ランボー大学 UTMF/UTY学科を受講

2月16日(日)、朝7時に起きて、みなさんお馴染みの トレイル&ランニング専門店 Run boys! Run girls!さん主催のランボー大学レース学部 UTMF/STY学科を受講(参加)してまいりました。
IMG_2810
今年、はじめてSTYに出る権利を得たので、もう今からハラハラドキドキ。
今回のランボー大学は、2013年に実際にUTMF、STYを完走した様々なレベルの一般ランナーの方々の話を聞けるというもの。プロの方の話は刺激になるし、練習法や色んなコツを耳にしますが、結局のところ私のような大会の度「制限時間」を気にしているギリギリ走力のランナーにとっては、比較的身近な方の話がとっても気になるわけです。

この日、みなさんが共通しておっしゃっていたのは、「人によって違う。自分にあった方法を見つけること。」ということ。

ウエアにしても、そのほかの装備にしても、補給にしても、レース展開で気を付けることにしても、ずっと速いスピードで走り続けられる人と、歩いたり走ったり止まって休んだりする人では全く違う。自分を知って、自分のより良い方法を見つけるべきなのだと改めて感じました。

<以下、特に気になった話>
————————————————————————–
◎ロングレースでは必ず聞く『下りで足を使い果たさない』
(たしかにへなちょこランナーの私が調子に乗ると確実に後々痛い目をみる!笑)
◎『すばしりの後の三国が・・・』と、“杓子”に加えて“三国がキツイ”、という話題が頻出
◎ジェルやアミノ酸はエイド間で摂る数を決めて、それぞれをジップロックでまとめる。万が一残っても次のジップロックと取り換えることで補給ミスを防ぐ。
◎気持ち悪くなった時でも自分はこれなら食べられるというものを用意する
(コンビニのウィダーゼリー、おかゆ、冷たいスープ、ぺヤングなど意見は色々)
◎腹巻を着る、お湯を飲む、など胃の対策には“内臓を温める”という意見多数
◎とくに腹巻は、レベル関係なく予備で持っているという人も多かった
◎ロキソニンは血圧が下がるので登りの前で飲まない方がいい
◎エイドでやることは事前に紙などに書いておかないと、当日になると頭が働かない。
(これはUTMF完走者の話。STYでそこまで必要かどうかはわからないけれど)
◎とにかく身体を冷やさないように、Tシャツや靴下(場合によっては靴)の替えを用意しておく
◎昨年の4/27杓子山の推定最低気温はAM1:00で-2.2℃・・・!
◎レインウエアは、大会前に必ず専用の洗剤で洗うなど、防水機能を万全にしておかないと意味がない
◎スピーカーの全員、サポートがついていた
◎しかし、サポートに甘えすぎるとエイドで休みすぎてしまうので注意
————————————————————————–

特に、胃をあたためたことで、気持ち悪さからなんとか復活したという話は、去年信越で気持ち悪くなってハンガーノックになった私には学ぶべき情報!さらに、「補給計画はエイドごと、すべてまとめておく」という技。どこへ行っても“計画的に補給すること”という話は聞きますが、とにかく一歩でも前に進むことに必死な私にとって(笑)、補給のことを考える余裕などなさそうなので、判断能力が低い中でも半強制的に摂れる状況を用意しておくというのはナルホド!と感じた点でした。

あとはやはり、ウエアリングはとにかく、体質や走力レベルに大きく関わるもの。
寒がり、汗っかき、ゆっくりペース。当日までに色々レイヤーを試したりしつつ、より良い状態を探してみたいと思います。レインウエアの防水機能についても、確かにあんまりみなさんやっていなさそうで大事なポイントですね。

1日で男女色んなレベルの方の話がいっきに聞けてとってもためになりました。
みなさんのエピソードやリアルな体験談を聞いて、なんとなく少し、自分が走るイメージが沸いた気がします。

まぁ、とにもかくにも、一番には練習ですね!(笑)


Weekend Back to Back

ずいぶんご無沙汰になってしまいました。

年明けから、厳冬期の赤岳に行ったり(エディさん釘島さんのBlog参照。笑)、こっそり独りで初ハーフマラソンに出てみたり、大阪城の周りを走ったりしていました。ぼちぼち、週に1~2回というゆっくりペースで練習をしてきたのですが、2月15日(土)に迫る大会に向けて、先週末にBack to Backトレーニングをしてみました。

Back to Backトレーニングは、昨年の信越前に仕事が忙しくて山練に行けないと嘆いていたら、「週末2日間かけてある程度の長い距離を走って負荷高めたトレーニングをするといいよ」と教わったものです。敢えて1日目の疲労を残したまま、翌日も長距離を走る。レースを想定して疲れ切ったまま走るというのです。普通(?)にはなんだか考えがたい練習ですが(笑)、ウルトラレースやトレイルのロングを走る人の中では比較的知られた方法のようです。

1日目:三浦半島縦断トレイルラン試走(約32km)衣笠to十二所
迷う迷うと皆が口を揃える三浦の大会。タイムというよりゆっくり完走しようと思っているものの、さすがに初めての参加で不安なので、仲間に教えてもらいながらの試走会に行ってきました。大会2週間前ということもあって、試走の人がいっぱいでした。(公式の試走会も開催されていたそうですが出会わず。) ところどころで道を確認ながらの練習とはいえ、速い方々ばかりだった上に、交互でビュンビュン先を行く登り番長と下り番長についていくのが精一杯で、終始息が上がったまま(笑)
ちょっと背伸びしてペースの速い人と練習するのはキツイけど、やっぱり追い込めてやりがいがあります。だけど途中で数週間前から違和感のあったふくらはぎが張って、チョウケイも「無理すんな~」と呼びかけてくるもんで、みんなを見送って十二所までで離脱しました。どうやら十二所以降が相当な“秘境”だったらしく、それは本番のおたのしみになりました。
image

2日目:ランガール 30km走 練習会
朝から駒沢公園集合で、ランガールの練習会。初めて参加してみました!総勢50人?60人?すごい人数です。み、みんなカラフル~。ピンク、パープル、ブルー、柄タイツ、柄パンツ、サインバイザー、キラキラキラキラ~!すご~い。私なんて、な~んにも考えずに茶色のTシャツにグレーのウィンブレ、グレーのランパンっていう恐ろしく地味カラーで参加(笑)
image
この練習会は、ランニングクラブのコーチがペーサーについてくださって、飲み物や食べ物までばっちり用意されているエイド付きの30km走。ペーサー付きとはいえ、周回コースの駒沢公園なので、自分のペースで休憩したりペースの上げ下げや休憩も自由。とにかくみんなで走って30kmを目指そうというもの。4分半~5分半/キロ、5分半~6分/キロ、7分以降の3組に分かれてスタート。前日に30キロ以上走っていた上に足がやや不安だったので、途中で止める覚悟で7分以降のチームで参加しました。

前日はあんなに暖かかったのに、日曜日はずいぶん寒い。走ると汗をかくし、だけどちょっと補給のタイミングで止まると寒い。3周目くらいで早々にお腹が冷えてトイレに行くと、皆のペースから外れてしまって、結局ほぼひとりでグルグル走ることに。7分~8分の超ゆっくりペースで走るなんて久々だけど、これがかなりしんどい。いつも使う筋肉と違うからか、走る時間自体が長いからか、妙にずっしりとした重みを感じつつ、淡々とマイペースに走る走る。ちょうど3時間半くらいのところで30km達成。あー、ぐったり。

ちょうど京都マラソンと東京マラソンを控えている駅伝部の仲間も参加していて、久々にみんなに会えて楽しい練習でした。やっぱりBack to Back2日目は仲間と一緒に限るな・・・。
image

週末に60km超。普段あまり走っていないのに60kmも走ったもんだから、当たり前ながら少し足に疲労がたまってしまい、急きょ鍼に行って、3日後にやっとすっきり。また少しずつ練習できそうです。ちょっと無理しちゃったことには反省しつつも、いいトレーニングができました。本来なら普段からもう少し走っている上での長距離練習ですよね。う~ん、寒くて練習はかどらないなぁ。今週は全国的に雪が降ったりして、近所を走りにくいですね。自宅の裏が雪山のようになっていました。あ~早くあったかくならないかな!