久しぶりの100mile。

おつかれやまでございます!

いよいよ本日の日本時間14時、世界の山本健一がアンドラを走ります。自身2度目のチャレンジ。前回は悪天候の為コースが変更されてしまいました。フルのアンドラを見てくる!ってことで日本を飛び出しました。

「走っても走っても疲れない。」

日本を発つ前の健一くんの言葉です。

言ってみてーーーーーー

とにかく無事に楽しんでもらいたいです!
そんなボクも明日久しぶりの100マイルを走ります。

7本目の100マイルはおんたけウルトラトレイル。

昨年は100kを走らせて頂いたのですがこんなことが、、、

83k付近、最後の大エイド。そうめんが有名なエイドです。このエイドを出るとしばらく登りが続きます。

今となっては知ってる人はたくさんいますが、ボクは食べるとすぐウ◯チになってしまいます。なんかウ◯チとかウン◯とか◯◯◯とかの表現が好きではないのでここでは「ウンスティ」と表現いたします。

このエイドはもちろん、手前のドロップバックのエイドでもウンスティ済みです。

スッキリしてそうめんエイドを出ました。じわじわ登りが始まります。とにかく足を止めないようゆっくりですが走ります。前後に選手は全然いなかったのですがようやく1人前方に見つけました。
ボクもかなり集中してましたが人を見つけて安心したのかある事に気づきます。

ウンスティの香りがする…

おんたけは林道で道幅が広いので追いついた方にも申し訳ない気持ちで大至急サイドチェンジをしました。

落ち着け。震源地、震源地をさがさなければ。

靴の裏を見たりウェア、特に背後とか捻りながら確認しました。

確認中も時折風に乗ってやってくる。ウンスティの香りがフワッとやってくる。

何処にも存在がない。まったくない。何もない。面影すらない。

そうか、やっぱりそうか…一番見たくないとこを見るしかないのか、、、

パンスティonウンスティの可能性が極めて高いことがここでわかりました。
43歳ともなればいろんな感覚は薄れるからしょーがない。まさかこの広大な大地の中心で初老が開始されるとは思いませんでした。

ここまですべて走りながらの作業です。

逆サイドでは一生懸命淡々と走る選手。

パンスティ内の確認よりもなんとかこの選手を振り切りたい。早く1人になりたい。他人に迷惑はかけられない。バレたくない。

こんな気持ちで走るのは初めてです。
しかしながら彼も強い。

ボクもウンスティなんてアダ名をつけられるのはゴメンだという気持ちで走り続けます。

おんたけは90k以降が下りになります。たぶんもう少しで下りだろうというところでスパートをかけます。

やった…振り切った…
後は得意の下り。
しかし下り始めてすぐでした。
膝が痛い…下れない…

ウンスティの存在もまったく気にならないくらいの痛み。

明らかに練習不足。次々と選手に抜かれていきます。

下りが終わりあとは平地の林道からロードに切り替わります。
どんどん抜かれます。情けない気持ちでいっぱいでした。

後方からまたもや元気に走ってくる選手が近づいてきました。

あっ、ウンスティ区間の人だ。

ボクも気づきその方も気づいたようです。ウンスティ区間ではキツイ場所でもあり一言も交わすことはありませんでしたがかなり長い時間一緒だったのでお互いに存在はわかりました。

ボクと違ってその方は軽快に走ってます。

そしてボクの横を通り過ぎる時に爽快にこんな言葉を発しました。

「さっきはお漏らししちゃってごめんね、ごめんねーー!」

あんたかいっ!!
END.

とにかく自分じゃなくて良かったという気持ちとそんな状況でも走り続けるメンタル強さを思い知らされました。
今回は100マイル。今までとは違うプランで取り組んだ事、シューズも履いたことないブランド、いろんな事を試したいなと思ってます。

Boomerungから五味くん、そして松井さんが100kにチャレンジします。

なーのーで、、、

今週7月16日、17日の土日は「道がまっすぐ」は臨時休業とさせていただきます。ご迷惑をお掛けいたしますが何卒よろしくお願いいたします。

今週末もレースがたくさん!

皆様素晴らしい週末をお過ごし下さいませ!

昨年のおんたけゴール後。

逸子がくれたコーラが死ぬほど美味かった。

それを冷めた仕草でなんか食べながら見ていたキクノシマの表情が最高の1枚!

(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>