2018年UTMB参戦蚊取り線香ツアー(1,100ユーロプラン)募集のご案内

 

皆さま、こんにちは。

まだ2017年のUTMBの開催前ですが、来年2018年のツアーの一部プランの募集を行います。

今回募集するのは、2009年から行ってきた蚊取り線香ツアー独自のフルサービスのツアーでなく、飛行機で言えば若干LCC的な感じのツアーで、ホテル、現地での移動、24時間日本語サポート、毎日のツアーデスク利用のみの格安ツアーの8人限定(抽選があるので16人までお受けします)です。

LCC的といっても他社のツアーに含まれているサービス内容はすべてカバーしており、あくまで蚊取り線香ツアーの標準的な内容から人によっては必要がないと思われるサービスを取り除いたものです。サービス内容については通常のプランのツアー同様自信をもっています。

この時期に募集をする理由ですが、シャモニは基本的に宿泊施設が売り手市場で、年末ぐらいから予約が取りにくなり、また値段も上がり始め、UTMBの抽選結果の発表後ですと、ロケーションがよくお得感のあるアパートの予約が非常にむずかしくなったり、契約価格が大幅に上がったりするため、その前に宿泊施設との契約を済ませておくためです。

8人に限定するのは、私の希望としては蚊通り線香ツアーでしかできないフルサービスのツアーに参加してレースだけでなくシャモニ滞在を楽しんでいただきたいのですが、今年も何人かの方からお問い合わせがあった、現地滞在中の観光や食事等はあまり楽しまなくてもいいので、どうしても安い費用でUTMBに参戦したいという人向けの対応のためです。

お申し込みになられても、抽選に外れてしまった方は無条件でまた一切費用が掛かることなく、キャンセル可能です。

詳細を下記しますので来年の参戦を考えていらっしゃる方はぜひご検討ください。

またこのプラン以外にも毎年行っていますスタンダードプラン(ホテル宿泊 16名 20万5千円前後)、超豪華アパート滞在プラン(10名 24万円前後) 豪華アパート滞在プラン(4名21万5千円前後)、ペンション滞在プラン(4名 21万円5千円前後)、ホームステイプラン(4名 19万円前後)、バジェットプラン(4名 17万円前後)も行い(価格は1€=125円前後の時の予定価格です)、こちらについては2017年12月に価格その他を発表予定です。

1.日程

UTMBスタートの週の火曜日に日本出発、UTMB終了翌日の月曜日に現地出発、火曜日に日本到着の6泊8日

2.価格

1.1,100ユーロ(2人でお申し込みの場合)。一人のお申し込みの場合は追加料金(150-200ユーロ)がかかる場合があります。
相部屋希望者が見つかった場合には追加料金は必要ありません。
そのほかに日本ジュネーブ間の飛行機代金(8万円ー12万円)程度がかかり、エアチケットはこちらから指定する便をご自身でご購入いただきます。指定便以外でも構いませんが、その場合は別途予約制バスの費用が片道30ユーロ程度必要です。

3.お支払い

申し込み後5日以内に申込金5万円のお振り込み。
2018年6月(若干日程の前後はあります)に残金のお振り込み

日本円の料金を決めるための為替の換算は、抽選発表日のTTM +1円50銭を使用します。

4.費用に含まれるもの

スタートからおよそ800m以内のアパートの宿泊費
ジュネーブーシャモニ間の専用バスの往復費用
毎朝のツアーデスク利用

24時間日本語サービス

5.フライト

2018年2月ごろにこちらで指定する便を予約していただきます。

6.通常の蚊取り線香ツアーとの違い

到着翌日の半日観光がありません。
期間中1回の出張シェフによる特別ディナーがありません。
朝食が付きません。

*特別ディナーや朝食、現地でのオプショナルツアー、出発前の練習会等は通常料金でご参加いただけます。

FBグループによる情報発信や質疑応答がありません(通常のお問い合わせはメールや電話で対応します)。
出発までの日本での催しや現地での行事に参加者向け割引が適用されません。
ツアーデスクで対応する場合で費用が発生する場合は原則として実費が必要です。
宿泊するバカンス用アパートのグレードが若干下がります(十分快適に過ごせるレベルのアパートです)。
日程の変更(短縮や延長)は原則としてお受けできません(内容により対応可能な場合があります。ご相談ください)。

これらのことからこのプランは、レースに参加に専念でき、ホテルや空港からの移動が確保され、緊急事に日本語対応のサポートがあれば他は必要ないので極力安く参加したいという方に適したツアーです。

7.定員
8名 (4人で催行します) 落選する方もいらっしゃるので、まずは16人までお受けします。

8.説明会

6月29日(木)と7月5日(水)の午後7時30分ー9時にJR四谷駅周辺を予定しています。

説明会の参加費は2,000円(ワンドリンク付き)で、その後お申し込みの方にはツアー料金から2,000円を値引きします。

9.キャンセル料

落選者に関しては抽選発表から10日以内にご連絡をいただければ申込金は全額返金します。 当選にももかかわらずキャンセルの場合には、キャンセル料がかかります。 当選者のキャンセルの場合は、目安として3月31日までのキャンセルは5千円、4月は2万円、5月は3万円、6月以降は別途相談です。

10.申し込み締め切り

2017年7月20日 午後6時

11.お問い合わせ、お申込み

2017年7月20日までにメール(chamonixshinobu□yahoo co.jp □を@に変換ください)でお願いしますでご連絡ください。

ご検討をよろしくお願いします。


UTMB 完走のためのヒント その3

皆さま、こんにちは。

今日は2番目に大切な「事前の予定通りの時間で山を歩く練習」について書いてみます。

なぜこの練習が必要かというと、完走を狙う多くの人にとっては、UTMBは初めてかつ42時間程度以上での完走を考えていると思われるからです。

この場合前半の各関門はすべて制限時間15分ー30分前程度で通過する必要があります。

あまり早く通過するイコール飛ばしすぎなので後半動けなくなるので禁物です。ただゆっくりすぎると31㎞のコンタミンの関門でひっかかってしまう可能性もかなり高いです。

ですから各通過エイドをレース前に考えた予定(作戦)通り進む必要があります。

そうでないと早すぎ=飛ばしすぎで後半ばててリタイア、ゆっくりしすぎ=思わぬところで関門の制限時間に引っかかり強制的にリタイアになってしまいます。

失敗する人の共通点は各エイドの間を飛ばしすぎて、(初めてのコースでどの程度の時間で次のエイドまで行けるかがわからないため安全を見て少し無理とも思えるハイペースで進み、結果として予定よりも早い時間に通過してしまいます)、そのことが実力以上の走りのため、後半動けなくなるパターンが多いです。

ただ事前に計画した予定通りに進むためには事前の練習が必要です。

ですから今後山に行くときは事前に距離が〇〇㎞、累積の登りが△△m、下りがXXmなら何時間何分で歩くと決め、その通りに歩く練習をした方が好ましいと思います。

難しいと思\われるかもしれませんが、普段から自分の歩くスピードのデータを取り、地図から山道の状態を推測し(地図を見れば初めての山道でも路面が固いのかやわらかいのかも判断できます。地図は決して分岐で右へ行くのか左に行くのか、この先下りになるといった情報を得るだけの道具ではありません。詳しくは登山経験のある人が書いた地図読みの本で勉強してください)計画を立てれば、何回か練習しているうちにできるようになります。

そんなことは無理だと思われるかもしれませんが、慣れれば10時間の行動で狂うのはせいぜい30分以内にはなります。私の場合は練習会に参加していだいている人はご存じのとおり、1.5-2時間ごとの各ポイントを5分程度の誤差で通過し、10時間で30-40㎞の練習を終えたところでの誤差も最大20分程度です。

40㎞の歩行で20分の誤差なら168㎞のUTMBでも最大1時間半程度なので、完走の確率は高いと思われます。

次回は私が個人的にどのように通過タイムを作成しているか、どのようにしてそのスケジュール通り歩いているかについて簡単に書いてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


安全講習会のご案内

皆さま

安全講習会のご案内です。

最近トレイルランニング用のセルフレスキュー講習会等安全に関する講習会が少しずつ増えてきています。
このこと自体は非常いいことだと思うのですが、内容が止血方法だったり熱射病や低体温症や捻挫の対応といったものだけで、一番重要な安全に山を歩くことや、怪我や病気の場合に、安全な場所あるいは救助隊や救助のヘリコプターが来ることが可能な場所まで移動させるという内容の講習が少ないように思います。

なぜこれが大切かといいますと、安全に歩けば怪我もしないですし、怪我をした場合止血しても、捻挫の手当てをしても、その場所にいる限り、冬ならば奥多摩の低山でも凍死する危険がありますし、そうでなくても怪我人、病人をなるべく楽なところに連れて行く、なるべく早く近くの山小屋や医療機関に連れていくことは非常に大切です。

また安全を確保する技術、特にセルフレスキューの技術を身に着けていれば、この夏に3000m級の山に登山の計画を立てている人も多いと思いますが、安心感が全然違います。
そのそうな訳ですのでトレイルランナーのためのセルフレスキュー講習会を行います。

この機会にセルフレスキューの基礎を身に着けてみませんか。

*日時

5月25日(木)午後8時ー10時

*場所

代々木上原駅周辺の予定です(お申込者に別途ご連絡します)。

*内容

危険な場所の通過のためのロープワーク。

怪我人、病人の運搬方法(ザック、サバイバルブランケット等を使う)
ロープ、ザックその他装備の安全確保のための使用方法。

手持ちの装備(ペットボトル、スーパーのビニール袋等を緊急時の装備としての使い方。

*持ち物

60㎝のテープシュリンゲ2本、150㎝のテープシュリンゲ2本、直径7㎜、または8㎜のロープ10m‐15m、バックパック(できれば40L以上のもの)、お持ちであれば登山用の比較的強度の高いストックとツエルト(装備については貸出等もあります)

*講師

蚊取り線香

*費用

3,000円(塾生、2017年UTMBツアー参加は1,000円割引)

*定員 12名 (5名以上で催行します)

*申し込み

5月20日(土)までにメール(chamonixshinobu□yahoo.co.jp  □を@に変更ください)でお申し込みください。


2017年蚊取り線香UTMBツアー(格安プラン)のご案内

皆様、こんにちは。

2017年のツアーはおかげさまで34人の方にお申し込みをいただき、 通常プランの今年の募集は、バカンス用アパートにお泊りいただく2人の枠を除き終了しました。

ただあと6人分だけアパートおさえているため 追加で以下の格安プランの募集をします。

蚊取り線香ツアー独自の細かいサポートはありませんが、 通常の旅行会社のツアーよりは丁寧かつ充実したサービスを提供します。

1、日程

8月29日ー9月5日(6泊8日)

2.価格

138,000円 (おひとりの参加でも追加料金はありません)

3.お支払い

*申し込み後5日以内に5万円のお振り込み。

*6月末までに残金のお振り込み

3.費用に含まれるもの

*スタートからおよそ500mのアパートの宿泊費               (2人用寝室3部屋、共同のキッチン、リビングあり)

*ジュネーブーシャモニ間の専用バスでの往復費用

*毎朝のツアーデスク利用

*24時間日本語サービス(夜間は緊急時のみ)

*蚊取り線香やほかの蚊取り線香ツアーサポートスタッフによる必要に応じた対応(通常のツアーの参加者の場合は基本的に24時間対面での対応ですが、このプランの場合は、原則は毎朝のツアーデスと電話での24時間対応が中心になります)。

4.フライト

専用バスに同乗いただく関係で、行きは9日20:50着のアエロフロート 2382便、帰りはジュネーブ発 のアエロフロートSU2381便をご利用いただきます。 4月25日現在エア代金は燃油サーチャージ、税金等を含めて12万円前後です。ほかのフライトを予約済みの方はご相談ください。

4.通常の蚊取り線香ツアーとの違い

*到着翌日の半日観光がありません。

*期間中1回の出張シェフによる特別ディナーがありません。

*朝食が付きません。

*FBグループによる情報発信や質疑応答がありません(通常のお問い合わせはメールや電話で対応します)。

*出発までの日本での催しや現地での行事にご参加の場合、ツアー参加者向け割引が適用されません。

*ツアーデスクで対応することで費用が発生する場合は原則として実費が必要です。

*宿泊するバカンス用アパートのグレードが若干下がります(十分快適に過ごせるレベルのアパートです)。 また通常プランのアパートに用意する電子レンジや炊飯器はありません。

*日程の変更(短縮や延長)は原則としてお受けできません(別途費用が掛かりますが、対応可能な場合があります。詳しくはお問い合わせください)。

これらのことから超バジェットプランは決まった日程で、レース参加に専念でき、ホテルや空港からの移動が確保され、 緊急事に日本語対応のサポートがあれば他のサービスはあまり必要ないので極力安くレースに参戦したいという方、特におひとりで参加の方に適したツアーです。

5.定員

6名 (3人で催行します)

6.申し込み締め切り

2017年5月20日 午後6時

7.お問い合わせ、お申込み

説明会を5月24日の夜に四谷周辺で行います。お問い合わせ等はメール(chamonixshinobu□yah_D810784oo co.jp □を@に変換ください)でお願いします。

8.2018年のUTMBツアーについて

スタンダードプラン(ホテル泊 6泊8日 198,000円前後 14人)、豪華アパートプラン(バカンス用アパート泊 6泊8日 Aアパート 240,000円前後 10人、  Bアパート210,000円前後 15人、ホームステイプラン(フランス人宅泊 6泊8日198,000円前後 4人)、バジェットプラン(アパート泊 6泊8日 178,000円前後 4人)に加え、2018年は超格安プラン(アパート泊 6泊8日 125,000円前後 6人ー8人)を予定しています。価格はツアー発表時の為替が1ユーロが120円前後の時の予定価格です。

超格安プランはアパートを早めにおさえる必要があるため(12月ごろからレースに参加するのに適したアパートが予約で埋まり始め、1月中旬の抽選結果が判明後は価格が高騰するためです)、2017年5月下旬ー9月中旬までの期間で募集します(詳しくは5月20日前後にブログでご案内します。2018年1月の抽選で落選した場合はキャンセル料なしでキャンセル可能です)。

その他のプランは2017年12月中旬に募集開始予定です。こちらも落選の場合はキャンセル料なしでキャンセル可能です。

以上ご検討をよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


VESPA斎藤様による補給講座のご案内

皆様、こんばんは。

4月1日に斎藤様によるロングトレイルのための補給講座を行っていただきます。

もともとは2017年蚊取り線香UTMBツアー参加者のために企画したのですが、20人までお受けいただけるとのことですので、ここでツアー参加者以外の方にも募集をかけることにしました。

翌日はハセツネ30kがありますし、4月以降レースも数多く開催されますので、パフォーマンスアップのために役立てていたきたいと考えています。

ご検討をよろしくお願いします。

【日時】

4月1日(土) 13:00-16:00

【場所】

JR横浜駅近く(参加者に個別にご案内します)

【講師】

斎藤通生様

【内容】

ロングトレイル完走のための補給方法

【会費】

2,400円(蚊取り線香塾生割引200円)

【定員】

20名

【お問い合わせ、お申し込み】

3月21日までにメール(chamonixshinobu□yahoo.co.jp □を@に変換ください)でお申し込みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017年UTMB完走のためのヒント&練習会のご案内

皆様、こんばんは。

UTMBまで早いものであと半年を切りました。今年もUTMB完走のためのヒントのようなものを書いてみます。

まず練習ですが、UTMB(TDS、CCC、OCC)を完走するためには、レースで起こるであろうことすべてに対応できるように事前に準備しておくことが練習だと私は考えています。ですからただ早く走るだけの練習や、長距離を走る練習はUTMB完走のためには練習ではないと思っていますし、これだけでは十分でありません

大体、UTMBのコースの半分だけでも走れる人などごくわずかで、たいていの人はひたすら歩くことになりますので、基本的に走る練習の重要度はあまり高くありません(もちろん意味がないというわけではありません)。

ではどんな練習が必要かというと、重要度の順で以下のような練習だと思います。

1.長時間ゆっくりと山を歩く練習(月に1-2回)

2.事前の予定通りの時間で山を歩く練習(山に行くときは必ず)

3.2晩寝ないで山を歩く練習(UTMBまでに2-3回)

4.長時間(長距離、できれば50㎞以上)固形物を取らずに山を歩く練習(UTMBまでに1回)

5.長距離(最低でも10㎞程度)をゆっくり走る練習(月に2-3回)

この5種類の練習をやっていけばUTMBはよほどのことがない限り完走できると思います。

では次回は1の【長時間ゆっくりと山を歩く練習】の内容について具体的に書いてみます。

次に練習会のご案内です。

【日時】

4月1日(土)-2日(日)

【コース】

ハセツネコース逆走 (約73㎞、22-24時間)

【集合、解散】

4月1日 JR武蔵五日市駅改札口 午後6時集合、4月2日JR武蔵五日市駅 午後6時30分ごろ解散(集合時間は若干の変更の可能性があります)

【練習内容】

ロングレースに備えてシーズン初めなので、まずはゆっくりとハセツネコースを1周して、長距離歩くことと長距離の歩き方にになれる。

22-24時間という比較的ゆっくりしたペースの歩行のため、歩きながらUTMBやシャモ二に関するご質問もお受けします。

途中35㎞の鞘口経由都民の森へ下山していただいても結構です。

【参加資格】

ハセツネ時間内の完走経験かフルマラソンで5時間15分以内の完走経験

【費用】

一般9,000円、蚊取り線香塾塾生7,500円、2017年ツアー参加者7,000円 都民の森のコースの方はそれぞれの価格から4,000円引き。

【定員】

12名

【最少催行人数】

6名

【その他】

テクニカ様のご協力でご希望の方はINFERNO X-LITE 3.0(インフェルノエックスライト)の試し履きが可能です。

【申し込み】

3月26日までにメール(chamonixshinobu  □yahoo.co.jp □を@に変更ください)でお申し込みください。

 

 

 

 

 


2017年UTMB完走のための蚊取り線香ツアーについての補足説明等

皆様、こんにちは。

1月16日にUTMBツアーの募集についてご案内をし、多くの方からお問い合わせをいただいています。

いただくご質問の内容が同じことが多いため、ご質問の多かったことについてここで再度ご説明します。

1.まず日程ですが、6泊8日、9泊11日以外でもご参加できます。

またお1人(相部屋ご希望でも、お1人で1部屋利用をご希望でも問題ありません)でも、3人以上(この場合も3人で1部屋利用でも複数の部屋でも問題ありません)のグループでも、費用の変動はありますがお申込みいただけます。必ず2人1組でお申込みになる必要はありません。

値段を含めた詳しいことは1月16日のブログに書いてありますので、もう一度お読みになってください。

http://mountain-ma.com/katorisenko/2017/01/16/2017%e5%b9%b4%e8%9a%8a%e5%8f%96%e3%82%

8a%e7%b7%9a%e9%a6%99utmb%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%81%ae%

e3%81%94%e6%a1%88%e5%86%85/

2.次に朝食が付くかというご質問が多いですが、ホテルの場合は付きます。バカンス用アパート等は、朝食が付く場合(有料と無料との両方あり)と付かない場合とがあります。バジェットプランとホームステイプランには朝食は必ず付きます。

また朝食に関しては、アパ―トの近くのの喫茶店や朝食がおいしくて評判のホテルに出かけて行って食べるのもいいと思います。

また夕食は期間中に1回、プロのシェフにアパートに来ていただいて、かなり豪華な和食の晩ご飯を無料でご提供します。またそれ以外でもご希望があれば、別料金になりますが毎日プロの作った夕食を召し上がることが可能です。

3.毎年ものすごく多くの方からいただくのが、電子レンジと炊飯器についての質問です。

フランスではあまり電子レンジを使う習慣がないため、ホテルはもちろんのこと、バカンス用アパート等でも電子レンジは基本ありません。

お米の料理の仕方も違うため炊飯器もありません。

毎年ご要望が多いので、現地の友人に期間中電子レンジと炊飯器をお借りしていますが、蚊取り線香ツアーはいくつかの宿泊場所に分かれて滞在するため、すべての宿泊設備に電子レンジと炊飯器を置くことは出来ません。

今年電子レンジと炊飯器を使えるのは、アパートプランA 、B、ホームステイプラン、雑魚寝プランで、それ以外のアパートとホテルには電子レンジはありません。ちなみにホテルでは火気厳禁です。

またアパートや料理に関して言えば、お湯が沸かせるかとか、包丁や鍋があるかなどという質問も多いですが、アパートですから料理に必要なもの以外でも、通常の生活に必要なもの例えば洗濯機やテレビなどはすべてそろっています。

現在のところのお申し込みの状況ですが、ホテルの1部屋を1人で利用するプランはすでに部屋数をオーバーしており、現在ホテルと交渉中です。

ホームステイプランは定員に達しており(どうしてもという方はメールでご相談ください。ただし女性限定)、雑魚寝プランは空きが一人(こちらもどうしてもという方はご連絡ください。こちらは男女とも可)です。

アパートとホテルの、相部屋、あるいはお2人で申し込むプランはまだ十分空きがあります。

何かご質問等がありましたら、メール(chamonixshinobu□yahoo.co.jp □を@に変えてください)でご質問をいただきますようよろしくお願いします。


2017年参加UTMB的中国跑步选手及其援助者的旅行团招募介绍(蚊取り線香塾)

【2017蚊香环勃朗峰超级越野赛(UTMB)团体旅行】

为2017年环勃朗峰越野赛(UTMB)旅游团的中国参加者,援助者提供24小时中文援助。

。

* 8天团:8月29-日-9月5日

* 11天团:8月26日–9月5日

☆根据参加的比赛另外接受个别安排。
☆准备了很多在当地的免费服务。

费用如下:

8天团:RMB11,750(从到达日内瓦到日内瓦出发为止的安排费用)
*飞机票除外。

一人一房补房价差额RMB2,550。(可以把单独一人来参加的队员介绍给希望合住的队员。合住的话不需要补费用)

11天团:RMB13,550(从到达日内瓦到日内瓦出发为止的安排费用)
*飞机票除外。
一人一房补房价差额RMB3,800。(可以把单独一人来参加的队员介绍给希望合住的队员。合住的话不需要补费用)
蚊香团的优点:一个人来参加的话补的费用便宜,会介绍希望同住的人。团费不同于其他公司虽然是走北线但是是UTMB团中最便宜的
飞机票1月25日北线航班约RMB5,000左右+免燃油附加费(在考虑订荷兰航空,德国航空的北线航班)

普通旅游公司团的总费用大概是:团费RMB11,750+机票费RMB5,000=RMB16,750+燃油附加费RMB400左右 如果有需要的话可以帮忙预订机票。

利用去霞慕尼50次以上的经验、当地的人脉和UTMB、TDS、CCC、香港VIBRAM100K走完全程的技巧为参加的跑步者与其家庭提供最合适的服务直到旅行团行程结束。
在这里重复一遍,本人对今年旅行团的便宜的价格和充实的内容非常有自信。
首先免费服务如下:

1.逗留在霞慕尼宾馆的早餐免费(如果是公寓式,木屋式宾馆的话有时会收费)

2.到达的第二天上午观光(用索道登上能展望到勃朗峰群山的格雷万Brevin,有居住在霞慕尼的越野跑步的嘉宾陪同) 一边观光一边讲解逗留在霞慕尼的招待内容和UTMB相关事宜。

3.逗留期间举行一次欢迎晚宴。晚宴时将请居住在霞慕尼对大会熟悉的嘉宾来讲解。

4.每天早上由居住在霞慕尼的日本越野跑步选手设蚊香旅游咨询台。对应当日往返团的计划安排、徒步郊游线路的介绍、推荐餐厅的预约,其他任何事
5.24小时普通语对应(夜间只在紧急时)

6.出发前接受无限制邮件提问

提供最少4件、总共10件以上的免费服务(剩余的4件服务内容将于3月发布)

收费服务如下:

1.预习路线(从起点到31莱孔塔米纳Les contamins为止这段速度分配是比较难的部分,并且要点在于驾驶车前行时要确认地面状况。到时会请熟悉路线的日本越野跑步的嘉宾陪同)

2.线路试走(试走比赛后半部分一个人因为交通工具、费用的关系难以行进的线路约10–20㎞。 在正式比赛时能事先知道后半段线路是非常有利的。)

3.在马特洪峰(Matterhorn)有名的避暑地,策马特(Zermatt)、米兰(Milan)实行当日往返团。(个人当天来回不仅困难而且交通费也大幅上涨)

4.援助(饭团,茶泡饭,味増汤,泡菜,茶水)

5.比赛前一天,举行短程(约1小时30分钟–2小时)的夜间越野跑,
以照明,防寒工具为首的装备等,身体状况的最后检查。)

6.在此之前举行2–3次UTMB对策练习会 日期预定在4月,6月,7月

其他另有最少4件,总共10件以上收费,团费内的援助。(剩余的援助内容3月发布)

旅游团报名前(2月4日–大阪,2月5日–东京、3月14日–香港前后、3月25日前后–上海)举行说明会。费用RMB120(送饮料)报团者返还说明会的RMB120。不能参加说明会的人可以通过邮件,电话进行说明。

很高兴参团的比赛当选人也能成为我们蚊香团的研讨对象。我们将全力援助参团者走完比赛全程并让逗留在霞慕尼期间的内容更加丰富。

咨询,报名请邮件至chamonixshinobu@yahoo.co,jp

 

蚊香的自我介绍

1958年出生 日本人 男性

14199736_293451077713803_8248629213999430436_n

 

1971年起正式开始登山运动、登顶过日本和欧洲阿尔卑斯多处山脉,
导游经验丰富(Mont Blanc勃朗峰、Matterhorn马洪特峰、穂高岳等)
2006年起开始越野跑步,参加过UTMB、CCC、TDS、香港Vibram100k 等大赛并走完全程。

2009年之后每年为UTMB的参加者组织蚊香旅游团,
为在UTMB中能走完全程事先开展练习会并提供情报而得到好评。

去年的参加者有27人(+在当地参加一部分活动的人17人)。


2017UTMBツアー説明会(大阪名古屋浜松)と練習会(京都)

皆様、こんにちは。

先日東京でツアー説明会を行い、1月25日と2月5日にも再度東京で行う予定ですが、大阪、名古屋地区の方からもお問い合わせをいただいていますので、以下の日時で説明会を行います。

ツアーに参加してUTMBに参戦を考えている方は、こちらの説明会にもぜひいらしてください。

1.蚊取り線香ツアー説明会(大阪、名古屋、浜松)

日時】

2月4日(土) 17:30-19:00(大阪)

2月5日(日) 9:00-10:30(名古屋)

2月5日(日)13:30-15:00(浜松)

2月5日(日)19:00-20:30(東京)

【場所】

1.ご参加いただく人数にもよりますが、新大阪駅周辺のレンタル会議室を考えています。

2.3.名古屋、浜松のご参加者はごくわずかだと思われますので、駅の改札で待ち合わせをして、近くの喫茶店で行おうと考えています。

4.四ツ谷駅周辺を考えています。

【参加費】

3,000円 ※ワンドリンク付 後日ツアーにお申し込みにいなられた場合にはこの3,000円をツアー料金から割引します。

4は2,000円でツアー参加の場合はこの金額を割引します。

【定員】

1.2.3.4とも特になし。

【お申し込み】

参加希望の方は、2月2日の午後10時までにメール(chamonixshinobu□yahoo.co.jp ※□を@に変えてくださ い)での事前申込みの上、当日5分前までに開催場所にお越しください。

2.トレラン練習会(京都)

【日時】

2月4日(土) 10:00-16:00

【集合】

9時55分国際会館駅改札口

【コース】

国際会館駅→比叡山→横高山→大原→瓢箪崩→国際会館駅(歩行約5-6時間、距離約21㎞、+1,200m)

【ナビゲーター】

増成さん (2014年UTMB完走の蚊取り線香塾塾生)

【練習内容】

UTMB等のロングレース対策のため、ゆっくり歩きながら長距離向けの足の置き方や体の移動方法を練習します。 歩きながらUTMBについての情報もお話しします。

【参加資格】

10㎞を60分以内で走れること。

【定員】

12名

【費用】

4,000円(蚊取り線香塾生割引き500円)

【申し込み】

参加希望の方は、2月2日の午後10時までにメール(chamonixshinobu□yahoo.co.jp ※□を@に変えてくださ い)でお申し込みください。

皆様のご参加をお待ちしています。


ネパールのレースに参加しました

皆様、こんにちは。

交通事故による膝のけがで5月以降レースに全く出ていませんでしたが、多少痛みが和らいできたので先日久しぶりにレースに出てきました。

まだ長い距離はつらいので50㎞のレースです。

参加したのはAnnapuruna 100K (開催地はネパールのポカラ周辺、https://annapurna100.com/)という毎年10月に開催されるレースで、私が参加したのは50㎞のカテゴリーです。

アンアンプルナというヒマラヤの8千メーター峰のふもとを走るので、コース上からも時々美しいヒマラヤの山々を眺めることが出来ます。

アンナプルナ山群です

アンナプルナ山群です

 

参加者は100㎞と50㎞の両方を合わせて100人ぐらいのこじんまりした大会です。イギリス人が主催者のためマーキングや運営が日本とはだいぶ違います(=良くも悪くもかなりいい加減、フレキシブルです)。

ですから申し込みが締め切りより遅れても、支払いをしていなくても、入山許可を取得するための必要な書類を提出していなくても、前日までに現地に入れば参加させてもらえます(次回からは主催者に余分な手間をかけないようにちゃんと対応しようと思っています)。

また前日の夕方のブリーフィングでは、「コースマークは50-100ⅿごとにあるが、村の子供たちがとってしまうので(明るいオレンジ色できれいなので、ハチマキやリボンや首飾りにするとのことでした)結果的にマーカーがないところが多いので例年コースミスが多い」「そのため一応コース上の石にもスプレーでマーキングをしたが、雨で消えてしまった年もある」「だからGPSを持っていくように、ただGPSを持っていても間違うので各自何とかしてゴールまでたどりつくように」「毎年怪我人が出るので、傾斜のきつい滑りやすいところは走らずに、平らなところだけ走るように」とのトレラン大会らしくない注意事項もありました。

さてレースです。

地図も印刷せず、GPSなどという文明の利器も持っていない私はいつも通り最後尾のランナーが見える範囲内に何とかついていき、運が良ければ時間内にゴールするという作戦でスタートです。

最初のCPのある8㎞ぐらいまでは平たんのところが多く、最後尾の女性がキロ7分ぐらい(=ほぼ私の全力疾走)で走っているためついていくのが非常に困難で、コースを確認するゆとりもなく、チェックポイントを過ぎて2-3㎞で頑張りすぎて道を間違え(前しか見ておらず、左折するところを全力で、といってもキロ7分ですが、真っすぐ進んでしまいました)ここで前のランナーを見失い、ブリーフィング通りコースマークが時々なくなるので、ともかく本能で進みます。

20㎞のCPまではコース上を走っていたようですが、その後5㎞ぐらい全くマーキングがありません。どう考えても間違えたとしか思えないので、何とかしてゴールかスタート地点まで帰れないかと思いながら走っていると突然大量のマーキングが出てきました。

そこで気を取りなおして前に進みますが、またすぐにマークがなくなります。30㎞ぐらいは走ったと思われるところで、珍しく体力にはゆとりがあったのですが、チェックポイントを探すことが出来なかったため水がなくなり、安全を考えてリタイアすることにしました。

ただリタイアするにしても自分がどこにいるかもわからず、どちらの方向に行ったらいいのかも見当がつきません。運よくそこでたまたま100ⅿぐらい下に家が一軒見えたので、そこに行きゴール地点にどうしたらいけるかと聞いたところ、歩き1時間+車で5-6時間なのでスタート地点に戻るほうがいいとのアドバイスをもらい、あとはこの家の人と主催者やレースのスタッフと電話でやり取りをしてもらい、私一人では道が分からないだろうという理由で5-6㎞先の車が入れる道のある村が見えるところまで送ってもらいました。

この後いろいろあり、村の少年とレースのネパール人スタッフの活躍でやっとのことで無事ホテルに戻れたのですが、書くと長くなってしまうので割愛しますが、リタイア後の出来事も含めとてもいいレースで絶対に来年も参加しようと思いました。

もし気が向けば来年は蚊取り線香ツアーも企画しますので、ぜひご一緒にいかがでしょう。

なおこのレースの主催者はネパールのトレイルランナーにトレラン用のバックパックや水筒を寄付しており(当日スタート地点に手ぶらで来る参加者が多いので、安全の確保のため必要装備を入れることが出来るバックパックの使用を勧めて希望者に渡しています)、海外のランナーからの古くなって使わなくなった物の寄付を募っています。今回私は友人の協力を得て20ほどのバックパックや水筒をお渡しすることが出来ました。

皆様の中で使わなくなったバックパックがあればぜひ寄付をお願いしたく、メール(chamonixshinobu□yahoo.co.jp □を@に変換ください)ご連絡いただければたいへんありがたいです。よろしくお願いします。