UTMFまであと1か月

昨年のUTMFスタートより。今年もやれんのか!?

昨年のUTMFスタートより。今年もやれんのか!?

いよいよUTMFまであと1か月ちょい。経験上(少ない経験だが)、ここから先は無理に何かをやってもプラスにはならない。むしろここまでやってきたことに自信を持って、どれだけ疲労をためず抜いていけるかが重要。まぁケガもあり予定練習の80%位しかできなかったが、おかげで故障はしていないし、80%の中身もなかなか濃かったので、身体は順調に絞れ基礎体力も以前よりは上がっている。あと1か月、色々と抑えつつ今の状態をキープし体調を整えていければ、今年も当日、ちゃんとレースに挑めるのではないかと思う。

今後の練習として、3月の残りはキャノンボール片道(orチーム100マイル練)と試走合宿でもう少しそこそこ距離を走る。キャノンボールは周りがほとんど往復の中、なんとか自制して片道にした(笑)。4月は1回コースを試走するくらいであとは疲労抜きのジョグ&トレラン、それにプールを加える予定。高付加トレ(坂道ダッシュ等)も10日~2週間前には一旦休止しようかと思う。

練習の強度や量を減らす分、シュミレーションなど頭の方では色々考えたい。とりあえず今年の大きな戦略として、まず「エイドでの滞在時間を減らす」、そして「西富士~こどもの国(ないし水ヶ塚)をどう攻めるか」の2点がある。前者に関しては昨年各エイドで休み過ぎた感が強いので、全体にわたって滞在時間を減らすのはもちろん、特にサポーターや応援のいる大きいエイドでの「なんとなく出たくない」「もう少し一緒にいたい(笑)」という類の滞在時間を減らせるよう意識したい。その中でも、貯金を作るという意味でも前半の西富士は極力早く出るよう戦略を立てようと思う。後者については、この区間が去年と逆で「ダラダラ下り」から「ダラダラ登り」に変わるという点が非常に気になっている。もしかしたら、ここをどれだけ走れるか、あるいは遅くならないようにするかが完走のキモかもしれない。試走禁止区間なのでシュミレーションしにくいが、事前に区間想定タイムを設定し、そこから大きくズレない戦略を立てたい。

自分はフルの持ちタイムやスピードには全く自信がないが、練習・レース準備を含め戦略を立てて実行していくのは好きだし、レースの距離が長ければ長いほど、それでスピード不足を補うチャンスが増えると考えている。その観点でいくと、自分の中では既にレースははじまっている。今は練習の終盤、ここは抑えるところ。”ウルトラロングのレースは、準備も本番もラストスパートはいらない”。そう思いながら進んでいる。

最後になりますが、「練習でだいぶ疲れたのでもうやりたくない」とは書きにくいので、以上視点を変えてもっともらしい言い訳風に綴ってみましたww


トレランシューズ考察?

montrailの新作Fluid Flex。軽量で短~中長距離には最高!デザインもカッチョよし!

montrailの新作Fluid Flex。軽量で短~中長距離には最高!デザインもカッチョよし!

トレランのシューズ選びというのは考えはじめると難しい。距離や路面の特徴によって、いくつかの手持ちのシューズを使い分ける人も多いだろう。また、人から薦められたシューズでも、それが必ずしも自分に合うとは限らない。おそらくシューズはトレランギアの中でも、最も当たり外れが多いアイテムじゃないかと思う。

ただ、シューズで大きく外さない方法というのはあって、それは「自分の足型に合うかどうか」、これに尽きる。具体的には「ワイドとサイズ」。これさえ自分に合っていれば、重くても軽くても、ヒールが高くても低くても、レースでそう大きなトラブルを抱えることはないように感じる。

自分がこれまで愛用してきたのはmontrailのmountain masochistシリーズで、今でもメインシューズ。甲が幅広で典型的日本人足型の自分にはなかなか合うシューズがないのだが、これはワイドも広く、多少重いが適度なクッションとプロテクションもあり、色々な意味でバランスがよい。そして何より、UTMFでもマメの一つもできないくらいに足に合う。ソールがすり減ったらロードのLSDなどでも使い、ボロボロになるまで使い果たす。既にこれまで6足履きつぶしている。難点は、ここ何シーズンか微妙な色しか発売されないことくらい(笑)。

次に出会ったのは、厚底で有名なHOKAのStinson Evo。これは昨年UTMBの路面の硬さと距離に不安を覚え、現地でレース前日に購入。脚入れの感覚が以前のモデルより窮屈ではなく、一か八かで本番使ったが(よい子は真似しちゃダメ)、結果大きなトラブルはナシ。クッション性も予想以上でダメージも少なかった。ただ、日本の木の根っこの多い繊細なトレイルではやや足裏感覚がアバウト過ぎて走りにくく、ハセツネで使用した際も最後までしっくりこなかった。またmasochistほどバッチリ足に合うわけではないこともマイナス。よって今後は使用するシーンを選ぶことになりそうだ。主に超長距離レースでダメージ回避を最優先したいとき、あるいは縦走系の長めのトレランや登山などでの投入を考えている。

3つ目は最近出会ったmontrailの新作Fluid Flex。これもmasochist同様ワイドが広く自分の足型に合う。最大の利点は軽いこと。片足200gを切る。これまでの2足はどちらかというと重いシューズだったので、これで一気にバリエーションが広がった。ロード併用でヘビーユースしていて、既に2足目(笑)。中長距離程度までのレースならこのシューズで行けそう。IZUでもそれが実感できた。難点を敢えて言えば、プロテクションが弱いこと。特につま先はペラペラなので、障害物にあたるとダメージは大きい。

ということでそろそろまとめに入るが、実は来月のUTMF、この3つのシューズを全部履いてやろうと思っている(笑)。子供は分け隔てなく可愛がらなければいけないのだ(笑)。もちろん脚は2本なので同時には履かないが、パートで分けて履くのはアリかなと。具体的には、「スタート~本栖湖=Fluid Flex」、「本栖湖~西富士=Stinson Evo」、「西富士~こどもの国or太郎坊=Fluid Flex」、「太郎坊~ゴール=masochist」のようなイメージ。フラットや登り中心区間では着地によるダメージはそれほど心配ないのでFluid Flex、それ以外はダメージを考慮し他の2足を使い分ける感じ。しかし、これは「細かくこだわって戦略を立てて…」という神経質な話ではない。どちらかというと、たまにシューズを変えることで気分転換したり、リラックス感がほしいのだ。あとはシューズ毎のヒールの高さ等が微妙に変わり、筋肉の負担部位を分散させられるのではないかという期待もある(実際にゼロドロップとヒールのあるシューズを使い分けてLSDをした際、その効果を実感できた)。まぁ、なんでもモノは試しというわけだ。

最後になりますが、以上は全て自分の個人的見解。そして所詮シューズは「その人の足に合うか」に尽きる。ということで、あまり皆さんの参考になりそうもない話で失礼しました<(_ _)>


IZU TRAIL JOURNEY

娘のサポート。お父さんうれしくて涙チョチョ切れるよ!

娘のサポート。お父さんうれしくて涙チョチョ切れるよ!

週末はIZU TRAIL JOURNEYに参加してきました!

大会前はオーガナイズの問題等話題になりましたが、終わってみれば初回とは思えないほどしっかりした運営、素晴らしい大会!前日に70kではなく75kだと判明しても、出場者はむしろ一様に嬉しそうなのがロングのトレランらしい(笑)。やはりドMな人たちばかりです!もちろん自分もその一人(笑)

コースは再生古道トレイルから林道中心に伊豆稜線の二本杉へと繋ぎ、そこから修善寺温泉まで縦走するコース。様々なトレイルのサーフェイスを踏みながら、景色も森あり絶景あり、オマケで強風あり木段ありで(笑)、非常に楽しいものでした。

レースがはじまりしばらくして感じたのは、「これは相当走れるコース」「自分クラスでも高速レースになる」ということ。実際最初のじわじわ感のある+500mの登りも、その多くを歩くのではなく走る状況でした。心拍も高めで早々に潰れないか心配でしたが、仲間で楽しく引っ張り合えたことと1月以降のチーム100マイルから学んだトレーニング効果もあり、むしろ良い流れに乗って先へ進むことができました。午前中は思ったより気温も上がらず、森の中で強風を防げたこともラッキーでした。

おおよそ中間地点にあたる仁科峠では、初めて娘(小3)がサポートをしてくれました。うちは嫁も数年前からトレランを始めており、こんな感じで家族で楽しめることにとても感謝しています。トレラン、ほんとにありがとう!でも娘は帰宅後「あんまり面白くないからもう行かないよ!」とのこと(笑) きっと走るとまた違うんでしょうね。今度鎌倉辺り、ピクニックがてら少し走らせてみようかな…?

若干話が逸れましたが、仁科峠以降はいよいよ笹尾根中心の稜線となり、強風との戦い。横からの突風で鼓膜が破けるかと思ったり、真っ直ぐ下れず笹の群生に突っ込みそうになったり…楽しみました(笑)。またここら辺も仲間と前後していたので、励まし合いながらなるべくペースを落とさず進めたので助かりました。仲間とゆっくり景色を満喫しながらのトレランも楽しいですが、こうやって引っ張り合い、ときに仕掛け合う(笑)のもまた楽しいですね!

そんなこんなで、最終的には10時間45分くらいでゴール。修善寺温泉街では街の人や観光客の皆さんからも応援してもらい、最高の気持ちでテープを切ることができました!個人的なレース内容としてもこの時期&負傷明けとしては充分満足いくもので、特に課題の登り強化が順調にいっている感触を得ました。UTMF&UTMBに向け、まずはここまで悪くない感じでしょうか(それと完走できるかはまた別ですが…)。

ゴール!いい大会!いいレース!

ゴール!いい大会!いいレース!

最後に、いつも一緒に走ってくれる仲間、応援・サポートしてくれる仲間に感謝です。そして今回は、特に大会関係者の皆さんにお礼を!裏話を聞くと、やはり様々な難しい調整や問題が、まさに山のようにあったようです。それを考えず自分も大会前は不満を口にしてしまいました。しかし、現地で何よりこの目に焼き付いたのは、関係者やボランティアの皆さんが大会成功やトレラン普及のため懸命にがんばっている姿。自分も今後は単なるお客さまではなく、同じ志を少しでも共有し、まだまだ発展途上にあるトレランというカテゴリーを応援する姿勢でいたいと思います。

IZU TRAIL JOURNEY、素晴しい大会を本当にありがとうございました!


激坂のすゝめ

塔ノ岳の登りももスイスイ??

塔ノ岳の登りももスイスイ?

UTMFに向け強化課題としているのが「登り」。今回のUTMFではストックを使える場所が限られている。また、元々自分はいつも登りで周りに離されてしまうのも悩み。せめて人並みのスピードで登れるようになりたい。

そこで1か月前から練習に取り入れているのが「激坂トレ」。きっかけとなったのはチーム100マイル(トータス)での鏑木さんの座学。鏑木さんは特別な筋トレをすることなく、普段のランニングやトレラン、特に激坂で筋トレに匹敵する以上の効果を得られているようだった。この話はとても興味深かったので、自分もダッシュやジャンピングスキップ、インターバルや○往復など変化を織り交ぜ、高付加トレがてら週1回取り組み始めた。

実際に行ってみると、非常にキツい。しかし、このトレには筋トレ効果だけではなく、心拍、スタミナ、登り力、さらには精神力と、少なくとも1石5鳥以上の効果があることが分かった。まだ1カ月しかたっておらず回数も5回程度だが、既に自分が前よりは強くなっていることが実感できる。

先日表丹沢を縦走トレランしたが、大山、塔ノ岳と続く登りも以前に較べだいぶスムーズに登れるようになった。登りが少しでも楽に感じられると山がもっと楽しい場所になるし、改めて、激坂トレは良いな、これは続けようと思った次第。

最後になりますが、これで3月伊豆トレイルジャーニー(ITJ)と六甲キャノンボールである程度の距離を走っておき、試走も加えればよい状態でUTMFを迎えられるな…と思った矢先、丹沢の下りで負傷箇所の右足首を激しく捻ってしまった(涙)。上昇気流から一転、ITJは出られるかどうかすら微妙な状態に…。

う~ん、なかなかうまくはいきませんね!でもめげずにUTMFまでできることはやるぞ~!