見てみたかった風景(白沢峠の廃トラック)

自分は廃墟マニアではありません(笑)その手のものは怖いもの見たさでも近寄りたくないもの。でも、TGG多摩川源流ぐるり(プライベートイベント)でよく紹介されるあの廃トラックとその荷台から生える木は見てみたいと思っていた。なにか廃◯◯というとマイナスのオーラなんだけど、あまりにも周りの自然に抱き込まれているというか、上手く表現できないんだけど、不気味さより、好奇心、周りとのコントラスト(逆にとけ込んでいる?)の美しさみたいなものに興味があった。分水嶺トレイル(奥秩父主脈稜)を縦走したいという山好きランナー仲間と、雪が積もる前の奥秩父に入る前に、ちょっと寄り道につき合ってもらいました。縦走の様子はMMAディレクターでもあるエディさん(リンクはここをクリック)の最新ブログで

トラックは2台ある。白沢峠と、そこから笠取山方面へ向かう斉木峠の林道脇である。この2台のトラックと笠取山にある廃工作機械と合わせて戦後の木材需要を支えていたであろうものが、自然の中で朽ちていく光景としてセットになるのかもしれない。

夏に分水嶺トレイル(奥秩父主脈縦走)で見つけた工作機械。笠取山の西、分水嶺近くにある。

夏に分水嶺トレイル(奥秩父主脈縦走)で見つけた工作機械。笠取山の西、分水嶺近くにある。

image

アプローチはいくつかあるので自己責任で調べてください。

ネット上にあるトラックの写真は、新緑の頃や、緑が深い夏の写真が多いがこの秋の紅葉バージョンは見受けられない。これはちょっとした自慢かもしれません。トラックの荷台を突き抜けるように生えている後ろの木は山桜らしいが、その桜に染まったトラックの写真は探しても見当たらない。まあ、どうしてもというほどではないが、タイミングが合えばまた寄り道してみたいと思う。

image

image

 

image

 

左ハンドルなので、このトラックの車種が知りたくなり(どうでもいいことなんだけど、そこはおっさんになっても男の子、車とか乗り物類は知りたいんです)ネットで調べると、フォードという説とダッジ(クライスラー)という説があったが、自分が一番これではないかというのが、シボレー1 1/2t 説、ボンネットやその他のつくりはシボレー1/2tで、ダッジ説を有力にしているフロントのパーツ類は当時、中古市場に出回っていたものを流用したものという説。それでもフロントガラスのフレームが1枚と2枚で異なるので100%ではない。本当にどうでもいいことだ(笑)でも気になってしまう。

シボレー1/2tで検索すると、ある木材業者の社史のページにヒットする

シボレー1/2tで検索すると、ある木材業者の社史のページにヒットするが、ボンネットのカーブや全体の大きさが違う。イメージとしてはこんな感じだったということで。

image

こちらは間違いなくシボレー1/2t サイズ的にも大きいものではなくピックアップトラック的な大きさになる。荷台に人も乗せてあの林道を往復していたのだろうか。

斉木林道を笠取山方面へ向かう。紅葉が美しく、時折、防火帯として伐採された尾根が気持ちがよく、林道を外れて歩いた。

image

 

紅葉に染まる樹林帯を斉木峠へ、熊がついさっきまでいたであろう痕跡がたくさある。

紅葉に染まる樹林帯を斉木峠へ、熊が直前までまでいたであろう痕跡がたくさある。単独では行かないほうがいい。©キング

斉木林道を等間隔に置かれている熊の糞に気をつけながら歩いていると、忽然と大きなトラックが姿を現す。

image

image

 

こちらはマニアの間では車種は判別しているらしい。GMC社のCCKW-353 軍用車量として連合軍全体で世界で80万台が走っていたらしい。それが払い下げとなってここで活躍していたのでしょう。白沢峠にある1/2トンよりもかなり大きい2.5トン車、しかも6輪駆動!6輪駆動ですよ、そこの奥さん!乗って行きませんか?とナンパされたらどうします?

image

 

しかも現役で動いている動画を見つけました(クリックはここ)

なんでもマニアっているんですね(笑)そうなりたくはないけど、でもその気持ちはちょっとわかる。そういう自分も山の中160kmも走ろうとするちょっと(かなり)おかしい人であることは自覚してますよ。

このブログを見て、行ってみたいと思った皆さん、とりあえず、まーくーにはお気をつけて。自分たちはなぜか「冬のリビエラ」を歌いながら歩きました(笑)

 


ハセツネ渋滞問題

ブログ炎上しないことを願います(笑)

今年のハセツネは浅間峠で応援しました。もう自分は走ることはないだろうなあと思っていましたが、選手たちのいい表情をみると自分ももう一度走りたいという気持ちもどこかにあったり。ただ、どうしても、やはりあの名物、渋滞問題が腰を重くしてしまうのです。  

単純に入れすぎだろ!

いくつかの方法で渋滞は回避できても、逃げ場のないシングルトラックが多いあのコ-スに2千人以上が一斉に入るのが本当に正しいのだろうか? 天候が良ければさほど問題ないと個人的には思っていますが、雨の状態ではどうなのでしょうか? 自然の回復力とのバランスはどこがいいの? 今回、浅間峠まで走って向かいましたが、なんだかトレイルが痩せたなと感じたり、一方では市道分岐の後の崩れかけていた片斜面がしっかりとしたトレイルになっていたりと。(補修したのか、自然回復なのか定かではない)ここは賛否両論、諸説いろいろあるので、一旦除外して渋滞というポイントに絞って書きます。  

選手のモラルの問題では?

という自分も、昨年、結果としての実力より前に並んでいます。ただ目標とかけ離れてはいません。最初の橋へ向かう下りはキロ4で飛ばして、広徳寺の坂とその後のトレイルも全部走りました。最初の二股で渋滞になり止まったけど、変電所あたりはハ-フマラソン並みの心拍で飛ばして最初に歩いたのは今熊神社の階段を10段以上登ってからです。入山峠までは自分から歩くことはありませんでした。その後は背後に気配があるとすぐに譲って絶対に蓋になっていない自信はあります。市道分岐後の下りを過ぎると、譲っても先に行ってくれず、むしろ自分をペースメ-カ-として3~4人のパックで行くことが多かったかもしれません。おそらく主催者がこれまで有効な渋滞対策を講じなかったのは選手のモラルに一任していたからだとも思います。本来の理想論です。しかしながら、これだけ高速化、競技化(元々「競技」なわけですが、いっそうその色を濃くしている)しているにも関わらず、参加資格を春の30Kだけにしている以上、現実を直視すべきだと思うのです。そこまでのレ-ス経験がないランナ-もいるということ。そして序盤にシングルトラックが続くというコ-ス設定であるということです。

皆さんのFBを見ているとすぐにでも実施可能なアイデアが沢山ある  

持ちタイム制 これは春の30Kや前年のタイムで厳格にスタ-ト位置を決めるというもの。30Kがさらに渋滞するので根本的な解決にならないかもしれませんが。初参加の場合は、フルマラソンやハ-フマラソンの公認記録で振り分けるのもありだと思います。たしかにトレイル72kmとロードレ-スは大きくことなりますが、序盤で歩く歩かないはロ-ドの走力で判断できるはずです。  

ウエ-ブスタ-ト制 持ちタイム制とあわせて、12:00(エリ-ト、招待選手、グリ-ンゼッケンの100人前後、いわゆるサブ10)12:30( Aクラス、前半分) 13:00(Bクラス、後ろ半分)というウエーブスタ-ト制はどうだろうか。半分ずつでも少し詰まるかもしれませんが、Aクラスの走力ならば流れると思います。Bで止まらないようにするには全体の人数を絞らなければ無理かと思いますが、今よりはストレスが少ないはずです。ウエーブごとのグロスタイムとするしかないでしょうし、1つの競技として成立しないという矛盾を生じますが、現実あれだけ渋滞してしまっては、そもそも競技として成立させていいのかとも思います。ボランティアの皆さんの協力時間、関門での煩雑さはありますが、このまま放置しておくのはあまりにも選手たちが可哀そうに思えるのです。そして自分ももう一度、タイムという限界に挑戦しようという気持ちがそがれてしまうのです。

ハセツネはサブ15ぐらいまでの走力の人にはミドルレ-ス的走り方になるはずです。好き嫌いという志向(嗜好)の違いはあれど、ポイント間のラップタイムが明確になっている競技としての色が濃く、他に類がないレ-スなのは明らかです。一方、自分もかつてはそうであったように、後方の選手にとっては、ロングレ-スの登竜門だと思うのです。大切なことはハセツネが教えてくれた的な話は沢山聞きます。自分も初めてのハセツネはライトトラブルでオオダワで夜が明けるまでビビイにくるまってビバ-ク、そして21時間かけてのゴ-ルでした。それ以来、どんな山でもビビイは装備します。そういった制限時間の長いナイトランを含むレ-スは貴重だと思うのです。このミドル的な競技要素とロングの登竜門としての2面性を両立させていくには、もうそろそろ主催者もアイデアを出す時期だと思うのです。

通過タイム4時間ぐらいで東屋に灯りがともる。昨年、自分はこの時間に通過したけれど、そんな余裕はなかった。ただ応援者の励ましがうれしかった。

通過タイム4時間ぐらいで東屋に灯りがともる。昨年、自分はこの時間に通過したけれど、灯りを見る余裕はなかった。ただ応援者の励ましがうれしかった。

 

今回、浅間峠の東屋に灯る明かりがとてもきれいに見えました。自分が走っている時にはそんな余裕はありません。それに照らされる選手たちはさらにまぶしく、その選手たちの努力に報いるためにも、来年は主催者が試される年になるのではと思います。変革を願ってやみません。

アルピニスト長谷川恒男に敬意を表して

 

腰かけたのは失礼だったかな?  

腰かけたのは失礼だったかな? お許しください。


小海、走りました。

1周目、まだまだ元気、ただこの初回のオ-バ-ペ-スのツケを4周目に払うことになる。

1周目、まだまだ元気、ただこの初回のオ-バ-ペ-スのツケを4周目に払うことになる。それにしてもガリガリだった上半身がクライミングの影響か、しっかりとしてきた。脂肪量は変化してませんので。

 

結果としては100Kmとちょっとまで進んだ地点で自らドロップを決断しました。これまでの経験がこの5周回レ-スには役に立たなかった。当たり前だ。やってみればこれは別物。今回、完走した人は、この下につらつらと書いてある言い訳のような能書など言わず、走力とメンタルで押し切れる強いランナ-達だ。わずか27人、日本で初の周回100マイル完走者に称賛を!

 コ-スの核心部分に5回アタックする

この単純で当たり前の事実を頭では理解していが、具体的に身体がどういう状況になって、どういう対応が必要(メンタルも含めて)なのか、全くわかっていなかった。これまでのラウンドやワンウエイならば、体調の波があっても、制限時間内に上手くやり過ごすこともできる。なぜなら、核心といわれる登り区間は大抵2-3ヶ所、それも違ったサーフェ-ス、距離であり、そこまでの距離が長ければ、ペ-スを調整してもう一度立て直すこともできる。今回の核心部分はシャクナゲ尾根と次のコルまでの615m up、一歩も走れないような苔むす岩と倒木のトレイルの登りに5回アタックしなければならないのだ。そしてその区間をつなぐインタ-バル(と呼ぶには長いアップダウン)は走ろうと思えば走れる林道と舗装路であり、選手の脚を容赦なく削っていく。私自身、二晩越えのレ-スはどうしても体調の波がでるけれども、一晩越えのレ-スならばマネ-ジできるつもりでいた。そういう油断があった。

 

2周目をでていくところ。指貫のグロ-ブからフルに変えて、ウィンドストッパ-のベストを着る。補給も十分まわせていた(つもりだった)

3周目をでていくところ。指貫のグロ-ブからフルに変えて、ウィンドストッパ-のベストを短時間で着る。我ながら手馴れている。冷静だ。補給も十分まわせていた(つもりだった)

 

なんどもすれちがう変則ル-プ

自分の走力ではレ-ス中、顔を合わせることのない仲間、トップ選手とすれ違う。仲間同志で励まし合うことができる、離れていても一緒に走っているという気持ちになれるのが嬉しい。

優勝した平澤選手と、すれちがい、そして私が周回遅れになるときに、二言三言、会話できたのが印象的でした。普通のレ-スではあり得ないこと。

3周目後半から補給がまわせなくなっていた。これまでのレ-スならそれでも凌ぐことができたが、周回ごとに核心へアタックするこのレ-スでは通用しなかった。低血糖で動きが悪くなり、低体温になる前にと、途中でポイントまで自力下山を決断

4周目に突入。3周目後半から補給がまわせなくなっていた。これまでの100マイルレ-スならそれでも凌ぐことができたが、周回ごとに核心へアタックするこのレ-スでは通用しなかった。低血糖で動きが悪くなり、雨の中、低体温になる前にと、途中でポイントまで自力下山してドロップを宣言。付き添ってもらったペ-サ-に感謝。

 

ペ-サ-とボランティアに感謝

公募で来られていた幾人かの仲間も、地元の小海町の方と思われるスタッフも長時間、エイド、ポイント誘導をされていた。そして必ず声をかけてくれた。何度も通過するから顔を覚えてしまうくらい。昨年までの八ケ岳ス-パ-トレイルが中止になった経緯を考えれば、本当にありがたい。御味噌汁やお蕎麦もエイドにありました。ペ-サ-にはもっとペ-サ-としての楽しみを味わってもらいたかった。自分のペ-サ-の経験から、引っ張るのはやはり楽しいこと。今回はペ-サ-というより、スイ-パ-に近い役目をさせてしまったかな。それでも自分一人では冷静にならず、下りる判断ができなかったかもしれない。やはり感謝です。

エイドは華やかではないけれど、戻ってくるたび、通過するたびに必ず声をかけてくれた。誘導の方も、必ず声をかけてくれた。自分は疲れていて、上手く笑顔で応えられなかったかもしれない。

各エイドは華やかではないけれど、戻ってくるたび、通過するたびに必ず声をかけてくれた。誘導の方も、必ず声をかけてくれた。自分は疲れていて、上手く笑顔で応えられなかったかもしれない。

 

旅? ゲーム? 競技?

自分のレ-スに対する志向(嗜好)が変わってきている。これは山岳縦走をやることで、逆にトレイルランニングのレ-スには、走る気持ち良さや、ゲーム性を求めるようになってきている。2晩目の幻覚や睡魔に耐えるのではなくもう少し走りたい。走れるレ-スは単純に走力が低い自分には不向きと思っていた(実際にそうだ)が、自分はトップランナ-でもなく、表彰台を狙うわけでもない。他人と比較しての評価ではなく、これからも自分が気持ちがいいかどうか、楽しいかどうでレースを選んでいくことになるだろう。それは人によって、志向(嗜好)はちがうので、なにが正解というものはない。まあ、できればみんなでワイワイと行けたほうがいい。今回、何故、トラックレ-スでもないのに、つまらない(と思われがちな)ぐるぐる系トレイルレ-スにエントリ-するの? と沢山の人に聞かれたけれども、単純に経験したことがなく、一晩で終わるから。そして作戦(ペース、補給など)を立てることがゲームとして楽しそうだったから。ラウンドやワンウエイが「旅」ならば、周回レ-スは「ゲーム」でありエンタメだと思う。ただ、「競技」として、がんじがらめに規則でしばってほしくはない。サポ-ト制度やペ-サ-(できればその場で交代可能な)はどんどん取り入れて、装備を軽くして走りたい。たくさんの人とレ-スを楽しみたい。一方、参加者全員に公平な「競技」を否定しているわけはありません。選手やプロが育成されていくにはそういった側面も必要であるのだけれども(スノ-ボ-ドやスキ-モ-グルが良い例)自分にとって、トレイルランニングは「遊び」(かなり真剣な)だから、競技として上段に構えられると、ちょっとなえる。そいつはロ-ドレ-スでやっていきたい。

 

エンタ-テイメント性を高めてほしい

周回の良さは1か所に人を集めることができること。今回、チ-ムというカテゴリ-が追加されたがエントリ-はなかったのかな? 単純に周回レ-スに対するアレルギ-や告知期間の短さからだろう。この時期は人気レ-スがたくさん集中しており、複数人数のスケジュ-ルが合うというのは無理だったのだと思うが、来年はもっと多くの人に、それぞれ違った方法で楽しんでほしい。仲間とファンランも良し、ガチで100マイルもよし、それが同じル-プというレ-ス空間を共有できて、それを対面のすれちがいで感じることができるのは素晴らしいことだと思う。一部の、いわゆる変態(笑)の小規模集会に終わらせるのはもったいない。Start/Goal地点でなにかイベントも行うことで、レ-ス参加者はもちろん、それ以外の人も楽しめるといいだろう。町の特徴を生かせば、1日中賑やかにできるはず。OSJには壮大な「旅」よりも、新しいエンタ-テイメントとしてのアウトドアイベントの先駆者であってほしいと思うのです。これまでもそうであったように。