東北の山:岩手 鯨山

12月の第三週は2人の友人を訪ねて東北、三陸へ行ってきました。
東日本大震災で甚大な被害を受けた、岩手の大槌町と宮城の気仙沼にそれぞれ2日間ずつ。震災からもうすぐ3年。語りたいことは自分の中にたくさんあるけれど、いまでもまだ言葉をどういうふうに選んで良いのか、そもそもその感情をあらわす言葉が見つからない気持ちもあります。そんな中でもやはり日本全国へ行くたびにできるだけ時間を作ってその地域の「山」へ足を運ぶことにしているので、今回も山へ行ってきたそのことを書こうと思います。

大槌町で働く友人が仕事を休んで、山好きな私を近くの山に連れていってくれました。山田町・大槌町に位置する三陸の海岸すぐそばの【鯨山】(標高610.2m)。

くじらのように見える山体で、
山田町船越湾と大槌町吉里吉里湾からよく見える山で、その特徴的な山容から、古くから、三陸沖を行き交う船が「羅針盤」として位置を確かめるために使用していた
のだそう。

滞在先の大槌町からは車ですぐ。岩手県立陸中海岸青少年の家のキャンプ場の横に登山口があります。ここには、仮設住宅が並んでいて、青少年の家も震災以降は施設の半分が臨時の小学校となっています。「こんにちはー!」というこどもたちの元気な声と笑顔に包まれながら、入山届けの紙に名前と時間を書くと、青少年の家の館長さんが親切に登山口まで案内してくださいました。

「最初だけちょっと登ってねぇ、そこからはほとんど平坦で気持ちいい道で、最後にちょっとだけ急だから気をつけてね。道に迷うような山じゃないからね。」

丁寧な説明を受けて出発。
山頂までは約3キロのスローハイク。ゆっくりと植物や切り株の模様の向きを見たりなんかしつつ、松ぼっくりがころがる道をゆるやかに登ります。最初のかわいいマップの看板には鹿や熊らしきイラストが書いてあったけど、鳥すらほとんどいない静かな森。木々の間から遠くに見える鯨山。
20131229-175841.jpg
20131229-175727.jpg
20131229-175753.jpg

稜線に出ると海が見えた!三陸の海は本当に青い。
20131229-175823.jpg

そこから鯨山への主稜線は気持ちいいなだらかなアップダウン。足元は足首の上まで潜るくらいのふっかふっかの落ち葉じゅうたん。もふもふしながらのんびり進みます。冬だからかあまり景色に変化はないけれど、トレランの軽い練習には確実に気持ちのいい道。空気が澄んでいて、静かで、気持ちいい。この日は人が踏み入った形跡なし。
20131229-175911.jpg
20131229-194337.jpg

20131229-175942.jpg

鯨山手前で突然の急坂をガガッと下って、大沢分岐からいよいよ鯨山へ。「岩場が意外とすごい」ことにわくわくしながら進むけれど、一向に頂上に着かず(笑)結構登ったよね?次あれが頂上かな?もうすぐかな?なんて言いつつ冬の東北なのにすっかり汗ばみながら、時折現れる岩場を手やロープを使って登ります。落ち葉が岩の上にたっぷり乗っていて、まったく足場がわからない!うわさ通りの結構な急登ですっかり夢中になって、だいじな岩場の写真を撮り忘れました(笑)急な感じが一切伝わらない・・・。左右に雪を見つけた頃に、なんとかやっと頂上に到着!

すごい、景色!海も山も一望できる。リアス式海岸の様子がよくわかります。360度の展望は本当に美しいのひとこと。だけれど、この一体は震災の被害がとても大きくて、山頂からも、そのつめあとが感じられます。
20131229-175958.jpg

20131229-194029.jpg

ちいさな山頂には、鯨山神社と鳥居があります。お参りをして、頂上で、手作りおにぎり休憩。
20131229-180025.jpg
20131229-181130.jpg

友人が、「このあたりはなんだか日が暮れるのが早い感じがするんだよね」と言っていたけど確かにまだお昼過ぎなのにすっかり夕陽に照らされているような光の色に。天気が良いとは言えやっぱり冬。身体が冷えてきたので、大沢分岐から沢沿いに下るコースで下山。岩場でなんどか落ち葉に足を滑らせて尻もちをついたけど、それ以外は思わず走り出したくなるような道で(というか登山靴なのに思わず走ってしまった。笑)、最後は大量のマツタケ栽培?の間を抜けて青年の家に戻ってゴール。
20131229-194346.jpg

20131229-181203.jpg

変化があって、山頂の展望もよくて、どっしりと在るこの山がすごく好きになりました。後から調べてみたら、鯨山はツツジがすごく美しい山なんだとか。またその季節に来よう。連れていってくれた友人に感謝。

ちなみに友人は今年、同じく岩手の内陸側にある八幡平というところで開催された大会に出てきたのだそう。来年、スケジュールが合えば行ってみたい!
八幡平・七時雨マウンテントレイルフェス(6月開催)

 

————
実は鯨山に登った2日後に気仙沼リアスアーク美術館で見た、「東北画は可能か?」という作品展のなかのひとつにまさにこの山を表すような作品がありました。その作品に添えられていた言葉を紹介させてください。

「山の神さま~みちしるべ~」/渡辺 綾

海に暮らす人々は、海に出ると山を目印に港に帰るそうだ。 だから、海の人々と山の神とのつながりは深い。 私の住む土地にも「みちしるべ」の山がある。山たちは、あの日、 押し寄せる波をどんな思いで見ていたのだろう。

山の神さまは動くことはできない。 海の人々をその手で救うことはできない。 けれどまた「みちしるべ」になれるよう、ここで静かに春を待っている。


心折れ部箱根合宿

12月はトレイルもりだくさん!
12月14日~15日で心折れ部の毎年恒例箱根合宿に行ってきました。毎年恒例、と言ってもわたしは2年目。昨年はじめて参加したのが『初めて山を走った』その記念の時だったのです。

昨年は恐ろしい大雨で、それはもう寒いはどろんこだわで大変だったのですが、なぜか皆ビショビショになりながら笑って走っていて早々に恐怖感を覚えたものです(笑)だけど普段どろんこになったり、野山を駆け回ったりすることなんてないもので、「トレランってなんだかものすごく過酷なスポーツなのに、こんなに皆で子供みたいにはしゃいで楽しくって、確実にハマるやつだなこれ」と思っていたらみごとにハマりました。今になって思うと、初めてのトレランがあんな酷い天気でよくハマったなーちょっとエクスタシー感じるとこが変なんだろなー、と自分でも思ったりしています。

昨年の様子。

昨年の様子。

さて、今年の合宿は昨年とは打って変わって晴天!
新宿集合、ロマンスカーでワイワイ言いながらの旅。箱根湯元スタートで外輪コースを進み、目指すは金時山。
20131226-152417.jpg
20131226-152441.jpg

こんなに楽しそうなスタートだったのに、来年のWestern Statesに出るアカシさんがぶっ飛ばしでそれはもう遥か遠くにゴマくらいの大きさにしか目視できないくらい話されてユルユルのわたしにはついていくのが大変でした(笑)
20131226-152750.jpg
20131226-152811.jpg
20131226-152610.jpg20131226-152546.jpg

だけどやっぱり箱根は景色が最高!この日も富士山がきれいに見えました。う~ん、気持ちいい!天気良くてほんとよかった!金時山手前でやっぱり少し渋滞したけど紅葉シーズンよりは人が少なくて問題なく。山頂でひと休憩して、下りでみなさんをちょっと待たせてしまって迷惑かけつつも、無事下山しました。(やはり頂上での集合写真とかは特に誰も言い出さない心折れ部。笑)
20131226-152641.jpg

今年は2日目は用事があって走らずに帰ったけれど、ゆっくり温泉につかって、おいしいごはんを食べて、ゆるりと宴会をして、とっても楽しく過ごせました。いい走り納めになりました。来年はもっとたくさん山に行くぞー!

20131226-152724.jpg


みたけ山トレイルラン

わたしの年内最後のレース、『みたけ山トレイルラン』(15km)を走ってきました!

先週の熊野からまた肥えた上に、なぜか水曜日に鎌倉を走った疲れがイマイチ抜けきらないままの参加。今まで一度もなったことがなかった“足がつる”というやつに最近悩まされていて、ちょっぴり心配だけど15kmだから楽しく完走しようと決めて行ってきました!

御嶽駅で心折れ部のキヨミさんとケイティーさんと合流し、バスに乗って会場&スタート地点があるケーブルカー滝本駅へ。今年から受付なし、事前の案内封筒にゼッケンとタグが入っているという形式。

image

コース図も高低図もざっくり~(笑)

霜がおりていて寒い~!そんな中、駐車場の隅に作られた小さい小さいステージでエアロビクスが始まります。

駐車場のスペースでみんな一緒にエアロビクス!

駐車場のスペースでみんな一緒にエアロビクス!

MMAのカモパンかわいい♪

MMAのカモパンかわいい♪

男性が多くて、ヘイ!ヘイ!と呼応する声が野太い(笑)みんなで元気にエアロビクス。結構難しい&結構長いのでレース前にはなかなかハード。でも身体はすこし暖まります。エアロビクスが9時20分に終わって9時30分にはスタートという大急ぎスケジュール(笑)

スタート前の待機。スタートゲートが遙か遠く、、、。見えない、、、。この時すでになんとなく察していました。これは、、、ウワサには聞いていたけど予想以上の渋滞、、、そして、この位置は結構やばいかも。

image

鳥居が見えなさ過ぎる。すご~。

image

ゾロゾロ歩いて、やっと見えたスタート地点(笑)詰まっていて歩くしかないので、写真も撮れた。

ドンドンという太鼓の音と共にスタートしていきなりのアスファルトの坂道。3kmもあって、これが結構辛い。目標は20分~25分で上がりきるつもりでかなり急いだけど、思った以上の傾斜でやっぱりほとんど走れなくて結局30分かかってしまった。まだまだ登りが走れない・・・(泣)

渋滞と関門を恐れてそんなことばかり考えていたからか、朝食べたものが悪かったのか、そこからしばらく胃が痛くて仕方なく、お腹を押さえながら走っては歩きの繰り返し。かなり心折れそうになっていたところで「あっ、エマちゃ~ん!」という声。IBUKIのさるさんが応援に来ていて声をかけてくれました!

image

絶賛おなか痛い時。しかめっ面だけどなんか楽しそう。(笑)

御嶽神社を越えたあたりから胃痛が解消し、そこから巻き返すべく走る!!!どうやらいつも中盤が調子いいみたいです。(そりゃそうか) ロックガーデンは岩がゴロゴロしているものの比較的走りやすく、少しの登りや沢を渡る部分も出来るだけこまめに走って鍋割山ピークへ。奥の院を経て、追い越し禁止の下りに入ります。鍋割山にしても奥の院にしても、細い道は登りがほとんど渋滞して追い越しが難しく、前が詰まっているからなかなか順位もスピードも上げられない。まぁそれも多少は言い訳だったりもして、登りで何人か追い越すときのちょっとスピードを上げて進むあの感じがそこまで走力がなくてまだできなかったりもして。う~ん、もどかしい。

ここからの下りは追い越し禁止。
もうひとつのもどかしさは、くだりの下手さ。傾斜というよりも、段差が高かったり、木の根が大きくて多い場所、石や岩が入り込んだ場所、足場が悪い場所など、どうしても上手く走れなくて、急にヨチヨチ歩いてしまうのです。次の一歩がわからなくて、迷って止まってしまったり、つい手を使ってヨッコイショという具合。こういうところを止まらずにテンポ良く下れるようにならないとダメだなぁ、という課題をまじまじ考えながらのくだりでした。

追い越し禁止ゾーンを越えてからは出来るだけ走って走って、最後に再び応援のみなさんにも会えて、上がらない足で階段を上がってゴール。「行け行け~もう一人抜かせるよ~!」というガッツをもらったけど、とりあえず1人なんとか抜いたものの全然かっこ良く駆け上がれなかったなぁ(笑)

みんな最後にゲッソリする階段。

みんな最後にゲッソリする階段。

実は、スタート時にSUNTOのスタートボタンを押し忘れて数分後に押し、ゴールした後は毎度のことながらストップを押し忘れて自分のタイムがわからない!!リザルトの紙もなかったので、なんとなくのほんのり反省と、だけど得たものもあった満足感で終えました。

ちゃんと集合写真撮りました!(笑)

ちゃんと集合写真撮りました!(笑)

この日のみたけ山は最高にいい天気でした。

この日のみたけ山は最高にいい天気でした。

そんなわけで、自分のタイムを確認すべく夜にHPのリザルトを見たところ、1:45くらいだと思っていたら、10分も違っていて、2時間は切れたけどすこしだけがっくり(笑)う〜ん。

やっぱりほとんど渋滞で抜かしにくいことを考えると、もうちょと前からスタートすればよかったのかな?とは思いつつ、楽しんで走ろうと思っていた目的は十分すぎるくらい果たせて、変化に富んだとっても楽しい大会でした。30km以下のレースは初めてだったけど、15kmでも結構楽しめて面白くて年内最後のレースにはちょうど良かったのかもしれません。来年も出ようかな!

さて、来週は箱根合宿。
昨年、大雨の中、初めてトレイルランニングというものに触れた合宿なのです。
雨降りませんように〜〜〜(祈)


鎌倉マイナールート?ラン

3日前に逗子・鎌倉エリアを走った筋肉痛が二日後の昨日来て、何故か今日までほんのり残ってます(笑)

そんなわけで、平日朝からベテランな3人に混ぜてもらって逗子・鎌倉エリアの山を走ってきました。速い人の練習に混じるのはまだやっぱり勇気と勢いが必要で、どうしてもペースを合わせてもらったり分岐で待ってもらったりするのは気が引けます。

だけど、とはいえ、色んな人と色んなところをたくさん走った方が上達するに決まってる。ちょっと無理していつもよりペースを上げたりしないと、走力がつかない。(速くなりたいというよりは、気持ち良く走れるようになりたいという思い)

この日は鎌倉駅集合で、エディさんとっておきの逗子や鎌倉を巡るマイナールートに連れていってもらえるということでワクワク。鎌倉はたぶん4回目くらいだけど、こんなルートは初めて!というくらい面白い
。標識もないし分岐も多いし、知ってる人と来ないと完全に迷いそう。『えっ、ここ?!』という登山口や道を走ります。静かで、人が少なくて、変化に富んでいて気持ちいい。ルート開拓も新しい楽しみ方ですね!

途中でわたしの変な走り方を指摘してもらったり、速いスピードにぜェぜェ言いながら必死で着いていったり、自分独りの練習ではぜったいにない感じがすごく楽しめました。

天園の茶屋でごはんを食べていたら結構長居してしまい、その割りには食べたものが消化できなくて、なんとなく胃がきもちわるい。お兄さん方は、宴会後も元気に飛ばして走っててさすがベテランの胃腸の強さを見せつけられました(笑)

そんなわけで、吐きそうな私は北鎌倉で終了。
紅葉はもうほぼ終わっていたけど、気持ち良く走れた練習でした。またマイナールート行ってみたいな〜!

20131207-165022.jpg

ちょうけい靭帯の調子は良く、最近は踵がちょっと痛んだり膝の内側に違和感があるけれどだいたい良好。熊野古道のレースで足裏につくってしまった靴擦れが痛いのが唯一気になるくらいで(笑)

そして明日はみたけ山!
これで年内最後のレースなので関門引っかからないように気をながら、楽しんで参加したいと思います★


完走率100%熊野古道トレイルランニングレース

先週末は世界遺産のまち熊野市で初めて開催される大会、熊野古道トレイルランニングレース「KUMANO OLD TRAILS 2013」のミドルコース30kmを走ってきました!

世界遺産を走れるということと、観光も含めて行きたいと思ってエントリー。しかも世界遺産でトレイルランニングのレースを開催しちゃおうというガッツと地元の理解が素敵なことだと思って興味を持ちました。第一回というのもワクワクしますよね。

ただ、まぁまぁ、正直なところ、熊野古道はどこから行ってもすこぶる遠い場所(笑)移動に時間がかかるぶん、前後お休みを取って行くくらいの気合が必要です。心折れ部のメンバーは何人かが同日開催の『身延山七面山修行走』(こちらも第一回開催)の方に出るということで、初めてのひとり参戦。奥武蔵仲間のキドさんのはからいでトレイル鳥羽ちゃんのみなさんにご一緒させていただきました。

熊野古道は三重側と和歌山側に分かれていて、今回の会場は三重側。東京からは新幹線で名古屋まで行き、そこから特急に乗り換えてどんぶらこ。約6時間〜7時間かけて向かいます。私は乗り継ぎが悪くて名古屋からなんと4時間半のワンマン運転の鈍行列車!熊野市駅に着いた頃にはすっかり真っ暗。前日は熊野市駅近くの民宿ハタイに泊まりました。

image

みなさんにご挨拶して晩ごはん。すでに旅行気分で忘年会風。海の幸がとにかく美味しい!

翌朝、朝日を見つつ、車に乗せて頂いて会場へ。

IMG_0556

熊野古道は海も近い。海も山もあるなんて贅沢。

熊野市駅から会場までは山を越えて車で約40分。いやはや、すごいとこだな。とにかく寒い寒い寒い寒い・・・。ダウンを着ていないと寒い。

IMG_0551

この写真は晴れてますが、朝は霧で不安になるほど真っ白!晴れるのか不安でしたが、たいてい朝は靄がかかっていることが普通なのだそう。

IMG_0546

マークが今風!八咫烏(やたがらす)ですね。日本サッカー協会JFAのマークでも見慣れた八咫烏は、熊野の大神のお仕えらしい。そうだったのか!

会場には特に協賛ブースはなく、ステージもちょっとした段差に上がって話す感じで、かなりこぢんまり。そしてスタート地点はなんと民家の間!(笑)道の横には地元の方々がニコニコしながら「がんばってね~」と声をかけてくれます。

IMG_0548

会場から少し離れたところにスタート/ゴール地点。フラッグを民家の冊子にくくりつけてる(笑)

image

鳥羽のみなさん。ギュウギュウ。

参加者が600名弱?とはいえ、かなり縦長に並ぶことになったので、スタートの合図がわからなかったけれど、ぞろぞろと歩き始めます。民家の間を抜けて大きな橋に出たところから周りの参加者が急にどんどんスピードを上げて、全体的にキロ5分くらいのペースでロードを走ります。なぜ?(笑)

IMG_0549

鳥羽ちゃんのみなさんと走る。男性メンバーについて行かねば!と最初のロードはがんばりました。

そこからのコースは、田んぼの間を抜けて田舎道のロードを数km走り、最初のトレイルに入ります。ここで少し渋滞。でも参加者が少ないだけあってさほど長く続くことなくすぐに解消。来年以降参加者が1000人超えるとちょっと長い渋滞になるかも。

トレイルの合間で時々集落があり、おじいちゃんおばあちゃんが玄関先で一人一人に声をかけて応援してくれます。全体を通してトレイルとロードの割合は半分半分くらいかな?というくらいロードが多いけれど、要所要所に立っている係員の方が作業着を着たおじいちゃんやカッポウ着を着たおばあちゃんで、とっても優しくて心が温まります。

IMG_0557

棚田が綺麗!その横の急な階段はキツかったけど(笑)

写真はないけれど、エイドは2つ。バナナやみかん、ポテトチップスのほかに茶がゆやお味噌汁もふるまわれていました。私は、終始走れるコースすぎて、食べると胃がおかしくなりそうだと思ってエイドはほぼスルーでした。

ひとつめの山がちょっといじわるな上り。標高約700m地点まで登るのですが、これがトレイルではなくアスファルトと砂利の坂道を延々登らされるのです。長い。とにかく長い。そして長い。本当に長い。全部走るなんていう気合は途中で折れて、ちょびっと早歩きそしてまた走りの繰り返し。ここでもうちょい頑張れていたら4時間切っていたのに(悔)。その坂道が終わった途端に標高200mくらいをガガガッと上がる急登。

image

そしてここがこのレースの最高地点。(特になにもない)

最高地点を過ぎてからの下りは本当に最高!めちゃくちゃ最高!とにかくふっかふかで、高級羽毛布団レベルでふかふかで、なかなかの激下りだけどたまにズルズルスライドしながらスピードに乗って降りていくのが超楽しい。前後にいた参加者3~4人とキャーキャー言いながら走りました(笑)

IMG_0558

時折見える景色がまた、日本でないような美しさ。

ひたすら下って下って、走れすぎて止まれないフラットなシングルトラック、それからトロッコの線路をまたいだり、なぜか民家のビニールハウスの間がコースだったりという可笑しな道なんかも経て河原へ。(第二エイド前)

こぶし大くらいの石がゴロゴロしてて、走ったら捻挫連発の謎の河原。あまりに走れない微妙な場所で、周りの人もさすがにみんなブーブー言ってました。笑

こぶし大くらいの石がゴロゴロしてて、走ったら捻挫を連発しそうな謎の河原。あまりに走れない微妙な場所で、周りの人もさすがにみんな「上のロードをそのままでいいんじゃね?」とブーブー言ってました。笑

第2エイドまでついたらもう30kmのうち残りたった3~4km。最後にひとつ山を越えるところがあって、走れるコースだけにあんまり足が残ってなかったりしたけれど、苔むしたトレイルはやっとなんだかいわゆる熊野古道っぽい雰囲気。

IMG_0559

全体的に山の中はちょっと湿っぽくて滑りやすい。

淡々と登りきったらあとはとにかくがんがん下るだけ!大半がアスファルトの車道であと 少しのトレイル。そして次第に声が聞こえてきたら民家の間をすり抜けてゴール!

IMG_0550

MMAのグラフィックTシャツを着て走りました!(見えなくてすいません)

結果、4時間10分。女子ミドル(30km)113人中29位でした。
4時間10分とか言われると4時間切りたかったなぁなんていう欲が出るけど、自分の中ではスリーピークス、キタタン、信越に続いて4回目の大会で、一番気持ちよく走れて終始楽しいレースでした!順位も半分よりも上でなんだか嬉しい。これからもっとがんばろう~♪と思えるいい区切りになりました。

トレイルランニングを始めて1年弱、早々に怪我と故障を重ねたことで足の痛みに悩まされて、痛みを我慢して走るか、痛みが出ないようにセーブして走るかのどちらかでした。常に不安が一緒であまり楽しむ余裕もなく。だけど一生懸命鍼に通って、ちまちまとひとりで山に行ったり、知らない人の中に飛び込んで練習に行ってみたり。たくさんは練習できなかったけど、苦しいときの楽しみ方を色んな人が教えてくれたという感じです。

まだ今週末の「みたけ山トレイルラン」がありますが、来年色んな大会に出られることが楽しみになってきた!初めて山を走ったちょうど1年前のあの高揚感をやっとまた思い出せました。

完走率100%。
会場や運営は少々不安なところもあったけれど、その数字がこの大会の温かさと素晴らしさを物語ってる気がします。また来たいな。
(遠いけど。笑)

※一部の写真は一緒に行ったトレイル鳥羽ちゃんの野田さんから許可を得て拝借しました。綺麗!