妻の挑戦。

オヤジの栄光時代はいつだよ…

全日本の時か?

オレは…

オレは今なんだよ!!

by桜木花道 『スラムダンク』

世間の男子が「バイブル」と評した名作スラムダンク。そして主人公の桜木花道が発した名言。素晴らしい漫画ですがボクは読んだことがありません。

えーーー!?

じゃあなぜこの言葉を??

細かい事は抜きです。読んだとか読まないとか、、、

そんなの関係ねーーそんなの関係ねーーー。

この桜木花道の名言を背中で語ってる方がいらっしゃいます。

  
ウチの妻です(笑)

実はこの度ある事にチャレンジする事になりました。

それは…

スリーピークス八ヶ岳トレイルATTACK23k!

走ることになりました。

ボクは結婚16年。妻が走ったという記憶は現在5歳の息子がお腹に宿る前にちょこっと一緒に走った程度です。なのでこの5年間一切走る姿は見てません。

なぜ走ることになったのか?

飲んだ席だったのでよく覚えておりまーーせんっ!

ただ、走ることになったのは事実。話が決まったのは1月末ぐらい。大物はすぐには走り始めません。なんとなくの焦りなのか3月末ぐらいからロードを走り始めました。

運動はまったくしてないうえに最近は出てきませんが喘息持ちだったり。ハンドルをトンネルと言い間違いたり。9時間ぐらい寝ても寝不足だと言ったり。車のすれ違いを出会い頭と言ったり。

とにかく心配なのです。

走り始めて数日経ったある日、妻は走るのが楽しくなってきたと言い出しました。ボク的にはそれが凄い衝撃的な事で本当に驚きました。ロードのシューズもALTRA one2.5に新調、更に走るのが楽しくなってきたそうです。

平日休みになったボクはスリーピークスまではもう休みは整備に入らなければならないので山はもう一緒に行けません。なので今日のお休みに一緒に山に入りました。スリーピークスの必携品をザックに詰めボクのホームコースでお馴染みの大蔵経寺山を楽しみました。

2kで400アップするコースはスリーピークス23kとは全然異なる形状(笑)ただここまでの急登はないんだよと体に叩き込みます。メンタルタフネス方式です。

息は上がりスピードはめちゃめちゃゆっくりでしたが本当に楽しんでるようでした。

いろいろ思い起こせばこの5年間こんな時間はなかったな。周りの方々の協力には本当に感謝しておりますがやはり家族の理解が無ければトレイルランのスタートラインには立てません。オレは好きなようにやってきたななんて思ったり、一生懸命後ろから登ってくる妻を見て胸が熱くなるような思いになりました。

スリーピークスの23kのコンセプトとしてはうってつけの人ですが無事ゴールをしてほし、、、いや、、当日しっかりスタートラインに立ってほし、、、いやちゃんと大会会場に辿り着いて欲しい、、とにかく楽しんでもらいたい気持ちでいっぱいです。

ボクもRaidLightの新しい不思議な素材のシャツを確かめる為に気持ちいいシングルトラックを直走る。

 
ファイントラックのパワーメッシュとの相性はなかなかいい感じ。

山を走るのはやっぱり楽しい。本当に楽しい。

最後に妻にはこんなアドバイスをいたしました。

「左手はそえるだけ」

by桜木花道『スラムダンク』


道がまっすぐ。

おつかれやまでございます!

お久しブリーフ。

生きてます。結構いい感じに生きてます。

凄くバタバタした日々を送っております。甲府駅北口の夢小路にあります「道がまっすぐ」皆様のおかげで4月26日に無事オープンすることができました。

本当にありがとうございます。

そしてお祝いのお品やお言葉、すでに足を運んで頂いた皆様、本当に感謝しております。

本当にありがとうございました。

未だに無知で勉強の日々でございますが当たり前に生活環境も変わり通勤のスタイルも変わり時にランニング、時に自転車、電車も一度使用したりと。

昨晩も帰宅ランをいたしました。事務処理やGWの作戦も考えたりと結局22時台に帰り始めました。

育ち盛りのボクはお腹がペコペコだったので早く帰りてーという一心で走り続けます。家まで約11k、途中石和という町を経由します。その石和に入ってすぐのことでした。前方から女性が2人。いや女子です。その女子に気づいたと同時にボクの横を完全消灯したパトカーが通り過ぎその女子2人の前で止まりました。

こんな時間にブラブラしてるから、、ほらー、、ボクは思いました。パトカーからは3名のパリッとしたポリスメンが降りてきまた。

ポリスメン(以下P)がちょっといいですか?と。あきらかに目の前にいる女子2人ではなく後方から来るボクの方に発した言葉でした。

ん?更に後方を振り向くボク。誰もおらず。おにぎらず。

えーーーーー!?ボクですかーーー!?

瞬間的になんかしたっけ??と思い出す。思い出す前に目の前に3人のPさんに囲まれる。こんなに速い寄せは学生の頃横浜フリューゲルスとの練習試合で感じた以来です。

P「何をしてるの?」

え?何をしてるって?え?何をしてるように見えるのだろうか。

ボク「走ってます。仕事の帰りです。」

P「いや、走る服装ではないからさ。」

ボクの本日の服装はTDTキャップにハンガーノックTee、パンツはレースレディの迷彩パンツ、足元はルナサン、ザックはラッシュ28。

ボクにとっては完全にランニングスタイル オブザイヤーです。

Pはボクの目を見ないでハンガーノックさんのスカルさんとずっと目を合わせてます。

P「え?仕事の帰り?何の仕事をしてるの?」

ボク「ランニングショップのスタッフです。」

P「え?本当に??」

別のP(以下BP)「へーー、ランニングでそんないい体になるの?」

ボク「いや自分はサッカー上がりなのでこんな体型でして普通のランナーはシュッとしてます、、、」

何コレ?なんの話コレ?

P「家はどこ?」

ボク「一宮です。」

オールポリスメン(以下AP)「えーーー!!?本当に!!?甲府から一宮まで走るのか??」

またまた別のポリスメン(MTMTBP)が「スゲーースゲーーー!」

ボク「凄くないっす。全然凄くないっす。」

P「で、なんで走ってるの?」

ボク「自分のトレーニングも兼ねまして、、、」

P「そうなんだ。じゃあリュックの荷物見せてくれる?」

えーーーマジかーーー、、すげーめんどくせーーー、、

ラッシュ28がまるで玉入れのカゴのよう。次々と荷物を出します。

何もないのになーー、何もない、、、

!!

ある事を思い出しハッとしました。。

昨日、走り始めた妻の為にお店からファイントラックのブラタンクを持って帰ってました。

今それが出てきたら、、、

あっぶねーーーーちょーーあぶねーー何も言えねーーーー

良かった。本当に今日ではなくて良かった。

P「特に危ないものはないね?」

ボク「アーーナイデストモ。」

P「一宮なんかは夜は走ってる人はいないんだからビックリするから気をつけてくださいね。

ボク「そうですね。すみませんです。」
?謝る事かな??なんかスッキリしない。

ボク「あのー、これからもここをかなり走るので警察全体に知らせといて頂きたく存じ上げます。」

P「そーね。」

あーーコレ絶対伝えてくれないやつだコレ。

まーいいや悪いことしてないし。

でもなんかモンモンとするなー。。なんて思いながら家まで残り約2kの地点でまたハッとなります。

ジャ、ジャ、ジャーブラさんちのブラージャーが落ちてるではあーりませんか!

なぜこんなところに、そしてなぜこのような出来事の後にジャーブラさんちのブラージャーが落ちているのか、、

写真を撮るわけにもいかずとにかく怖くなりキロリニアで帰りました。

皆様夜間走行は気をつけてくださいね。

ポリスメンも怪しいと思ったこちら!

  
ルナサン!!ボクのはモノレザーというタイプ。走りが楽しくなります。

更に今一押しの走るサンダル系!

  
XERO SHOES!

鼻緒タイプでボクが履いてるやつAmuri CLOUDと靴下履いてもいけるベルトタイプのAmuri Z-TREKの2種類。ルナサンよりも薄くダイレクトに力が伝わるのでより素足感覚で楽しめます。ルナサンとXERO SHOES共に「道がまっすぐ」にて販売しております。

いろんな部分の痛みを気にされる方がいらっしゃいますが一線越えると問題なくなります。

XERO SHOESに限っては店頭にて5月8日までテスト履きができます!

是非履いて確かめて頂きたいと思います。

お待ちしております!