5年目のMountain Martial Arts

1_mma

2012年12月12日にスタートしたMMA。5年目に突入です。


2_201301

-2013年1月。サイトオープン翌月に開催したT(R)AILGATE PARTY。トレイル好きのインディペンデントが集まって開催し、ビックリするくらい多くの方々にご来場いただきました。トレイルシーンの熱を感じた一日。-

3_201302

-2013年2月。初めてオリジナルウェアを公開した合同展示会。少し浮いていたかな。。ブランドスタート時に打ち出したネイティブ柄はいまでも多くのMMA maniacsのみなさまにご支持いただいている大切なデザインです。-

アクティビティ関係者でもなく、コネなし実績なしの人間が始めたブランドが続けていけるのも、協力していただいているみなさま、取り扱っていただいているショップ様、そしてMMAの提案することに共感していただいているMMA maniacs(ユーザー様)のおかげです。本当にありがとうございます。

4-_201402

-2014年2月。雪の残る奥多摩で都市伝説ならぬトレイル伝説の蚊取り線香氏を講師に迎えた蚊取り線香塾を開催。-

5_201404

-2014年8月。鎌倉のLosangoをベースに開催したKAMAKURA STAND。規模は小さいながら、衣食住のインディペンデントが集まったイベント。時代先取り!-

「もう4年も過ぎたの?」というのが実感で、毎日毎日トライ&エラーを繰り返してきたら4年経っていたという感じです。もともと服を作ったりイベントをする仕事ではないので、ホントに毎日勉強。。。

6_201501

-2015年1月。蚊取り線香塾、海外遠征!飲み会での会話がきっかけでvibram HK 100(香港)に参加。大人の遠足は最高に楽しかった!(完走できなかったけど。。。)-

7_201508

-2015年8月。さらにUTMBツアーまで!レースに出るだけではなく、様々なオプションで現地を堪能。こういう楽しみ方はMMAらしいと自分では思っている。-

MMAを始めた頃は「自分の好きなトレイルランニングをもっと多くの方に知っていただきたい」という気持ちがありましたが、MMAがどうのこうの言うまでもなくトレイルランニングは広がっています。

自分自身はトレイルランニングに出会うことで(大げさに言うと)人生が変わり、アクティビティのある生活の大切さを実感しています。だから今は「アクティビティのあるライフスタイルの楽しさを伝えたい」と、多少表現は変わりました。

8_201511

-(関係者向けに新作をご紹介する)展示会と同じタイミングで、サンプルをトランクに詰め込んであちらこちらの取り扱いショップ様で予約会を開催する「トランクショー」。MMA maniacsのみなさまと直接お会いする機会でもあり、学ぶことも多い。-

アクティビティの楽しさを伝えるブランドは数多く存在します。MMAは「市民ランナーが市民ランナーのために」というスタンスを大切にして、数字の呪縛にとらわれず、老若男女のみなさまにアクティビティを楽しんでいただくお役に立てればと思っています。

その要素としてオリジナルウェアがあり、イベントがあり、WEBでの情報発信があります。ただ今年はオリジナルウェアの企画などで手一杯でなかなかイベントやWEBに手が回らず。。。(反省)

9_201506

-2016年。アメリカのトレイルランナー、ジョー・グラントと一緒にMMAWというラインを立ち上げる。こんなことMMAを始めた頃はまったく想像していなかった!他にも様々なブランドとコラボレーションさせていただき、今後もみなさんがビックリするようなコラボをしていきたい-

ブランドをやっていると大変なことも多いけど、トレイルやSNSでユーザー様の笑顔を見ると、やっていてよかった、これからもがんばろうと思います(トレイルで声をかけていただくのは本当にうれしいです)。あれこれやっていると思いがけない出会いもあったりして。

10_201609

-2016年9月。UTMF/STYではエイド運営も!もはや「MMAって何?」と説明しきれない。「なんでもあり(Vale tude)」です。-

ということで、5年目はホップからステップの年にしたいと思っています。「思いついたらやってみる」が信条で(失敗も多々ありましたが)、これからも既成概念にとらわれずにいろいろとやっていくと思いますので、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>