この夏、再び分水嶺トレイルへ

2015年の「分水嶺トレイル」Aコース(鴨沢)にソロで出場することが決まりました。

そもそも分水嶺って何? 「分水嶺」を検索すると、分水界の説明がでてくる。

分水界(ぶんすいかい、drainage divide)とは、異なる水系の境界線を指す地理用語である。山岳においては稜線と分水界が一致していることが多く、分水嶺(ぶんすいれい)とも呼ばれる。 ーウィキペディアよりー

そして異なる海域に流れていく境界線が大分水嶺、日本だと日本海に流れていくか、太平洋に流れ込むかの境界線ということになる。中央分水嶺と呼ばれています。つまり….

bunsuirei2 こういうことか?この真ん中に漂いながら、俺はどっちに流れるんだろう的な….いやちがう、そういうイメージじゃないんです、自分の中では。

bunsuireiimage そうそう、もっと雄大な稜線がどこまでも続き、そこに立てば、日本海側も太平洋側も俺のものだ!的な。

NorthAmerica-WaterDivides

8,391フィート=2,500mぐらいでしょうか?つまり南アの三伏峠と同じぐらいの標高に舗装路が通り、フォードやクライスラーがブンブン走っているのはアメリカ的(笑)

8,391フィート=2,500mぐらいでしょうか?つまり南アの三伏峠と同じぐらいの標高に舗装路が通り、フォードやクライスラーがブンブン走っているのはアメリカ的(笑)

アメリカ大陸だと、スケールが大きすぎて想像がつきません。昔、モントレイルにコンティネンタルディバイド(大陸分水嶺)というシューズがありましたが、今思えば、づいぶん大げさなネーミングだったなあと。ヨーロッパも調べましたが、そのまま国境となりそうで、ちょっとキナ臭いかも(笑)

MMAブロガーのEmmaさんが、先日、滋賀県の中央分水嶺高島トレイルを縦走していたので、レポートを楽しみにしています。(同時期に遭難事故発生も!)

bunsuirei さて、この分水嶺トレイル(レースではなく縦走大会)ですが、上の地図(クリックして拡大してください)のように八ヶ岳方向から、金峰山、甲武信ヶ岳への稜線、そして北方向の十文字峠、三国山へ向かう稜線が中央分水嶺となります。

chikumagawa 大会のルート上にも、千曲川(信濃川水系)源流に向かう道標があるのを覚えていらっしゃる方も多いでしょう。 あれ?それでは、笠取山の西にある分水嶺は何?という疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。大丈夫です。これもちゃんと分水嶺です。

smallbunsuirei大分水嶺・・・異なる海域に注がれる河川の支流、枝沢を含む水系の境界 中央分水嶺(界)とも言う

中分水嶺・・・同じ海域に注がれる異なる河川の支流、枝沢を含む水系の境界。 例)北、中、南の日本アルプスはいづれも中分水嶺に属する。

小分水嶺・・・同じ河川の支流、枝沢の境界

bunsuireipoints多摩川、荒川、富士川水系の中分水嶺になりますね。道標では小さな分水嶺と表記されていますが、中分水嶺という意味だと私は理解しております(間違っていたらすいません)

Screen Shot 2015-05-11 at 1.26.04 PM http://www.gridscapes.net/AllRiversAllLakesTopography/ (水と地形だけの地図)

多摩川と荒川というのは河口は比較的近いですが、水系は随分と違うのですね。三方分水嶺であれば360°÷3 = 120°ほど違う方向へ向かう水が100キロ以上離れた河口では随分と近くなるのがイメージできませんでした。同様に関東県内の人間には、富士川は馴染みが薄く、上の地図を見てやっとイメージができました。荒川は随分と遠回りするのだということも。この水と地形だけを記載した地図、どういう目的だかわかりませんが、 オタクな人がいるものです。奥多摩湖と富士山がすぐわかるので、笠取山とその西の分水嶺も特定できるでしょう。

ONEMICHI

将監峠から唐松尾山への尾根道、大会ルートは巻き道だが尾根道の方が気持ちがよいはず

KOBUSHIGOYA

普段の縦走の際はテン場には夏場なら15:00着を目安に。秋冬はさらに早めに。北斜面のテン場ですと10月の夜間でもツエルトの結露が凍結しました。長時間行動が必要な場合は夜明け前スタートで。

sainogawa

甲武信ヶ岳の東にある賽の河原。この名のつく場所は他の山域にも多数あるが、ここが一番それらしい。白砂が鳳凰三山に似ている。

image

甲武信ヶ岳からの早朝の雲海と富士山 ©武田

 

image

国師ノタル付近のご神木。大弛小屋のご主人の話では、整備の際に登山道に横たわる倒木も切らずにそのまま横にして、自然と土に帰るのを待つそうです。決して荒れているわけではありません。それはその美しさを見ればわかるはず。

 

image

富士見平から瑞牆山へ向かう途中にある桃太郎岩、ネーミングが絶妙。

この分水嶺トレイルを縦走した経験では、夜間行動するのは本当にもったいないですし、山小屋、テン場もあるので、大会には出ることはないだろうな、というのが正直な感想でした。それぐらいハードですが日本的な美しさを持ったトレイルです。樹林帯の美しさと、金峰、瑞牆近辺の岩陵区間の荒々しさは、大会だけでなく、まずは気の合う仲間と楽しくファストパックなり、縦走なりをして、その魅力に触れてほしいと思います。 あくまでも安全第一、3泊程度の余裕のある行程で。自分が書類選考を通過できたのも、そういった経験値が貢献しているからだと思います。

image

次回から、装備なども順次アップしていく予定です。


SOTA練2 坂それぞれ。

スクリーンショット 2015-05-09 20.52.13

鎌倉某所、最大傾斜27%の急坂がある。ただ最大傾斜が魅力なのではなく、適度な傾斜が長く続き、最後の数十mが、2段ロケットのようにきつくなるところがトレーニングには最適のようです。(と考える人は、あきらにおかしい人だけれども、つける薬はないのであきらめて下さい。) ただし、この某所を特定できても、閑静な住宅街ですので騒がしくしないようにお願いします。 自分の記憶が正しければ、この坂でトレーニングを始めたのはタッキーことOSJ代表の滝川氏です。最初は1本4分という時間を設定してのリピートで、トラック練習でいえばレペテーションのような1本毎に休みを入れて、各セットで最大心拍数を狙うようなものだった。5本から始めて7本、10本がスタンダードになっていった。

2013年 初期のTEAM100MILE

そして鏑木さんによるチーム100マイルでの定番練習になり、1本1本を止まらず続ける事で、あっという間にスピード化していった。速い人はどこまで追い込めるか、私のレベルでは、とにかく歩かない、ランニング姿勢をキープしてステップを切り続ける、そしてコンスタントに10本をまとめつつも、最大心拍を叩き出し、短時間で高濃度乳酸を出す、そして午後にその重い脚でトレイルを走るという、乳酸をエネルギーに使える身体をつくるトレーニングだった。

 

スクリーンショット 2015-05-09 20.54.00

SOTA練での激坂はこれまでの坂練とはあきらに違っていた。オープンのブログで全てを紹介する事はできないのですが、誤解を恐れずに言うと、いかに心拍をあげない運動の質で坂を処理できるか、ということ。あまり日本の選手では教える人がいないパワーウオーク( 内容はパワーをできるだけ使わない、あるいはパワーを分散させるパワーレスウオークと言った方がいい、ヨーロッパのバーチカルレースの動画でよく見る動きで、なるほどこれなのかと納得) を含む3つの異なる方法で坂を登り、それを1セットとし、合計5セット15本の坂、もちろんピッチを上げれば追い込むトレーニングになるのですが、壮太さんいわく、「これが心拍130ぐらいで処理できれば理想なんだけどなあ〜」と。3つ異なる方法で行う運動が、それぞれ連動性を持ち、質が高まれば、130とまではいかずとも、それなりの結果は出るはず。私自身はまだ求められる動きはできず、最大心拍数まで上がってしまいましたが(笑)  自分の年齢だと最大心拍を向上させるのは難しい。LT値は別として。もちろん、やらなければ落ちる一方なので、その種のトレーニングもきちんとやっていきますが、伸び代はそこではなく、やはり身体の使い方にある事を自覚したい。 TEAM SOTA で指導を受ける前から、すぽるちばの練習会でもいろいろな「気づき」をいただき、まだしっかりと結果には出ていないのですが、自分の中にいくつか大きなテーマがあり、その一番手前にあるものだけはなんとか自分のものになってきた気がしている。それをTDTの120km過ぎで実感。それと同時にここ数回のSOTA練で新たに気づかされた事があり、日々是精進をする所存であります。

 


1つ学ぶと楽しみが2つ、3つと…

今年のゴールデンウイークは、上田市、千曲市の里山マイナールートを探索し、2つのロゲイニング大会に参加しました。来年の参加を検討したい人のご参考になれば。

オリエンテーリングの地図は、当初は情報量の多さに戸惑ったが、慣れれば情報が多い分、アプローチやルート選択の決定はしやすい。

オリエンテーリングの地図は、当初は情報量の多さに戸惑ったが、慣れれば情報が多い分、アプローチやルート選択の決定はしやすい。

1つ目の上田ロゲは、どちらかというと街ロゲ。山のポイント設定もありましたが、マナーの観点からも登山道から外れることはなく、目標物を見つける際に、地形や植生を読む必要がない替わりに、効率のいいルートプラニング力とそれを可能にするロード走力、もしくはJSTのスカイランナー達のように、山のポイントを全部取って高得点を奪取するバーティカル力が必要でした。自分は全てが中途半端で、やはり内容も結果も中途半端(というかダメダメ)の消化不良(泣)  一方、2つ目の菅平ロゲは昨年の全日本オリエンテーリング選手権の地図を使い、電子CPがオフルートにある設定。スキー場の起伏や牧場を利用していますので、コントロールも沢や岩陰に隠すようにあったりと、山好きの自分には、こちらの方が合っているようです。息子のような歳の大学生オリエンティアに混じり、自分としては健闘したと思っています。まだ自分の読図精度が低いのと、ルート取りの効率の悪さは相変わらずですが、それでもフィニッシュ近く、残り10分で薮漕ぎで沢を渡り湿地に突入、しっかりピピッと(音はしない光だけ)パンチし、残り1分30秒でフィニッシュした快感は病みつきになるかも(笑) 競技としてのナビゲーションをどこまでやるかは人それぞれだけれども、地形図を読む能力は、少なくてもバリエーションルートや積雪期の登山では必須、道標がないマイナールートでのトレイルランニングの際にも、狙った尾根を外さない、林業作業道や獣道に迷い込まない、そしてその道迷いから安易に沢を下らない、といった観点からも学んだ方が良いと思うのです。しっかり走れば楽しみながらも、かなりのトレーニングにもなりますよ。

国土地理院のサイト(ウオッちず)で、地形図を見るようになってから、山の楽しみ方がいくつも増えました。国土地理院の地形図で見ると、上田市の里山から千曲川に並行する形で、千曲市屋代町へと、北西方向へ、広い鞍部を等間隔に繰り返しながら、登り返しはさほどなく、1,100mから600mの里山をゆっくりと下る尾根線がある。だが地図にはルートがない。そんなはずはない、あるはずだ!これほど美しく緩やかな長い尾根はなかなかお目にかかれないぞ。そこへ地元出身の方から数年前の雑誌に掲載された小さいコラムをいただいた。ルートがある!やはりある!その情報を元に地形図に尾根線を引いて作図する。念のためにロープやスリング、カラビナまで装備して行ったが、そんな必要は全くなく、そこは新緑が美しく、つつじが咲き乱れ、里が近くなれば栗の花にみつばちが群がり、広葉樹と針葉樹が絶妙なバランスを保っており、アロマセラピーのような木の香りがする(未だ何の木の香りだかは不明)極上のフカフカトレイルでした。この地域の雨の少ない気候で、土砂流出がなく、安定した尾根、そして地元の方々の整備努力の賜物だと思われます。踏み跡が薄い箇所には少ないながらもリボンがあり、峠には道標もある。立ち入りが禁止されているルートではないが、1カ所だけ山頂直下に急斜面があり、フィックスロープがある箇所がある。そこが家族連れやご年配のハイキングコースとしては不向きということだけで、人が入らないのでしょう。この連休の天気のよい日に、すれ違った人間はランナー1人だけでした。読図を学び、情報をいただいた方のおかげで、このような美しいトレイルに出会えました。感謝です。

白い栗の花には蜜蜂が群がり、せっせとお仕事中。

白い栗の花には蜜蜂が群がり、せっせとお仕事中。

image

広葉樹の落ち葉でフカフカのトレイルです。途中で踏み跡が薄くなる区間はリボンや地形図を確認しながら慎重に。

image 追記:東京に帰ってからなのですが、この山域にまつわる民話、つつじ乙女(リンクはあらすじ)をJSTのメンバーのSさんがFBで紹介されているのを拝見いたしました。女性の恋心の強さや、男性の猜疑心の愚かさ、少し悲しいお話です。つつじの赤が少し切なく思えました。


PLAY @ Mori Park Outdoor Village で登ってみた

 

本来、このブログはもう少しクライミングに関しても書こうと目論んでブログタイトルをつけたのですが、どうしても自分のクライミングレベルや経験値ではなにかを伝えるまでには至っていないのが正直なところ。ただ、始めてから1年半ほど、頻度にムラはあるし、同じ時期に始めたジムの仲間の中では一番進歩は遅いのだけれど、少しづつ経験値や楽しみを増やしていくことは、とても長距離ランナーである自分らしいと思うこの頃でもある。ということで今回は珍しく、クライミングの記事にはなりますが、トレイルランナー、スカイランナーの方が、ちょっとやってみたい思う人が一人でもいれば嬉しい限りです。

小さいお子さんをお持ちの方は、おわかりになると思うのですが、子供が新しい公園に行くと、まず、走り出す(ランニング)そしてジャングルジムか滑り台に登る(クライミング)つまり都会育ちの人であっても、人間の本能として、やってみたいとDNAに刻まれているものの1つなのではと思うのです。

クライミングを始めてすぐに、いくつかの動画をYou Tubeで見て、こんなところを登ってみたいと思ったのは、まず、外岩。ボルタリング(ロープなしで安全が確保できる高さ)でもいい、そして最終的にはルートクライミング(ロープを使ったクライミング)をやってみたいと思った。

Rock trip Japan 2013 Daniel Woods

いろいろな動画を観ていると、スポーツクライミング(スポーツ競技としてのクライミング、登山の一手法あるいはピークハントの過程として行われるのがアルパインクライミング)にもWorld Cup なるものがあるのを知る。

World Cup 2014 INZAI Lead semi-final

こんな高いところで、身体をコントロールできたら、さぞかし楽しいだろうな、というのが第一印象。ただ、この高さの壁は、日本のジムではそうたくさんあるわけではない。あったとしても上級者専用のハイグレード(高難易度)、とても自分ごときが触れるものではないのです。一方、Mori Park Out Door villaege というのができるらしいぞ、そこにIFSC( 国際スポーツクライミング連盟)公認、つまりワールドカップが開催可能な高さの壁ができるらしいというのをSNSで知る。まあ、自分には縁がないだろうなと思っていたところ、完成が近ずくにつれ、壁やホールドの写真が公開されていくと、ん〜、この正面右寄りなら、もしかしたら自分が登れるレベルのセッティングがあるかもしれないと思い始めた。(きわめて直感的で根拠なしw)そして昨日、登りに行ってきました。

女性で初めてエベレスト登頂を果たした田部井氏の装備が展示されていた。昔の装備は重そうです。

女性で初めてエベレスト登頂を果たした田部井氏の装備が展示されていた。昔の装備は重そうです。

料金体系云々は、PLAY のサイトをご参照ください。都度会員というカテゴリ一であれば、一般的なジムの料金と大きくは変わらないと思います。ご近所の方であれば、会員の月ごとの価格設定が他のジムより安い印象があります。

https://www.play-tokyo.com

image

クライミングジムには珍しくシャワー施設があり、高級感がある。

こちらは広いボルダリングエリア。広さに余裕があるからか、まだ課題数がおいついていないからか、ホールドやテープがごちゃごちゃして見にくいということはない。夜20:00 を過ぎるとかなり混むそうです。

こちらは広いボルダリングエリア。広さに余裕があるからか、まだ課題数がおいついていないからか、ホールドやテープがごちゃごちゃして見にくいということはない。夜20:00 を過ぎるとかなり混むそうです。

image

ウエブサイトに案内のあるルートクライミングエリアの免許制ですが、最初に基本技術のチェックがあり、トップロープ(ゴール地点のトップに支点がセットされており、トップから垂らしたロープで安全を確保する手法)と、リード(自分で登りながら支点をクリップでセットしていく手法で難易度高。自分で命をつないでいくわけですから)、そして下でロープを操作してクライマーの安全を確保するビレイと、3つの項目についてチェックされます。実際に登って、ある程度の高さから、フォールして止めるというチェックです。どんな人でも多少の癖はあるもので、時折、確認の意味でこういったチェックを受けることは良いことだと思いました。自分もいくつかの改善点を指摘されました。合格すれば会員証、あるいはトライアルチケットにシールが貼られます。

image

ルートクライミングをやり始めると、誰もが思うことなのですが、登りたい、だけでなく、きちんとビレイができるようになりたいと思うのです。これほどの高さから落ちれば死亡事故にもつながり、クライマーはビレイヤーを信じていなければ、とても登ることも、そして降りることもできません。人を信じるということは、自分も信頼される人になりたいと思うのは自然なことだと思うのです。

バッタも岩と間違える(?)サイドに設置されている垂壁

バッタも岩と間違える(?)サイドに設置されている垂壁

横に設置されている垂壁(90°)とスラブ壁(90°以下)は、擬似岩の形状をしており、途中に小さな棚があったり。表面はザラついていてフリクションもあり、スメア(摩擦を使ってホールド以外に足を置くこと)も十分に効く。5.7(初心者向け)の設定です。ウオームアップのつもりで登ったら、高さは同じですので結構疲れました(笑)

オブザベーション(登るルート、手順の確認)をしていると、高すぎて首が痛くなる

オブザベーション(登るルート、手順の確認)をしていると、高すぎて首が痛くなる。写真中央に写っているのがファーストクリップで、3.5mの高さにある(他のジムは2mぐらいのところが多い? ) つまり、上部でフォールした時にビレイヤーが壁に向かって持ち上げられて振られることがある。通常のジムよりも一歩前に出て、壁から離れないでビレイするように指導を受けた。

青空に向かって登るのは気持ちがいい。

青空に向かって登るのは気持ちがいい。

image

上部へ行くと風を感じる。屋外だから当たり前だが、ホールドは人工壁で外岩気分というのはとても新鮮でした。トップからは奥多摩の山々が見えます。

正面の壁は、最後に強傾斜( 手前に傾斜しており重力がかかる)を抜けなければならないので、力の配分や休み方に工夫がいる。途中の高さまでの課題で5.10a(中級者向け) 一番上がゴールの課題の中で一番易しいのは5.10bという設定です。もちろん11、12台の設定もありました。自分は他のジムと比べて、グレードが甘い、辛い、という評価ができるほど経験がないのですが、一緒に行った仲間に聞くと、ほぼ適正ということでした。

image

昼間は陽があたり、かなり暑く感じた。真夏はヌメってしまい、ハイグレードは難しくなると思う。夜間にナイターもあるのでそれを活用するのもよいと思います。ライトを浴びて、買い物客やテラスでコーヒーを飲んでいる人の視線やカメラを見ながら登るのはワールドカップクライマー気分です。

明日から、王滝村で行われる復興イベントにてクライミング教室があります。未経験者でも安全が確保できるトップロープと器具を使用しての体験クラス的なものが設定されると思います。自分はスケジュールの都合で王滝村に向かうことはできませんが、興味のある方はぜひ一度、トライしてみてください。