2012年革命前夜、2018年まだまだ革命中

20120819

MMAブログは2018年初投稿。

今日は中目黒でサンプルセールを開催しました。寒い中、足を御運びいただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

ひとりでは大変そうなので、ミズコッシーに助っ人を依頼。元人気アクセサリーブランドの敏腕PRで、今後トレイル界隈で活躍してくれると思う。


そんな姿を見ていると、ふと5年前を思い出した。MMAがまだ始まる前、トレイルランニング好きが高じて仕事に活かそうとしていた4人で集まった。

その時のブログ。

「トレランとビジネス」(2012年8月19日)

先週の木曜日はエディ宅にて、トレランで人生が変わった方々とトレランと人生について語り合った。

トレランで人生が変わった方々は少なくないと思う。趣味がトレランになって毎週のように山に行くとか、普段のロードランニングも知らず知らずのうちに坂道を探しているとか、山の近い場所に引越してしまったとか。トレランには多かれ少なかれ、生活を変えさせる魅力を備えている。

今回の集いは、そんなトレランに人生を影響された自営組中心に、トレランとビジネスを絡めた話。桑原さんは「Run boys! Run girls!」というトレランショップをオープンするし、岩佐さんもなにか画策されている様子。エディもなにかやりたくて仕方がなさそう。

トレランをとりまく状況を見れば、今年はUTMBの姉妹レースUTMFが日本で開催され、新しいレースも次から次へと生まれている。レースによっては人気のためエントリー困難な場合も少なくない。業界自体は右肩上がりであることは間違いなく、当分この状況が続くのだろう。

もし、ある意味ブームといえなくもない今の状況が収まったとしても、トレランがなくなることはなく、ある程度の規模感の趣味として生き残ると個人的には思っている。ランニングブームでロードランナーが増えていく現在、その先にウルトラ、トライアスロン、そしてトレランという流れが予想される(当社予測←別名:勘)。

そのような中で、「トレランが好き」という気持ちで自分には何が出来るのか。業界自体の急速な成長の中で、ニッチなのか王道なのかはわからないけど、きっと何か出来ることはあるはず。そのあたりのアイデアは(現実になるかどうかは別として)この集いでもいろいろと意見が活発に交換された。ある意味、業界外だからこそ見えてくるモノもあるだろうし、業界外だから見えていない現実もあるかもしれない。

しかしひとつ言えるのは、今動かずにいつ動く、波に乗れ!(もしくは「時は来た!」)と心の中で囁く自分がいる。なにかやらなければ。なにかやるぞ。

今回集まった独立仲間はじめ、大手には出来ない面白い試みをみんなで挑戦していきましょう!

それから5年経ち、Run boys! Run girls!は東京を代表するアンテナトレイル&ランニングショップになり、DogsorCaravan.comはトレイルランニング界に欠かせないサイトとなった。MMAは。。。どなたかのお役に立てていればうれしい。

2012年、革命前夜。2018年、まだまだ革命中。この波は終わらない。もっと新しい発想やムーブメントが生まれてくるはず。

今年もよろしくお願い申し上げます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>