底抜けのポジティブシンキングで東京マラソンへ

ここ数日間、過去経験したことのない、仕事のプレゼンテーションとも、トレイルのレースとも違う、何とも言えないドキドキモヤモヤした緊張感につつまれていました。

いよいよ、あした。
そうです、もはや奇跡とも言える東京マラソンに6年越しで当選し、走れることになりました。

がしかし、もう一生当たらないかもしれないという機会に、これまた過去経験したことのないようなタイプの故障を直前になってやらかしました。原因は不明。主には足底筋膜炎のような症状ですが、それに加え拇指球のあたりと足の側面の骨がゴリゴリと音を立てています。歩いていてもつらいそのあまりの痛さに驚いて、駆け込みで鍼治療。あとは安静で2週間ほど過ごしました。

2015_ 2_20_ 1_32.jpg

ちなみに、フルマラソンは人生2回目で、初めてのフルマラソンの時は2ヶ月前に足首の靭帯断裂で松葉杖とギブスになってしまい、1ヶ月半でなんとか間に合わせて参加しました。
「なんで、こうなるかなぁ~。」
「去年いっぱい山走っても故障なんてほとんどなかったのになぁ。」
「ロードやっぱ向いてないわ~。」
「ロードのレースに出るってなると、“いっつも” こうなんだからぁ。」

******

突然関係ない話をするようですが、Murphy’s Lowってご存知ですか?
マーフィーの法則といえば、インターネット関係の方は特にご存じかもしれません。

  • USB端子を差そうとするといつも逆に入れてしまってイラッ
  • 大事な日に限って雨が降る(わたしはぜったい雨女だ)
  • スーパーのレジで自分の並んだ列が他の列よりもなんかいつも遅い
  • 電車で自分の前の席だけたいてい空かなくて座れない

いわゆる、「あるある」 ですね。世の中って不条理~!


マーフィーの法則(マーフィーのほうそく、英: Murphy’s law)とは、「失敗する余地(可能性)があるなら、失敗する」「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する」をはじめとする、先達の経験から生じた数々のユーモラスでしかも哀愁に富む経験則をまとめたものである。(wikipediaより)


「起こる可能性のあることは、いつか実際に起こる。」「うまく行かなくなり得るものは何でも、うまく行かなくなる。」「何事であれ失敗する可能性のあるものは、いずれ失敗する。」「洗車しはじめると雨が降る。雨が降って欲しくて洗車する場合を除いて。」

果たしてそうでしょうか。
否定したいわけではありません。その逆で、私はこの理論が意外と好きです。ユーモラスに皮肉っぽく説いているだけであって、実はその逆を暗に示しているようで、真正面から真面目に戦う理論じゃないんじゃないかと思うんです。確率論よりはプラシーボ効果的な心理学の反論の方が好きですが、いずれにしても世の中別に不条理じゃない、神様がいじわるなんじゃないと考えられる方法はいくらでもあります。

例えば、傘を忘れた日に限って雨が降るというのは良くある話ですが、その時の「因果関係はなく、思い込みでしかない」とする時に説明されるのが
1.雨が降っている、かつ傘を持っている。
2.雨が降っている、かつ傘を持っていない。
3.雨が降っていない、かつ傘を持っている。
4.雨が降っていない、かつ傘を持っていない。
これらをすべて均等に記憶しているわけではないということです。傘を忘れて雨に降られてビショビショになった記憶は特に印象に残るし、2回目にあった日にゃ、あ~もう!いっつも!となるわけです。
はい、これ以上難しいことは説明できません(笑)理数系が得意な方は条件や確率の計算をできるのかもしれません。だけど、私にわかることは、「そっか、雨が降ってる日にちゃんと傘を持ってることだって多いか!あはは。」という納得感です。わたしは雨女じゃありません。大事な日に限って?雨が降る?大事な日かどうかそもそも自分次第です。そんなこと言っていたら人類皆雨女・雨男になっちゃいますね。

******

マイナスなこと、ショックなことの方が印象深いものです。前回のマラソンの時も怪我をしたままの出走でしたが、調子が悪いまま出たトレイルのレースだってあります。ロードが向いてないわけでもなく、ロードになるとすぐ故障するわけでもなく、怪我は注意散漫だっただけだし、今回はそれ相応の練習や対策をしなかったというだけですね(苦笑)さらに言えば、「失敗の可能性があれば」そう、失敗の可能性を自分で作っちゃったわけですよね。正論です。でも失敗(リタイアとか?)するなどと落ち込んではいません。今回の故障のことを知人に話していた時、「Emmaちゃんは底抜けにポジティブだね」と言われました。

「故障したんだけどね、ここがこういう風に痛くてね、いや~ロードの練習せずに山ばっか行ってるからだよね~バチ当たったわ~安静にしてるんだけどね、全然走らず治療してるから当日どうなるか・・・・4時間?5時間?6時間とかかかるかな?泣いてゴールかな?あはは」

笑って話して、楽しそうだと。この状況を面白がっているでしょ、どんだけポジティブなんだよ。と。せっかく当選したのに練習をあまりしなかったことを叱られもしましたが、だけど山に行って充実していたこの数か月を後悔などしていません。反省はしています(笑)が後悔とは別ものです。反省すべきはする。次に活かす。落ち込んでばかりいても、前には進みません。

こんな状況だから、割り切って超~のんびり走って、エイドや応援を超~楽しめばいいのだと思うんですが、それもまた、そうは行かないのがわたしの性格です。ドキドキモヤモヤ緊張感の原因はソレで、初めてのフルマラソンではないし、トレイルのレースも経験しているわけで、42.195kmなら6時間半くらいかければ完走できる自信はかなりある。でも、じゃあ、それで良いかと言われれば、今可能な限りの全力で走りたくなる。でも、そうすると途中でめちゃくちゃ足が痛くなって完全に歩いちゃうかも。走れなくなるかも。そうすると完走できない可能性がちょっとだけでてくる。さて、どうなるか・・・。不安のモヤモヤとは違う。これまで経験したことのない、妙なドキドキモヤモヤがなんだかおもしろいのです。そこそこ練習して故障がなかったら、きっとタイムのことばかり考えて別の意味で緊張して夜も眠れなかったでしょう。

******

そういえばMurphy’s lawにはもう一説あります。
おなじ「マーフィー」という名前ですが、宗教家で牧師の自己啓発的な理論を唱えるジョセフ・マーフィーという人です。個人的には自己啓発本とか幸福論とかそういうのはとっても苦手で、うさんくさっ!と思ってしまいます。実際、彼の著書のタイトル、「眠りながら成功する」「人類史上最大の発見 潜在意識の偉大なる力」といった言葉を聞くとうさんくさ!というか、いやいやそれができたらみんなオリンピックだわとか思うわけですが、中にはいいこと言うなぁと思う言葉もあります。(上から目線ですいません。笑)

  • いまのあなたの思考と行動が、未来のあなたをつくります。
  • 起こったことをすべて受け入れてしまいなさい。それも、よいこととして受け入れなさい。それが成功への第一歩です。
  • 良い想像は自らの気分を快活にし、積極的な態度をつくります
  • よいとか悪いとかいうものはこの世にありません。すべては考え方次しだいでそうなるのです。
  • 失敗がいくつも見つかったら成功は近いと思いなさい。
  • 失敗への恐怖は成功の足を引っぱる最大のものです。それは根拠のない恐怖にすぎません。そして失敗への恐怖感を抱く人は、実をいえば失敗することを望んでいるのです。

失敗することを望んでいるかは別として、失敗への不安や恐怖感というネガティブシンキングが辛い気持ちや失敗を招いてしまっているというのは一理あるかもしれません。色々反省や心配はあるけれど、ものは考えようです。自分の見方次第で良い結果と記憶にできる。底抜けのポジティブシンキングで楽しむことで、きっと自分にとって最高な思い出のレースになると思っています。

出走されるみなさま、素敵な時間を!

2015_ 2_20_ 1_31.jpg


東京マラソン2015のランナー的見どころ?

東京マラソンについて、もうひとつ。
私がランナーとして、とっても興味があることがあります。

楽しみ、見どころ、というと語弊があるというか不謹慎とか言われてしまうかもしれません。ひやかしたいわけでもなんでもなく、新しい取り組みが気になっています。

それは、国内初、もちろん過去の東京マラソンの歴史でも初めての試み、
【ランニングポリス】
です。
ちょっとネーミングが気になりますが(笑)、とっても興味のある取り組みです。

東京マラソンのコースを走りながら警備にあたる警視庁の「ランニングポリス」。ランニングポリスは、警視庁の駅伝チームを中心に選抜されたそうで(駅伝チームがあったのか~!)、なかには全国高校駅伝大会や箱根駅伝の経験者も含まれているのだとか。女性も4名。

短パンにTシャツ姿で、白地に赤字で「POLICE 警視庁」と書かれたベスト(ビブ)やランニングキャップを身に着けていてとっても目立ちます。64人が8つのチームに分かれ、5分おきにスタート。不審者などを警戒しつつ二人一組で約10キロごとに走り、次のチームにバトンタッチするリレーや駅伝的な形式。

催涙スプレーや特殊警棒を携帯、だそうですが、腰に「警視庁」と書いた小さなウエストバッグをしているだけなので、きっとその中にコンパクトに収まっているのでしょう。帽子には小型カメラを装着していて、リアルタイムで警視庁本部に映像や画像が送られるのだとか。写真を見るとそのバッテリー?みたいなものを二の腕に付けています。

ウエアはおそらく全身asics。ウエストポーチやキャップ、ビブにもasicsのロゴ。以前発表されていた事前のトレーニング風景ではTシャツ短パンにビブのスタイルでしたが、寒さ対策か今日の直前のニュースでは一部の方(女性だけかな?)がタイツやUNDER ARMOURの長袖をベースに着用していました。
(WEBニュースの写真やテレビの報道から)

主に「テロ対策として」という部分が報道されていますが、きっともっともっとたくさんの良い部分があると思います。ランナーと一緒に走りながら警戒にあたる。TVのニュースで「ランナー目線で」と言っていて、参加者としてなんだかとても嬉しくなりました。また、ランナー目線かつ警察官の方の目線で、「走りながら」大会を見る映像や画像の記録はきっと大事なデータになるんじゃないかなと思います。共にコースを “走っている” 警察官のみなさんに勇気づけられるランナーも多いでしょう。

選手の方も応援の方もその姿に注目してみてみてはいかがでしょうか。
東京マラソンは国内で最も大規模な大会。多くのスタッフ、ボランティア、救助や警備、応援、数えきれないほどの人がいてこその大会。その感謝の気持ちも忘れず、楽しみます。

参考:東京マラソン、あす開催 「ランニングポリス」がコース事前点検
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00286832.html
(動画ニュース)


やること100のリスト

今日は数年前からはじめた自分ルール、正月に決める【やること100】を紹介しようと思います。

目標ではありません。公約でもありません。願いでもないし、“やりたいこと”でもない。やること、です。死ぬまでにやりたいこと100とも違い、将来設計とも違い、今年、やること、の100個です。意外と同じようなことをやっている人がいるのだと最近になって知りましたが、特に何か見本にしたものや参考にしたものはありません。

社会人になって覚えたTO DOという言葉。
結構好きです。新卒の頃からの自己流ですが、仕事でTO DOノートというのを作っていて、1日の終わりに見開き右ページに翌日の新しいTO DOを書いて、やり残したことは翌日も引き継ぎ次のページに書く。やり終えたものは、わかりやすく線を引く。これを毎日繰り返し、1ヶ月たってもやらない、できない項目には「やらなくていいこと」なのではないかという見直しをするという仕事方法です。このTODOリストを作りつつ、数年前に急に思い立って【やること100】をはじめました。

TO DOリストというビジネスマンが使うワードは、(忘れずに)すべきことの一覧という意味合いが強いように思います。仕事では、よく言われる優先すべきは、クオリティと効率のバランス。だいたい忙しさに追われて、やろうやろうと思っていてもずっとやれていないこと、はやらなくていいのではないかという「捨てる」、もしくは「別の手段に見直す」ことも重要だと学んできました。

プライベートに置き換えてみると、そうとは限らないというのが勝手なわたしの持論です(笑)例えば、引っ越して以来、カーテンを買い替えずに丈詰めをしようしようと思いながらせずままに過ごしているとか(わたしだけ?笑)、一度ぜんぶ布団を買い替えようと思いつつ一人暮らしを始めた学生の時に実家から持ってきた毛布や羽毛布団を使い続けているとか。あとは、ちょこちょこたまにやるヨガにちゃんと通ってみたいとか、いつか上等な包丁を買い揃えたいとか。そういう些細なことだけれど、やろうやろうと思っていてできていないことが、たくさんあるんです。

それから、そんなしょーもないこととは別で、ふんわりと持っている「夢」みたいなものの中からやること100に入れることもあります。俳優のだれだれさんと結婚できたらなぁとかいう憧れとか妄想みたいなそういうことではなく(笑)、本当は手が届くすぐそこにあって自分の行動次第で掴めるのに、勇気が沸かなくて、「夢」だと言ってしまっているもののことです。一歩踏み出すこと、現状を変えることにびびって『いつかできたらいいと思ってるんだよねぇ』とつい言ってしまうようなこと。

それらをできるだけ定量的に、もしくは具体的な形でリスト化します。
しょーもないことからおっきいことまで、たくさんあるはずなのに100個挙げるのは意外と大変です。正月と言いつつ、だらだら考えていると1月いっぱいまでかかったりします。やること100のいいところは、改めて列挙してそれを常に見ながら実現していくということはもちろん、100個挙げようとする時に、わすれていた大事なことを思い出す、目をそらして自分に後ろめたかったことに向き合う、些細なこととぜったい成し遂げたいことの優先順位が見えてくることなど、自分の気持ちと向き合えることです。それを、1年のはじめに行うことで、去年の自分から今年の自分へ、変わるような気がするのです。

今年は、初めて、100じゃ足りないくらいどんどんやることが湧いてきました。考える間もなく湧いてきました。それは、去年出来ずに悔やんだことが多かったのもあるし、やることがたくさんあって幸せだということでもあると思います。

去年は、OMM RACEをきっかけに、一生懸命考えては走る、走ってみては考える「読図」がすごく面白くて夢中になりました。きっと、脳みそと身体フル回転!!というのが好きで、性に合ってるのだと思います(笑)今年も絶賛人生迷走中ですが、迷いながらも自分のコンパスや地図を駆使しつつ、100のやることを1つ1つ実現して、一歩も二歩も先に進んでいきたいと思います。

あっという間の1月が終わり2月になりましたが、【やること100】けっこうおもしろくて、消し込んでいく度に爽快で、おすすめです。


トモダチ親子 大菩薩嶺2DAYS(秋)

2014年11月22日(土)~11月23日(日)ちょい積雪期
大菩薩嶺 縦走&日の出HIKE

昨年秋に、母を関西から呼び出して(笑)、一緒に1泊2日でMountain Tripに行ってきました。奥秩父エリアの山、大菩薩嶺は都心からアクセスも良く、比較的登りやすい2000m級の山。(2,056m/山梨県)。今はもうすっかり雪深く真っ白だけれど、ぎりぎり雪が積もる前の秋の週末に、高山初心者でも記憶に残る絶景が見られる山として選んだのがここ。

幼い頃はよく黒姫山の麓のペンションに泊まって家族で山登りしていたらしいけど、それも小学校低学年くらいまで。最近母もトレッキングを再開して、ちょくちょく絶景写真が携帯に送られてくる。わたしも大会の写真を送ったりして、山に熱中するわたしのいちばんの理解者なのです。そんな母と一緒に山に行きたくて、自宅から電車でアクセスできる百名山、大菩薩嶺に行ってきました。

=DAY 1=

2014_11_24_10_25.jpg
甲斐大和駅到着
電車がホームに着いて扉が開いた途端に登山客が走り出す。それを見て咄嗟に「あ、バスに座れなくなるんだ」と理解。改札を出て左側のバス乗り場まで小走りで向かい、なんとか小さなバスの補助席に座れました。バスに揺られること約50分。上日川峠バス停に到着。

2014_11_24_12_32.jpg
2014_11_24_10_26.jpg
目の前にはロッジ長兵衛。バス停の目の前だなんて便利!今日はここへ泊まるため、いらない荷物を置かせてもらいます。登山口もバス停の目の前、近くに公衆トイレもあって便利な場所です。(マイカー用の駐車場は大混雑でした)

2014_11_24_10_28.jpg
上日川峠登山口からスタート。

2014_11_24_12_18.jpg
ゆるやかな樹林帯を登り、福ちゃん荘へ。

朝は身体が重いなんて言いつつも軽快な母。福ちゃん荘から大菩薩嶺を目指すルートは2つ、ちょうど分岐があります。唐松尾根か大菩薩峠経由のルート。ほとんどの人は唐松尾根ではなく、大菩薩峠から大菩薩嶺を経由するらしい。走りたいならそっちが良さそう。この日は、大菩薩嶺~大菩薩峠~小金沢山(標高2014m)へのぐるっと縦走をしたくて唐松尾根へ。

これがなかなかの登りで、下ってくる人には次次会うけれど、登りは私たち以外に1組のみでした。色んな話をしながら、けらけら笑いつつ、たまに私なりに省エネな登り方をレクチャーしてみたり。母と私は背格好が似ていて、服装もわりと似ているし、笑い顔も似ているらしく、一緒に買い物をしたりしていると 『 “ トモダチ親子 ” ですね』なんて言われたりする。この日も偶然、同じようなパープルのアウター。何気なく貸した青のニットが、母が持ってきた青の短パンにまるでコーディネートしたようにばっちり合っていたりなんかして。そのハットも同じようなの持ってるわ・・・(笑)

2014_11_24_10_28.jpg
2014_11_24_12_18 (1).jpg
雷岩着(標高2000m付近)
このあたりでは一番眺めのいい場所。

2014_11_24_12_19.jpg
朝だからまだうっすら雲海。遠くに見えるのは南アルプスかな?

2014_11_24_12_18 (2).jpg
富士山も綺麗。

雷岩から雪の出てきた樹林帯を通って山頂へ。
2014_11_24_12_21.jpg
2014_11_24_12_22.jpg
山頂は景観がありません。ピークハントして雷岩に戻り、お次は大菩薩峠へ。大菩薩嶺(~雷岩)から大菩薩峠へ向かう稜線は最高。

2014_11_24_10_26.jpg
これから向かう山々とその稜線トレイルが見えて、しかも右側には常に富士山が見える。この日は私よりずっとずっと晴れ女パワー全開の母のおかげで曇り予報はどこへやら、まぶしいほどの青空。

2014_11_24_12_23.jpg
2014_11_24_10_26.jpg
神部岩の切れた(風に見える)岩は撮影スポット

この季節だからか、数日前に積雪があったからか、日中の暖かさで溶けた霜がべちゃべちゃで足元はどろんこ。ニットのレッグウォーマーを履いていた山ガールが多かったけど、きっと泥だらけで災難ですね・・・。日中は温かくてTシャツ+アームウォーマー+稜線はサラッとした長袖一枚で充分でした。
2014_11_24_10_27.jpg
賽の河原から大菩薩峠へ向かうところで少し雪。そろそろ雪が降り始め、日中には溶けるけれど日陰には残るようになるのだとか。一応チェーンスパイク持参です。

2014_11_24_12_26.jpg
大菩薩峠(標高1897m)介山荘着

体力的に厳しければここで下山しようと思っていたけれど母はまるで元気。そんなわけで、このあたりで座ってお昼ごはん。ちょっと風はあるけど景色は抜群です。
2014_11_24_12_27.jpg
ごはんを戻す時に乾燥コーンを一緒に入れると美味しくてオススメ。お湯を入れた後は保温ケースに入れると寒い日も少し早めにもどります。

2014_11_24_10_27.jpg
チキンベジカレー/コーンライス 半熟ゆでたまごのせ
わたしの作った山ごはんをペロリと完食してくれました。母に私が料理を作るなんて、ちょっとこっぱずかしい。いつも山登りの時におにぎりがあまり食べられないと言っていたので、それは補給が少なくて突然お昼に食べるからじゃないか、ということで朝からすこしずつチョコやミックスナッツを口にしながら水分補給も心がけたら常に食欲たっぷりでした(笑)解決したね。

2014_11_24_12_28.jpg
お次は大菩薩峠から熊沢山へ。

2014_11_24_12_29.jpg
影になっているここは雪がたくさん残っていて、ところどころ滑ります。まだ軽アイゼンを装着するほどではないけれど、秋は携行した方が安心かもしれないですね。恐る恐る登る母。

2014_11_24_12_29 (1).jpg
2014_11_24_12_29 (2).jpg
熊沢山を抜けると急にこの景色!石丸峠です。この眺め最高。どろんこになった下りで足を滑らせながら、峠の分岐を越えて天狗棚山へ。

2014_11_24_10_26.jpg
思いがけなくスノーハイクも味わえました。OMMのバックパックにストックはBlack Diamondのウルトラディスタンスというトレイルランナー的装備の60歳。(ニットは母も好きなブランドficture) OMM Classic32の背負い心地がすっかり気に入ったらしく、後日Run boys! Run girls! で買って送りました。走らなくても背負いやすさや安定感は大事だもんね。シニアこそ、【軽さ】が味方になるのかもしれない、なんて思ったり。

2014_11_24_12_15.jpg2014_11_24_10_26.jpg
小金沢山への縦走はせず、天狗棚山までで終了。大菩薩湖が夕日に照らされて綺麗。大菩薩嶺や峠とはまた一味違ったこのあたりの景色も素敵で、縦走した方が満足感が大きいですね。石丸峠まで戻り、そこからロッジ長兵衛へ下山開始。

2014_11_24_10_27.jpg
2014_11_24_12_31.jpg
下山路も素敵な景色で、笹の間を歩いたり、トンネルを潜って渡渉をしたりして、1時間半ほどでロッジに到着しました。1日目の距離は11km。よく歩きました。ロッジ長兵衛はとても清潔・きれいな宿で、お風呂もあって、ごはんもすごく美味しくて(もちろんお酒もあって)、宿の方もとても優しくて居心地のいい場所でした。色々と希望も聞いてくださって、母を連れての初めての山泊にも安心でした。積雪期にまた行きたいと思います。(夏に雲取山からの長い縦走も楽しそう!)

=DAY 2=
4:00 起床 /4:40 小屋出発

お湯を沸かして保温ボトルに紅茶を淹れて、暗い中をヘッドライトを点けて出発。もちろんだけど、ナイトハイクなんて初めての母。稜線歩きに岩場にスノーハイクにナイトハイク。あれこれ詰め込みすぎかな?(笑)でもきっと同年代のトレッキングではやらないようなことを、私と一緒だからこそできるなら嬉しい。

昨日と同じ、福ちゃん荘から唐松尾根。2日連続で同じ道はつまらないかなぁと思っていたけれど 「昨日と同じだからこそ暗いと雰囲気が全然違っておもしろいね」 と言ってくれる。途中で鹿に遭ったりしつつ、とにかく日の出に間に合いたい一心で、ほぼ休憩なしノンストップ。無心で頑張る感じ、苦しくてもそれを楽しむ感じ、母の遺伝だったか、とその背中を見て思う。2014_11_24_10_27.jpg
ハードな唐松尾根を敢えて選んで良かったと思うのは、飽きない変化の多い道だということと、途中から星と街の夜景、富士山の影を望めること。徐々に染まる富士を見られれば、最後の急登も頑張れる。

2014_11_24_10_27.jpg
朝っぱらから起き抜けにコースタイム90%くらいで進む60歳すごいわ。自慢のおかんだわ。

無事、神部岩に到着。
大菩薩周辺では、東側がばっちり見える場所。日の出スポットだと宿の人から前夜に聞いておいたその通りで、雲の間から徐々に真っ赤な太陽が顔を出す。
2014_11_24_10_27.jpg
2014_11_24_10_27.jpg
何度見ても日が昇るその瞬間は感動するものです。

2014_11_24_12_45.jpg
振り向けば富士山。

2014_11_24_10_27.jpg
気温はおそらく0度前後。風が冷たくてお湯を沸かして甘酒を飲む。私と母以外にたった2人の贅沢な日の出鑑賞でした。おふたりともソロで、1人は学生時代に70kmくらい歩いたことがある、もう1人はこの夏は穂高に行っていた、などと山行話に花が咲きました。

2014_11_24_10_28.jpg
写真を撮りあいっこ。

日の出を見終えて、大菩薩峠へ。2014_11_24_10_28.jpg
連れ回してる私が言うことじゃないけど、若いよなー(笑)

2014_11_24_10_28.jpg
さすがに稜線は冷え込んで、こんな状態に。
なんかのキャラみたいになってるよ〜おかあさん!大菩薩峠からは迷わず福ちゃん荘への下山道へ。ロッジの人に朝も唐松尾根から登ったと言ったら「えー!またそっち行ったの!すごいね」と言われた意味がやっとわかりました。大菩薩峠から福ちゃん荘までの道は、かなりきれいに舗装?されていて、登山道というかまるで林道。犬を連れてお散歩してる方もいました。そりゃみんなこっち登るわ。

2014_11_24_10_28.jpg
福ちゃん荘手前でぶらんこ発見。

2014_11_24_10_26.jpg
あっという間に下りてきて、もう終わりなのがちょっぴりさみしい。最後にはなぜか小走りになる母。走らなくてもいいよ(笑)でも軽快なステップは踊っているようで、音楽好きの母らしくて、楽しそうで、来てよかった~と嬉しくなりました。

ロッジに戻って荷物をまとめ、9:00のバスに乗り、そのまま東京駅まで。しょっちゅう周りから「アクティブだねー。」と言われるわたし流タイムラインでスケジュールを組んでしまったからきっと疲れたはず(笑)でもぎゅっと濃縮された充実の時間になりました。オトナのくせにいつまでたってもでっかいコドモみたいなわたしに、友達のように接してくれたり、心身参ってる時には新幹線に乗ってたった1時間でも話をしに駆けつけてくれたりする。
「おかあさんはえまちゃん応援団やで」

2014_11_24_12_43.jpg
そんな優しい母にたいした親孝行もできないけど、もっと一緒にいろんな時間を共にしたいね。