼と話そうと第2エイドに突っ込みます。

浦山くんは!?浦山くんいる!?

奥から彼が出てきます。

ロスト騒ぎはどうなってる??聞くと、、

あれ?もう落ち着いてるはずですよ!と安堵の一言を頂きます。

ボクも浦山くんが言うんじゃ間違いないか、、、良かった、、、

でも一応この先見に行ってくるよ。とエイドを出ようとした時に、、

小山田さん、補給は大丈夫ですか??

気を遣って貰ったっけ。。。


そして最後に会ったのはおんたけウルトラ100kのスタート前のブリーフィング。

この方はスリーピークスのコースディレクターなんだよ!と浦山くんの友人に説明してくれてた。恥ずかしかったぞ。

彼はコンディションも良さそうで結果はボクよりも遥か上の20位という素晴らしい結果でした。

いろんな活動をし彼の周りにはいつも笑顔の人がたくさんいました。みんなにその有り余るパワーを分け与えていたんだろうなと思います。


本日、井川湖付近で彼が発見されました。

ボクはメッセージやらLINEやら開けないでいた。

怖かった。

浦山くんのお姉さんもSNSで状況の説明をしてました。苦しいことでしょう。悲しいことでしょう。

浦山くん、来年のスリーピークス第2エイドはどうするの?

今週末のエクストリームは?

TJARも出たかったんでしょ?

まだまだ山に行くんじゃないの?
オレもまだちゃんと御礼も言えてない。

なんて言ったらいいかわからないけどまずはゆっくり休んでね。

ありがとう。

  


バーチコーkm。

残暑お見舞い申し上げます!

ここのところの曇りがちな天気を吹き飛ばすような素晴らしい天気の本日、気温も上昇!

走りも上昇!上昇!上昇!ひたすら上昇!登りの力を試されますバーチカルレースが長野県は南諏訪の富士見パノラマというスキー場で行われました。

ADVENTURE IN FUJIMIと題されたこのレース、コース監修は皆さまご存知世界の山本健一!

富士見パノラマの一番下からゲレンデを上がり、その後林道、ロードと繋ぎまして最後入笠山ピークにゴールする国見高校サッカー部もビックリのタフなレースです。

数字的には6kmちょいで約1000mアップ!

出走者は100人ぐらい?かな?ゼッケン順で15秒間隔で1人ずつスタートします。

山本健一と言えばあの2人。あの2人と言えば山本健一。

スペシャルゲストはこのお二方カモンッ!

  

出ーーーーたーーー!!!!

来月トルデジアンに参加するこちらも世界のショーゴー・モチーヅーキーー!!トルデジアンの次はボンチがターゲットだそうです。

そして出産後の復帰戦となりましたーーーー!こちらも世界のピロスコー・スズーキーー!!息子さんちょーカワイイー!ちょーカワイイー!

このお二方も参加され山本健一もリラックス&スラックスのようで良かった!

  
Boomerungもアクタ選手も気合い入ってます!

レースの方ですが、、、

ボクはゼッケン18番、結構早いスタートです。 

 
富士見パノラマの駐車場をスタートしゲレンデを登り始めます。

ここで早くも疑問が浮き上がります。

ゲレンデって下るものじゃないのか?スキーやスノーボードが凄い勢いで下る、あれがゲレンデの本来の姿ではないのか?じゃあなぜボクは、、○□▽◎☆■☂☃♪、、

苦しすぎて記憶がありません。

そしてガンガン抜かれていきます(笑)

苦しかった、、、がしかし!振り向くと素晴らしい絶景、、○★☂☀︎▽◇、、

苦しすぎて記憶がありません。

ヒュースコー ヒュースコーヒューヒューボフ ボフ ヒュースコ

今までしたことのない呼吸音を漏らしながらなんとかかんとか入笠山ピークへゴール。

バーチコーデビュー戦、そして早くもバーチコー引退試合になりましたが、バーチコー経験者の皆さんが口を揃えて言う「清々しさ」それを感じることができました。

入笠山からの景色も本当、、、

これは心拍も落ち着いたので記憶あります(笑)

最高でした!

そしてこのレース。参加人数は少ないのに普段仲良くして頂いてる方々が多い!それが本当に嬉しく楽しかったな。

そーしーてーーー

山本健一。

最近、いやずっと忙しいながらも来週のフランスで行われる、、あれ?、、あれれ?、、えーーっと、パリサンジェルマン?サンテティエンヌ?

とんでもないレースへの挑戦と調整、本当に大変だったと思います。しかも明日出発というちょっとした芸能人よりも忙しいですが、とにかくボクらは日本で精一杯応援し無事に帰国することを願うばかりです。

  
必ずやります、やってくれますこの男!

ガッツ!!

xLx lmr


お盆休み。

おつかれやまでございます!

半月ぶりですね笑

世間一般的なお盆休みも終わりいよいよ秋へ、、、と思いきやまだまだアチー日が続きます。

ボクも12日から16日までお盆休み頂きました。

ウチは妻の両親がすでに亡くなっており、ボクも破天荒な父が亡くなっています。なのでお盆はなんか神妙になると言いますか、普通のお休みとは空気が違います。

12日はまずジャングルか?昔の甲子園か?そんな感じになった家の周りの草取りを息子と始めました。

これをやらないとじーさん、ばーさんが気持ちよく帰ってこれねーぞ!とすでに3輪車を飛ばす息子に言います。

まだ4歳、付き合ってくれるだけありがたい。

そして午後からお墓参り。

これ偶然にも妻の両親のお墓は武田の杜トレイルレースのトレイルの入り口にあります。偶然です。こればかりは狙ってできません。

なので、、、

ボクはひとり先に山を繋いでお墓に。

  
スペリオール1.5!

薄めのソールが気持ちいいんです!

いいんです!

以前のブログにも紹介いたしました得意の大蔵経寺山ルート。岩堂峠の分岐から深草観音という独自の雰囲気を持った場所を経由し武田の杜ルートに繋がります。

  深草観音です。

ここは本当に独特の空気が流れます。人によっては1人では怖いとも、、笑

そしてこの日、実は体調がイマイチで、んーー暑さもあったのか全然走れない。水分もみるみる減っていく、、、

唯一の水場がこの深草観音にあります。

こちら。

  
水ほとんど出てねーーー

目まいがするーーー

思い出消えるーーー

とにかく進むしかないやん。ボンチに比べたら大したことないやん。ここでボンチ効果が出始めます。

そして武田の杜の序盤のトレイルへ。レースとは逆走の別名裏武田。

この序盤のコース、是非裏武田して下さい。

傾斜、曲がり共に絶妙なんです。本当に気持ちよく走れる。

そしてなんとか家族と合流(笑)一安心。

お盆休みにいった山はこれだけ。皆さんのようにアルプスとか大きい山は行ってません。後は日中息子と遊んで夜ロードを走る、でもすべてにおいて充実したお休みでした。

行楽地へ向かう方々とは反対に都内へ。

  
東京タワーから!田舎者の大好物!

そして、、

  
つばさ公園。

初めて飛行機を間近で見た息子はどちらかというと東京湾に跳ねる魚に興味が。

空を見なさい。空を。

さーー!

アレまであと約1ヶ月!

言い訳も後悔もしないよう頑張ろう!


日本の夏。ボンチの夏。

おつかれやまでございます!

昨日行われましたBombtic ultra 50mile、通称ボンチ無事終了いたしました。

これはあくまでもBoomerungが軸となりました草ファンランでございます。しかしながら貴重な時間を割いて駆けつけてくれた方々、SNSを通じて応援してくださった方々がたくさんいたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

この場を借りて御礼を申し上げます。

本当にありがとうございました!

ベスパ齋藤さんから暑さ対策セットを。中沢青果店様からは冷凍みかんを頂きました。

それを引っさげいざスタート会場へ、、

朝スタート地点となりました緑ヶ丘スポーツ公園。早朝にも関わらず水とコーラを差し入れしてくれた村田くんと小野くん。そしてエースヒロキのお知り合い横内さんからも差し入れを頂きました。

そしてスタート、、、

汗だくでギリで駆けつけてくれた山角さんとフカッシーねーさん、ガリガリ君代を頂きました。

途中で寄った中道のエネオススタンドでは水道を貸して頂きました。

そしてレギュラーサポートのマツポン、サヤカ&クボヒデに続きターゲットヒロコが合流してくれてお手製のトレイルバーを振舞ってくれた。

翌日富士登山駅伝を控えてる青木くんも家族で駆けつけてくれて手動シャワーで癒してくれました。

 後半がスタート。

この時すでに気温37℃山梨の今季最高気温でした。

通りすがりの原チャリに乗ったおばさんからどこから走ってきたの?と聞かれる。

しばらくして後方からまた原チャリおばさんが、、

今畑に行ってキュウリを取ってきたからと、キュウリは体を冷やしてくれるからと、アツアツのキュウリを3本くれましたが究極にきついボクはか細い声で、、なんとか1本にしてもらえませんか?と交渉。おばさん渋々1本にしてくれました。

その先進むと見慣れた車が、、

五味カーだ!3人出てきた。五味くんの奥さんケーコちゃんとボクのワイフと息子だ。

パワー貰えますねやっぱり。

その後、ビックリのスリーピークスでも素晴らしい写真を撮ってくれる小幡のシンちゃん登場!水と氷、そしてまた素晴らしい写真を撮ってくれた。

最後は以前に五味くんと2人でボンチをした時に急に声をかけられ、頑張って!とエナジーゼリーを手渡してくれた藤木さん。今回は完璧なエイドスタイルで待っていてくれました。

これだけの方々にサポートを受けました。

好きで走ってるボクらを気にかけてくれる方々いることが本当に有り難かったし嬉しかった。

貴重な時間を使わせてしまい申し訳ない気持ちがありますが、それ以上に助けて頂いた感謝の気持ちが強くあります。

本当に本当にありがとうございました。

そして先ほども紹介いたしました今回サポートカーのマツポン、マツポンはマツイさんの旦那さんです。それとクボヒデ。そしてサポートチャリのチーム鎖骨イデ。
マツポンとクボヒデとイデの共通点は人に対して本当に親身になって細々動いてくれる。嫌な顔をした場面なんて見たことがない。神様のような3人です。

間違いなくこの3人がいなければゴールはありませんでした。いや、本当にぶっ倒れてたかもしれない。

1人では目標は達成できないと心の底から感じた次第です。

いっしょにゴールを目指した仲間、その仲間の諦めない気持ち。それを支えてくれた皆様がこのBomb ultra 50mileのすべてです。

素晴らしい夏の思い出をありがとうございました。

xLx lmr