UTMB 完走のためのヒント その3

皆さま、こんにちは。

今日は2番目に大切な「事前の予定通りの時間で山を歩く練習」について書いてみます。

なぜこの練習が必要かというと、完走を狙う多くの人にとっては、UTMBは初めてかつ42時間程度以上での完走を考えていると思われるからです。

この場合前半の各関門はすべて制限時間15分ー30分前程度で通過する必要があります。

あまり早く通過するイコール飛ばしすぎなので後半動けなくなるので禁物です。ただゆっくりすぎると31㎞のコンタミンの関門でひっかかってしまう可能性もかなり高いです。

ですから各通過エイドをレース前に考えた予定(作戦)通り進む必要があります。

そうでないと早すぎ=飛ばしすぎで後半ばててリタイア、ゆっくりしすぎ=思わぬところで関門の制限時間に引っかかり強制的にリタイアになってしまいます。

失敗する人の共通点は各エイドの間を飛ばしすぎて、(初めてのコースでどの程度の時間で次のエイドまで行けるかがわからないため安全を見て少し無理とも思えるハイペースで進み、結果として予定よりも早い時間に通過してしまいます)、そのことが実力以上の走りのため、後半動けなくなるパターンが多いです。

ただ事前に計画した予定通りに進むためには事前の練習が必要です。

ですから今後山に行くときは事前に距離が〇〇㎞、累積の登りが△△m、下りがXXmなら何時間何分で歩くと決め、その通りに歩く練習をした方が好ましいと思います。

難しいと思\われるかもしれませんが、普段から自分の歩くスピードのデータを取り、地図から山道の状態を推測し(地図を見れば初めての山道でも路面が固いのかやわらかいのかも判断できます。地図は決して分岐で右へ行くのか左に行くのか、この先下りになるといった情報を得るだけの道具ではありません。詳しくは登山経験のある人が書いた地図読みの本で勉強してください)計画を立てれば、何回か練習しているうちにできるようになります。

そんなことは無理だと思われるかもしれませんが、慣れれば10時間の行動で狂うのはせいぜい30分以内にはなります。私の場合は練習会に参加していだいている人はご存じのとおり、1.5-2時間ごとの各ポイントを5分程度の誤差で通過し、10時間で30-40㎞の練習を終えたところでの誤差も最大20分程度です。

40㎞の歩行で20分の誤差なら168㎞のUTMBでも最大1時間半程度なので、完走の確率は高いと思われます。

次回は私が個人的にどのように通過タイムを作成しているか、どのようにしてそのスケジュール通り歩いているかについて簡単に書いてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


安全講習会のご案内

皆さま

安全講習会のご案内です。

最近トレイルランニング用のセルフレスキュー講習会等安全に関する講習会が少しずつ増えてきています。
このこと自体は非常いいことだと思うのですが、内容が止血方法だったり熱射病や低体温症や捻挫の対応といったものだけで、一番重要な安全に山を歩くことや、怪我や病気の場合に、安全な場所あるいは救助隊や救助のヘリコプターが来ることが可能な場所まで移動させるという内容の講習が少ないように思います。

なぜこれが大切かといいますと、安全に歩けば怪我もしないですし、怪我をした場合止血しても、捻挫の手当てをしても、その場所にいる限り、冬ならば奥多摩の低山でも凍死する危険がありますし、そうでなくても怪我人、病人をなるべく楽なところに連れて行く、なるべく早く近くの山小屋や医療機関に連れていくことは非常に大切です。

また安全を確保する技術、特にセルフレスキューの技術を身に着けていれば、この夏に3000m級の山に登山の計画を立てている人も多いと思いますが、安心感が全然違います。
そのそうな訳ですのでトレイルランナーのためのセルフレスキュー講習会を行います。

この機会にセルフレスキューの基礎を身に着けてみませんか。

*日時

5月25日(木)午後8時ー10時

*場所

代々木上原駅周辺の予定です(お申込者に別途ご連絡します)。

*内容

危険な場所の通過のためのロープワーク。

怪我人、病人の運搬方法(ザック、サバイバルブランケット等を使う)
ロープ、ザックその他装備の安全確保のための使用方法。

手持ちの装備(ペットボトル、スーパーのビニール袋等を緊急時の装備としての使い方。

*持ち物

60㎝のテープシュリンゲ2本、150㎝のテープシュリンゲ2本、直径7㎜、または8㎜のロープ10m‐15m、バックパック(できれば40L以上のもの)、お持ちであれば登山用の比較的強度の高いストックとツエルト(装備については貸出等もあります)

*講師

蚊取り線香

*費用

3,000円(塾生、2017年UTMBツアー参加は1,000円割引)

*定員 12名 (5名以上で催行します)

*申し込み

5月20日(土)までにメール(chamonixshinobu□yahoo.co.jp  □を@に変更ください)でお申し込みください。


2017年蚊取り線香UTMBツアー(格安プラン)のご案内

皆様、こんにちは。

2017年のツアーはおかげさまで34人の方にお申し込みをいただき、 通常プランの今年の募集は、バカンス用アパートにお泊りいただく2人の枠を除き終了しました。

ただあと6人分だけアパートおさえているため 追加で以下の格安プランの募集をします。

蚊取り線香ツアー独自の細かいサポートはありませんが、 通常の旅行会社のツアーよりは丁寧かつ充実したサービスを提供します。

1、日程

8月29日ー9月5日(6泊8日)

2.価格

138,000円 (おひとりの参加でも追加料金はありません)

3.お支払い

*申し込み後5日以内に5万円のお振り込み。

*6月末までに残金のお振り込み

3.費用に含まれるもの

*スタートからおよそ500mのアパートの宿泊費               (2人用寝室3部屋、共同のキッチン、リビングあり)

*ジュネーブーシャモニ間の専用バスでの往復費用

*毎朝のツアーデスク利用

*24時間日本語サービス(夜間は緊急時のみ)

*蚊取り線香やほかの蚊取り線香ツアーサポートスタッフによる必要に応じた対応(通常のツアーの参加者の場合は基本的に24時間対面での対応ですが、このプランの場合は、原則は毎朝のツアーデスと電話での24時間対応が中心になります)。

4.フライト

専用バスに同乗いただく関係で、行きは9日20:50着のアエロフロート 2382便、帰りはジュネーブ発 のアエロフロートSU2381便をご利用いただきます。 4月25日現在エア代金は燃油サーチャージ、税金等を含めて12万円前後です。ほかのフライトを予約済みの方はご相談ください。

4.通常の蚊取り線香ツアーとの違い

*到着翌日の半日観光がありません。

*期間中1回の出張シェフによる特別ディナーがありません。

*朝食が付きません。

*FBグループによる情報発信や質疑応答がありません(通常のお問い合わせはメールや電話で対応します)。

*出発までの日本での催しや現地での行事にご参加の場合、ツアー参加者向け割引が適用されません。

*ツアーデスクで対応することで費用が発生する場合は原則として実費が必要です。

*宿泊するバカンス用アパートのグレードが若干下がります(十分快適に過ごせるレベルのアパートです)。 また通常プランのアパートに用意する電子レンジや炊飯器はありません。

*日程の変更(短縮や延長)は原則としてお受けできません(別途費用が掛かりますが、対応可能な場合があります。詳しくはお問い合わせください)。

これらのことから超バジェットプランは決まった日程で、レース参加に専念でき、ホテルや空港からの移動が確保され、 緊急事に日本語対応のサポートがあれば他のサービスはあまり必要ないので極力安くレースに参戦したいという方、特におひとりで参加の方に適したツアーです。

5.定員

6名 (3人で催行します)

6.申し込み締め切り

2017年5月20日 午後6時

7.お問い合わせ、お申込み

説明会を5月24日の夜に四谷周辺で行います。お問い合わせ等はメール(chamonixshinobu□yah_D810784oo co.jp □を@に変換ください)でお願いします。

8.2018年のUTMBツアーについて

スタンダードプラン(ホテル泊 6泊8日 198,000円前後 14人)、豪華アパートプラン(バカンス用アパート泊 6泊8日 Aアパート 240,000円前後 10人、  Bアパート210,000円前後 15人、ホームステイプラン(フランス人宅泊 6泊8日198,000円前後 4人)、バジェットプラン(アパート泊 6泊8日 178,000円前後 4人)に加え、2018年は超格安プラン(アパート泊 6泊8日 125,000円前後 6人ー8人)を予定しています。価格はツアー発表時の為替が1ユーロが120円前後の時の予定価格です。

超格安プランはアパートを早めにおさえる必要があるため(12月ごろからレースに参加するのに適したアパートが予約で埋まり始め、1月中旬の抽選結果が判明後は価格が高騰するためです)、2017年5月下旬ー9月中旬までの期間で募集します(詳しくは5月20日前後にブログでご案内します。2018年1月の抽選で落選した場合はキャンセル料なしでキャンセル可能です)。

その他のプランは2017年12月中旬に募集開始予定です。こちらも落選の場合はキャンセル料なしでキャンセル可能です。

以上ご検討をよろしくお願いします。