節制します

ご無沙汰してます。

最近は何をやってるかって?柔術ですよw このブログもいつの間にか、「山岳柔術家」のブログっていう名前になってますよ!

これが柔術↓ やりたい人は連絡ください!

それはそうと…

だいぶお腹周りが気になってきました。最近はトレランのレースも柔術の試合もご無沙汰なので、つい…。

しかし、「減量」とか「ダイエット」とか、どうにもストイック過ぎて、あまちゃんの私にはできる気がしないし、リバウンドが怖いしで…ムリ涙。

かと言って、「もうジジイだから…」と割り切ってしまうと、このままズルズルとデブ街道まっしぐら…。

そんな折、ダメな私にちょうどよい言葉を発見しました。

「節制」
欲望におぼれて度を越すことがないように、適度につつしむこと。

これだ、これだよ!この程度でいいんだよ!ストイックじゃなく…ちょっとでいいの!ちょっとのガマン。これが大事。

ということで、たった今から「節制」をはじめますw

とりあえず、4月から「なんとなくこのままではヤバい…」と思い記録してきた、身体の状況を晒します。

減ってるのか減ってないのか…最近ガクッと下がったのは、甲斐駒黒戸尾根ピストンをしたせいw

減ってるのか減ってないのか…。ちなみに最近ガクッと下がったのは、甲斐駒黒戸尾根ピストンをしたせいw

走るときベストなのは体重61kg台、体脂肪は10%ちょい。
柔術の試合は階級別で、体重62kgちょい、体脂肪11%になる。

とりあえずここら辺を目指して、2か月くらい「節制」してみます。

なお、先に現状の問題点を挙げて起きます。
・夏は暑いから普段走るのが夜遅い
・柔術の練習(週3~4)が終わるのもいつも夜遅い
↓↓↓
・運動後お腹が減るので、0時過ぎて冷蔵庫を開け色々食ってしまう。
・やめたいがしかし、何か食わないと翌日疲労が取れない。

このせいで、体重が減らないのです。いや他にも色々理由はあるんでしょうが、まずこれがデブ原因の親玉です。

ということで、問題を解消するため、トレラン・山界隈で話題のアレを導入することにしました。

トレイルバター!美味しい。

トレイルバター!美味しい。

トレイルバター

・低糖質
・オーガニック
・カロリーはある
・美味い

行動食らしいけど。節制にも使えそう。これとアミノ酸、青汁(グリーンマグマ)で練習後に補給すれば、リカバリー的にも腹持ち的にも、かなりよいのではないかと。もうアイスとかポテトチップスのWコンソメとかファミマのチキンとか、夜中に食べません!

トレイルバターについてやたら詳しいランボー・桑マンに聞いたら、「トレイルバター減量にもいいですよー!低糖質でしっかりカロリーがとれるので、いわゆるケトジェニックな身体をつくるのに向いています!」とのことでした。だったらオマエもトレイルバターで減量すればいいのに…。あと、ジェニック系はフォトジェニックしか知らないので、ケトジェニックが何かはわかりません。

まぁとにかく、「節制」してみるのです。

なぜなら9月に信越100マイルのペーサーやるから汗

また1か月後くらいに、節制できてるのかUPしたいと思いますm(__)m


UTMFとUTMBの狭間で

前にも書いたけど、今年も昨年に続きUTMF(4月末)とUTMB(8月末)に出る。しかし、UTMFで故障した場合、その後のUTMBに大きな影響が出るため(昨年経験済み)、UTMFをどのような形で走ればいいのかなかなか答えが出ない。要は、UTMFに全力投球できるか否か、という問題だ。

昨日チーム100マイルの練習があり、トレーニングを挟んだお昼には、恒例の鏑木さんからの講義が行われた。今回のテーマは「テーパリング」。レースに向けてこの時期をどう過ごすかという話であったが、思い切って少しズレている自分の悩みを鏑木さんにぶつけてみた。

「UTMFとUTMB両方を目標にした場合、UTMFのレース途中で故障してしまったら、そのときどういう判断をしたらよいと思いますか?」

チーム100マイル恒例の鏑木さん座学。毎回とても勉強になる。

チーム100マイル恒例の鏑木さん座学。毎回とても勉強になる。

まず鏑木さんからは、「その気持ちは非常によくわかる」「自身も経験がある」との言葉があった。レベルが違い過ぎて申し訳ないのだが、やはり同質の悩みはトップランナーにもあるということなのだろう。本命レースが続く場合、先にスケジュールされたレースをどういう意識で走るか、これはやはり難しく重要なテーマであるとのこと。その上で、鏑木さんからは以下アドバイスを頂いた。

・故障が重度になり得るものか、軽度で済む程度のものか、経験からある程度予想・判断する。(鏑木さんの)経験的にはヒザの深く、靭帯に関わる故障であれば軽くないと思った方がよい。
・故障具合から、次のレースまで(自分の場合4か月後)に治し仕上げられるかを判断。目安としては、レースの後半での故障であれば、タイム狙いではなく完走目標に切り替えることで悪化を最小限に抑えつつゴールを目指すのもアリ。しかし前半、中盤辺りで故障した場合、完走できるかもしれないが、勇気をもってリタイアし次に備えた方がよい。
・前のレースより後ろのレースが重要な場合、、仮にレース中故障していなくても、後半かなりペースを下げて次に向けた疲労や故障を予防する選択もアリ。
・逆に後ろの予定がない本命レース(自分の場合UTMB)では、後遺症とのバランスを考えながらあくまでゴールを目指すという選択はできる。

非常に具体的なアドバイスを頂き、UTMFに向けたモヤモヤが少し晴れた気がした。そして、自分がUTMFとUTMBにどう挑むか、だいたい気持が固まってきた。

まずUTMFは段階的に以下3つ。
・40時間切りを目標に走る
・すばしりまでで重めの故障が発生した場合、余力があってもリタイアする。
・それ以降、特に山中湖以降の故障であれば、完走目標に切り替え行けるところまで行く。

そして、最後になりますがUTMB。
・這ってでも完走www

まぁ、とりあえずまずはUTMF。出場の皆さん、共にがんばりましょう!


UTMF最後の試走

試走そっちのけで春の富士山を堪能しました!
大満足しちゃったから、もう本番走らなくてもいいかな~w?

石割山山頂より、キレイな富士山!

石割山山頂より、キレイな富士山!

杓子山への道すがら、素敵な富士山!

杓子山への道すがら、素敵な富士山!

杓子への登り。ヤバいよヤバいよ~!

杓子への登り。ヤバいよヤバいよ~!

ヤバいよヤバいよヤバいよヤバいよ~!!

ヤバいよヤバいよヤバいよヤバいよ~!!

杓子山だけ天気微妙!UTMF本番での鬼門ぶりが暗示される…!

杓子山だけ天気微妙!UTMF本番での鬼門ぶりが暗示される…!

寿からのトレイルは整備バッチリ!ありがたや~ありがたや~

寿からのトレイルは整備バッチリ!ありがたや~ありがたや~

最後は林道の下りが長い長い!でも富士山もたくさん!

最後は林道が長い長い!でも富士山ポイントもたくさん!

この時期だけのヴィクトリーロード!

下山すると、この時期だけのヴィクトリーロード!

河口湖へ戻ってくると桜&富士山コンボのお出迎え!

河口湖に戻れば桜&富士山コンボがお出迎え!

見惚れる… 美し過ぎる…

見惚れる… 美し過ぎる…

そして左に本番スタート直後の足和田山を眺めながら日は沈む

そして左に本番スタート直後の足和田山を眺めながら日は沈む


IZU TRAIL JOURNEY

娘のサポート。お父さんうれしくて涙チョチョ切れるよ!

娘のサポート。お父さんうれしくて涙チョチョ切れるよ!

週末はIZU TRAIL JOURNEYに参加してきました!

大会前はオーガナイズの問題等話題になりましたが、終わってみれば初回とは思えないほどしっかりした運営、素晴らしい大会!前日に70kではなく75kだと判明しても、出場者はむしろ一様に嬉しそうなのがロングのトレランらしい(笑)。やはりドMな人たちばかりです!もちろん自分もその一人(笑)

コースは再生古道トレイルから林道中心に伊豆稜線の二本杉へと繋ぎ、そこから修善寺温泉まで縦走するコース。様々なトレイルのサーフェイスを踏みながら、景色も森あり絶景あり、オマケで強風あり木段ありで(笑)、非常に楽しいものでした。

レースがはじまりしばらくして感じたのは、「これは相当走れるコース」「自分クラスでも高速レースになる」ということ。実際最初のじわじわ感のある+500mの登りも、その多くを歩くのではなく走る状況でした。心拍も高めで早々に潰れないか心配でしたが、仲間で楽しく引っ張り合えたことと1月以降のチーム100マイルから学んだトレーニング効果もあり、むしろ良い流れに乗って先へ進むことができました。午前中は思ったより気温も上がらず、森の中で強風を防げたこともラッキーでした。

おおよそ中間地点にあたる仁科峠では、初めて娘(小3)がサポートをしてくれました。うちは嫁も数年前からトレランを始めており、こんな感じで家族で楽しめることにとても感謝しています。トレラン、ほんとにありがとう!でも娘は帰宅後「あんまり面白くないからもう行かないよ!」とのこと(笑) きっと走るとまた違うんでしょうね。今度鎌倉辺り、ピクニックがてら少し走らせてみようかな…?

若干話が逸れましたが、仁科峠以降はいよいよ笹尾根中心の稜線となり、強風との戦い。横からの突風で鼓膜が破けるかと思ったり、真っ直ぐ下れず笹の群生に突っ込みそうになったり…楽しみました(笑)。またここら辺も仲間と前後していたので、励まし合いながらなるべくペースを落とさず進めたので助かりました。仲間とゆっくり景色を満喫しながらのトレランも楽しいですが、こうやって引っ張り合い、ときに仕掛け合う(笑)のもまた楽しいですね!

そんなこんなで、最終的には10時間45分くらいでゴール。修善寺温泉街では街の人や観光客の皆さんからも応援してもらい、最高の気持ちでテープを切ることができました!個人的なレース内容としてもこの時期&負傷明けとしては充分満足いくもので、特に課題の登り強化が順調にいっている感触を得ました。UTMF&UTMBに向け、まずはここまで悪くない感じでしょうか(それと完走できるかはまた別ですが…)。

ゴール!いい大会!いいレース!

ゴール!いい大会!いいレース!

最後に、いつも一緒に走ってくれる仲間、応援・サポートしてくれる仲間に感謝です。そして今回は、特に大会関係者の皆さんにお礼を!裏話を聞くと、やはり様々な難しい調整や問題が、まさに山のようにあったようです。それを考えず自分も大会前は不満を口にしてしまいました。しかし、現地で何よりこの目に焼き付いたのは、関係者やボランティアの皆さんが大会成功やトレラン普及のため懸命にがんばっている姿。自分も今後は単なるお客さまではなく、同じ志を少しでも共有し、まだまだ発展途上にあるトレランというカテゴリーを応援する姿勢でいたいと思います。

IZU TRAIL JOURNEY、素晴しい大会を本当にありがとうございました!


激坂のすゝめ

塔ノ岳の登りももスイスイ??

塔ノ岳の登りももスイスイ?

UTMFに向け強化課題としているのが「登り」。今回のUTMFではストックを使える場所が限られている。また、元々自分はいつも登りで周りに離されてしまうのも悩み。せめて人並みのスピードで登れるようになりたい。

そこで1か月前から練習に取り入れているのが「激坂トレ」。きっかけとなったのはチーム100マイル(トータス)での鏑木さんの座学。鏑木さんは特別な筋トレをすることなく、普段のランニングやトレラン、特に激坂で筋トレに匹敵する以上の効果を得られているようだった。この話はとても興味深かったので、自分もダッシュやジャンピングスキップ、インターバルや○往復など変化を織り交ぜ、高付加トレがてら週1回取り組み始めた。

実際に行ってみると、非常にキツい。しかし、このトレには筋トレ効果だけではなく、心拍、スタミナ、登り力、さらには精神力と、少なくとも1石5鳥以上の効果があることが分かった。まだ1カ月しかたっておらず回数も5回程度だが、既に自分が前よりは強くなっていることが実感できる。

先日表丹沢を縦走トレランしたが、大山、塔ノ岳と続く登りも以前に較べだいぶスムーズに登れるようになった。登りが少しでも楽に感じられると山がもっと楽しい場所になるし、改めて、激坂トレは良いな、これは続けようと思った次第。

最後になりますが、これで3月伊豆トレイルジャーニー(ITJ)と六甲キャノンボールである程度の距離を走っておき、試走も加えればよい状態でUTMFを迎えられるな…と思った矢先、丹沢の下りで負傷箇所の右足首を激しく捻ってしまった(涙)。上昇気流から一転、ITJは出られるかどうかすら微妙な状態に…。

う~ん、なかなかうまくはいきませんね!でもめげずにUTMFまでできることはやるぞ~!


チーム100マイル(トータス)

全員ご臨終(笑)

全員ご臨終(笑)

今月から鏑木さん&OSJがメンバーを募った「チーム100マイル(トータス)」に参加しています。結成には「日本での100マイル文化普及」と「日本人100マイラー育成」という鏑木さんの願いが込められています。チームはレベルに応じて「アキレウス」「ラビット」「トータス」に分かれ、自分はもちろん「トータス」=カメ。その名の通り、コツコツがんばりたいところ。

しかし、トータスと言えどレベルはかなりのものです(特に自分は遅いのでそう感じます…)。そして練習内容はウルトラハード!2/9に行われた初回では、鏑木さんによる激坂10往復+座学+高速トレイルという、座学の内容も含め(笑)終始激しいものでした!「5000円も払ってこんなキツいことやらされるのか!」「5000円ポッキリでここまで濃く熱い練習ができるのか!」—思わずワケのわからない思いが交錯しました(笑)

そして昨日2/24は2回目の練習。今回は鏑木さん抜きのメンバー合同練習会。しかしまたもや壮絶な内容でした…。2時間トレイルエンデューロ、激坂など計33km。心拍はほとんど常時180前後だったと思います(汗)。嫁の証言によると、自分はこの日の夜中、「疲れた!」「もうダメだ!」「キツい!」など唸りながら寝言を言っていたそうです。いやしかし、ウルトラトレイルは普段の楽しいトレランだけじゃ完走できません。練習でも本番でも、苦しんでこそ得られる楽しみがある!これもウルトラトレイルの醍醐味であります。実際チーム練は部活みたいで苦し楽しいんですよね~。昔(レスリング部)を思い出します。

ステーキなくして回復なし!

ステーキなくして回復なし!

最後になりますが、最近ヴィーガンとか気取ったこと言っちゃっててすみません!やっぱりこういうときは肉食わないと回復しません(笑)!というわけで、練習後はステーキをパクリ。

次回以降もがんばって、UTMFとUTMB完走すんぞ~!!

(ps 忘れてた!みなさん展示会ありがとうございました~!)