NAEBA-RISING。

連休明けの本日、激筋肉痛でございます。

この激筋肉痛の生まれた場所、行って参りましたNAEBA-RISING!苗場は大学時代にサッカーで訪れた以来、しかも夏。なんか苗場というだけでテンション上がります。

今回は一泊の遠征ということで遠征バックはこちらをチョイス。

  
TORAYAさんのバックパック!これ絶対きます!

  
これはTORAYAさんのNOV medeumというモデル。容量は今のところ不明(笑)背負った時の見た目はもちろん好きなのですがこのザックの最大の特徴であり最高に良いところは、、、

  
これこれこれーー!

口が開いてる部分はボクが背負ってる写真でザックの外側の場所。マジックテープとバンジーコードで開閉します。開けるとご覧の通りガバーッ!っとオープン。そこの旦那さん、そちらのお嬢さん経験ありませんか?普通のザックやボストンから荷物を一度取り出し目的物を探すことを。バケツのように開くこのザックは本当に物を取り出し易いです。

スボラなボクでもストレスなくギアを取り出せました。

TORAYAさんホントいい感じっす!

話を戻しましょうね。

苗場到着!このNAEBA-RISINGの形式は凄く特殊で2日間なのですが1日目に予選が夕方から、2日目は決勝が早朝から。いずれも一般の営業時間を避けての設定です。

距離は5k。雪上を下る新スタイル。

ボクは到着後すぐにゴール付近の設営をお手伝い。

とりあえず挨拶代わりに強風が吹きゴールゲートやバナーを立たせるのが一苦労でした。やっぱりスタッフは皆さん大変な思いをしてます。

予選の前にナビゲーションランという希望者だけの試走が行われました。ボクはそれのスイーパー的な役割で皆さんと下りました。ボクはスイーパーですがボクの後ろからパトロールの方が付いてくれます。

そのパトロールお方。ボクに質問をします。

皆さんはなぜゲレンデを走るのか?信じられない。

その靴はなぜ滑らないのか?信じられない。

凄くハードなのになぜ皆さんは笑顔なのか?信じられない。

すごーく興味があるようでした。

そして予選開始!

スタート!

  
後に例のパトロールのお方が言ってました。

スタートダッシュの凄さに笑ってしまいましたと。

トレイルシューズでまったく問題ない雪の上は本当に楽しかった。そして想像以上にキツかった(笑)

予選の後は中夜祭と呼ばれるパーティーがありやんやかんや盛り上がり。会いたかった方にも挨拶ができ満足な時間を過ごさせて頂きました。

翌早朝の決勝は弾丸のように終了し最後の1本をファンランとして下りました。このファンランが本来の楽しむ姿なのかなとも思ったり。

山の天気は変わりやすい。2日間ガスり気味なお天気でしたが最後の最後、、、

  
まさにNAEBA-RISING!

太陽が顔を出してくれました。みんな持ってます。楽しんだ者はお天気も味方します。

  
楽しんだ者勝ちとはまさにこのこと!

スタッフの皆様、選手の皆様2日間本当にありがとうございました。

来年も皆様苗場で会いましょう!

ちなみにTORAYAさんのオーダー会をSUNDAYにて5月2日から8日に行われます!

興味のある方はSUNDAYまで!


小山田仕事辞めたってよ。

東京から山梨へ帰宅中です。

良い天気。

昨年9月から始まった東京生活も今日ですべて終了いたしました。約7ヶ月の期間でしたが自分にとっては本当に濃い7ヶ月となりました。

以前ブログにも書きましたが東京での仕事は山梨でやってる仕事とはまったく別の仕事でしてボク自身も一切経験したことない仕事でした。週末には帰れるものの家族とは離れ、仕事は全然わからない、わからないから怒られる、ついでに山もない(笑)最初の2、3ヶ月は本当に精神もおかしくなりそうでした。

このブログで俺は大変だったんだぞ!ということを伝えたいのではなく東京生活は凄くいい経験になったということを伝えたいんですね。

人は本当に追い込まれると逃げ腰になる。そこから逃げたい。もしかしたら最初から向かっていける壁は本当の壁ではないのかもしれない。苦しくて苦しくて逃げたくなるのが本当の壁かもしれない。

だからその壁を乗り越えることは本当に意味のあることなんだと体で感じました。

大きな壁を乗り越えた自分を客観的に見ることができるようになった。メンタルもバイタルも余裕ができからです。だからいろんな事に感謝が出来るようになります。

やることなすこと怒られた。

いや、教えてくれたんです。怒ってるわけじゃない。教えてくれてるんです。いろいろ言う方の立場の人のが大変なんですよね。

本当にたくさんの方々にお世話になりました。

心からありがとうございました。

これからの人生にプラスになることばかりでした。

これからの人生?

小山田仕事辞めたってよ。

この東京での仕事の終了と共に12年お世話になった会社を辞めました。

4月からは自分が望んでた世界に飛び込みます。

甲府にあるアウトドアショップSUNDAYで働かせて頂くことになりました。

正確にはSUNDAYから新たにランニングに特化したお店が出ます。

場所は甲府駅北口の甲州夢小路内の店舗

4月26日オープンとなります。

名前は、、、

「TODAY RUNNING COMPANY 道がまっすぐ」

道がまっすぐなのでミチガマと呼んで下さい(笑)

このお店に立たせて頂きます。

細かい詳細はまたお伝えいたします。

  
昨日東京で送別会をして頂きました。

ボクと一緒によく怒鳴られていた子がこのプロテインをくれました。彼は走ることは一切しなくボクが走ってることを知りこれをプレゼントしてくれました。

仕事に関して少し逃げ腰なんです。だから怒鳴られる。でもこんな気を使えるなら、なかなか出来ないよこんなこと。だから逃げないで向かって行って欲しい。

乗り越えろ。必ずいい事あるから。


わんぱくにアタック。

おつかれやまでございます!

花粉に負けるな!目薬はアルガードがかなり効きます!

スリーピークス八ヶ岳トレイル。現在エントリー募集の真っ最中でございます。

嬉しいかな。悲しいかな。ワンパク38kに関しては1日待たずに定員を越え抽選となりました。気持ちは凄く複雑でして、エントリーして頂いた皆様はスリーピークスに本当に関心があり走ってみたい!という気持ちだと思います。これは本当に有難く嬉しいことであります。

本当にありがとうございます。

しかしながら現状は定員を越え抽選となってしまってます。エントリーされた皆様全員に走ってもらうことが出来ません。心が苦しくなんとも言葉になりません。

いつか。いつかもっと今以上の方々が走れるような環境や状況を作れたらと思っております。

先ずは抽選結果を待ちましょう。

そしてっ!

もうひとつのソフトなコースでお馴染みアタック23k。軽くおさらいしましょうね。

この使い方の〜しましょうね。というのは沖縄の方言なのです。普通の使い方は自分以外の誰かと一緒に行動を起こす時に使いますが沖縄の場合は自分1人が起こす行動を人に伝える為に使います。

例としては、みんなと飲んでる時に1人で先に帰ろうかなという時に、、、

「そろそろ帰りましょうね。」

こんな感じの使い方になります。

そろそろ話を戻しましょうね。

アタック23kも徐々に人数が増えてるところですが、このコースに対する思いというのは、「アタック23kを走ってトレイルランニングを好きになって欲しい」こんな思いで設定いたしました。

ビギナー向けとしてありますが1回目の開催以降ボク自身が学んだことは23kって距離はビギナーの人向けではない(笑)たくさんの方に言われました。作った本人がビックリ。

ただ、ただですね、これを認めてしまうといろいろと成り立たなかったりややこしい話になるので(笑)

アタックは制限時間が9時間半あります。23kに対して9時間半という制限のレースはボクが知る限り他にないと思います。これは単純に自分のペースで走ったり歩いたりして下さいねということです。ちなみに過去に23kを一歩も走らないで歩き通した方がいましたが4時間半でゴールしました。トラブルがない限り確実にゴールできると思います。

また、今年のスリーピークスのポスターをご覧になられたでしょうか?相変わらずボクが飛んでますが(笑)あの撮影は昨年の大会の翌日に行われたんですね。新緑が素晴らしいでしょー、で、撮影場所も38kと23kの分岐点で23k側に入ってすぐの場所。

ここだ!と思われた方、、

ジャンプしましょうね(笑)23kでしかできない特権!(笑)

エントリーを悩んでる方、悩んだらGoです。昔行きつけの古着屋さんで言われました。

新緑の中をゆったりと走りましょう。

絶対に気持ちがいいと感じるはずです。

そしてトレイルランニングをもっともっと好きになります。

  


RaidLight Japan。

おつかれやまでございます!

いよいよ3月になりました。ボクの東京生活も残すところ後1ヶ月。いろんな事がありましたがこれはまた後日しみじみとUPしたいと思います。

今回はお知らせです。

フランス発のマニアックなギアでお馴染みの「RaidLight」そのRaidLightから新たにRaidLight Japanが設立されました。

今まで以上に日本のマーケットを意識した体制になると思われます。それに伴いまして、、、RaidLight international athleteというサポートランナーが発表されました。

  
左から昨年のトルデジアンでも激走を見せたウルトラランナー飯野航(ワタル)選手。その隣がランナーとしての実力も凄いですがトレイルランニングの発信力、発展の為の素晴らしい活動をしている代田渉(ワタル)選手。

ここまでワタルが2人。このままワタルを続けワタルターキーを狙いたいとこです。

真ん中の日本人離れした顔立ち、RaidLight CEOのベヌア・ラヴァル大社長。ワタル続かず、残念!なんとかベヌア・ワタルにならないものか。

そのお隣が関西からの未来が楽しみなランナー、今年東海大学へ進学します菊川惠大選手。関西のスーパーアウトドアショップ ソトアソのオーナー菊川さんの御曹子でもあります。

今回は仕事の為来れなかった腰越浩二さんもサポートランナーの1人。

そーしーてー、、、

年齢がグンッとグググーーンとあがります。一番右、小2の頃に算数のテストができなさ過ぎて机の中に隠した、加熱用の牡蠣を生牡蠣と間違えて食べゲロゲロに吐いたけど相変わらず牡蠣が好き、色黒なだけで陸サーファーと言われた小山田隆二選手44歳…

というわけでございまして、、この度ご縁がありRaidLightのサポートランナーとなりました。肩書きはinternational athleteとなってますが皆様ご存知の通りボクは速いわけではありません。もちろん強くなる為の努力はしてますが、RaidLight Japan笠原社長はボクにはトレイルランニングが日本に文化として根付かすことができる1人だと期待し声をかけてくれたようです。

本当に有難いことです。

3月20日〜21日にそのRaidLightがスポンサーでもあります苗場Risingが開催されます。ゲレンデを5km駆け下りていく明らかに楽しいレース。

登りは0、完全に下りだけ。そして国内では珍しい賞金レース!なんと優勝賞金10万円!たったの5kmで10万円!最悪10万円取れなくても10万円取った選手に集りましょう!(笑)ボクももちろん参加しますし集ります!

エントリーは3月6日〆切!

皆で雪上ダウンヒル楽しみましょう!

  

そしてRaidLight Japanチームは二次会へ。

二次会ではオルモザックにもすっぽり入るダブルオルモジョッキで改めて乾杯!

新たなチャレンジの始まりです。

日本のトレイルシーンにRaidLightありとなるよう頑張っていきたいと思います。

皆様よろしくお願いいたします。

押忍。