“トレイルランナー的” 仕事&デイリーウェア

URBAN RESEARCHのポリ混クール素材のBDシャツ/...researchのウールのペラペラショーツ&ベルト/NB MT110/OMM classic25ザック

URBAN RESEARCHのポリ混クール素材のBDシャツ/…researchのウールのペラペラショーツ&ベルト/NB MT110/OMM classic25ザック

いよいよ夏間近!暑いです!(今日は涼しかったけど)

最近はトレランウェアと普段着(仕事込み)両方買うのがなんか勿体ないので、どっちでも使えるものをよく選んでいます。あとは、トレランでは着れないんだけど、機能的にトレランから学びました的なモノも結構あって、好んで買っています。

・両用の代表格がNB MT110(シューズ)とOMM classic25(ザック)。デザイン&カラーがそんなにアウトドアっぽくないので、合わせによっては仕事でも問題ないくらいちゃんとして見えて、山でも街でも客先でもwガンガン活用してます。
・トレランから学んだ快適ウェアの基本は「ベタつかず」「すぐ乾く」。これは高温多湿な日本の夏では普段でも大事なポイントで、見つけたのがURのポリ混クール素材シャツ。とにかく汗かいてもサラサラ快適。真っ白を選ぶとなかなかちゃんと見えます。
・さらに、….researchのウールショーツ。これもペラペラでサラっとした着心地が気持ち良し。ついでに色もグレーでだいぶちゃんと見える。
・(オマケ)MT100とOMMに合わせて、オレンジのベルトなんかも買っちゃいました(これも化繊)。今年の夏はオレンジがマイカラー的な。

以上、こんなコーディネート(写真参照)に薄手のジャケットでも羽織れば(実際客先では羽織る)、まぁなんと立派にお仕事もできるわけです!アイテムはちょいとスポーティ…というかトレランぽいですが、カラーや素材感でなんとでもできるな、と。ちなみにザックの中にはランウェアが入っていて、帰りはササッとシャツ&ショーツだけ着替えて帰宅ランです。余談ですが、たまに資料多くてもOMMのザックなら全然入るし、重いのはUTMBの練習になるから全然OK。むしろ軽いときはムダに雑誌とか買って重くしてますw

というわけで、トレランから転用できるウェア・グッズ・アイデアの一例紹介でした。他にもアークの商品はどれも洗練されていて両用し易いですし、ルナサンなんかもハズシで大アリかと。色々ありますよね。

MMAでもこんな感じの両用的なウェア&グッズ、出せるといいな~。


THREE PEAKS YATSUGATAKE TRAIL!! part2

※part1はコチラ

さて、どんどん写真で続けますね。

約20km地点の2nd AID天の河原を過ぎると、もう仲間で完全ピクニック状態。走ったり歩いたり、バカ話をしながら最高の季節の八ヶ岳を進みます。あぁコーヒーでも沸かして飲みたいな~。

約20km地点の2nd AID天の河原を過ぎると、もう仲間で完全ピクニック状態。走ったり歩いたり、バカ話をしながら最高の季節の八ヶ岳を進みます。あぁコーヒーでも沸かして飲みたいな~。

春が気持ち良い。

春が気持ち良い。

折れザイル。

折れザイル。

飛んだり跳ねたり。

飛んだり跳ねたり。

ガチランしたり。

ガチランしたり。

高度が低くなってもとても良い雰囲気のトレイル。

高度が低くなってもとても良い雰囲気のトレイル。

オシッコしないでw!

オシッコしないでw!

ハイカーさんにも結構会いました。たくさんの選手が走っていてすみません。でも、皆さん嫌な顔ひとつせず応援してくれ、明るく挨拶くださいます。感謝!

ハイカーさんにも結構会いました。たくさんの選手が走っていてすみません。でも、皆さん嫌な顔ひとつせず応援してくれ、明るく挨拶くださいます。感謝!

マミさんと花(と私)。

マミさんと花(と私)。

緑の中から見上げる、底抜けに明るい空!最高!

緑の中から見上げる、底抜けに明るい空!最高!

そして3rd AID鐘掛松へ。ここで折れ部のハル・コナーことハルちゃんも合流。

そして3rd AID鐘掛松へ。ここで折れ部のハル・コナーことハルちゃんも合流。

ではみんなでストレッチして、

ではみんなでストレッチして、

あと8km楽しみますかー!

あと8km楽しみますかー!

続く…

 


THREE PEAKS YATSUGATAKE TRAIL!! part1

週末はスリーピークス八ヶ岳トレイルに参加。

会場のちょっとオシャレでマッタリ~な雰囲気が何とも心地よく、ブースもいつもの出店メーカーに加え、地元のフード・ドリンク、さらにフラワーなどレースに関係のないものまであり、逆にそれがいい感じ。多過ぎない出走者数なども絶妙で、何より主催・スタッフの方々が皆さん笑顔で優しく癒されます。

そして、こんな”楽しい・優しい”の対極を為すかのような険しいコース設定!ひたすら登り、地味に厳しいアップダウン。でも、コースは高度があり絶景、下っても季節がよく緑や花の自然に溢れ、本当に素晴らしい。

そんな感じの”楽しさ・優しさ”+”苦しさ”というか、”トレラン的アメとムチ”w、この絶妙のバランスこそ、このイベントがドMランナー達を惹きつけた最大のポイントだと思います。八ケ岳、ほんとに最高でした!!

というわけで、言葉では存分に魅力が伝えられないので、、ここからは写真でどうぞ。Special thanks to 一眼レフ持って一緒に走ってくれた心折れ部・大ちゃん!!

スタート前。IBUKI&心折れ部で記念写真。私はMMAと折れ部Tシャツを自宅に忘れる失態…。

スタート前。IBUKI&心折れ部で記念写真。私はMMAと折れ部Tシャツを自宅に忘れる失態…。

ホヤ先生(某市議会議員)肌弱いけど日焼け止め塗り過ぎ!

ホヤ先生(某市議会議員)肌弱いけど日焼け止め塗り過ぎ!

スタート直後はガンガン突っ込みます!なぜなら後で失速したとき後ろから来る知り合いとたくさん挨拶できるからですw チカラ的に後からガンガン抜くことはできないので、みんなと会うにはこの方法しかないw!

スタート直後は折れ部みんなでガンガン突っ込みます!なぜなら後で失速したとき後ろから来る知り合いとたくさん挨拶できるからw チカラ的に後からガンガン抜くことはできないので、みんなと会うにはこの方法しかないw!

ということで飛ばすよ飛ばすよ~!

ということで飛ばすよ飛ばすよ~!

コース上にはこんな可愛い案内が随所に。

コース上にはこんな可愛い案内が随所に。

早速捉えらます!OMMチヨさん(鳥羽所属)。登り速い!

で、早速捉えらます!OMMチヨさん(鳥羽所属)。登り速い!

また鳥羽だ!onyourmark松田さん!速い!

また鳥羽だ!onyourmark松田さん!速い!

鳥羽しつこい!もういいわw!

鳥羽しつこい!もういいわw!

という感じで一通り抜かれ、残るのは折れ部メンバー。既にグダグダですw

という感じで一通り抜かれ、残るのは折れ部メンバー。既にグダグダw

コース上には随所にスタッフが。皆さん笑顔で応援してくれます!うれしいなぁ。最高です!

コース上には随所にスタッフさんたちが。皆さん笑顔で応援してくれます!うれしいなぁ。最高です!

でも登りは超絶険しいよ!スタート地点標高1000mから2500mの森林限界越え。楽しいけどね!

でも登りは超絶険しいよ!スタート地点標高1000mから2500mの森林限界越え。楽しいけどね!

絶景ポイント、三ツ頭前のヘリポート跡。右から甲斐駒、北岳、鳳凰三山の南アルプス諸君!

絶景ポイント、三ツ頭前のヘリポート跡。右から甲斐駒、北岳、鳳凰三山の南アルプス諸君!

三ツ頭までもうちょい。編笠山がデカくてカメラに収まらない!?

三ツ頭までもうちょい。編笠山がデカくてカメラに収まらない!?

三つ頭手前で下りに入ります。ガレてるけど絶景激下り最高~!

三つ頭手前で下りに入ります。ガレてるけど絶景激下り最高~!

うわぁ!熊注意…!

うわぁ!熊注意…!

長くなってきたので続く…。