日々の山場

仕事が繁忙期に入り(だいたい年中繁忙期ですが)、ブログどころか走ることもできず過ごす毎日が続いています。毎日が山場です。先週のT(R)AIL GATE PARTYでは、かなり大満足なお買いものができて、スペシャルトークショーもめちゃめちゃ面白くて、戦利品の自慢や充実した時間のレポートをしたいと思いつつ、わずか3~4時間ただ寝に帰るだけの自宅でPCを開く気力がありませんでした。

今もこれまでも、ベンチャー企業のインハウスPRとして働いていて、社会人1年目から労働時間が長い仕事を何年も継続していますが、根性と仕事や会社が好きであるという気持ちがあればとても楽しい仕事です。

それは、苦しくても走っていることが好きだから楽しい】というランニングに似ている気がします。成功したときや結果が出たときに、本当にやっていてよかった!やっぱり好きだ!と思う心揺るがす気持ち、そしてそれがまた次のモチベーションになって頑張リ続けるという点でもそう。

プロジェクトごとに毎度大きな“山場”がある仕事なので、まさにそれは大会のようなものです。大会のために準備を重ね重ね、頑張れば頑張るほど、終えたあと達成感も大きい。勝負の当日は、どんなに努力を積み重ねてもそれに反して思いも因らない環境要因で失敗することもある。だけど、【チャレンジ】したことは必ず、次に繋がる。

仕事のストレスが溜まりに溜まってそれを発散するために走ることも多々あるけれど、仕事で学ぶことが走りに活かされることもあるし、走っていることで得た経験が仕事に変化をもたらしている部分もある。ランニングを始めてから、仕事がより好きになり、もっと楽しめるようになり、いい仕事が舞い込むことも多くなりました。

相乗効果になっているこのふたつが、とてもいいと思う。

本当はもっと走りたくて、もうこんな忙しい仕事をやめたいと思うこともあるけれど、ペーペーの私にとって、今の環境はお金を貰いながら学校に通っているようなものだったりします。毎分毎秒学ぶことが多くて、本当に多くて、まだまだやめられそうにはありません。だって、たくさん走って筋肉痛になると、その痛みに充実感があって嬉しくてたまらないような人間ですから。(笑)←乳酸が溜まる感じも結構スキ。

チャレンジして乗り越えて初めて知る世界。

こんなにもワクワクすることはないですよね。走るのも仕事も。仕事とうまく付き合いつつ、たくさん走れるようにがんばります!
今週末はスラックラインやりますよ~!

 


0002/鎌倉

トレラン:0002回目/鎌倉

先週末は、トレランチーム“心折れ部”が2月に開催される「三浦半島縦断トレイルラン大会」の試走をするということで(大会には出ないけど)一緒に参加してきました。

人生2回目のトレランです。

朝9時に鎌倉駅に集合して、衣笠へ移動。
衣笠から鎌倉まで山を越えてロードへ出て山を越えてロードへ出て。
日が暮れるまで、気づけば7時間!

しかも翌日の東京大混乱の大雪なんて予想もできないほどの晴天!


エディさんは半袖短パンでした(笑)
まだまだ装備のわからない私は、冬の山=どこでも寒い と思っていて、『エマちゃん着込みすぎ!』とお叱りを受けました。。。もちろん脱ぎ着できるようにと考えてはあったわけですが、それでも甘かった~。みなさん口を揃えて「手放せない」と言うので早速調達した、せっかくの【ファイントラックスキンメッシュ】があり得ないほどびっしょびしょでした。もともとものすごく汗をかくのですが、それにしてもファイントラックの性能を完全にムダにするほどの汗って。まだ標高や天候での着込み方が全然つかめない私です。汗っかきの方の工夫が知りたい。

とりあえず、一番下は、Tシャツにアームウォーマーから始めます。(?)

肝心の7時間の練習は、箱根の時とは違ってゆる~い上りが何度も続くもので、私にとって結構苦しい7時間でした。前日に10キロ+スラックライン2時間+5キロやった筋肉疲労が残っていたこともあったのですが、標高差の少ないジワジワ走るトレランも結構大変なんだと実感。しかもこれって本当の大会なの?!というほどの迷路のようなコース。

どこ?道どこ?!
ここ?!立ち入り禁止って書いてあるよ?!
えっ?右?左?

みたいな道ばかり。
それはそれで面白くて、みんなでケラケラ笑いながらのラン。
なんだか脱出ゲームか、宝探しか、そんなゲーム的感覚。地図を片手に山を走る。そもそもコースがどうこうというよりも、それがきっと本来の姿なんですね。走り終える頃には私も来年はこの大会にすっかり出たくなりました。あ~こわい(笑)

こんな大会もあるんですね。大会について、まだ何の知識もないので、びっくりでした。いや、ほんとトレランって知れば知るほど面白い。


7時間も走ったのなんて、初めて。
ロードだときっと7時間も走れないのに、山だと頑張れる。しんどくても楽しめる。
こんな面白いと、ロード走れなくなりそうです。あはは。

また改めてトレイルランナーの皆さんの凄さに感嘆。
色んな山を走りたいという感情がますます大きくなりました、もっと体力つけなきゃ。

 

ちなみに、コースの途中で横須賀あたりの鷹取山という低い山を越えるんですが、びっくりするくらいのクライミングエリアが!すごい、広い!でかい!調べてみると、結構有名な場所だった様子。明治から昭和の初期にかけて石材を採取したために生じた切り立つ岩々がそびえ立っていて、たくさんのクライマーで混み合っていました。

“岩肌にある無数の小さな穴は、過去数十年間に打ち込まれたハーケンの跡です。鷹取山のクライミングゲレンデとしての歴史は、戦後まもなくから始まり、すでに50年の歴史があります。” という歴史にもゾクゾク!次はクライミングをしに鷹取山行こうかな!(注:クライミングは初心者です。笑)


初レース決定!

今年は、さくさく決断!
ということで、すでにエントリーしている2月の駅伝に加えて、今年出る大会2つに本日エントリーしました。9月~10月に大会が密集しがちですが、春夏であと2つ3つくらい出れたらいいなぁ。

2013年4月7日(日)第1回グアムインターナショナルマラソン
フルマラソン

2013年6月9日(日)スリーピークス八ヶ岳トレイル
One Pack Line:38km

ランニングを始めて2年。
「東京マラソンとかいろいろ人気のやつは毎年全然当たらないし、ホノルルとか海外の大会は仕事の休み取れないし」というどうでもいい言い訳でチャレンジしてこなかったフルマラソン。確かにそうなのだけど、正直勇気がなかっただけ。走るならいいタイムで走りたいけど、それだけの練習を積める自信がなかった。

今年は走る。
今年は走る。
やらずに後悔するくらいなら、やって後悔する方がいい。
でも、きっとチャレンジすれば達成できるはず。

そして、グアム渡航の同行者はチカちゃん。
だれ?って、母親です。母親と一緒に行くことを選びました。親孝行も兼ねることにしたんです。ちなみに母はスポーツトレーナーなので身体のメンテを頼めるっていう特典つき(笑)しかも60歳を前にして、本人も同時開催の5キロランにチャレンジするのだとか。それもまたなんだか嬉しい。きっといい経験ですよね。

よく、初フルで30キロあたりから涙が出てきた、という人が多いけれど実際にはどうなんだろう。どのくらいのタイムでゴールできるかな。トイレ我慢できるかな。なんて。とにかく楽しみです。

もう1つは、初めてのトレイルレースを、忍野ではなく八ヶ岳に決めました。facebookでちょろっと『23kか38kか迷ってる』的な投稿をしたら、びっくりするくらいの怒涛の勢いで、何言ってんの!38kでしょ!というお叱りを受けて(笑)、その押しに押されて38kでエントリーしました。初めてのトレイルレースがまさか38kになるとは、私も全然想像もしてませんでした。

山を38キロ、って、
フルマラソンがどうこうって言ってられなくないですか?(笑)

とにかくエントリーしたんだから!
頑張って練習積み上げます。
よし!やる気でてきた!
がんばります!


モンブランで憧れの

トレイルランナーの中で「モンブラン」と言えばそりゃー、UTMBですよね。

というか超ビギナーの私は、UTMBという4文字は最近知ったんですが、モンブラン、モンブランとその単語が周りで飛び交うもので、なんだかだんだんモンブランに敏感になってきました。
その矢先で見つけたこの動画に感動!

モンブランで、ハイラインをするCMのメイキング。

カッコイイ!
ハイラインとは、高い場所で行うスラックラインのことで、谷や岩場などの高い場所にラインを張ってハーネス(命綱)をつけて渡るというエクストリーマー的なスポーツ。低いラインで歩くことができても、高さがあるというだけでガクブルです。最近CMやTVでもスラックラインをネタに使う映像が増えましたね。このASUSのCMはちょうどオンエア中のようなのでTVで見れるかもしれません。メイキングを見た後だとなんだか余計に興奮するなぁ。

CM本編は↓これ。

ちなみに同じ類でこちらはVOLVOのCM。
異常!異常異常(汗)
スリリングすぎて心臓によくないので要注意。

練習の時ハーネスしてないし!
ハーネスっていうか足首だけだし!
そもそもラインが脆いロープだし!
(※一般的なスラックラインはナイロンの平たいベルト)

ていうかトンネルでラインをブッチ切るとかなんちゅー企画考えたんだ!PR的に言うと所謂“バイラルマーケティング”目的なんだとは思うんですが、よくこのオファー受けたな・・・としか言いようがない。完全にエクストリーマー・・・。

モンブランでハイラインなんてまさか私にはまったく別世界ですが、憧れのハイラインにはチャレンジできるようになりたい!のです。そのうちトレラン×スラックラインしたいなぁ。


NewYear Trip @ Villa Shirahama

あけましておめでとうございます。

今年の年越しは、全力で遊ぶ年越し!
ということで駅伝仲間と伊豆白浜にあるVilla Shirahamaで過ごしてきました。

ヴィラは、伊豆白浜の山の上にある貸別荘で、海からも山からも近く、自然の中でのんびりと過ごせる素敵な場所です。白浜なのでやはり夏がピークですが、そのゆっくり流れる時間と大好きな自然に囲まれる癒しの感覚が忘れられなくて、年末年始をそこで大好きな友人達と過ごすことに決めました。

大晦日は、到着して早速海が見える最高の場所にスラックラインを張ります。そうそう、昨年末からランニングと同じくらいものすごくハマっているスポーツ、スラックラインについてまだ書いていなかったですね。詳しくはまた書くとして、とりあえず、『綱渡り』です。(笑)
2012年最後の太陽を背に乗り納め。

夜は、ロケットストーブで年越しそばと、炭火で猪(!)肉丼。野菜はほとんど自給自足なんだとか。さすが自然派。年越しまで宿泊者みんなで交流しながらのんびり過ごし、元旦を迎えて白浜神社へ初詣へ。

おみくじを引いて中吉!
学問は「早めの決心が大事」
学問かどうかはわからないですが、大会出場は早めの決心が大事!と捉えました。(笑)未だ走っていないフルマラソンへの挑戦と、トレランも今年はまず、薦められた忍野のレースに出る!と決めました。その後は潮の引いた白浜海岸を長靴で散策。昼間は砂浜を走ると気持ちのいいコースがたくさんある伊豆白浜。冬はちょっと寒いけど、夏は抜群でおすすめです。

初日の出を迎えると、やはり初日の出バックに急いでスラックラインを張ります!(笑)一緒に行ったひとりがスラックラインのインストラクターで、終始スラックラインづくしでした。ゆるゆるに垂らして張る「ロデオライン」や高い場所に張るこわ~い「ハイライン」も体験しました!体幹の強さだけでなく、もはやメンタルトレーニングの域です。(ただ高さや張り方が違うだけなのに、怖くて全く何もできない)今回宿泊していた方々は、ウィンドサーフィン、サーフィン、スケートボード、ヨガなど体幹系・バランス系スポーツの方が多く、スラックラインもわりとヒョイヒョイとこなしていました。どんなスポーツも体幹さえ強ければかなりバリエーションが利くのかも!体幹トレーニングはやはり大事ですね。

肝心の“走り初め”は、ヴィラから走って行けるランコースの中から「寝姿山」を選択。ちょっと足元がゴロゴロした場所をゆっくり駆け上がって20分ほどで山頂、そこからは林道を海岸まで15分ほど下るコース。 トレイルではないけれど、枯葉がふかふかな林道を駆け下りる下りはとっても気持ちよくて、途中で見える絶景に感動しながらの新年1発目のランニングになりました。

その他にも、おもちつきをしたり、書初めをしたり、サーフィンをしたり、スケボーをしたり。アクティビティ満載。ヴィラは“遊べる貸別荘”なんです。いかに遊ぶかは自分次第。お正月から大きな痣と筋肉痛になりました(笑)いや、まったく私らしい。

今年の目標はとにかく「動く」こと。時間を惜しみなく使ってたくさんの経験をしたい。遊べる大人になりたい!そのスタートとしてはバッチリ動きまくった年越しになりました。

【Villa Shirahama】
伊豆下田白浜海岸まで800m。徒歩10分。自然に囲まれた山の上に建つ別荘スタイルの宿。
貸別荘 ヴィラ白浜
静岡県下田市白浜2416-10
http://www.villa-shirahama.com/

【白浜マリーナ】
白浜海岸目の前のサーフショップ。
こちらでボードとウエアのレンタルをしました!サーフレッスンもあり。
http://mariner.co.jp/

【Huckle Berry】
屋内スケボーパークとスケボーとサーフィンのお店
今回、スケボーを教えてもらいました!
〒526-0103 滋賀県長浜市曽根町1289
営業時間:10:00~21:00
定休日 :毎週火曜日、第1月曜
http://www.89sk8.com/