奥秩父主脈縦走路(分水嶺トレイル)


この記事の翌年の5月に、ルートを外したポイントへ行って再確認しています。ご参考に。(リンク) 

まず最初に謝らなくてはならない。正直なところ、この山域にあまり良いイメージを持っていませんでした。結局、ブランド志向というか、人気のある南北アルプスに目を奪われて、この奥秩父の山々に行く機会をつくらなかった。あるいは、2010年夏の笠取山北側にあるブドウ沢での多重遭難事故(沢登での滑落事故と救助ヘリの墜落)の印象が強く残り、怖い山、と自分にブレーキをかけていたこともある。一方、トランスジャパンアルプスレース(TJAR)が憧れの存在として世間に注目される中、同じ主催で行われる分水嶺トレイルの認知度が上がり、チャレンジする方が私の周囲にもちらほらと。縦走競技としての分水嶺トレイルには、同じMMAブロガーから、はしもとみきさん、Run Boys Run Girls の桑原慶さんが参加されており、ブログにも綴っているのでそちらを参考に。もちろんレース形式もよいのですが、ぜひ一度は、夜間走なし、ランナーの走力ならファストパック形式での縦走をお勧めします。このブログには時系列的に印象に残った風景の写真と出来事をつらつらとまとまりなく。長文駄文で失礼します。私の細かいルート設定や時間などは記載しておりません。距離と高低差から、あるいは山地図のCT(コースタイム)からの短縮率で、ご自分のプランを作成することを強くお勧めします。一般登山道として整備が行き届いている区間と、そうでない区間が点在します。ワンアクシデントあっても必ずテン場へ到着できるプランとしてください。もちろんエスケープルートの事前チェックも。そうすれば気持ちにも余裕ができ楽しみも倍増するでしょう。

 

image

いきなり最初の雲取山はカット(笑)バスの終点、鴨沢西からロードを西へ少し行くと、丹波天平(でんでいろ)、サオラ(サオウラ)峠へと登る親川という登山口がある。ここはTGG(多摩川源流ぐるり)のスタート?踏み跡の薄さから入山者の少ないことがよくわかる。にも関わらず、人工林の部分はきれいに間伐され、雨にも関わらず光が入る美しいトレイルが続く。下りならば思わず走りたくなる区間だ。

image

image

竜の背中のようなゴツゴツとした岩場が最初のピーク、飛龍山(大洞山)の由来らしい。風雨がひどく慎重に歩を進める。初日の幕営地、将監峠につくとテント場は水没状態。迷わず小屋素泊まり泊に変更(笑)30畳はあるかと思われる大部屋に、逆方向から分水嶺トレイルを走ってきたランナーと2人だけという贅沢でした。このランナーの方、自分がコラムを書いている「コース徹底攻略ガイド」を読まれており、ちょっと嬉しいやら恥ずかしいやら。また、この先の笠取山へのルートは尾根道と巻き道の選択があるが、巻き道は今年の大雪でかなり荒れており、さらにここ数日の雨で沢の増水が危険という情報をいただいた。分水嶺を瑞牆(みずがき)から走ってきた走力のあるランナーが山地図のCTより時間を要したという。(今年の分水嶺トレイルでは巻き道の指示)小屋のオヤジさんも「結局、尾根道の方がはえーずら」と言われたので、尾根道を選択することを寝る前に決断、大雨の中、ぐっすりと睡眠。TJARの選手のみなさん、ごめんなさい。このルート判断が正しかったどうかの評価は迷うところ。理由は下記に。

image

朝一番の美しいトレイル。スーパームーンが近い暦だったからか、早朝でも月が光っていた。上の写真を拡大すると…

image

時折開ける眺望は印象的。

image

 

笠取山へ向かう尾根道を順調に進むと、急にトレースが薮で見えなくなった。背は高くなく、膝下程度なので、薮漕ぎ、というほどではないが、トレースが見えなくなるというもの。不安になりGPSで確認すると、コースから外れて、地図上の一点鎖線、埼玉と山梨の県境に沿って自分が移動している。(下に添付)一旦、GPSがオントラックになるポイントまで戻り、うっすらと踏み跡のある別のトレースを進む。ここで、きちんと紙の地図を取り出し整置して方位を確認することを怠り、さらにスマホ上の地図の地形を読み誤っている。さっと画面を見たところでは、谷のボトムの少し上部、つまり枯れ沢に沿うようなトレイルをイメージしたのだが、後に地図をよくみると、コースの北側にも小さな谷線があり、トレイルは低い尾根地形上を通っている。下のスクリーンショットは谷地形のボトムまで下りた時のGPS画面と、その時の写真。image

image

そのまま下りると、また薮が深くなり、私と同じミスをする人が多いのか、塞ぐ目印が出た。これって、沢に迷い込んで遭難する典型的なパターンですね。image低い尾根地形上にでるみるとしっかりとしたトレースがあり、GPSはオントラックを示す。

image

つまり、最初に不安に感じて確認したGPSの軌跡は誤差かアプリのバグか?よく考えてみると、その確認したポイントの地形は、明らかに黒槐(くろえんじゅ)へのピークへ登る傾斜(県境に沿って)ではなく、 等高線に沿ってピークを巻きながら、ほぼ水平に移動するものだった。つまり地図と合致する。GPSを過信し、地図読みを怠ったことで結構な時間、薮の中の複数のトレースをうろうろしてしまった。GPSはあくまでもに二次的な確認にのみ使うものとし、紙の地図をきちんと整置して読むべしということを身を持って経験したことになる。登山用のGPSならもっと精度は高いのでしょうが、スマホのアプリ程度に命は預けられませんね。バッテリーが切れればそれで終了ですし、もちろんOMMでは使用不可。レベルの低い初歩的なお恥ずかしいミスで、書こうかどうか迷いましたが、悪い見本としてご参考にしていただければと思います。

分水嶺(多摩川、荒川、富士川の3つ)はそれらしき雰囲気のあるところに現れた。よくある突然ではありません。残念ながら上記の藪漕ぎで時間を費やしてしまったので、巻き道沿いにあるの水干(みずひ、多摩川の最初の1滴)のポイントには寄らず。お楽しみは次回に。

image

 

時間が止まったような林業者の廃工作機械。戦後の木材需要と歴史の一端を垣間見る。

image

image

 

甲武信ヶ岳(2,380m)に向けて高度を上げると、白浜に岩が並ぶ庭園のような風景、プチ鳳凰三山のような景色の賽ノ河原(さいのがわら)に着く。ガスが覆い、明日の天候が荒れる予感(泣)

image

甲武信小屋のテン場は北斜面だからだろうか、真夏でも寒かった。ダウンの上下とエスケープビビイをシュラフ代わりにしてちょうどよいぐらい。小屋の横には荒川の水源の碑がある。またぐっすり眠る。

image

 

次の日は雨となる。コースから北へ少し寄り道すると千曲川の水源がある。水源マニア(そんな人がいれば)にはたまらないだろう(笑)

image

甲武信ヶ岳と大弛(おおだるみ)峠の間の原生林が美しかった。広葉樹はダケカンバ、針葉樹はシラビソ(クリスマスツリーの木です)、地面には苔と背の低いシダ類が美しい。さほど大きなアップダウンはなく、思わず走り出す。しばらく心拍を上げていると、ふと苔むす森の美しさに気づいて足を止める。その繰り返し。

image

写真の木はお札が置いてあるので、ご神木だろう。撮らせていただきますと手を合わせて写した1枚。後ろに苔むす倒木がたくさん見えるが、大弛小屋のオヤジさんの話だと、50年ぐらい前に倒れた倒木がもうそろそろ土に帰ろうとしている頃だと。登山道整備の時も、美しい倒木は切らないそうだ。

金峰山(2,595m)に向けて高度を上げると、森林限界を超えてハイマツ帯となる。雨の森は美しいが、雨の岩場はご容赦願いたいところ。写真は金峰山の西にある五丈石。しばらく岩稜区間が続き、プチ北アルプスを呈す。マーキングがあまりなく、冷静にルートを判断して進む必要あり。

image

 

たどり着いた富士見平小屋は暖かかった。思わず小屋泊の誘惑にかられたが、テン泊を選択。そのかわり、お手製のスコーンと暖かい紅茶をいただいた。

image

 

ここ瑞牆山のエリアはクライミングのスポットあるが、前晩からの雨と、この日の天気予報からクライマーはゼロ。今度はぜひボルタリングで訪れたい。

image

桃太郎岩

image

山頂手前のローソク岩

レースとしての分水嶺トレイルはさらに西へ向かい、横尾山、飯盛山、を経て、獅子岩(清里)へ至る。自分のプランはもう1つのクライミングのスポット、小川山を経由して廻り目平へ下りる予定でしたが、その破線ルートが相当荒れていることと、横切る沢の増水がリスクという判断で撤退。というか、韮崎側へ下りる途中にある増富ラジウム鉱泉の誘惑に負けたというのが本当のところ(笑)富士見平小屋に戻って、地ビールで一息。「ここら辺の岩の初登はだいたい俺だよ」という小屋のオヤジさんと談笑、来年はオリジナルラベルの地ビールを出すそうです。

image

 

静かな山々と同化したようなファストパック縦走、レースとは別な山の楽しみ方としてお勧めです。自分もまだ勉強中ですがフィールドを広げて行きたいと思います。

 


2年目のジャンダルム Have fun and safe trail !!

image

 

7月連休の南アルプス縦走に続き、7月末は2泊3日の行程で、北アルプス、ジャンダルムへの山行でした。1年目は高度感と慣れない岩場の連続からしがみつくように登頂して涸沢へ戻った。ブログには自慢げに書いてはいるが、決して楽しめたとは言えない。今回は、昨年から、ボルダリングを始めたとこによって余裕度ができて、楽しみながら登ることができたことがなによりうれしい。多くの友人にはFace Bookでシェアしているので、このブログには岩稜区間での安全面の配慮に関して簡単に記述しておきたい。最近、山の事故の知らせが多く届く。自分の知り合いから、いや、このブログを読んでいただいている方から、この夏、これ以上、絶対に事故者がでないように願う次第です。

 

©エディ

 天候判断について

今回、西穂高から入り、西穂で1泊、ジャンダルムを登頂、奥穂高へ抜ける予定だったが、登頂日の天候が悪化する予報となる。そこで、短く、かつルートの難易度を少し下げて、初日にジャンダルムへの登頂プランへ変更した。天候に関しては天気図が読み込めれば一番よいのだろうが、それでも大まかな傾向は予測できても、細かい山域ごとの情報は、素直に気象予報士の予測を活用したほうがよいと思う。自分が利用しているのは、有料ではあるが山岳気象情報が得られるヤマテン(リンク)を利用している。一般の天気予報では麓の状況だけですし、よく利用される気象協会のTenki.JP(リンク)と比べると、さらに気象予報士による山域に合わせた細かいコメントがヤマテンの特徴。「飛騨側からガスが発生しやすい」とか、「西穂から奥穂の稜線上の風に注意」といった具体的コメントが判断の材料となる。後日、知人から話を聞けば、時間的には、オリジナルのルートでも初日の登頂は可能だったということだが、早めの小屋(テンバ)着を確実なものとする選択肢として、一番良い判断だったと信じている。

image

テントについて

OMMへのエントリ―が決まってから、ツエルト泊への意識が高まった。今回もツエルトかテントか迷ったが、ツエルト初心者の自分には、3000mクラスの稜線はちょっとまだ早いなと思い、UL系のテントを選択した次第。以前に、もう少し重量感のある山岳系ソロテントで暴風雨の中、一晩過ごしたことがあったが、今回のUL系テントの風に対する強度をテストをする良い機会となった。結果は良好! ネット上では、フレームが折れるなどのトラブルも報告されているが、多少の個体差や張り方にもよることだろう。ツエルトの軽さもいいが、テントの安心感を再認識した次第。

image

岩場での技術について

ジャンダルムや大キレットといった区間は、バリエーションルートではなく、山地図に記載されている一般登山道である以上、クライミング技術や、ボルタリングのムーブが必要ということではありません。それでも、岩稜経験者、あるいはガイドの同行が推薦されているのは、それだけ死亡事故が多いということ。自分が想像する滑落のパターンはマーカーを読み違えての滑落事故。これが圧倒的に多いのではないでしょうか? これはソロでの行動を避ける、そして2人以上の場合も、前をフォローするだけでなく、後ろにつく人も自らマーカーを読む相互チェックで防げるはず。だから、女性であっても、男性に「連れてって」という感覚は持たないでほしい。ここでは「ご一緒しましょう」です。

体力面、技術面ではボルダリングをやったことによって余裕度ができたと書いたが、具体的には、足場が限定される場合に、左右の足を踏みかえたり、手のホールドは上からつかむ(ガバ)以外にいろいろな取り方ができるようになっていること、そしてその余裕度から他の安全面に気を配れること。浮石、落石、同行者の様子、そしてなにより、自分自身が楽しい。必死にしがみつくだけだった昨年と比べると、一手一手を、楽に、安全にと考えながら登るのがとても楽しかった。そして、後から気づいたですが、写真を見ると、3点支持をできるだけいいバランスで保持しようとしている。上の写真は、右側が切り立ってはいるものの、靴幅2足分の幅は十分にあるトラバースなのですが、去年までなら、脚を楽に動かせるように、早めに片手は岩から離していると思う。今年は無意識のうちにボルダリングのトラバース課題のような感覚を持っていて両手を岩から切っていない。手前に鎖が写ってはいるが、鎖を使わず、易しいトラバース課題を登るような感覚を持っていたのでこういう写真になっていると思う。上に、クライミングやボルダリング技術は必要ないと書いたが、ただ登頂するだけなら必要はなくても、より安全に、楽しく登るならば身に付けておくとよいでしょう。

Have fun and safe trail !!

image

image

image

 

8/5 付記 最初に投稿した1枚の写真が最近の事故を想起させるものであり、一部の近親者 の方々には不快であった可能性は否定できません。写真を差し替えると同時にお詫び申し上げます。


富士登山駅伝 サポートの視点から

富士登山駅伝は、個人競走の富士登山競走と異なり、駅伝形式で御殿場ルートで行われる伝統ある大会だ。駅伝といえば、箱根駅伝、実業団駅伝など、自分の仕事柄、その裏舞台を垣間見ることがあるが、やはり駅伝はチーム戦であり、華やかな選手だけでなく、その何倍もの人と物が動いている。ということは、いわゆる人数と資金力、時間のあるチームが有利だ。究極の例だと、自動車のF1レースでは、ワークス(企業)チームが圧倒的に強い。この富士登山駅伝の場合、ワークスは自衛隊の各チーム、というのは言い過ぎだろうか? 普段は国防、災害救助に従事しているわけで、プロではないのだから、ワークスという比喩はあてはまらないかも知れないが、持って生まれた身体能力と日頃からの鍛錬は、やはりフィジカルエリートだ。そして統率のとれたサポート体制と集団行動は一般の部のチームを圧倒する。さらには一般の部でも、おおきな組織のロードランニングクラブが強い。ロード区間での速さはトレイルランナーではとても太刀打ちできない。出場しているのはロードランニングチームがほとんどであり、自分たちにとっては、いつものレースとは全く雰囲気の異なる、完全アウエイなのである。なにせ、ランシャツはインですから。(そこへ、裸で挑んでいたミニマリストサポートもいました。誰だかはわかるでしょう)

こんな車に挟まれたら(笑)

こんな車に挟まれたら….

チーム名が間違ってるし(笑)

監督!チーム名が間違ってるし(笑)

今回、自分がサポートする「すぽるちば」はその中でも精鋭を選抜し、サポート体制に関しては、先輩チームの平成山岳会、こあしす山民会のアドバイスをいただき、さらに、我々の経験不足を補うために、こあしす山民会との共同サポート体制をとなった。

今回、選手ではない自分のモチベーションがどこにあったかと考えると、初出場のチームが、いわば完全アウエーでどこまでやれるか、そしてプライベーターである自分のチームで、ワークス(自衛隊)を喰ってやる! というところだった。選手でなくても十分にモチベーションのある2日間となったわけです。

image

自分の担当したサポートは、4区と5区、7区と8区の中継点、標高2000mより少しあがった地点、2合8尺地点である。日出とともに、でできるだけよい場所をとるため、5合目太郎坊より、補給物資やスペース確保の資材を歩荷して4km 700mほど登る。ここで既に自衛隊を見つけては、勝手に勝負を挑んで抜き去っては喜んでいた(子供だな) ポイントでは待機する選手のストレスを取り除いてあげるのが役目。スペース確保、体温調整、補給、トイレの順番待ち代理、などなど、あっという間に時間は過ぎて行く。

image

監督であるのりさんが作成したタイムチャートと各地点からの連絡で、到着時間を予測する。正直言ってタイムチャートは初出場である自分たちにとっては机上論であり、過信してはいないか心配ではあった。ところが各区間の選手が少しづつ想定タイムを短縮していく。そういう意味では監督の各区間の設定タイムは、個人の性格も考慮した絶妙な設定だったのかもしれない。はたまた単なる偶然なのか(笑)? 山頂区間の西くん(チーム内最年少)が設定を数分上回るタイムで折り返してくる。選手が下り始めたら、あっという間だ。自分の担当した2合8勺は毎年、ダイブ、回転しながら襷渡しが行われる中継ポイントでもある。この7区、8区を見ていると、ランニングとは全く別の競技であることに気付く。腕を上げてバランスを取りながら、空中を落ちていく、そんな表現しかできない。自分には絶対無理だ(笑)

相変わらずまとまり感のないところが、いいところ。選手だけのかっこいい写真は他の方のブログで(笑)

相変わらずまとまり感のないところがいいところ。選手だけのかっこいい写真は他の方のブログで(笑) ナミネムくんが書くでしょう。

公式リザルトをまだ確認できていないが、4:29ほど。次回大会出場シードとなる4:40を大きく上回り、一般の部では20位番台、自衛隊とあわせた総合順位でも中位より上である。ワークスを喰ったのである。愉快痛快。そして選手達の充実した顔がとてもうれしい。自分はどうやらサポートという役目が性格的にも合っているように思える。たぶん、来年も山の区間でサポートしているだろうな。