セバスチャンのちょっとイイ話

セバチンに手紙を渡し、お礼のサインをもらってうれしけど緊張気味の娘、&セバチン

セバチンにお手紙渡し、お礼のサインをもらってうれしいけど緊張気味の娘、&セバチン。

UTMFの1週間くらい前。UTMB2位ほか素晴らしい実績を誇る世界的トップトレイルランナー、セバスチャン・セニョー選手が駒沢のparkにやってきました。喜んだのはボク以上に娘。ボクがここ数年何度も何度もUTMB2009のDVDを観返しているので、娘(小4)にとって「セバスチャン=いつもTV(画面)に出ている憧れの人」なのです。

娘は早速iPad片手にフランス語を調べながら、「アレアレ!セバチン!」的な手紙を書いて準備。当日無事、セバチンに手紙を渡し、お礼のサインをもらっていました。セバチンも事情を話すとかなり喜んでくれて、わざわざFacebookにも娘とのエピソード(?)を書いてくれました。

迎えてUTMF当日。スタート30分ちょっと前でしょうか?セバチンが会場から少し離れたところをウォーミングアップで走り去っていきました。ボクもちょうどその辺に停めた車で準備をしていて、そろそろスタート地点に向かおうかと思っていたところ。するとセバチンがすごい勢いで戻ってきたので、さすが「気合い入ってるなー」と感心していると、なんとボクのところに戻ってきたのです。そして、「○○○(ちゃん)のお父さん!○○○ちゃんによろしく言っておいてね!今日は来ていないの?残念!お互いUTMBがんばりましょう!」満面の笑みでそう言って、またウォーミングアップに戻っていきました。

いや~こんな大きなレースの直前に、正直セバチンのこの行動ってスゴいな、と。ボクなんか素人なのにレース前ピリピリしてるのにw。ほんとイイ人だなとウットリwしました。だいたい娘はともかく、よく父親のボクのことまで覚えてるよな…。自分だったら忘れてると思いますもん!

その後セバチンの姿を追っていると、声を掛けられる度に立ち止まっては笑顔で握手して、ときには記念撮影までして(こんなときに写真頼んじゃダメだよ~!)、正直全然ウォーミングアップになっていませんでした。それでも周りとの交流を優先し、笑顔でそれを楽しむセバチン。こんなに魅力的でカッコいいトレイルランナー初めて見たな、そう思わずにはいられませんでした。

UTMF、3位という結果が満足のいくものなのかどうなのかはわかりませんが、3日目の午後、表彰台の上で笑顔ではしゃぐセバチンの姿がありました。レース前の笑顔と全く同じでした。

というわけで、ボクの周りでもセバチンに会いそのキャラクターや人柄に魅了された人は多いのですが、セバチンの魅力の一部、ご紹介してみました。

最後になりますが、その後娘はセバチンセバチンと毎日うるさく、お父さんお父さんとは全然言ってくれません(涙)


Number Do (Early Summer 2013号)

p113ね!park石井さんはp66-67!

p113ね!park石井さんはp66-67!

只今発売されている「Number Do」 (Early Summer 2013号)にコラムを掲載させていただきました!トレランの楽しみ、MMAについてチョロっと書いておりますので、皆さん立ち読みor購入お願いします(できれば購入でw)<(_ _)>

なお、今週末はurgeさんと合同で初心者向けのゆるトレランイベントを行います。自分はコースのナビゲーターをさせていただきますので、こちらもよろしければゼヒ!


GRAND TO GRAND

TrailRunnder1月号到着。北米初のステージレース「GRAND TO GRAND」の特集が!

TrailRunner1月号がアメリカから届きました。そこには「GRAND TO GRAND」の特集が!

Arizona~Utahの壮大な自然を巡る北米初のステージレース「GRAND TO GRAND ULTRA」。7日間/6ステージ/167マイル(268km)で行われるこのレースは、昨年9月に第1回が開催されました。ちょうどその時期アメリカに行く用事があり、折角だから出ようかと散々悩みましたが、最終的に断念。結局日本からの参加はなかったようです。しかし、引き続きこのレースにはとても興味があります。理由は色々あるので以下羅列。理由を読んでいただければ、なんとなくレースのイメージも掴めると思います。

・以前Arizonaに住んだことがあり、その近くで行われるレースである
・グランドキャニオン、ザイオンなどアメリカの国立公園の周りを巡ることができる
・ステージレースだが砂漠レースというわけではない
トレイル・渓谷・砂漠など色々なサーフェイスを楽しめる
・3人でチームエントリー可能
・自分は勝手に「GtoG」とか「G2G」と略して呼んでいて、なんかカッコイイ(笑)
・公式の打上げがラスベガス(笑)

ちなみに、下の写真は昨年2位のStefano Gregotti。メチャクチャかっこいい!ちょっとこのカッコよさ、MMAでも参考にしたいです。

G2G昨年2位のStefano Gregoretti。何このカッコよさ!!

自分は今年もUTMB出場が決まり日程が厳しいけど、来年以降、いつか出てみようと思っています。できれば仲間を募って3人で。

ちなみにこのG2G、なんと今週末NHK BSプレミアムで特集されるそうです!2月2日(土) 午後7時30分~9時00分。以下番組ページより抜粋も付けておきます。皆さんお見逃しなく!

【体感!グレートネイチャー「2億年の大地を駆け抜けろ~アメリカ・コロラド高原~」】
舞台はアメリカ・コロラド高原。2012年9月に初開催されたウルトラマラソンレースに密着、世界屈指の奇岩地帯の創造のドラマに迫る。圧巻は、鮮やかな朱色の「バーミリオンクリフ」、純白の「ホワイトクリフ」、まぶしいピンクの「ピンククリフ」という異なる色の断崖絶壁を踏破するところ。色の違いは、各地層が異なる環境で誕生したことを物語る。取材班は選手とともに断崖に分け入り、2億年前の大地創造の歴史を体感する。

最近世界中に出てみたいレースが溢れていて、時間やお金を考えると、楽しいやら困るやら。もちろんレース以外にも訪れてみたい、走ってみたい山はまさに山ほどあり、繰り返しになりますが、ほんとに楽しいやら困るやら(笑)。生涯かけてどれだけ訪れることができるか…うん、これはやっぱり、困るのも含めて楽しいということでしょうね!


チェックポイント

レースで苦しくつらいときって、頭の中で自分を鼓舞するような曲流して前へと進みますよね。ベタだけどロッキーのテーマとか。

しかし、関門やらチェックポイントやら通過するときはなぜか100パーこの曲が頭に浮かんできてしまいます。そして「チェクポイン!チェクポイン!チェクポイン!チェチェチェクポイン!」と歌ってしまいます。

最後になりますが、今年は藤井一子ばりにオレの夏・体験物語であるUTMBにて100マイルのロストバージンきめたいですww


ゆく山くる山 2013編

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年もMMA共々よろしくお願いいたします!

さて、まずは1カ月前に負った右足首怪我について。予想以上に回復が早く、おかげさまでギブスは2週間弱で取れました。年が明け少しずつ走りはじめています。ご迷惑お掛けしすみませんでした&ご心配ありがとうございました。

というわけで、いよいよ動き出すべく今年の目標を。ズバリ、去年と同じく「UTMF完走again」、そして「UTMB完走again」、この2つです。ただ両方とも去年とは違ったレースになりそうなので、その意味で新たな目標ともいえます。

「UTMF完走again」
無事当選し昨年に続いてのチャレンジ。しかし、1カ月前倒し/距離延長/制限時間短縮/ストック禁止/逆時計回り/天子山塊は全ては通らないなど変更点が多く、また新しい挑戦のようなやりがいがあります。完走に向け一番の難点はやはりストック禁止でしょうか?今年は練習でもストックに頼らず、登る力を強化しておきたいところ。んん~!なんとか完走したい!

「UTMB完走again」
まだ当選結果が出ていませんが、今度こそ本当のUTMBコースを走ってみたい(昨年は悪天候で100km別コースに変更)、その一心です。落選の場合は…いやそれを考えるとほんとに落選しそうなのでやめておきます(笑)。

あと、これは目標っていうわけではないんですが、今年はあまり細かいことを気にせず自由に山を走りたいなと思っています。ギアも好きだしトレーニング方法などにも(素人のくせして)興味津々なのですが、やっぱり山を走るっていうのは一言で言えば「自然・自由」ってことだし、あまりお金を掛けたり科学的なトレーニングをするよりも、とにかく自然で自由で楽しく、そんな感じでいきたいと思います。あ、お金を掛けないと言いましたが、皆さんはMMA買ってくださいね(笑)

それでは今年も1年、トレイルランニングを思いっきり楽しみましょう!Have Fun Trails!!

昨年のUTMBのとき、シャモニーで撮った日の出。MMAサイトの年始あいさつでも使っている写真です。今年もUTMB当選しますように!


ゆく山くる山 2012編

2012もほぼ終わりです。今年もたくさん山を走りました。長くなるので絞って振り返ります。となると、やはり今年は、UTMFとUTMBになりますね。

【5月:UTMF完走/39時間53分38秒】

初の100マイルレース。2晩全く眠らず、80km過ぎから膝痛との闘い、最後は幻覚に悩まされながらなんとか完走。残り1kmは様々な感情が入り混じり、涙で前が見えませんでした。5kmのジョグからはじめた3年前、まさかこんな過酷で素晴らしい瞬間が来るなんて思ってもみませんでした。そしてこの3年間で知ったのは、「一人で走ってるけど一人じゃない、みんなが走っていて、みんなが応援してくれるからがんばれる」ってこと。”Alone Together”、この言葉が座右の銘みたいになりました。藤原組で言えば、「One for All, All for One」って感じですね。違うか(笑)

【8-9月:UTMB完走/25時間02分42秒】

悪天候でコース変更・短縮になったUTMB。自分の内容としては完全に失敗レースでした。空気に呑まれたか、夕食を摂らずにスタートしたことを走りはじめてから思い出し、いきなりのハンガーノック。ギアの選択ミスで迎えた中盤の極寒、腹痛との闘い。より良いギアを使っても、自分の力を高めてくれることはありません。しかし、持っている力を100%しっかり引き出してくれる力がそういうギアにはあります。逆にギアの選択を誤ると、力に蓋をされ自分の多くを発揮できなくなってしまいます。そして、山ではギアの知識や選択も、自分の実力のうちのひとつだということ。すごく勉強になりました。レースは一時全体のブービーまで落ち絶体絶命でしたが、なんとか耐えて完走。散々でしたが、諦めず進んだからこそ、得るものも沢山あったレースだったと思います。

また、コース変更で絶景とは無縁の森林・里山トレイルが続き、本当のUTMBのレースを体感することはできませんでしたが、シャモニに滞在中は、街や自然、人々が一体となった素晴らしきUTMBの文化に触れることができ、これはもう本当に、感謝、感動、感激の三感王でした。そして、これが「自分でもこの素晴らしいトレイルランニングカルチャーを広めてみたい」という気持ちを生み、すなわちMMA誕生のキッカケとなりました。

というわけで、ダブルUTに凝縮された今年のトレイル1年。MMAもスタートを切り、皆さん本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします<(_ _)>

締めは9月に走ったSedonaの夕陽で。


ビバ!メヒコ!!

1/20(日)にやるT(R)AILGATE PARTY(TGP)の仕込みを色々してるんだけど、フードブース集めが少々苦戦してました。で、救世主登場。Marco、マルコです。メキシコ人です。天才タコス職人・料理人です。


マルコとの出会いはつい最近で、とても運命的?な面白いものでした。うちの代官山のオフィスのそばにmotoya coffeeっていう移動式のコーヒースタンドがあるんだけど、そこで外人がいたから話しかけてみたんですね(いつもここで知らない外人と話して情報収集するのが趣味w)。

オレ「こんにちは!」
マルコ「こんにちは!」
オレ「なに人ですか?」
マルコ「メキシコから来たんだよ」
オレ「マジで!日本語うまいね!オレ、ルチャリブレ(プロレス)大好きだよ!ミルマスカラス!」
マルコ「ドスカラスねw」
オレ「そうそう!エル・イホ・デル・サントとかw あとね、タコス大好きで店やりたいの!」
マルコ「え~!!ボク日本でタコス屋やりたくて一緒にやってくれる人探しに来ました!」
オレ「え~~~!!偶然過ぎるぜマルコ!よしやろう!今すぐドーム抑えろ!(長州)」

まぁまだドームは抑えてませんが、早速次の週にマルコのタコスを食べさせてもらいました。で、「…うまい!!!!!」 ほんとに衝撃的にうまかったです。実はマルコ、メキシコで超人気のタコス屋をやっている天才料理人でした。

ということで、そんなマルコがTGPに参戦です。会場でタコスは食べにくいのと調理が間に合わないのもあって、今回はブリトー100人分用意してみんなを迎えてくれます。3月にコッパーキャニオン(メキシコ)を走りに行く仲間が主催者に2人もいるし、見えない糸でつながっていましたねコレは。

いや~素晴らしい!ビバ!メヒコ!!当日はトレランフリマだけでなく食もお楽しみに!


Born To Runシャツ!

以前一緒にLONDON、Savile Rowのスーツブランドを担当していた岡田さんの新しいお店「LOUD GARDEN」でオーダーシャツをお願いしました。ちなみに、今では半袖短パンが定番の私ですが、かつては全く似合わないガチガチの英国トラッドスーツにてお仕事させていただいてました(汗)

仕上がってきたのはペイズリーxカモフラ!

更に”BORN TO RUN”という刺繍も入れてもらいました!

ペイズリー x カモフラ x Born To Runってメチャクチャですがw、着てみたら意外と似合ってました(自己評価)。岡田さんありがとうございます!

最後になりますが、実はこれ見た目が涼しげであることからもわかるように、だいぶ前今年の夏用にオーダーした半袖。ずっと取りに行くのを忘れていたので、残念ですが来年から着ることにしますww


ブログはじめます

MMAプロデューサーのエディこと西岡です。これからMMAで色々と面白いことをやっていこうと考えていますが、まずはそれに先立ち自身のブログをスタートします。

Mountain Martial Artsという言葉は、元々ボクがブラジリアン柔術をやっていて、その後トレランもやりはじめたので、総合格闘技のMMAにかけてふざけて使っていました。しかし、語感もいいし、MMAという略の3文字もなかなか格好よく、いつしかブランド名に大抜擢されましたw

MMAをはじめるにあたり、この夏はヨーロッパ(UTMB)、アメリカ(SEDONA)と走り回って、各地のトレイルカルチャーに触れ刺激を受けてきました(写真参照)。MMA用にもたくさんのアイデアが浮かんでいます。これからひとつひとつ、あるいはひとつかふたつ程度かもしれないけどw、具現化していきますので楽しみにしていてください。

最後になりますが、基本的には“MMAのアイデア集め”という言い訳を使い、次はどこの国のどの山を旅しようか、そればかり考えていますww

というわけで、皆さんよろしくお願いします!