4枚目のビブス

imageUTMFの4枚目のビブス(ゼッケン)は番号ではなく、sweeperと書かれたものをいただきました。レースとのこういう関わり方もあるのだと再認識した次第です。他にも雨の中の夜間誘導、リタイア者が混沌とひしめくテントでの業務、全ての関係スタッフに、お疲れ様と感謝の意を表したいと思います。

去年から少しづつ始めたレースボランティアや選手へのサポートですが、自分がレースを走る時の見方が大きく変わります。あまり難しく考えず是非一度ご経験される事をお勧めします。

北米の多くレースでは、エントリー資格にボランティア経験が義務付けられています。レースボランティアだけでなく、普段のトレイル整備なども含まれており、レースだけでなくカルチャーとしてとしてのトレイルランニングの奥深さを物語るものだと思います。日本でもハセツネや他のレースが優先エントリーの条件にしたりと、その兆しはあるのですが、自らが主催するものや、その当該レースだけに限定されたものであり、エントリー権のためだけのボランティアにならないか心配ではあります。きっかけとしては素晴らしいとは思うのですけれど、ここは広い視野を持って、他のレースや山域でのボランティア活動も認めていく方向になればいいなと思っています。

トレイルランニングレース、とりわけウルトラトレイルは、レース開催のコストがかかります。スポーツメーカーに勤務している視点から見ますと、そのコストの割には、競技人口と物販マーケットは、他のスポーツ競技と比較するとかなり小さく、観客動員やテレビ放映があるわけでもないため、スポーツメーカーはもとより、食品や清涼飲料水メーカーも協賛金として拠出できる額は限られているはずです。また今後は環境面への配慮から、参加定員は削減されていく傾向になる可能性もあります。ですからレース開催を継続していくには、ボランティアを中心としたランニングコミュニティが、お金とは切り離された観点から、主役になっていく必要があると思います。

知人のランナーで、息子さんと一緒にエイドボランティアをされている方もいらっしゃいました。ご家族との時間を大切にするなら、そういう時間も素晴らしいのではと思います。


ぼっちでUTMFへ挑む貴方へ

ここ数年、レースへと向かうのは、いつも仲間とワイワイと出かけて行くことがほとんどで、一人で遠征することはなくなりました。先週、一人で北米のレースへの参戦を決めて、レンタカーやら宿の予約をしていると、トレイルランニングを始めた頃の気持を思い出しました。OSJのレースに一人で参戦し、少しずつ力をつけて、自然と仲間のつながりができていきました。仲間は求めれば自然と巡り会えます。ただ、家族との時間や仕事を優先している中で、トレイルランニング歴が浅い方だと今回のUTMFを一人で挑む方もいらっしゃるでしょう。もし、それが初めての100マイルなら不安でしょう、心細いことと思います。

 

image

 

天気予報が二転三転しています。台風の進路と速度によっては、荒天かもしれませんし、晴天かもしれません。気温が読めないと、ウエア、防寒着をどこまで用意するのか、何を背負って、何をデポするのか悩ましいところです。サポートのいる選手ならば、レギュレーションを規定にそって装備し、それ以上のものはサポートに預ければいいだけです。考える必要がないわけです。でも貴方の場合は最後まで悩んでください。それが、貴方の経験値として蓄積されていきます。きちんと装備することは最も重要ですが、その上で軽くする事も必要です。1つ1つの装備を軽くすることは、お金のかかることですが、情報と工夫で軽くすることも可能です。知恵を絞って下さい。貴方だけのオリジナルができるぐらいに。そして最後は腹をくくってください。考え抜いた装備ならば心配は要りません。むしろ多少のアクシデントや悪天候も楽しく感じられはずです。

 

image

 

エイドでは、自分だけの好物を持ってサポートが待っているわけではありません。でもボランティアの笑顔と励ましは誰にでも平等で、そして貴方の頑張る姿に少なからず勇気をもらっているはずです。止める言い訳が100ぐらい頭をよぎります。それを打ち消して前へと進んでください。

 

image

©Kenji Hashimoto

 

自力で下山してください。その余力を残してゴールする事がトレイルランニングには必要です。レースは登山よりもある程度コントロールされたエリアで行われていますが、自力下山は山に入る上での最低限の条件です。それができないと判断した時は潔くDNFを決意してください。それ以外の事、脚が痛いとか、胃腸がどうたらとか、全て戯言(たわごと)です。そもそも、100マイルというのは、そういう競技なのです。100思い浮かぶ止める理由を自力下山の基準に当てはめてください。UTMFにエントリー資格のあるランナーなら、正しい判断ができるはずです。そして100思い浮かんだ理由が、全てエイドのトイレに流せるぐらい◯ソみたいなものだと気づいた場合は、もう一度前を向いて走り出してください。

 

image

 

当日、私は選手としてではなく、A4こどもの国からA5富士山資料館の区間をスイーパーとしてUTMFの最後尾を歩きます。できれば、お会いしたくないですね(笑)最後尾から、みなさんがゴールすることを祈っています。一人で参加していても、レース自体はたくさんの人に支えられていることに気づくはずです。そしてその人たちは、みなさんのゴールを願っています。

「ひとりで走ってんじゃねーぞ ! 」- quote by Koji Akuta ( MMA blogger )

2016/9/20追記 : 今年は選手のサポートクルーとして、スタートからゴールまで旅をします。なおさら、ぼっちランナーを応援したい気持ちも強くなりますよ。

 


「Wild」と「Mile, Mile…and a half」

FBでいくつかの投稿を見て気になっていましたし、MMAブログでアメリカ、ワシントン州在中の藤岡さんが紹介していたので、久しぶりに映画館へ足を運びました。Pacific Crest Trail ( PCT )にも少し興味がありましたので。

「WILD」邦題は「私に会うまでの1,600km」(どうしていつも邦題はこんなにもセンスがないのだろうか) テーマの重い映画でした。トレイルを歩かない一般の人にも感動してもらわなければならないから、ヒューマニティを掘り下げていくことがメインとなるのは仕方がありません。 (ざっくりとしたあらすじは、上のリンクの藤岡さんのブログをお読みください。)そういった意味で評価が高いのも納得で、この日も満席となっていました。「歩く」という行為は、人を内向きにさせるのかもしれません。自分と向き合い、見つめ直す、必要な時間なのかもしれません。だけれども、私が「走る」ときは、その逆のベクトルが働いています。過去とか、特に自分のネガティブな要素は一切考えていない。ネガティブなことが頭に浮かぶことも、ないことはないのですが、そのときは身体の動きも悪くなり、すぐに打ち消すようにしています。主に自分以外のこと、そして時間軸は常に先のことを考えている気がします。あるいはなにも考えていないかです。又、トレイルや山に精神性を持ち込むのはあまりお勧めできません。自分が走ったり、標高の高い稜線をファストパックで駆け抜けたりするのは、単純に「楽しいから」というのが理由です。管理された一般登山道を歩くだけならリスクも最小限かとは思うのですが、標高の高い山々で、「精神性」やら、「挑戦」というメンタリティーを持ち出すと、冷静な判断を狂わす大きな要因になりかねないと思うのです。自分の心のベクトルがそういう方向に働いていると感じたら、一人では山に入らないようにしています。あくまでも「楽しい」を感じることが目的だと思うのです。一方で、レースはある程度コントロールされたエリアで行われるわけですから、自力下山ができる範囲ならば、思う存分「挑戦」してもいいかなとは思いますけれど。ちょっとひねくれた視点からこの映画を観てしまいました。

 

こんな映画もあります。知人のブログ紹介で知りました。「 Mile, Mile …and a half」訳すと、下りてくる人に、「あとどれぐらい?」と聞くと「あと少しだよ」と答えるが、実際にあと少しだったことはない、というトレイルあるある用語です。ヒューマニティ的なストーリーは一切なし、写真家やクリエーターたちが、ただただ美しいJohn Muier Trail (JMT = PCTの一部でもある)を歩きながら記録した映画です。これは本当に映像が美しく、終盤に合流したミュージシャンたちの音楽もいい。ただ、こういったものはトレイルを実際に歩く人以外には興味を持ってもらえないから、日本での一般上映は無く、現在はI- Tunesで購入が可能です。これはお勧めです。休日に家にいるときはBGM的に流していることも多く、とても気に入っています。


Dragon Back Raceってなに?

モンブランウイークも終了し、仲間の健闘に触発されながらも、日本人多すぎだろ!という天邪鬼なそこの貴方!あります!日本人は一人( 2015 )!

トレイルランニングレースはちょっともういいかな、というへそ曲がりなそこの貴方!あります!決められたコースではなく、ルートは地図とコンパストと貴方の判断で決めるのです!

ロゲやオリエンもいいけど、やっぱりがっつり走りたいのよ、OMMでは物足りないんだよ、という貴方!あります!300km D+ 16,000m どうだ!

夜は寝るもんで、走るもんじゃないだろ、という寝不足に弱い貴方!5日間のステージレースなので、夜は寝てリカバリー、幻覚を見る必要なし!

それが、Dragon Back Race !

今年6月、館野久之氏が日本人初の完走を果たしました。

館野氏を知る人ならば、彼の謙虚なお人柄はよく知られているところ。あまり表に立つタイプのお方ではないかもしれませんが、知人数人で表舞台に引っ張りだしてしまいました。その報告会が9月30日(水)に開かれます。

http://www.mtsn.jp/journal/detail.php?id=436 ( Mt.SNのサイトへ)

お時間のある方、ぜひ足をお運びください。

image

レース中のGPSトラックの一コマ、トップトレイルランナーのJez Bragg と館野選手の位置。ルートは人それぞれで、このパートでも湖の東側を走る選手と西側を走る選手に分かれていた。