Tour de Tomo(T.D.T) 100miles

自分の7回目(内2本はDNF) となる100マイルを走りきることができた。自分たちの世代(年齢ではなく時代という意味で)は、激走モンブラン2009のDVDを観てモンブランを目指した世代と言っていい。自分は海外レースに参戦することはかなわなかったが、いつ開催されるかわからない第1回のウルトラトレイル マウントフジ(UTMF) を、わけもわからず(笑)目指した世代。とりわけ過酷さだけが強調され過ぎた感もある。実際にその練習も、先駆者となる一般市民ランナーがいないのだから、トップランナーのエッセンスをベースに組み立てていった。消化できたか否かは別として。そして、この世代の多くのランナーは転機を迎えている。家庭、仕事といった環境の変化はもちろん、自身の身体は歳とともに変化する。その中でどういう折り合いをつけて、生涯の趣味としてどう楽しんでいくことができるか、その解は人それぞれであり共通の答えはないだろう。

先月、 「それでもレースに出る理由」というブログを書いた。これは逆説的な表現であり、そこに集まる素晴らしい人たちと、そして時には一人で、山と向き合い、あるいはロードで心地良く心拍をあげることができれば、レースである必要もないと思っている。唯一、厳しさという点を除いては。

T.D.T100(リンクは動画)はレースではありません。北米の100マイルレースで活躍するIhara Tomokazu選手のプライベートペース走、そしてそこに集まる人たちのチャレンジと言っていい。多摩川河口のサロ門から多摩川沿いを遡上し、青梅市街を抜けて、山岳丘陵を走り、高水山のピークにたどり着く。そして同じ道を24時間以内でサロ門まで帰ってくるチャレンジだ。レースではないが、自分にとっては厳しいチャレンジ、そう、渡りに船、一石二鳥、自分がこれからも続けていくことができる理想の形なのかもしれない。ここ数年でトレイルランニングを取り巻く環境は大きく変化している。大きな大会で目標を達成することは素晴らしいことではあるけれども、それがすべてではない。生涯、緩やかに、そして時に厳しく、心に刻めるようなものを、皆さんも見つけてほしいと心から願う。

Tomokazu Ihara選手 トップランナーであり、熱い男として有名であるが、実は周りがよく見渡せるバランス感覚に優れた方、というのが私の印象です。

Tomokazu Ihara選手 トップランナーであり、熱い男として有名であるが、実は周りがよく見渡せるバランス感覚に優れた方、というのが私の印象です。

「怪我をしても、ハンガーノックになっても、ロストしても、すべて自業自得です、アーメン」という誓い(笑)実はそういうトラブルは100マイルの中で普通に起こること。そのとき正しい判断ができることは大切な競技力の1つ。

「怪我をしても、ハンガーノックになっても、ロストしても、すべて自業自得です、アーメン」という誓い(笑)実はそういうトラブルは100マイルの中で普通に起こること。そのとき正しい判断ができることは大切な競技力の1つ。

おしゃべりをしながらの集団走はTDTの最大の魅力。前回まで女子のSUB24達成者はいなかったのだが、今回はこのおしゃべり力をフルに発揮して集団走の力を活用してSUB24ラッシュになった。

巨人軍多摩川グランド跡地、現役時代の王、長嶋がここをランニングしていたなどと講釈たれると、もう爺さん扱いかな。それでも、おしゃべりをしながらの集団走はTDTの最大の魅力。前回まで女子のSUB24達成者はいなかったのだが、今回はこのおしゃべり力をフルに発揮してSUB24ラッシュになった。

レースではないので、本来はタイム計測の必要はないのですが、いろいろと最先端のことを試されていた。うーーん、これは書けない(笑)

レースではないので、本来はタイム計測の必要はないのですが、いろいろと最先端のことを試されていた。うーーん、これは書けない(笑)

https://trailregi.st/

40km地点でAnswer4のウエストから、ザックに変え、山の区間に備える。そんなに装備はいらんだろうと思われるだろうが、どうもこれは私の山に入るときの習性みたいなものなのです。

40km地点でAnswer4のウエストから、ザックに変え、山の区間に備える。そんなに装備はいらんだろうと思われるだろうが、どうもこれは私の山に入るときの習性みたいなものなのです。

5分でもいいから横になって、血流を内蔵へ戻す。俺のケツ、そんなに臭うか?

5分でもいいから横になって、血流を内蔵へ戻す。ワンちゃん、俺のこと好き?

A34V1975

購入できる参加賞のセンスがいい

10422958_10205659907609805_6933205341716893840_n

芝生と桜の花びらの絨毯を走る。序盤から徹底してアスファルトを避けてできるだけ脚を残した。反発がもらえない分、同じスピードだとエネルギーを消費してしまうが、速く走る必要はない。レースではないのだから。

A34V2004

60km地点 疲労がないと言えば嘘になるが、雨に打たれても表情は明るい。ここから、集団を離れ一人旅が始まる。予定通りのプランでもある。

映像をとっていたクルーも山の中での撮影はできないので参加者のFBの写真から。前回ロストした分岐と同じポイントで今回も他の参加者がロストしたことが悔やまれる。

高水山常福院にて。映像をとっていたクルーも山の中での撮影はできないので参加者のFBの写真から。前回自分がロストした分岐と同じポイントで、今回は他の参加者がロストしたことが悔やまれる。林道脇の湧き水で給水を済ませて復路をスタートさせる。

95km地点 深夜のデニーズ。本当にお待たせしました。

95km地点 深夜のデニーズ。本当にお待たせしました。

山に近いエリアではまだ桜が美しく残っていた。

山に近いエリアではまだ桜が美しく残っていた。

120km地点

120km地点 空が白み始め、鳥がさえずり出す。

A34V2288

集団から離れて単独走の自分をギリギリまで待っていてくれた。感謝としか言いようがない。ここが撤収後でも、それは誓い通り自業自得、それがTDTです。

A34V2313

贅沢な私設エイド。ケミカルなものを受け付けなくなった胃に優しいオーガニックなスープと、山梨から駆けつけた某有名女性レースディレクターからおにぎりをいただく。

http://ultralunch.com/

コンビニに寄る余裕がない自分にはとてもありがたい私設エイド、本当に助かりました。

コンビニに寄る時間の余裕がない自分にはとてもありがたい私設エイド、本当に助かりました。

ここで許されるのは休憩は10分以内。ザックから再びAnswer 4のウエストに戻しロードを走る体勢を整える

計算上、ここで可能な休憩は10分以内。ザックから再びAnswer 4 のウエストに戻しロードを走る体勢を整える。

http://answer-4.com/

A34V2460

4:53に入り5:02に出る。Ambit3のラップボタンを押す。9分間の休息、仲間の声かけがなによりもうれしかった。

ナルシストと言われても、この1枚はとても気に入ってます。疲労で脚は動いていないが、身体のコアはまだ生きており、前へ進む意思を感じられる。

ナルシストと言われても、この1枚はとても気に入っている。疲労で脚は動いていないが、身体のコアはまだ生きており、前へ進む意思が強く感じられる。

最後の10kは、すぽるちばの2人が並走してくれた。

最後の10kは、すぽるちばの2人が並走してくれた。

大げさでもなく、本当に感謝の気持ちでいっぱいになり、一礼をしてゴール。

23時間31分 、大げさでもなく、本当に感謝の気持ちでいっぱいになり、一礼をしてゴール。

出し切った。

平和なり。

平和なり。

sub24達成者だけでなく、ここに集まったすべての人が写るこの写真が一番いい。

sub24達成者だけでなく、ここに集まったすべての人が写るこの写真が一番いい。

A34V2995 image


言葉と感覚と形について ( TEAM SOTA に参加して)

ひと昔前に日曜の午前中、ゴルフレッスン番組がありましたよね。今はもうないだろうな。羽振りのよさそうな社長さん(風)がゲストアマチュアというふれこみで出てきて、レッスンプロのレッスンを受けるわけです。トップの位置がどうのこうの、膝がどうのこうのと、運動そのものより、言葉によって形をつくることが多かった。で、

レッスン前

 

image

 

レッス後

image

 

レッスンプロ「いいですねー、意識が変わったのがよくわかります!!」(ぜってーこいつわかってないなぁ)

ゲストアマ「今度のラウンドが楽しみですwww」

そして、微妙なアイドル系のアシスタントが派手な刺繍のゴルフウエアを着て、これまた微妙なショットを打って、視聴者も安心してコマーシャルへ

自分がスキー学校でのアシスタントや、スキークラブで後輩を教えた経験から、1つの運動を説明する難しさはよくわかっているつもり。自分の言葉に対して、相手が違う動きをすることが多々あった。なるほど言葉の表面だけを忠実になぞると、そういう動きにもなるなと逆に感心したことさえある。ただ、それは本来、やってほしい動きとは懸け離れたものであり、言葉から入ることの弊害も多かった。一方で、感覚的な筋肉や関節の使い方を説明するのは難しく、自分の身体を使って少しオーバーアクション気味に表現し(少しオーバーにやりますよと言った上で)レッスンを受ける側の感性に委ねるということが多かったと思う。そうすると、形だけがそれっぽいのだけれど、感覚として身体が運動を覚えていないから、条件が変わると全くダメだったり。

理論的な言葉ではなく、感覚だけで教える究極の例がこちらの方でしょうか?

image

写真は掛布ではなく、松井ですが、あくまでもイメージです。

当時、阪神の掛布がスランプの時に、長嶋茂男が心配して電話をする。

長嶋「もしもし掛布君、ちょっとバットを振ってみなさい」
掛布「は、はぁ…」
長嶋「どうだい?どんな音がしてる?」
掛布「え?いや、ブンと…」
長嶋「ブンじゃまだダメだな。ブァ~ンじゃないと」
掛布「ブーンですか…」
長嶋「いやブァ~ン」
掛布「バーン」
長嶋「ブァ~ン」
掛布「ブァ~ン」
長嶋「おっ!いいぞ。さぁもう一度言ってごらん」
掛布「ブァ~ン」
長嶋「よし、これでもう大丈夫だ。それじゃあまた。」

笑い話として都市伝説的に語りつがれているが、その音を出すためには形ではなく、運動そのものが伴ってないと、当然、理想の音はでない。そしてそこに辿り着くまでの感覚はプロ選手であるなら、自分で見つけ出すしかない。また、それができるはず。逆に言えば、そこまでのレベルにない人には理解不能なものとなる。だから笑い話になるわけですね。

前置きが長くなりましたが、TEAM SOTAにおいてトラック練習と先日の青梅トレイルと2回の練習会を終えました。本当に感心するのは、その表現のわかりやすさ。米大学でコーチングを学び、さらに前職が教員ということもあり、理論的な言葉と、感覚的な表現の双方向からのアプローチがあり、さらに自分の身体を使って表現し、視覚的アプローチを試みる。セミナーの中ですでに変わり始めている方がいらっしゃるのがよくわかる。私自身も、視覚的なものを参考に、形から入ることをやってみた。壮太さんの後ろを走り、形から真似をしてみたら、あれま、感覚的なところまでおまけで付いてきてしまった。これは、視覚的な形だけでなく、事前に壮太さんから、感覚的な表現や、言葉という理論的なアプローチの両方があったからだと思う。どちらか一方が欠けると、ゴルフの社長さんや、長嶋的な天才指導になってしまうのではないだろうか。これまで、トレイルランニングの創世記を担ってきた石川さんや鏑木さんのセミナーもそれぞれに特徴があり、個性的なものでしたが、小川壮太さんは、この分野で自分の特徴を生かして確固たるものを築ける予感がしています。ロードランニングとトレイルランニング、そして山岳スキーの国体選手としてのご経験から、これまでにないマルチなプロ選手、そしてコーチとしてのご活躍をお祈りしております。次回が楽しみでなりません。

image

image

image