おんたけ100mile。

先週末、おんたけウルトラトレイル無事終了いたしました。

まずはあの広大なフィールドで運営に関わった皆様本当に大変な業務お疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。

さて、、

えーー、、、さてさて、、

肝心のレースですが…

終始ヘロヘロのペロペロな状況でした(笑)

7月16日、夜8時に王滝村の松原スポーツ公園を100mileはスタートします。

出走人数は確かではありませんが、ザッと150人ぐらいでしょうか。レースとしてはかなりの少人数です。

コースはほぼ林道、ガレてるところも多くテクニカルでワイルドな路面。100mileは160kなので100kのコースに20kのループが3ヶ所設けられている感じのコース設定です。

スタート後ロードを数キロ走り徐々に登りになります。路面が不整地になると本格的なおんたけウルトラトレイルの始まりです。

第一関門は52k先、その前に43k先のウォーターステーションを目指します。

皆様もうお気づきのことでしょう。

そうです、43k先まで水がないのです(笑)ただ、夜間走行ということもあり水はある程度抑えられるのかなと予想します。それにおんたけのコース上には沢が点在しているのでなんとかな、、、なって欲しい!(笑)

まずは淡々と走り続けます。

ループ1。本コースと同じような雰囲気。ループ通過は途中に待機しているスタッフの方がゼッケンにチェックを入れてくれます。記念の1つ目のチェックを頂き同じペースで走り続けます。

周りはもちろん真っ暗だしここのセクションは特徴があまりない為こんなことを思い始めることに。

「もうループは抜けたのか?」

(笑)

チェックをして頂いた場所が合流地点だったのかな?

よくわからないまま闇を進み続けます。

そして最初の小エイド、ウォーターステーションに到着。水を満タンにし第一関門を目指します。ここからはひたすら登り。林道なので走ったり歩いたりの繰り返し。

第一関門は4時が閉門です。スタートから8時間。うっすらですがここらへんで制限時間がタイトなことに気付き始めます。

第一関門に2時45分ぐらいに到着。

あれ?あれれ?

まったく時間に余裕がないよコレ(笑)

時間に余裕もなければ考える余裕もない為、とにかく第2ループに進みます。

第2ループは1度下りロードを走るという噂。

林道を下りきりロードに出ます。時間を詰めたい一心で走り続けますがとにかくこのロードが長い(笑)そして前後に人もいないので怖い(笑)

しかしながら本当に怖かったのはこの先でした。

真っ暗なトンネルです。

やば、、、マジ怖い、、スタッッッフーーー、スタッッッフーーーー!

心の中で叫びます。

誰かいてーー誰かいてーーー!誰かいてちょーーだい!

でも誰かいたらそれもそれで怖い。

皆通るんだと自分に言い聞かし前へ進みます。

2つのトンネルが終了しました。

良かった、、、

本当に怖かった、、、 

フゥーーー。

フーゥーーー。

Ooohーーー。

Ooohきっと来るーーーきっと来るーー季節は白ーくーーー

3つ目のトンネル登場!しかもとびきり怖そうなやつ。

えーーーーーーーーっっ!!!!

前後はもちろん誰もおりまーーせんっ!お見事!

スタッッッフーーースタッッッフーーーー

ヲンタケヤバイ、ヲンタケヤバイーー

皆通るんだと自分に言い聞かし前へ進みますパートⅡ。

楽しい事、そうだ!楽しい歌を歌いながら行くよ。んーーー

んーーー

うーーー

Ooohきっと来るーーーきっと来るーー季節は白ーくーーー

どうしても貞子さんのテーマソングが出てきてしまう。

ちなみに、「来ーる、きっと来るーー」ではなく「Oooh、きっと来るー」なんですよね。

…どーでもいい!どーでもいい、

なんとか貞子トンネルを通過。そして長いロードも終わり林道を登り返します。本ルート合流前に明るくなって来たのでヘッドライトを外しました。ボクはレースの朝が好きでなんかパワーが出てきます。

そして本ルート合流。

100kの選手が頑張ってます。

しばらくすると、、、松井さん発見。レース前は溜息だったりロカビリーだったりだったので頑張ってる姿に安心しました。

第二関門もなんとか通過。お尻には相変わらず火がついてる状況です。

しばらくして雨が降ってきました。

なかなか気持ちいいなーなんて思いながら進むと小エイド発見。水を補充し更に進みます。雨も降ったり止んだり。

いよいよTHEおんたけと言われるルートに入っていきます。火星のようなガレた、それでいてずっと同じような雰囲気のルート。でもなんか憎めないヤツ。なんでだろ?

走っていて不思議な気持ちになります。キツイんだけどなんか憎めない。

ようやく第三関門に辿り着きました。

このドロップバックポイントで真っ先にしたかったこと。それはシューズの交換でした。

今回シューズはアルトラではなく初めてHOKAを着用。

チャレンジャー2です。

おんたけのコースには合っていてガレた下りもガンガン行けました。全体的には良かったのですが途中から左足外側のくるぶしが当たり始め激痛との戦いになってしまった為もう引退寸前のアルトラのローンピークにチェンジしました。

チャレンジャー2は5kしか慣らしてなかったので履き込めば大丈夫かなと。いいシューズでした。

第三関門で100k越え。まだまだ先は長い。雨も強くなってきました。

次の第四関門の制限時間は14時。その第四関門をクリアすれば後はゴールを目指すだけです。ただ相変わらずの時間との戦い。そして走りながらこんなことを思い始めます。

「今回ばかりは無理かもしれない。」

それは自分自身のコンディションが理由です。

走ることは続けてきたのですがここ数ヶ月追い込むようなトレーニングを一切していませんでした。長い距離も走ったわけでもなく膝に手をつくようなトレーニングもしてない。

当たり前の結果です。

耐えることは出来るけど走ることができない。

そんなところでしょうか。。

ただ要素はネガティブですがメンタルはむしろポジティブでした。

「次に繋げるいい課題ができた。」

やればできる。やればもっとできる。すべて自分次第。

ガレた足元を見ながら呪文のように唱えます。

そして第四関門もなんとかクリア。

100kでいう最後の山に臨みます。ここは昨年走りきれなかったところ。なんとか強い気持ちでいきたい、、、がしかし弱い自分が出てしまう。

その時スパトレイルで最後まで諦めなかった仲間とのことを思い出します。その仲間は終了10分前にゴールに飛び込んだ。諦めず突き進んだ。

行かなきゃ。

まだまだ終わってない。

膝が砕けそうだったけど砕けたらそれはそれでしょうがない。諦めたら絶対に後悔する。

行くぞ。

約133k地点の小エイドに到着。最後のループ、第3ループの入口です。

ここですでに15時。ゴールに20時までに着かなければなりません。5時間で約27kを進む。

第3ループは超絶な登り返しセクションです。ここは本当に凄かった。どこまで続くのだろうと思った。だけどここまで来たら死んでもゴールしたいという気持ち、その気持ちだけで突き進みました。

そして本ルート合流。

最後の下りを下ります。膝が、、ヤバイ、、けど止まったら間に合わない、、サッカー時代に左膝の内側靭帯断裂した箇所がまた切れるかと思いました。

100mile150k地点の表示に涙が出そうなりました。

下る。走る。諦めない。

2度目の小エイド。1度目とは輝きが違います。

そして周りの100mileの選手達と来ましたねー、やっと来ましたねー。。

声を掛け合います。同じゴールを目指した同志。強い人ばかりだった。みんな黙々とゴールを目指してた。そんな姿が本当に刺激的でした。

最後は約6kの林道&ロード。

いろんなことを思いながら松原スポーツ公園内に入ります。ゆっくりですが歩かない。最後まで走りきる。

そしてゴール。やっぱりゴールはいいものだ。

なんとか7本目の100mileを完走。

100kにチャレンジした五味くんも松井さんもゴールしてた。良かった。。

今回ボクは補給はすべてジェルでいきました。ジェル36個(笑)固形物は一切なし。ジェルで100mileいけることをもう一度確認したかったのでこれは本当に良かった。そしてベスパのハイパーはボクを何度も助けてくれました。

ここでお知らせにもなってしまいますがウェアは自分の都合でレイドライトを少し前にお断りさせて頂きました。いろんな事情です。

なので上下HOUDINI。久々に使用したレインはノローナのドライ1。

シューズは初の試み、HOKAのチャレンジャー2からのALTRAローンピーク2.5。

ザックはいつものrush12!相変わらずの安定感と信頼感。

テープはもちろんニューハレさん。

そしてキャップ。唯一ボクをサポートしてくれてるHUNGER KNOCKが制作してくれた、、

HUNGER KNOCK×RYU-Gキャップ。


カッコいいでしょ。

この支えがあり100mile完走できました。

さーー、次はUTMF!

やらなきゃならないことはわかった。

あと2ヶ月。進化します。


久しぶりの100mile。

おつかれやまでございます!

いよいよ本日の日本時間14時、世界の山本健一がアンドラを走ります。自身2度目のチャレンジ。前回は悪天候の為コースが変更されてしまいました。フルのアンドラを見てくる!ってことで日本を飛び出しました。

「走っても走っても疲れない。」

日本を発つ前の健一くんの言葉です。

言ってみてーーーーーー

とにかく無事に楽しんでもらいたいです!
そんなボクも明日久しぶりの100マイルを走ります。

7本目の100マイルはおんたけウルトラトレイル。

昨年は100kを走らせて頂いたのですがこんなことが、、、

83k付近、最後の大エイド。そうめんが有名なエイドです。このエイドを出るとしばらく登りが続きます。

今となっては知ってる人はたくさんいますが、ボクは食べるとすぐウ◯チになってしまいます。なんかウ◯チとかウン◯とか◯◯◯とかの表現が好きではないのでここでは「ウンスティ」と表現いたします。

このエイドはもちろん、手前のドロップバックのエイドでもウンスティ済みです。

スッキリしてそうめんエイドを出ました。じわじわ登りが始まります。とにかく足を止めないようゆっくりですが走ります。前後に選手は全然いなかったのですがようやく1人前方に見つけました。
ボクもかなり集中してましたが人を見つけて安心したのかある事に気づきます。

ウンスティの香りがする…

おんたけは林道で道幅が広いので追いついた方にも申し訳ない気持ちで大至急サイドチェンジをしました。

落ち着け。震源地、震源地をさがさなければ。

靴の裏を見たりウェア、特に背後とか捻りながら確認しました。

確認中も時折風に乗ってやってくる。ウンスティの香りがフワッとやってくる。

何処にも存在がない。まったくない。何もない。面影すらない。

そうか、やっぱりそうか…一番見たくないとこを見るしかないのか、、、

パンスティonウンスティの可能性が極めて高いことがここでわかりました。
43歳ともなればいろんな感覚は薄れるからしょーがない。まさかこの広大な大地の中心で初老が開始されるとは思いませんでした。

ここまですべて走りながらの作業です。

逆サイドでは一生懸命淡々と走る選手。

パンスティ内の確認よりもなんとかこの選手を振り切りたい。早く1人になりたい。他人に迷惑はかけられない。バレたくない。

こんな気持ちで走るのは初めてです。
しかしながら彼も強い。

ボクもウンスティなんてアダ名をつけられるのはゴメンだという気持ちで走り続けます。

おんたけは90k以降が下りになります。たぶんもう少しで下りだろうというところでスパートをかけます。

やった…振り切った…
後は得意の下り。
しかし下り始めてすぐでした。
膝が痛い…下れない…

ウンスティの存在もまったく気にならないくらいの痛み。

明らかに練習不足。次々と選手に抜かれていきます。

下りが終わりあとは平地の林道からロードに切り替わります。
どんどん抜かれます。情けない気持ちでいっぱいでした。

後方からまたもや元気に走ってくる選手が近づいてきました。

あっ、ウンスティ区間の人だ。

ボクも気づきその方も気づいたようです。ウンスティ区間ではキツイ場所でもあり一言も交わすことはありませんでしたがかなり長い時間一緒だったのでお互いに存在はわかりました。

ボクと違ってその方は軽快に走ってます。

そしてボクの横を通り過ぎる時に爽快にこんな言葉を発しました。

「さっきはお漏らししちゃってごめんね、ごめんねーー!」

あんたかいっ!!
END.

とにかく自分じゃなくて良かったという気持ちとそんな状況でも走り続けるメンタル強さを思い知らされました。
今回は100マイル。今までとは違うプランで取り組んだ事、シューズも履いたことないブランド、いろんな事を試したいなと思ってます。

Boomerungから五味くん、そして松井さんが100kにチャレンジします。

なーのーで、、、

今週7月16日、17日の土日は「道がまっすぐ」は臨時休業とさせていただきます。ご迷惑をお掛けいたしますが何卒よろしくお願いいたします。

今週末もレースがたくさん!

皆様素晴らしい週末をお過ごし下さいませ!

昨年のおんたけゴール後。

逸子がくれたコーラが死ぬほど美味かった。

それを冷めた仕草でなんか食べながら見ていたキクノシマの表情が最高の1枚!

(笑)


ペナルティ。

リオ五輪の影響でしょう。

まーー暑い。ボクの必殺の通勤ランも救急車を呼ばれるまでそう遠い日ではない気がします。

そんな暑い中、先週の土日に甲府駅北口のよっちゃばれ広場でYBSという山梨のローカルテレビ局のイベントが行われました。

Facebookにもアップしましたがボクと同じ大学でいっしょにボールを追いかけたワッキーこと脇田がそのイベントに仕事で来てました。会えた時間は少しでしたが元気な姿を生で見れてなんか、、まったく泣けないんですけど(笑)安心はしました。

なーのーでーーー

せっかくなのでペナルティの2人との思い出話をしようかなと(笑)

ツッコミのヒデはボクと同級生。脇田はひとつ下。2人は千葉でサッカーの名門市立船橋の先輩後輩でもあります。ヒデはボクらが高校2年生の時、お正月の選手権で準優勝してます。ヒデはレギュラーでバリバリでした。そのバリバリのヒデをボクはスタンドでバリバリ見ていた(笑)本当に違う世界の人間に見えました。

脇田は高校3年生の時にやはりお正月の選手権で当時最強と言われた清水商業と準々決勝で死闘を繰り広げました。脇田はFWでしたが皆様ご存知の通り身体能力がすこぶる高いのでこの試合に関しては清水商業の司令塔、現ジュビロ磐田の監督の名波氏のマンマークをし見事封じ込みました。

2人ともサッカーの実績は申し分ないのです。

川浜高校級の無名の弱体高校出身のボクは本当に奇跡でこの2人と出会うことになりました。

ヒデは、、、ボクも現在44歳ですが未だに彼を越える「おもしろい人間」には出会ってません。衝撃的に頭の回転が速く言うことが天才的でした。ボクら同級生はかなりヒデに影響されおもしろくなければいけないという厳しい環境の中で成長していきました。サッカーよりもこちらの方がプレッシャーがありました。

  
毎年やっている大学サッカー部同級生の集まり。五反田にあるヒデのお店。年に1回は必ず集合してきました。みんなそれぞれの道で頑張ってます。

大学3年生ぐらいの時でした。合コンの帰りにみんなバラバラになり終電もなくなってしまいました。ボクはたまたまヒデといっしょで歩いて行けるとこまで行こうということになり、、、で、、現行犯でもないし20年以上前のことなのでリアルに話しますが小田急線の線路を歩いて帰りました(笑)

スタンドバイミー系の中ヒデがボクに言いました。「リュージ、お前おもしろいからいっしょにお笑いやろーぜ。」

「おーー、やろーぜ!」

何も考えてないバカ学生でした。

結局歩きは豪徳寺駅で断念。ツアー会社の案内書とかを下に敷きホームに寝転びました。

「コンビ名どーすっか?」

バカヤローな話はまだ続いてます。

出た答えが「豪徳寺でいいべ。」

バカすぎる、恥ずかしすぎる。

4年生になり周りもほぼ就職先も決まる中ヒデは何も決まってませんでした。

ボクもなんとかサッカーをする場は決まったのですがプロ契約はできなかったので仕事を探さなければいけない状況でした。

そんな中、、、ヒデから正式なオファーが来ます。

「リュージ、吉本のコンテスト受けないか?」

マジなんだ、こいつマジなんだ、、、

豪徳寺は本気だったのか。

ただボクはサッカーを続けていく気持ちは固まってます。

その旨を話すと、、、

「1度ネタの練習してくれ。」

まーー1度ならいいかと寮の筋トレ室で夜中に練習しました。

髭剃りを使ったネタです。そしてボクは確信しました。

面白すぎて笑ってムリ(笑)

ボクに才能はなかった。ヒデにはやっぱりムリだと伝えました。

諦めなかったヒデはその後1週間、夜中同じ時間にボクのベッドに来てこう呟き続けました。

「サッカーナンカヤメチマエー、サッカーナンカヤメチマエー」

低音で呟き続きます。聞いたことない低音です。

しばらく時間は流れヒデが相方を決めたという事を仲間から聞きます。

膝の故障からサッカー部を辞めてしまった脇田でした。

同級生一同、同じ事を思いました。

「2人ならいける。」

その脇田。ボクは純粋に仲が良かった。

後輩なのにボクのサッカーを褒めてくれてた。

「リューくんは何か、何かもう一つ手に入れることができれば伸びる」

コーチのような言いっぷり。けど、嬉しかった。

ボクは4年生になる4月にブラジル留学をすることが決まりました。夢にまで見たブラジル。

旅立つ前日脇田の部屋に泊めてもらいました。脇田はサッカー部を辞めてからタイなどに旅していたので慣れてるところで空港まで連れて行ってくれと頼んだのです。

部屋に遊びに来た人を写真撮ってるみたいでボクも撮ってもらった。

当時はポラロイド。一言書きなさいと言われ書きました。

やってやる!!

と。

翌日2人で空港に向かい、脇田に見送られ飛行機へ。すると脇田が手紙をくれました。

「飛行機の中で見てね。」

ワキ、ありがとね。

機内、飛び立つ前に脇田の手紙を開きました。

1万円札が1枚と手紙が1枚。

リューくんへ

いよいよ夢が叶う時がきたね。僕は信じて進めば叶わない夢はないと思ってます。リューくんらしく頑張ってください!

お金は女とやるためじゃないよ。何か美味しいものでも食べてね。

親友ワキ。

涙が止まらない。

初めての飛行機の中、心で何度もありがとうと繰り返しました。

芸能界という厳しい世界で体を張って頑張る脇田を見るたびにあの手紙を思い出します。

お前には変顔しかない。ブレずに頑張れ!

ずっと応援してます。