富士北麓24時間リレーマラソン

2013.07.13-07.14
今年もランラン駅伝部のみんなと【コニカミノルタ ランナーズ 24時間リレーマラソン 富士北麓公園大会】に出場してきました!土曜日の朝10時から日曜日の朝10時まで、最大12人のチームで24時間タスキをつなぎ続けて周回を競うというものです。

988613_543871765672450_1680437827_n

今年は12人3チーム、なんと36人という大所帯で参加してきました!年齢、男女、職業、出身もバラバラ。ユニークな面子が揃いました。朝が早いので多くのメンバーが前泊で、それがまた合宿みたいで楽しく大会前の団結力に繋がるのですが、私は仕事の都合で当日早朝都内出発で会場に向かいました。

故障している膝が心配でしたが、事前の対策と何よりもチームの皆のフォローのお陰で楽しく走れました!また、大会会場に氷が完備の無料アイシングコーナーがあり、一周走るごとに感覚なくなるくらいまで冷やしたことが効果絶大で、終了後も「階段が上り下りできない」なんてこともなく無事終えることができました。

コースは一周約1.5キロ。富士北麓公園という運動公園のトラックからスタートし、公園周りをぐるっと一周。トラック1/4周→急な登り→平坦→やや登り→平坦→急な下りというコース。登りが結構きついのですが、それよりも1.5キロという短い周回でスピードが出る中での急な下りが問題で、下りきったところに大勢の沿道の応援が待っていることもあり、選手はみんなものすごいスピードで思いっきり走るので、たいてい夜が明ける頃には膝を壊す人が続出するのです。

去年走った時には、なんて辛い登りなんだと思っていましたが、今年走ってみると楽しく走れちゃいました。トレランのおかげ!こんなにも違うのかとびっくりです。タイムも一番早かった周で約1分もタイムが縮まっていました。
1005999_543042405755282_1956424674_n IMG_8213

24時間マラソンのいいところは、だいたい1~2周走るごとに交代するので(何周で交代するかはチームの自由。とにかくタスキをつないでいればいい)、1回走ると1時間くらいお休みで、その間チームメンバーと交流する時間ができるんです。応援しつつ、色んな話をする。初めての人ともぐっと仲良くなれる。タスキを繋ぎながら、励まし合って、みんなで熱くなって、笑って、叫んで、ふざけて、感動して。大人になるとなかなか日常生活で体感することが少なくなってくる【団結】というそのもの。

32

私は駅伝部から参加した3チームのうち、故障を抱えたメンバーの多い通称【“爆弾”Cチーム】。半月板損傷、腸脛靭帯炎、踵の負傷などなど(笑)でも、リスクが高い分、スピードのあるメンバーが勢ぞろい。トレイル鳥羽ちゃんに所属するメンバーも2人!半分以上が最速6分前半で走るという飛ばしっぷり。3チームの中ではわりと静かで淡々と走る真面目なチームでしたが、序盤は50位、中盤で80位、最終的には3チーム中ダントツ1位の116位でした(全230チーム)。みんなで161周しました。100位切れるくらいの走力でした。

ちなみに、100位切れるのになんで116位かというと・・・
ランラン駅伝部24時間リレー恒例(?)カップルランタイム。
足や心が疲れてきた時間帯に、男女2組で走る休戦タイム。
今年はなぜか、みんなが応援している前まで走ってきて一芸をするという謎のイベントになりました。(笑)そんな学園祭ノリもまた良し。ワイワイ楽しい2日間でした。
5 4

トレランも楽しいですが、みんなでタスキを繋ぐ駅伝もやっぱり楽しい!
2年前、走る楽しさを教えてくれた駅伝部。
今年もありがとーう!

*****************
ちなみに、24時間ちょうどのタイムアップが近づくと、自分の番がこれで最後であるということがわかります。そうすると、みんな最後の力を振り絞って、猛ダッシュする。私も同じく膝が痛いのを忘れて最初から最後まで猛猛猛ダッシュ!24時間の中で一番いいタイム、6分14秒!やった!走り切った!アドレナリン全開!よっしゃ!ハイタッチ!みんなありがとう!!!・・・・・・なんて感動してたら、中継地点で次にタスキを繋ぐランナーが来てない。ぽつん。あれ?

待っていてくれたはずの仲間の名前を叫び続けてたら、周りの大勢の参加者からなぜか手拍子とともに 『 もう一周!もう一周!ほらもう一周!もう一周! 』 という祭りのような掛け声が沸き上がり、そこからさらにダッシュでもう一周(苦笑) 全身の毛穴が開くような、自分の身体が自分でないような。吐くかと思いました。限界まで走っても本当はまだ走れる。心の限界を超えた時に、身体の限界をさらに超える。

オールアウトってこういうことか・・・。

と悟りましたw


#006 北丹沢12時間山岳耐久レース

先週の日曜日、北丹沢から帰ってすっかり疲れて眠ったのですが・・・

関門までダッシュで走ったのにちょっと間に合わなくて悔しくて、『走らせてください!レースとかじゃないんです!あたしは走りたいだけなんです!やめてください!行かせてください!』
っていう夢をみました・・・。

7月7日(日)に開催された第15回北丹沢12時間山岳耐久レース。
残念ながら途中棄権に終わりました。

関門アウトではなく、自ら悩んで納得してリタイアしたつもりでしたが、夢でうなされるなんて(笑)、よっぽど悔しかったんだと思います・・・。起きたら汗びっしょりでした。どんだけだよ。トレランレース2回目。悔しいレースとなりました。
まだまだ経験の浅い私。走り方も筋力も未熟すぎる私。悔しいを連呼しまくったけど、またひとつ良い経験を積むことができました。

故障中のレース出場
灼熱のレース
途中棄権という判断
リタイア後の心境
次への気持ちの切り替え

どれも私にとって、初めてのことです。今回は、レース一週間前の時点で5キロしか走れなかったわけで、完走が難しいことは覚悟していました。ゴールできないかもしれないのにわざわざ出るのか?私は、大会の空気感や灼熱の北丹沢とはどんくらいすごいのかとか、チャレンジすることでそういうことを身をもって体験する価値があると判断しました。自己管理としてリタイアする勇気を持って。

7月7日。嬉しいのか悲しいのか、晴天すぎる気温35度という真夏日が私を迎えてくれました。いざ現地に着いてみれば、前泊でワイワイ楽しくてテンションも上がり、久々に山を走れることやレースの雰囲気がそりゃもう最高に嬉しくて!冷静に振り返ってみれば、スタートから10キロくらいまでは想像以上に走れました。

1004468_10201463123123837_554591984_nIMG_8119

キタタンの登りは、6月に出たスリーピークスよりも緩やかなはずなのに、これでもかと登らされる感覚のかなりキツイものでした!登りが好きなんて言ってごめんなさい(笑)ゆるやかな上りのだらだらロードで足をかなり使った上でのしんどい登り。初めて体験するキタタン名物大渋滞。偽ピーク。そんなペースを崩されるレースとサウナのような灼熱の気候に心折れて、コース横に座り込んでしまう人、木にもたれかかってぐったりしている人、寝っ転がっちゃってる人がわんさかいるという、普段の山では絶対見かけないような光景だらけでした。

膝が本格的に痛みはじめたのは10キロを超えたその後で、ギシギシという音が身体の中で響き、大渋滞のなかでじんわりと違和感が増していく。渋滞が途切れた瞬間に走れるはずなのに、足が前に進まない。痛みで力が抜けて足の踏ん張りがないからなのか?腰だか骨盤だかがグラグラと不安定になりはじめて、ちょっと走ろうとした時に、ヒザカックンのようにガクンと崩れ落ちて何もないところで転んでしまいました。その瞬間、「あぁ、これはきっと、赤信号だな」とリタイアを決心しました。ただし、膝が完全にダメというわけでもなく、とりあえず第一関門までを気持ちよく楽しんで駆け抜けようと決めて、そこからは存分に下りを楽しみました!(笑)

でも第一関門が近付くにつれて
いや、やっぱり第二関門まで行けるんじゃないかな、いや、やっぱり今のうちにやめたほうがいい、いや、ゆっくりだったらいいかな、いや、歩きでもこれ以上はやばいかも、いや、どうせ明日からも歩くわけだし無理しなければいいか、いや、無理しないって言っても走りたくなるはず・・・
なんて悶々としながら(笑)、結局予想よりも早めの関門30分前、11時頃に第一関門に到着しました。到着時間がそこそこだったことで、とりあえず今回の目標は達成したのだと自分に言い聞かせて言い聞かせて言い聞かせて、第一関門を今回の自分のゴールにしました。
IMG_8121

運営テントにリタイアします、と言いに行くと「ハイハイ~おつかれさま~。印つけますね~」とゼッケンにマジックで丸を付けられて、あっさりと私の初めてのキタタンは終わってしまいました。まだまだ走っている仲間が気になってそのあとは応援に徹しました。仲間のドラマチックな関門突破、感動的なゴール。繰り返し言いますが、まだまだ未熟な私にはとてもいい経験になりました。

ああぁぁあ~~ゴールしたかったなぁ~。だって皆さんがボロボロよれよれになりながらゴールする姿がほんとにかっこよかったから!!!その感動味わうためにちゃんと治さなきゃ。
レースってやっぱりいいなぁ。

来年は必ず、完走します!

IMG_8144