US Trail Trip 1: Western States

だいぶ経ってしまいましてすみません。アメリカ遠征、詳しくはMMA FBページにて連日(簡単な)レポさせていただいた通りです。このBlogでは3回(Western States, Mt. Shasta & San Francisco)に分けて、写真だけで振り返ってみたいと思います。手抜きですw

まずはvol.1、Western Statesから。

レーススタートからしばらくして。朝霧に包まれるスタート地点の山岳リゾート、Squaw Valley。

レーススタートからしばらくして。朝霧に包まれるスタート地点の山岳リゾート、Squaw Valley。

続きを読む


いよいよWestern Statesへ

Western States Endurance Run(以下WS)。知っている方も多いと思いますが、欧州のUTMBと並び、アメリカが誇る世界最高峰の100マイルレースの一つです。UTMBの日本でのメディア露出の多さや参加者規模(UTMBは5レースで約7,000人:WS360人)と比べると、日本では少しマイナー感が漂うかもしれません。しかし、WSこそ世界最古・アメリカ伝統の100マイルレースであり、当選倍率も(細かいルールがあり一概には言えませんが)おおよそ20数倍と狭き門ゆえ、トレイルランナーにとっては憧れのレース、出場するだけでも大変名誉なレースといえるでしょう。

ユニフォームつくちゃった♪

WSに向けユニフォームつくちゃった♪

続きを読む


Western States & Mt. Shasta

UTMFは落選しましたが、自分も大きな予定が控えているのです。

一つは6月下旬、UTMBと並ぶ世界的100マイルレースの一つで、アメリカの誇る伝統的レースであるWestern Statesでのペーサー&サポート。盟友アカシが名誉あるランナーとして選ばれたので(資格を取るのも結構大変、そして抽選倍率は20数倍!)、これは行くっきゃ騎士ですよね。ペーサー&サポートという立場から、アメリカのトレイルランニング文化に触れるのもとても楽しみ。

そしてもう一つが、WS後そのまま現地滞在し7月上旬に狙っているMt.Shasta登頂。ピンとこない人もいると思いますが、以下このお山の特徴です。
・カリフォルニア州はカスケード山脈にある富士山に似た標高4300m超の山
・インディアン(先住民)の聖地
・クリスタルカイザー(ミネラルウォーター)の源泉

Mt.Shasta…登ってみたい!

Mt.Shasta…登ってみたい!

続きを読む


Western States 2014 Team JAPAN(仮)

Western States。毎年6月、アメリカ・カリフォルニア州のSquaw ValleyからAuburnを結ぶ100マイルのトレイルを舞台に開かれる。世界で初めての100マイルレースとして長い歴史と伝統を持ち、現在も欧州のUTMBと並び世界で最も注目を集めるトレイルランニングレースと言ってよいだろう。しかし、運営・参加者ともに大規模なUTMBと違い、このレースを走ることができるのは例年300数十人。抽選倍率は例年厳しくなり、2014は20数倍という狭き門だ。必然的に多くの100マイラーが出場を切望し憧れる大会となる。そして先日抽選が行われ、日本からわずか2人だが当選者が出た。で、その2人がたまたま友人。

マジか…! 続きを読む


UTMBご報告

現地からのUTMB通信、何回かやると言いつつ1回しかできず失礼しました<(_ _)> 本日、日本に帰国してしまいました(汗)。

おかげさまで無事完走できました(ちゃんと確かめていませんが、41時間半位かと)。

色々な方から応援いただき本当にありがとうございました。今年は天候に恵まれましたが、それでもコース/制限時間/参加レベルなど、全体的にUTMFの1.5倍くらいのキツさと感じました。しかし、その分楽しさやうれしさも大きいです。日中は壮大な山々を、夜は満天の星空を眺めながら、苦しくも美しい、最高の3日間でした。詳細は後々MMAサイトにてレポ形式で上がると思いますので(予定は未定?)、またよろしくお願いいたします。

ということで、とりあえず、Merci Mont-Blanc!! Merci UTMB!!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


HOW TO UTMB準備

いよいよ今年もUTMBが迫ってきました!(写真は昨年より)

いよいよ今年もUTMBが迫ってきました!(写真は昨年より)

UTMBも来週末に迫ってきました。走力はともかく、装備の準備は着々と進んでいます。昨年出場し(悪天候100km代替コース)、準備の重要な点について色々考えさせられましたので、ここで皆さんと共有させていただこうかと思います。 続きを読む