旅レース!トレラン益子

ちょっと遡りますが、12月は忘年会的遠征もりだくさんでした。
わたし、年の瀬に離れた友達に会いにいくのがどうやら好きみたいです。

12月2週目の週末は、栃木県 益子町 雨巻山周辺で行われる『トレラン益子』に行ってきました。地方レースに旅行や観光がてら遊びに行くのが大好きなわたし。
2015_12_26_15_21_09 (600x450)
前日入りして現地を観光したり

2015_12_26_15_21_06 (600x450)
餃子を食べに行ったり

2015_12_26_15_21_21 (600x450)
お友達のところに泊めてもらってみんなでワイワイ飲んだり。

普段は挨拶を交わすくらいの方と呑み交わしたり、こういう機会でないと出会えない地方の人と知り合えたり。年末らしく、忘年会的に集まった仲間とたっぶり楽しみました。

で、少々飲みすぎた翌日(笑)、走るのは17km。

会場は朝早くからいくべ会のみなさんが設営してくださっていて、荷物受付、ゴール後に配るためのごはんなどを自分のお母さんくらいの方々が笑顔でニコニコ作業中。

2015_12_26_15_21_49 (600x450)
受付もとっても手際いい

昨今、登山者(ハイカー)とトレイルランナーの共存、トレイルランニング大会の是非や在り方が度々話題にあがります。思うところは色々とありますが、どちらの立場でも山に行く者として、どちらの主張も理解できるもので複雑な思いです。きっと多くのトレイルランナーがそうだと思います。

トレラン益子は『益子いくべ会』という山岳会が主宰となって運営されていて、益子いくべ会は「栃木県益子の雨巻山に集う岳友で結成した」団体だそうです。多い日には1日200人を超えるという雨巻山の登山道を日々、整備・修復作業をされているのだそう。

レースの参加者は150人。順位やタイムも手書きです!貼り出されるって合格発表みたいでなんだかワクワクしちゃうな。
2015_12_26_15_21_57 (600x450)

今回、参加のきっかけはレースやイベントでよく合う栃木在住のチヒロさんがレースに関わっていて、益子は面白いよ!とお勧めしていただいたこと。昨年のBlogのマウンテンサーカス然り、『この人が言うなら(この人がやってるなら)間違いないでしょ!』というノリが大好き。そしてやっぱりさすがチヒロさん。

2015_12_26_15_24_06 (600x450)
12345649_714606975306223_3599153838325034414_n (600x450)

HOUDINI,ALTRA,HOKA,ANSWER4と豪華なメーカーブース。チヒロさん曰く「栃木じゃなかなか実物を試したり買ったりできないからね」ということで、人が殺到してました(笑)山岳会の方々もトレランシューズに興味深々。

12359838_714607048639549_7239572140165703657_n (600x450)
さらに招待選手が異様に豪華!HOKA,ALTRA,SALOMONの選手、トライアスリート夫婦などなど。世界で活躍する選手が益子に集結です。

だけどスタートはのんびり。ぞろぞろ選手が集まります。
2015_12_26_15_22_07 (600x450)
2015_12_26_15_24_23 (600x450)
手作りのスタート横断幕が風になびくなか、掛け声と共にスタート。

コースは、住宅街のロードから始まり、結構辛い長めの林道をジワジワ走り
2015_12_26_15_22_02 (600x450)
走りやすくて気持ちのいいトレイルを抜けると見晴らしのいい田舎道を通ったりしながら

あれっ、一度スタート会場へ戻ってきます。
2015_12_26_15_22_30 (600x450)
手書きの『ガンバレ!!』フラッグ、みんながジャンプして拍手で応援してくれます。ここからが本格的なトレイルパート。

数100mごとに、いくべ会の方々が誘導に立ってくれていて、手には手書き応援旗を持って応援してくれたり、元気にハイタッチしてくれたり。きっと写真担当なのでしょう、「こっちだよ~!ほらポーズして~!」と声を掛けてくれる方も。登り坂の上の方から「ハイ!ここで、タイタニックポ~ズ~!」という声が聞こえたらそこは見晴らしのい開けた場所。

2015_12_26_15_22_35 (600x450)
思わず立ち止まって写真を撮る

細かいアップダウンがあって意外と脚に堪えるけれど、なにせふかふかで気持ち良くて走りやすい。必要以上の整備はされていないけれど、これだけ走りやすいのはきっとマメに整備・修復されている証拠。つまずきやすい枝にはテープが付いていて、危険な箇所に張られたロープや鎖も、不安を覚えるようなものはなく。

2015_12_26_15_23_00 (600x450)
2015_12_26_15_22_55 (600x450)
2015_12_26_15_22_48 (600x450)
ただ走れる!だけでなく、男性方もヒーヒー唸る登りもあったりして、意外とニクイのがまたいい(笑) ここの登りの上で『ここは脚にくるよねぇ~ほら、がんばってぇ~』なんてニコニコしているおかあさんを見て、登り強そうだなぁなんて思ったり(笑)山の中にいる“おとうさん”“おかあさん”にもとっても安心感がある。同じように山が好きなんだなぁ、朝早くから登ってここで待っていてくれたんだなぁ、と。

2015_12_26_15_23_11 (600x450)
山頂でカメラを向けるとみんながポーズしてくれました(笑)

2015_12_26_15_24_19 (600x450)そんな感じで気持ちよく駆け抜けて、2時間27分。登りは相変わらずだったけど、前日飲みすぎたわりには(笑)2015年の締めくくりとしてはとっても爽快に走れて大満足でした。

2015_12_26_15_24_35 (600x450)
最後は参加者みんなで集合写真

トレイルランニングブームで全国各地にレースがたくさん誕生しています。規模も様々。だけどきっと全国から集まってくるランナーに自慢の山や、観光地や、食を知ってほしいという想いがあるはず。

昨年はハードなロングレースも多かったけれど、レース前後にゆっくり時間を持って、観光したり現地のランナーと交流したりする“旅レース”もやっぱりいいもんですね。レース自体は短い距離だったけど、とっても楽しめました。

海鮮が美味しいから日本海側のレースに出てみようとか、B級グルメのあるあの街のレースに出てみようとか、有名な温泉地があるとか、有名なトレランショップがあるとか、あのトレイルランニングチームとセッションしに行ってみようとか、そんなきっかけでレース探しをしてみるのも楽しいかもしれない。もちろんレース関係なく遊びに行くのも好きだけど、レースならではの醍醐味も結構あったりなんかして。もっと地方のレースに遊びに行ってみたいな!

2015_12_26_15_24_30 (600x450)一緒に遠征した仲間と。
合宿のような遠征は賑やかで楽しかった!


みんながみんな英雄

元旦に山から帰ってきて、たまには寝正月をしてみました。
実はゴロゴロうだうだしながらひたすらテレビを見ているのも好きだったりします。そして関西出身なので、お笑いの番組が盛りだくさんな正月がちいさなしあわせだったりします。日中は箱根駅伝で胸を熱くしたりね。

そんな寝正月に1日中テレビを見ていて、何度も流れたCMがすごく印象的でした。

auの日本昔話のシリーズの新作です。このシリーズが好きかどうかは別として、AIの歌うオクラホマミキサーのメロディに乗せた歌詞がすごく良くて、youtubeを改めて見て、じーんと涙が出ました。あ、涙もろいんで、すぐ泣くんですが。でもなんだか、トレイルランニングをするみんなの胸に響くような気がします。

走って転んで寝そべって(笑) うんうん。振り向けば仲間がいて、悩んでは忘れて忘れては悩んで(そんな感じで身体や気持ちの波を乗り越えて)。うんうん。新しい未来が待ってる。うん。あぁ、まさにトレランのこういうところが好きなんだ~と。

みんがみんな英雄。
うん、うん。速くたって遅くたって、ゴールを目指す、みんなが英雄。

よし、今年のわたしのテーマ曲にしよう。
あ、英雄とau掛けてるのか。うまいな。

maxresdefault

 

特別じゃない
英雄じゃない
みんなの上には空がある

 

雨の日もある
風の日もある
たまに晴れたらまるもうけ

 

振り向けば君がいる
前向けば友がいる

 

走って、転んで、寝そべって
新しい明日が待っている

 

悩んでは忘れて
忘れては悩んで
明日、あさって、しあさって
新しい未来がやってくる

 

au

 


謹賀新年―青空と雪の西穂高より

あけましておめでとうございます!

2016_01_04_08_53_17
2015年から2016年への年越しは冬の北アルプス、西穂山荘へ標高2,637mの贅沢宴会に行ってきました。去年、入笠山のマナスル山荘で過ごした年末年始がとても良く、すっかり山小屋年越しにハマってしまったのです。テントも好きだけど、特別な日の小屋も好き。今年は山仲間と共に、天気が荒れたら小屋で飲んだくれて過ごすのもいいか〜なんてのんびり計画で。

2016_01_03_14_23_05 (640x291)
お昼頃に着いた西穂山荘はすでに山好きで満員、昼間から大宴会。なんだか荷物が大きい人が多いなぁと思っていたら、ベテラン山屋さん達は一升瓶などを担ぎ上げ、御節料理や酒のつまみをどデカイタッパーにいくつも詰め込んで、周りに振舞っています。さすが年越しが楽しいと有名な小屋、規模が違いました(笑)みんな楽しそうで微笑ましくって、こっちまで嬉しくなっちゃう。

2016_01_04_08_59_22大晦日はあいにくの天気で、小屋に入ったきりそのまま、お酒飲んだり、お昼寝したり、漫画を読んだりと、標高2000m以上で外はマイナス10度以下と思えないくらい、ぬくぬくのんびり。そんなの山の上じゃなくてもできるって?たしかに(笑)でも普段の仕事のがむしゃらな忙しさから解放されて、時計を気にせずすこず贅沢な時間。しかも、山の上という大好きな場所で。

2016_01_04_08_58_51
漫画部屋も充実していて、呑みの合間に山の漫画を黙々と読んだりもして(笑)

食事も特別メニュー。日本酒、大雪渓の振る舞い酒や年越しそばもありました。積雪前にまとめて荷揚げするのかな?山小屋らしさのなかにもきっとこだわりがあって、豪華でなくてもとっても美味しかった〜。
2016_01_03_14_23_19

特別営業のこの日は消灯が0時半。ご飯のあとも夜が更けるまで同じ部屋の方や周りの人達と山話に花が咲き、食べものやお酒を振る舞い合っては色んな話をして過ごしました。
2016_01_04_08_58_38
みんな山好き。楽しくないわけがない。

カウントダウンは小屋の方々総出で大盛り上がり。なぜか支配人は白鳥姿(笑)、スタッフのみなさんも被り物や仮装?して、お客さんにも被り物を配り、もうカオスです。
2016_01_03_14_24_21 2016_01_03_14_26_03
ゆく年くる年が流れるテレビの前でゲームで盛り上がり、10秒前からカウントダウン!みんなはじめましてだけど、みんなでおめでとうを言い合ました。

西穂山荘はものすごくホスピタリティにあふれていて、スタッフの方がみんな優しくて笑顔で感じが良く、だからこそ楽しくてますます大好きになりました。心地が良い人達に囲まれている状態ってとってもHAPPY。

そして嬉しいことは小屋の楽しさだけにとどまらず・・・眠い目をこすって起きた元旦は、西穂山荘の支配人で気象予報士でもある粟澤さんが『こんな北アルプスの元旦は10年に1度』だと言うくらいの快晴に!朝まで降り続いた雪、真っ白だったガスが奇跡的に晴れ、西高東低の気圧配置と言われた中で北アルプス付近では等圧線の間隔が広いため、影響は少なく快晴になったのだそう。

10409_722933261140261_6893395731409531568_n

西穂高岳独標へ向かう稜線は、青空と雪のコントラストがまぶしいほどで、景色が本当に美しくて美しくて涙がうるむほど感動しました。ふかふかの雪に足をくぐらせながら、ぐるっと景色を味わってはまた少し進む。

2016_01_03_14_26_45 (640x480)
2016_01_03_14_29_31 (640x480)
2016_01_03_14_29_59 (640x480)
2016_01_03_14_30_07 (640x480)
2016_01_04_08_57_38 (640x480)
10574430_722930801140507_2653398565809292093_n (640x480)
1914513_722933284473592_4793132980325606076_n (640x480)
2016_01_03_14_30_53 (640x480)

今年は例年に比べ雪が1m以上も少ないらしく、サラサラの雪の下には岩。ハイマツが出ているところもあり、うっかりアイゼンを引っ掛けそうなほど。ピッケルのきかない雪と岩肌の出た独標直下では渋滞して凍えそうだったけど、独標では真っ白な穂高連峰が顔を出し、雪に太陽の光が当たって見える光の柱(おじさんはダイアモンドピラーと呼んでいた)という幻想的な現象も見ることができました。わたしの経験と実力では今回は独標まで。また次の機会には西穂高山頂まで行こう。楽しみはすこしずつ。

2016_01_04_08_55_07 (640x480)
笠ヶ岳~抜戸岳~弓折岳の稜線

2016_01_04_08_55_40 (640x480)
小さく槍ヶ岳も見えた

憧れの雪の北アルプス。遠いようで意外と近い。エイヤッと思いきって行ってよかった。1年のはじまりに青空の山で過ごせるなんて、なんて幸せなんだろう。

人との出会いも仕事も、山を通じて恵まれた2015年。楽あれば苦ありの充実した年でした。2年前に会社員を辞めて独立して以来、振り返れば仕事もプライベートもトレイルランニングも『やっと自分らしくいられるようになってきた』そんな感触をなんとなく得た1年でした。自由気ままなようで、まだまだ未熟で精一杯で、すべてを独りでやらなければならないことの自分への重責に苛まれる毎日だけど、しあわせのバランスの取り方を覚えてきたのかもしれない。

“為せば成る”がわたしの合言葉。1歩を踏み出さなきゃはじまらない。1歩を踏み出せば、何かが変わる。失敗も成功への布石。そう信じて、つらい時期にとにかく一生懸命になって培ってきたものが、次のチャンスへと導いてくれるという出来事がたくさんありました。そうだ、とにかく経験だ。積み重ねだ。だけど運や偶然も味方につけて。そんなふうに、なんでも自分次第なんだと再確認することができました。

あとは、なんでも、楽しまなきゃね。2016年も初心忘れず、仕事も遊びもたくさんチャレンジするぞっ。唯一のチャームポイント?といえば(笑)、フットワークの軽さ。全国に飛んでゆくので、みなさん今年もたくさん遊んでください!

“幸先いい”ってこういう時に使うんだなぁ。なんか、呼ばれた気がした。
The mountains are calling and I “want” to go.

―そして、こんな自由なわたしを許して受け入れてくれる、すべての人に感謝して。恩返しする1年にしよう。

 


photo by:naoさん