ご当地 MOUNTAIN RUNNING CLUB TEE

tokyo

今季のMMAのテーマは「TOKYO MOUNTAIN RUNNING CLUB」。架空のチームを通じて、「ランニングが生み出すコミュニケーション」を伝えたい。


自分自身もトレイルランニングを通じて得るコミュニケーションは多いし、最近は日本各地でグループランも活発。

でも、チームに所属しなくても、グループランに参加しなくても、もっとゆるい繋がりがあってもいいんじゃない?

街を走っていて同じTシャツを着ているランナーがいたら、心の中で「お、仲間」と思ってみたり、レース中に見かけたら声をかけてみたり。

なんてコミュニケーションが架空のチームTシャツから生まれたらいいな、と思っている。

でもぼくらは東京に住んでいるから「TOKYO MOUNTAIN RUNNING CLUB」。東京以外にお住まいの方は?

ということで、ご当地Tシャツ、全14種類作ります。

「MOUNTAIN RUNNING CLUB TEE」

MMAMRC

ぼくは昔からベビースターラーメンが好きで、あちらこちらに行く度にご当地ベビースターを買う。一時期はパッケージもコレクションしていたくらい。

それ、MMAでも出来ないかな、とずっと思っていた。その土地に行かないと買えないMMA。

その気持ちに今季のテーマが合体して生まれたのが、ご当地 MOUNTAIN RUNNING CLUB TEE。

MMA取り扱いショップさんにお声がけして、「やります!」とご返事をいただいたショップさんには「TOKYO」の部分を何に変えるか、というのも考えていただいた。

最初に提案した山梨の道がまっすぐさんでは『「YAMANASHI」じゃなくて「KOFU」だよね』的な議論が数時間続きw そういうこだわりや感覚はぼくではわからないので、お任せしてよかったと思った。

地名、ショップ名と様々だけど、「TOKYO」以外はその土地のショップに行かないと買えません。現地にお住まいのみなさま、また、遊びに行かれたみなさまは是非ご購入ください。

20170212_0387

本音をいうと、14種類(ボディは2種類各2カラー)を作るのは、ぼくも工場も大変な作業。他のブランドでこういうことをやっているのを見たことがない。

でも、日本各地でTシャツを通じて新しいコミュニケーションが生まれたら、なんて妄想をすると、楽しくてがんばってしまいます。

販売するショップさんが楽しんで、それで遊ぶユーザーさんが楽しんで、作り手のぼくが楽しい。これもランニングを通じて生まれたコミュニケーション。


ご当地 MOUNTAIN RUNNING CLUB TEE” への1件のコメント

  1. ピンバック: 別の大会の参加賞ティーシャツを着て走るランナーの心理 | hadatomohiro.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>