UTMB完走のためのヒント+練習会のご案内

皆さん、こんにちは。

UTMBまであと1ヶ月と少しになりました。

今からトレーニングをしても、もうほとんど効果はないと思いますので、今日は練習方法ではなく、毎年関門に引っかかる人が多い31㎞のコンタミンまでの走り方(ペース配分)について思うことを書いてみます。

1. スタート - レズーシュ (約8㎞)

最初の2㎞が舗装道路で、その後7㎞地点過ぎまでが軽いアップダウンのある林道、最後の1㎞弱が短い登りのある舗装道路です。スタートして500mも進めば渋滞はありませんが、2㎞地点からの林道では前後左右は人でいっぱいで、自分のペースで進むのは部分的に困難なところもあります。

UTMBはすべて歩いても完走できますが、ここは安全のためゆっくりでいいので走ったほうがいいと思います。8㎞のレズーシュまで55分ー1時間ぐらいで十分です。

なお後ろの方からのスタートですと3-5分程度のロスがあります。多くの人が10分ー20分のロスがあったなどと言う発言をしていますが、事実とは異なりますので惑わされないようにしてください。変に自分の実力以上の集団に入ってしまうと8Kmのレズーシュまでは集団の中の走りになるためスピードの調整が難しくなる可能性がありす。

2.レズーシュ- Le Delevret (14㎞)

ここはほとんど舗装道路の登りで標高差が約800mです。

ここは急ぐ(走る)必要はありません。幅の広い歩きやすい舗装道路なので力を抜いて歩いてもいいペースで歩けるはずです。1時間半かけて大丈夫です。

スピードのイメージとして丹沢の大倉尾根を2時間45分程度かけて塔ノ岳に登る感じです。

またこの登りから見るモンブラン山群の景色は非常に綺麗ですので、ぜひ景色も楽しんで下さい。

3.Le Delevret ― サンジェルベ(21㎞)

標高差1000mを降る一方のコースです。シングルトラックが多く自分のペースでは歩きにくいです、また道もすべりやすいところあります。

ここは早歩きで1時間15分ぐらいで通過すべきところだと思います。

3.レズーシュ -コンタミン(31㎞)

この区間は舗装道路、林道、山道が出てきます。

舗装道路と林道は早歩きで山道の登りはゆっくりで問題ありません。

10㎞で登り500m降り200mほどをを2時間15分程度でいけばいいと思います。

上に書いたペースですと合計で6時間で制限時間と同じですので、どこか得意なところで15分ー20分程度短縮すればいいと思います。

私がもし今年参加するなら14Kmから21Kmの降りで5分、21Kmから31Kmの時々出てくる平らな舗装道路や林道の部分で10分ぐらいの短縮を図ると思います。

なお早歩きとは車道、林道で時速6㎞-6.5Km、歩きやすい平らな山道で時速5.5㎞ぐらいを指しています。日本人トレイルランナーは平地になると突然ペースダウンして時速4㎞前後になる人が大半なので注意が必要です。欧米人は平地の歩きやすいところでしっかり距離を稼ぎます。

また登りをゆっくりとは、塔ノ岳を2時間45分―3時間、ハセツネのコースの月夜見峠から御前山の登りを1時間30分―1時間40分程度を表しています。

31Kmのコンタミンを無事通過できればあとはひたすら歩いていれば必ず完走できます。私が完走したときは2時間から5時間に1回程度(合計で10回か11回)腰を下ろして休憩を取りました。ぎりぎりの完走を狙う人は1回10分の休憩でも10回で1時間40分になるので休憩の回数と休憩1回あたりの時間を少なくすること大事だと思います。

この文章をお読みになっている皆さんの全員の完走を願っています。

次に練習会のご案内です。今回は体重の2割程度の荷物を背負って歩くことでロングレースの時の足の置き場所を理解することが主な目的の練習です。

*日時  8月6日(土)午後6時-8月7日(日)午前7時

*集合解散 8月6日午後5時45分 JR武蔵五日市駅集合 8月7日午前7時 JR武蔵五日市駅解散

(武蔵五日市駅発午後6時8分のバスに乗車します)

* コース  数馬-都民の森-鞘口峠-月夜見峠-御前山-オオダワ-大岳山-日の出山-武蔵五日市駅(約40㎞,11時間)

*定員 15名 (6名以上で催行します)

練習内容  体重の2割程度の荷物(水で重量を調整)を背負って長距離を歩くことで、ロングレースの時の正しい足の置き場所と置き方を練習します。特に降りが苦手な人、レース後半に大腿の前のダメージがひどくなりがちな人にお勧めの練習です。

*参加資格  ハセツネの時間内完走者またはフルマラソン5時間30分以内の完走者

*参加費 5,000円(塾生割引500円)

*申し込み  7月26日までにメール(chamonixshinobu□yahoo.co.jp □を@に変更ください) でお願いします。