UTMS(四姑娘山レース)の紹介と参加の公式ツアー案内

皆さま、こんにちは。

今日はレースの紹介です。

毎年11月の初めに中国の四川省で標高5025mの山を利用したトレイルレースが開催されます。Ultra Trail Mount Shigunian(http://www.utms.com.cn/)というレースで、UTWTのディスカバリーレースになっています。

2015年までは、過去1年に4000m以上の山の登頂経験があり、年齢55歳以下との厳しい参加条件があり、私も参加を断られてしまいましたが、2016年の大会にはどうしも参加したかったため、5月に現地に行き主催者と交渉し、60歳以下、3500m以上の山に登頂経験ありと参加条件を緩めてもらい参加してきました。

標高の高いところでのレースで安全にかかわるだけに、主催者もなかなかうんと言ってくれず、説得にに2時間ほどかかりましたが、それだけのことはあり、昨年参加しましたが安全対策はかなりしっかりとなされていました。

その後のやり取りで、蚊取り線香塾は今年から日本で唯一の大会オフィシャルパートナーになり、エントリーの代行や、条件を満たしていない人のエントリーの可否の審査(条件を満たしていなくても、参加できる可能性もあります)や、現地オフィシャルツアーの割引等、もろもろの優遇措置をいただくことになりました。

小野.忍授权书

このレースの特徴は、なんといってもチベット高原の東端の山を走るので、雪をかぶった6千メーターを超える高山の景色がきれいなこと、日本では経験できない5000mを超える高地を経験できることです。

また昨年の参加者は42㎞と60㎞の2種目で合計350人ほどの小さな大会でしたが(今年は合計1,000人の予定です)、海外からかなりの実力者(ジュリアンショリエ、昨年は4位、Jason Schlarb)が招待選手として参加していました。今年はジュリアンショリエ、Jason Schlarb(アメリカ)、Olya Korzh (ホンコン在住のロシア人、香港のレースの上位の常連です),Vlad Ixel(香港在住のたぶんオーストラリア人。こちらもも優勝の常連です)が決定で、そのほかのRuth Croft(台湾在住のニュージーランド人。この人も香港や台湾でのレースで常に上位に入っています)他数人の実力派トレイルランナーが参加を検討中です。

また蚊取り線香塾も2人の招待選手の枠をいただいており、現在派遣選手を検討中です。

このレースはコースの美しさ、タフさ、出場選手のレベルの高さ、日本からの交通の便の良さなどから、数年後にはUTMBやHK Vibram 100Kと同じぐらいの人気レースになると思いますので早めの参加がお勧めです。

またコースや出場選手の魅力だけでなく、最寄りの都会である四川省の省都である成都には、三国志にまつわる見どころもたくさんあり、また有名な川劇も楽しめますし、パンダ見物もでき家族旅行などにもお勧めです(ちなみにパンダが初めて発見された場所がコース上にあります)。

東京から飛行機で5時間程と香港までのフライトより30分ほど長いだけなのも魅力です。

ご興味のある方はぜひお問い合わせださい

ではツアー内容です。

*日程

11月1日ー6日(日程の短縮や延長もご相談ください。最短で2日発5日着の3泊4日です)

*行程

1日 日本ー成都(飛行機)ー日隆(レースの拠点の村です。ジープで約3-4時間)

2日 受付、高度順応 観光、ハイキング

3日 観光、ハイキング等での高度順応

4日 レース

5日 日隆ー成都 成都観光(希望者は川劇、パンダ見物、四川料理等。別途費用が掛かります)

6日 成都ー日本

*費用 77,000円 (蚊取り線香割引1,000円)一人部屋追加料金は18,000円です。

そのほかに日本ー成都間の飛行機代(30,000-35,000円程度)とエントリー費用別途がかかります。

日程の短縮の場合は数千円の値上げになります。

*費用に含まれるもの

ホテル代(ツインルームの相部屋)、中国滞在中の食事(1日の夜から5日の朝食まで。4日の昼食はレース中のためつきません。)、成都空港と日隆間の往復の交通費。通訳。

宿泊するホテルです。部屋は西洋スタイルですが外観はチベット風です。

宿泊するホテルです。部屋は西洋スタイルですが外観はチベット風です。

*費用に含まれないもの

エントリー費用、個人的な買い物等

*コース

50㎞を除きかなりの高度まで登ります(42㎞と60㎞が5025m、100㎞が4900mほどです) 50㎞は3900m近くが最高地点です。

コース上に医療スタッフや酸素ボンベ、体調不良の人を降ろすための馬などが待機していますが、それでも50㎞以外に参加する場合は、慎重な計画としっかりした準備が必要です。

*エントリー費

42㎞ USD200、50km  USD150、60km USD250、

100km USD300

*定員

各カテゴリー5名

*説明会

8月9日(水)の午後7時30分から四谷で行います。参加費1500円です。

ツアーに参加の場合は参加費の1,500を割引します。

*お申込み、お問い合わせ

9月20日までにメール(chamonixshinobu□yahoo.co.jp □を@に変換ください)でご連絡ください。お申込みと同時にお振込みをしていただきます。

とてもいいレースです、ぜひご検討ください。

 

 

 

 

 

 


中国のトレイルランニングレースのご紹介

皆さん、こんにちは。

4月に1周間、5月には2週間中国に行っていました。4月は遼寧省の大連、5月は四川省の成都とその周辺に行き、トレランレースの主催者との情報交換や山歩きをしてきました。

最近中国でもトレイルランニングが盛んになってきています(以前から盛んといえば盛んでしたが、一部の富裕層-と言ってもかなりの人数ですーの間だけだったのがここ4-5年で一気に大衆化してきました)。

日本ではまだ中国の大会に出たことがある人は少ないと思いますが(日本人の参加が多い大会に北京のTNF100Kがありますが、これは一般的な中国のレースとはかなり運営や雰囲気が異なります)、非常にバラエティーに富び、日本から行く価値があるレースがたくさんあります。

中国のレース一般的な特徴は「コースが結構タフ」「参加賞や抽選の商品が豪華」「エイドの食事が素晴らしい」「日本人であることがばれると、エイドや周りを走っている選手がうっとおしいほど親切でフレンドリー」ということが挙げられます。

そんなわけでぜひ多くの人に中国のレースを経験してほしいと思っているのですが、中国のレースにエントリーーするには言葉や送金方法(中国の携帯電話を持っていないとできない大会が大半)、移動等で一般の日本人には少しハードルが高いので、その辺の解決ができないかと思い、以下の大会の主催者と会ってきました。このあたりの問題は主催者も理解しており、私もお手伝いして少しずつですが改善していくことになりました。

以下のレースは主催者からぜひ大勢の日本人に参加してもらいたいといわれている大会です。比較的短期間かつ低コストで参加可能ですので、将来の参加検討リストにぜひ付け加えてみてください。

1.UT Wenchuan50k(熱土超野 50k)(http://sichuantrail.com/) 5月開催

qu2et25w09gfeipwyemlr

四川省の省都である成都から130㎞ほど北北西の汶川という、2008年の四川地震での被災が最も激しかった町で行われる大会で今年が第2回目です。チベット高原の東端に位置する山々を走ります。チベット的な雰囲気が強いことと雪をかぶった5千メーター峰の景色がきれいなことが特徴で、運営もすばらしく中国レース入門版と言えます。累積の登り下りは3600Mで制限時間は14時間です。ハセツネを17-18時間以内で完走できればこちらの大会の完走も問題ないと思われます。

すでに限界です。

19㎞地点のエイド。すでに疲れ切っています。

主催者の何朗(フーラン)は中国の名門中の名門大学である清華大学を卒業し、その後ノルウエーで4年間働いていたという31歳のランナー兼アルピニストです。蚊取り線香塾関係者に10人限定で優先エントリー権を確保してほしいと希望したところ、この大会は一般的なランナーに人気が出るとは思えないので何人でも好きなだけ権利をあげるといわれました。なお彼は来年は東洋のアルプスと言われる風光明媚な四姑娘山周辺でのレースの開催も目指しています。

今年は50㎞の部が約100人、約25㎞の部が160人、12㎞の体験の部が約60人でした。海外からの参加者は私一人で、かつ日本人も私一人でしたが、スタートゴール以外でも各エイドに日本語の通訳を配置してくれていました。小さな町で開催されるこじんまりした大会ですので、レースの前の晩は町のレストランなどで他の大会参加者とも顔を合わせることになり、交流を深めることができます。

2.大連100K(http://www.dl100k.com/) 4月開催

コースの大半から海を見ることができます。

コースの大半から海を見ることができます。

 

中国の著名かつ人気ランナーの于雷(ユイレイ)が主催。今年は中国在住の日本人が中心でしたが、大連在住のChina Trail の克さんの尽力で日本人合計23人が参加。日本から飛行機で3時間と近く、スタートゴールも町の中心からタクシーで20分前後と参加しやすいロケーションです。HK Vibram 100Kの主催者であるジャネットさんのサポートを受けて作った大会だけに、コースやエイドは HK Vibramに似ています(海、山、町、村を通過します)。100㎞の部の完走は結構きついですが(おそらくハセツネ15時間以内ぐらいが目安)、50㎞の部であればハセツネ18時間ぐらいでも完走できるかもしれません。レース後の表彰式での抽選の商品が豪華なこともこの大会の特徴です。ここもChiina Trail と蚊取り線香塾枠があります。

3.大理100k(ホームページは準備中です)10月開催

観光地として中国でもトップクラスの人気を誇る雲南省の大理周辺の山が舞台の100㎞レース。コースから夏でも雪をかぶり氷河のある山々を望めるはずです。ここも于雷が主催。参加したことはないので完走の難易度は不明です。China Trailと蚊取り線香塾枠15名確保しています。

4.三峡168K(http://www.china168k.com/)11月開催

中国で唯一のいわゆる100マイルレースです。この大会も主催は于雷。舞台になる三峡(宜昌)はダムのクルーズ等観光でも有名な景勝地です。Chian Trailと蚊取り線香塾の優先枠は15人です。

5.四姑娘山(60㎞、42㎞)(http://siguniang.new.chinarun.com)/ 11月開催

四川省西部のチベット高原東部で開催されるレースです。標高3200Mから5025Mの大姑娘山の頂上まで登り、そこから迂回してスタートに戻るかなり過酷なレース。昨年の完走率は10%でした。高所でのレースのためこのレースの距離かける2-3倍のレースと同程度のダメージがあると思われます。高度障害の危険等があり参加には厳しい条件が果たされていますが、蚊取り線香塾枠(10名)での参加者に限り塾の審査に合格すれば(不合格の場合には課題を提出して、それをクリアしていただければ)参加可能です。来年は100㎞の部も新設予定。主催者はラオジというランナー兼アルピニスト。

上記の大会だけでなく中国のトレイルランニングの大会にご興味のある方はメールでお問い合わせください。

China Trail   kmiyake77▢yahoo.co.jp (□を@に変更ください)

蚊取り線香塾  chamonixshinobu▢yahoo.co.jp(□を@に変更ください)