南アルプスの“南”へ(南アルプス縦走 前篇)

すっかり虜になった。

ここのところ、なにかにつけてこの3日間のことを思い出しては、また会いたい、はやくまた行きたいとそんなことばかり考えている。それは、7月末に行ってきた南アルプスの話。

これまで南アルプスは、鳳凰三山に始まり、甲斐駒ケ岳、仙丈ヶ岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳ともっとも人の多い北部の山々を登ってきた。北アルプスも雄大だけれど、南アルプスの雰囲気もスキ、そんな風に想っていたけれど、いまやそれは南アルプスの魅力のほんの一部にしか過ぎなかったような気さえしている。

南アルプスの南部はとにかくアクセスがわるい。塩見岳への登山口『鳥倉』に行くには、伊那大島駅からバスに乗る。登山の時はもっぱら深夜バスのお世話になるけれど、伊那大島に着くのは深夜3時30分。当然真っ暗。伊那大島駅発鳥倉方面へのバス始発は6時45分。3時間外で寒さの中寝て待つのは結構つらい。

北部に比べて人もまばら、行程も長くエスケープの少ない南部。体力のことを考えて、前夜はバスで飯田駅まで、飯田駅の近くのこじんまりとした旅館に泊まってお風呂&熟睡。翌朝に鈍行で伊那大島へ向かった。

P1280587 (640x480)
飯田駅から伊那大島へはJR飯田線で30分弱

P1280589 (640x480)
伊那大島駅には東屋があってここで駅泊する人もいるみたい

P1280591 (640x480)
鳥倉登山口をスタート

鳥倉からは静かな樹林帯をいく。日本一標高の高い峠「三伏峠」までは4kmで標高790m上昇、コースタイムは約3時間弱。最初の取り付きで標高を上げるのが意外と大変で、塩見小屋が改装中の今年は三伏峠で宿泊の人ばかりだった。

鳥倉から南下して荒川岳に向かうなどという「コースタイムが長く」「エスケープルートがほとんどない」「静岡側に下りるしかない」ルートを選ぶモノ好きは少なく、殆どが塩見岳目的。三伏峠小屋の人は『今日はすごい混雑だよ、夕食は4回転だね』と言っていた。そりゃ大変だ。

P1280615 (640x480)
平日でこの混雑。

あら、なんだかぽつぽつと・・・晴れ予報なんだけどおかしいな? 「ところによって夕方から不安定」の“ところによった”みたいです。小屋の方も驚く、たま~にあるんだよねぇ、という天気の崩れ。もちろん夕立や雷を考えて15時には小屋に着く予定にしていたけど、まだ午前中。

P1280621 (640x480)
あ~あ。

P1280623 (640x480)
あ~あ。

P1280628 (640x480)
あ~・・・あ。

15時~15時半には小屋/テント場に着くというのは山のルール。ましてや天気の悪い時になんて登らず潔く中止にしているけど、うーん、ひさびさに想定外の天気。さて、どうするか。とりあえず最寄の小河内岳避難小屋で雨風の様子をみて、これ以上良くならないのであれば小河内泊にしようと30分ほど待機。小河内岳避難小屋(有人)は小さな小屋だけれどとってもきれいで優しく迎えてくれた。雨が弱まったところで再出発。様子をみて高山裏避難小屋まで行くと伝えると、『じゃあ、無線を入れておいてあげるよ。あなたなら2時間くらいで行けるかもね』と言っていただいて出発。

P1280637 (640x480)
意外ときつい、大日影山から板屋岳の登りを越えるとガレの縁を通る。視界が悪いとすこし注意が必要な場所。樹林帯と開けた場所をいったりきたり。雨風は良くなったもののガスは晴れない。注意しながら進む。景観はなかったけれど足元には花がたくさん咲いていて、とっても素敵な場所。

P1280632 (640x480)
花が美しい夏山

IMG_1072 (640x480)
ザワザワと脚に優しく触れる草

14時半には高山裏避難小屋へ到着。 農鳥小屋のおやじさんとおなじく有名な“おやじさん”がいる。もう80近いという。すいませ~ん、と覗く。

「おう。小河内から聞いてるよ」
「次の中岳避難小屋まで行こうか迷っています」
「どのくらいで来た?」

登山口とコースタイムを聞かれて答えると「いいペースだな」と真顔で言われる。しとしと降る雨と、少しの間。

「まぁ行くのはおまえさんの勝手だから、行きたいなら無線はいれてやる。だけどココまでなんてそりゃ体力ありゃ来れるやつはいるけど、本番はこっからなんだから、まぁ甘くみちゃいかんね、それでも行くんかっていう話だ」

そう言われてすぐに高山裏避難小屋泊に決めた。
真顔だし、ちょっとぶっきらぼうで見た目も怖いと思う人もいるのかもしれない。でもおやじさんの言葉と表情は優しさと気遣いにあふれていて、なんだかとても安心できた。こういう時には、本当にここを知り尽くしている人の言うことを聞いておいて間違いはない。わたしが小屋に着いたときにはまだ誰もおらず、おやじさんと色んな話をした。

「ほらよこせ、はやく」

わたしの濡れたレインジャケットやら靴下やらをテキパキと干して乾かしてくれたり、私の持っている飲み物やごはんを興味深そうに覗いては、便利だよなぁ最近はなんて話をしたり。おやじさんのこと、山のこと、TJARのこと(あいつら桃缶とラーメンを飲み物みたいに飲んでいくんだと言っていた。笑)、小屋番をあとどのくらい続けようかとか、とにかく色んな話をした。母方も父方もおじいちゃんを両方亡くして何年もたつ。ちょうどおじいちゃんくらいの年齢のおやじさんとのゆっくりとした時間がすごく楽しかった。たくさん笑って話した気がする。

その後、にぎやかな団体さんがきて、それはもうかなりにぎやかだったけれど(笑)、わたしに気を遣ってかおやじさんの雷も落ちず、少しだけ注意をしていて、そんなところにも優しさが垣間見えた。ノートの端を千切っておやじさんにありがとうの手紙を書き、翌朝3時には小屋を出た。

その後、ほかの小屋に寄る度に定番となったやりとりが笑えた。

「どこに泊まったの?」
「高山裏です」
「・・・おやじさんと話した?」
「ええ、すごく優しくしていただいて、とっても素敵で。
「そりゃあ、すごいね。キミ、気に入られたんだね。ワハハ。」

高山裏から中岳避難小屋までのルートは、この縦走の中でも最も危険と感じた場所で、風も強く、標高差600mの大斜面の登りもきつかった。やっぱりおやじさんに相談して、高山裏で体力温存してしっかり休んでおいてよかったと、より一層感謝した。おやじさんと一緒に写真でも撮ってこればよかった。また会いに行くしかないな。

IMG_1075 (640x480)

(後編につづく)


八ヶ岳全山縦走+八ヶ岳山麓スーパートレイル(後編)

前篇はこちら

*** DAY2 ***

3時半起床。日の出は4時50分頃。持ってきたおにぎりで朝食を済ませ、黒百合ヒュッテから10分の小さな見晴らし台へ。

IMG_2374 (800x600) (640x480)
小屋で仲良くなったカップルと日の出を見る

IMG_2381 (800x600) (640x480)
今日も晴れそうだ

2日目は友人“やっさん”と合流。やっさんは6時半に麦草峠着の深夜バス。5~6km先の麦草峠へ駆け降りる。自分でもびっくり、約束の時間ジャスト7時。麦草峠着。急ぐいい練習になった。

IMG_2401 (800x600) (640x480)
茶臼への登りは苔むした森

IMG_2406 (800x600) (640x480)
人がいないところはジョグ

IMG_2542 (800x600) (640x480)
縞枯山展望台

IMG_2415 (800x600) (640x480)
ザックは2人ともにOMM CLASSIC32(荷物が少なくてガサガサだったけど、やっぱりこのザックは背負いやすい)

昨日の疲れもあったはずだけれど、意外にも元気でアップ十分。でも一方でやっさんは、高地や岩場はまだあまり経験していなくてしかも山が久々で、登りがやや苦しかったか・・・。コースタイムを少しずつ巻く計画が意外にもてこずってしまい、めげそうな彼女を引っ張りつつ応援しながらなんとかゴールを目指すべく、ゆっくりじっくりペースに変更。IMG_2426 (800x600) (640x480)北八ヶ岳は樹林帯×岩

IMG_2429 (800x600) (640x480)
とにかく巨石

IMG_2436 (800x600) (640x480)
ひたすら巨石

三ッ岳という、名前もそのまま3つのピークがある岩石帯は、レースの練習にはまったくなってなかったけれどなかなか面白い。だけどはしゃいでいたのは最初だけで、北横岳から大岳を経ての双子池までのコースは下りかと思いきや、いや、確かに下っているのだけれども、とにかくひたすらに巨石を手足を使って渡り歩かなければならず、しかも開けた稜線でもなく樹林帯。進んでも進んでもなかなかコースタイムを巻けない。もうしばらく岩見たくないわ~、というくらい。後半は正直ちょっと飽きた(笑)

双子池からは岩石帯からいっきに笹に囲まれた歩きやすいトレイルとなり、あっという間に二子山を超え、大河原峠を経て、もうひと山越え、最後の蓼科山への岩石帯の急登へ。
IMG_2444 (800x600) (640x480)
二子山は山頂付近が気持ちよく、地味だけどいい山だった

IMG_2449 (800x600) (640x480)
大河原峠ではアイスとコーラが買える売店が!幻か!

IMG_2453 (800x600) (640x480)
蓼科山、最後の登り

IMG_2457 (800x600) (640x480)
「後ろ振り向けへん~めっちゃこわい~」

朝の黒百合ヒュッテ〜麦草峠も含めて12時間弱。コースタイムとほぼ同じ時間をかけて、蓼科山に到着。こうして無事、八ヶ岳全山縦走完了。360度ビューの蓼科山の広い山頂から見る、自分のこの足で歩いてきた八ヶ岳を望む気分は最高だった。

IMG_2464 (800x286) (640x229)
蓼科山頂ヒュッテで買ったビールを片手に。

*** DAY3 ***
早朝4時起床。
やっさんを叩き起こして(笑)、山頂へ。

IMG_2495 (800x600) (640x480)
日が昇る

またも、晴天。なんてこった。最高の気分。3日目は単に下山するだけではなく、蓼科山を下りた後に八ヶ岳山麓スーパートレイルと名付けられたエリアの一部「八子ヶ峰」を経て、白樺湖に下りて温泉に入ろう!という計画。

IMG_2525 (800x600) (640x480)
蓼科山からの下り。

すっかり岩に慣れたご様子。ただし延々2時間程度岩石下りが続く。蓼科山登山口に着いた頃には、よっぽどもうトレイルに入りたくなかったのか「駅までヒッチハイクする?」と言うやっさんをさらりとかわしつつ(笑)、再び入った八子ヶ峰。これがまたとびきり良かった。

IMG_2528 (800x600) (640x480)
八ヶ岳山麓スーパートレイル

IMG_2529 (800x600) (640x480)
八子ヶ峰の稜線は笹尾根のシングルトラック

八子ヶ峰は地図で見ると地味だけれど、ひらけたなだらかな稜線で、風が通り抜ける気持ちの良いトレイル。振り返ると北八ヶ岳。麓には白樺湖。長かった岩だらけの八ヶ岳縦走から一転、ダウンジョグには最適なリフレッシュできる3時間弱のハイキングコース。きっと私に呆れ返っていただろうやっさんからも「ここ気持ちいい~」という声がきけて一安心。

DAY3は5時間。
これで3日間の行程が終了。トータル27時間、距離は約55km。獲得標高は4500mくらい。 TDS本番まであと二週間。こんな程度で強くなってるのかな?登ってはいるけど走っていなのは大丈夫なのか?今回の2.5倍の距離、2倍の獲得標高をたった2日で走れるものなのか?

練習してもしても尽きない不安。
楽しみと不安がぐるぐるしながら、まだいまいち実感が沸かないなか、ひとまずこれで直前練習は終わりになりました。

蓼科山頂からみた八ヶ岳の景色。きっとレース中思い出す気がする。どう考えてもでっかいその山々。迫りくるような大きな山も、遥か遠くに見える山も、一歩一歩進めば越えられるのだと信じる、そんな練習にはなったかな。

ちなみに、本番への不安を除けば・・・八ヶ岳全山縦走、想像以上に楽しかった。山ごとに雰囲気が異なり、色んな形で攻めてくる(笑)そして振り返れば来た道が見え、先を見れば遠くまで続くこれから行く山々が望める。今回はトレーニングと割り切ってスピードハイクで進んだけれど、ゆっくりでもいい、“スルーハイク” 通して歩くことの面白さ。練習になったかはともかくとして、そういう意味では大満足の週末でした。


八ヶ岳全山縦走+八ヶ岳山麓スーパートレイル(前編)

週末を利用して、TDS前の最後の練習のために、八ヶ岳に行ってきました。

八ヶ岳全山縦走は、色んな方のBlogやヤマレコを見ていると、その多くが北から南へと南下しています。南下の場合、標高1550m地点からさらにゴンドラリフトに乗って登山口までアクセスできるけれど、観音平からスタートする場合、標高1560mから自分の足で標高を上げて行かなければならない。急坂は登るも下るも大変なので、どちらが難易度が高いかどうかはわからないけれど、今回は3つの条件がありました。

ひとつは、今回に限ってはTDSの練習であることを意識した強度にすること。もうひとつは、『深夜バスで早朝からスタートできる』というアクセスの利便性。そして最後に、高い山にはまだあまり慣れていない友人と2日目から合流するということ。そんなわけで、今回の私のプランは最南端の観音平(編笠山への登山口)から蓼科山へ北上することになりました。

友人との合流地点は2日目の朝7時に麦草峠。そこから逆算して、どこでどうコースタイムを巻くかあれこれと計算を繰り返し、自分の走力では根石岳山荘までが15時台にギリギリ到着できるラインだろうと判断。とにかく根石岳を目指しました。

*** DAY1 ***
早朝4時にバスで観音平に到着。
その場で朝ごはんを済ませ、明るくなり始めた頃に入山。

IMG_2161 (800x600) (640x480)
ここのところ、富士山や南アルプス縦走など標高の高い山々での練習をしていたのに、やはり朝は身体が動かない。お昼くらいには元気いっぱいになるのに、それまでがスロースタートという私のダメな癖。

IMG_2168 (800x600) (640x480)
編笠山に着くと、気持ちいいまでの晴天。前日には午後に激しい雷雨の夕立があったと聞いて、足を止めずにどんどんと行く。青年小屋を経て、権限岳へ。

IMG_2189 (800x600) (640x480)
このあたりは人が少なく、静かな雰囲気がすごくいい。青年小屋のお兄さんが「え~こんどはうちに泊まっていってよ」と明るく声をかけてくれ、権限小屋の方とも「このへんはいいでしょう、静かでね」と笑顔で言葉を交わした。

IMG_2200 (800x600) (640x480)
権限岳の先、旭岳からは、阿弥陀岳、赤岳、奥に横岳と硫黄岳。これから登る山々が一望できる。

全山縦走路で最もきわどいと感じたのは、横岳前後よりも何よりも、権限岳から赤岳間かもしれない。コースタイムではわずか3時間10分だけれど、ものすごく長く感じた場所。

「どこから来たの?」
「観音平からです」
「わぁ、じゃああの “こわ~い梯子” を下りて来たんだね!」

すれ違いで声を掛けられて話をすると、こんな風なことを3回くらい言われた。

IMG_2207 (800x600) (640x480)
それがこの梯子

IMG_2208 (800x600) (640x480)
数えてみたら61段。なが!私は高所恐怖症もなく高さはどうってことないけれど、要所要所で土台が外れていたのはさすがに、オイオイまじか~という感じ。

キレット小屋まで下りてからの赤岳への登り返しが結構激しい。もろい岩もあって、上の人がうっかり蹴ったらたちまちゴロゴロ転がり落ちてきそう。

IMG_2216 (800x600) (640x480)
写真ではどうも急勾配が伝わらないのは山あるある。足場はあるけど、これ、高所恐怖症の人には大変。

IMG_2227 (800x600) (640x480)
ねじり梯子

IMG_2236 (800x600) (640x480)
結構まだまだ遠い

そんなわけでTDSの練習には程遠い、岩だらけの四足登りで辿りついた赤岳山頂は、夏休みにも関わらず想像していたよりは空いていた。赤岳に来るのはこれが3回目。2年前の夏、一昨年の厳冬期、そして今回。

IMG_2253 (800x600) (640x480)
2年前のあの頃はちょっと膝をカクカクさせていた横岳も、どこでビビってたのか気付かないうちにいつのまにか通り過ぎてあっという間に硫黄岳へ。

IMG_2268 (800x600) (640x480)
硫黄岳への稜線

IMG_2290 (800x322) (640x258)
いつ見ても格好いい

さすがにやや疲れてきて、見晴らしのいい硫黄岳からその先を眺めると遥か遠くに根石岳が見える。遥か遥か遥か遠くに見える。

IMG_2288 (800x600) (640x480)
森の先の一番手前の少しなだらかなピークが根石岳。

だけど意外にもこれまで続いた森林限界から、樹林帯になったことで急にスピードアップ。ここぞとばかりストックの練習でモリモリ進んだら、根石手前で14時半頃。オーレン小屋から上がってきたベテランハイカーのおじいちゃんおばあちゃん団体に遭遇。

「どこから来たの?」
「観音平からです」
「おー、いいね。どこまで行くの?」
「もうすぐそこの、根石小屋までと思ってます」
「え~私たちこれから天狗岳まで行くよ!そのくらい歩けるなら黒百合まで行けるよ!」

元気いっぱいのハイカーさんたちに応援され(60歳を過ぎてトレランの大会にも出たことがあるという)、背中を押されるように一緒に天狗岳へ。ニコニコ笑顔で手を振って見送られながら、結局もうひと頑張り、黒百合ヒュッテへ向かうことに。だけどここからが意外にも長かった。巨石を渡り歩くようにして進む道は歩きにくく、なかなか巻けないコースタイムにちょっとドキドキしながら、なんとか15時半過ぎに黒百合ヒュッテに到着。

トータル11時間。
さすがにヘロヘロ。だけど生ビール片手に、応援されて黒百合ヒュッテ泊にしてよかったと心底思いつつ、快適な夜を過ごしました。

後編につづく

IMG_2327 (800x600) (640x480)