頑張れ20時間台ランナー!(ハセツネに教わったこと)

もうだいぶ昔の話ではあるけれど、自分の初めてのハセツネは21時間かかった。月夜見で給水をして、ライトをガチャガチャとやっている間に点灯しなくなる。電池を入れ替えてもダメ。今なら予備ライトもそこそこのルーメン数のものを装備しているので、なんとも思わないだろうが、当時は予備は予備なりの小さいものであった。それも新品の電池のはずなのに、気温のせいか御前山ですでにバッテリー残量があやしい。しかもCR123という本ライトとは異なる電池タイプ。バッテリーのタイプと大きさを合わせるという基本もこの失敗から学んだと思う。結局、オオダワでビビイにくるまり、夜が明けるのを待って再スタート。それ以来、ビビイは装備義務がなくても必ず持つ。

 

ハセツネは速いランナーにとっては中距離レースだ。実際にGPSの実測では65〜68kmのデータが多い。序盤のハイペースの波に乗りながら、自分のポジションを探りつつ、どこまでもつかの勝負。私のような13〜14時間の中位レベルでもその傾向が顕著だ。そうしなければ、あの渋滞にはまると、タイムを目指すレースの趣旨とは違ってきてしまう。装備を極力軽くして、ダメなら潔くドロップという選手も多い。気温の予想が難しく、水切れの話もよく聞く。トレイルランニングとしての競技性が高まる一方で、他のロングレースへの応用、普段の山行のトレーニングや経験の蓄積が伴うレースにはなりにくくなっているのが実情ではないだろうか。「ハセツネ」という特殊なスピード競技の世界のようにも思える。それもまた、その特殊性から、惹きつける魅力があるのも事実だと思う。トップ選手では、奥宮選手の優勝を期待したい。シルバーコレクターは本人もうんざりだろう。いろいろな思いもあるだろうから…

 

一方で、後方のランナーに焦点をあててみる。今では春のは30Kが事実上の予選となり、中位層が厚くなったからか、中位順位の渋滞が激しく、後方は緩和されたとも聞く。焦って走る必要はない。山歩き、特に登りが速い人ならば20時間前後でゴールが可能なはずだ。できればきちんと調理した食事をとり、幕は張れないけど暖かいウエアやビビイにくるまってベンチでゴロンと寝てビバークの替わりもよいでしょう。もともと、アルピニスト長谷川恒男が行ったサミットプッシュ(昔で言うアタック)での24時間行動に向けた練習を起源とするならば、後方のランナーが正しい。サブ10でゴールしては練習にならないんですよ!!(笑)起こり得るアクシデントにきちんと装備し、速いタイムではなくても、自分の脚で五日市まで戻ることに意味があるはずだ。たぶん、OSJが制限時間を設定すれば、距離、累積、サーフェースからすると15時間ぐらいだろう。そこを24時間という設定を変えないところに、ハセツネの意味があり、懐の深さがあるはずだ。(懐が深くても、出走人数は多すぎだ!というのは言い続けたい。そこが改善されないかぎり私がまた走ることはない、呼ばれもしないけどね)

 

記念碑ができてすぐに立ち寄った際の写真。腰掛けてしまってすいません。失礼だったかな。最近は奥多摩を走る時もハセツネコースはあえて避け、マイナールートを走るようにしています。そうすると自然とレースとトレイルへのインパクトを考えるようになり、森の植生や山全体を考えるようになりますね。

記念碑ができてすぐに立ち寄った時の写真。腰掛けてしまってすいません。失礼だったかな。最近は奥多摩を走る時もハセツネコースはあえて避け、マイナールートを走るようにしています。そうすると自然とレースとトレイルへのインパクトを考えるようになり、森の植生や山全体を考えるようになりますね。

 

マスコミもハセツネのスピード競技性だけに焦点を当てず、後方のランナーに着目してほしい。たぶん他のロングレースよりも、泥臭い、人間味あふれるドラマがあるはずだ。距離は短くてもハセツネではアクシデントが起こる。だからこそハセツネなのかもしれない。本当のレースはそこから貴方がどうかするかなのです。自分は明日から違う山域のイベントをお手伝いしており、会場には向かえませんが、20時間台ランナーの健闘をお祈りしています。

 


Bigfoot 120mile を終えて

ランナー達はアメリカ北西部、カスケード山脈の大自然の洗礼を浴び、完走率はわずか16%となった。ゴールに辿りついたランナーだけでなく、この厳しい洗礼に文句ひとつ言わず、セルフレスキューと自己責任を貫いたすべてのランナーにリスペクトと、それを支えてくれたボランティアに最大の感謝を贈りたい。

image

レース前日に撮影。この時点で天候が荒れる予報がでていた。

 

私の初めての海外レース Bigfoot 120mile は74mile、約120km地点のエイドで終りを迎えた。敗戦を語るのも、かっこ悪く、言い訳がましくも思えるのだが、このブログの性格上、「やった!よかったぞ」というシェアよりも、失敗であっても、なにか学ぶべきものがあったなら、それも人様のためにもなるかとも思うので、ここにシェアしたい。

ドロップしたエイドでのヒーター。手が震えていて、i-phoneのピントが定まらない。

ドロップしたエイドでのヒーター。手が震えていて、i-phoneのピントが定まらない。

 

焦りは判断を誤らせる

約70km地点の峠にあるエイドに入る前に、風雨が強くなってきた。エイドのテント下で、レインウエアの下に薄手のフリース、フリースキャップ、レイングラブの下の手袋をウールに変えるべきだが、それまでのセクションで複数回コースアウトをしてしまい、1時間近くロス、それを取り戻そうとする焦りから、そのままエイドを出てしまった。次のセクションは湖に沿っており、ある程度樹林帯があると勘違いしていたことも大きい。後で、地図をみると地図の色は、緑ではなく茶色の色分けになっている。海外の地図で、特に説明表記のないこの色分けがどこまで信頼できるか疑問でもあったため、色分け自体に着目していなかった。今から思えばの話だが、自分の地図はCALI TOPOという日本で言えば地形図にあたるものをダウンロードしており、ある程度信頼してよいもののはずだ。

Screen Shot 2015-10-12 at 12.40.23 AM

エイドからの登り返しをペースよく心拍あげて登っても少し寒さを感じていた。この時にすぐ岩陰でフリースを着れば、違った結果になったのかもしれない。ただ寒さよりも、これまでペースを抑えてきた、あるいはロストでペースをあげられなかった分、まだ自分の身体がよく動く。ここ半年の間の練習が間違っていなかったことに喜びさえ感じていた。よし、これなら最後まで行けると。しばらくすると急登が終わり、緩やかなアップダウンを繰り返す。北米では稜線を行く登山道は少なく、Pass(ヨーロッパではコル、日本語では峠)を縫うように、移動手段としてのトレイルがベースになっている。湖に沿っていたトレイルはセントへレンズの噴火の影響から、樹林帯がなく、湖から吹き上げる冷たい風が強く吹きつけていた。体感では風速20m 以上、時折突風が吹くと立っていられない。雨が雹(ひょう)に変わり、ウエアの上からでも当たると痛い。思わず真横から飛んでくる雹に背中を向けて風が落ち着くのを待つ。機関銃で撃たれるとこういう感覚なのか?などと有りえない事を想像をしている自分に笑ってしまった。そうこうしているとペースが上がらず、より寒さをより感じるようになる。そこへ先行していたランナーとペーサー計4人が戻ってきた。一人の女性が低体温症になり、ビビィを羽織り、青ざめている。「なにか自分が助けになることはあるか?」と聞くと、「いや、本部でモニターしているGPSスポットでSOSを出したから大丈夫」と、「それよりもお前は大丈夫か?本当に行くのか?」と真顔で聞き返された。

10/12追記 この女性も無事に下山できたそうです。

image

大会主催者からレンタルするGPS発信機。レンタルではなく、自分の発信機を持っているランナーが多かった。ランニングだけでなく、バックカントリーなど様々なアクティビティを楽しんでいる証拠。

 

インサレーションを着るタイミング

そこですぐにインサレーションを着た。暖かさは感じたが、すでに遅かったようだ。芯まで冷え切ると、なかなかすぐに温まらない。初心者でも知る山の鉄則で「寒さを感じる前に着ろ」というやつである。この時点ではまだ身体がよく動いていたので、手前のエイドへ戻るという選択肢は頭に浮かばなかった。しばらく走って標高を下げても風がおさまらない。狭い崖縁のシンングルトラックでの強風では上手く走れなくなり、歩きながら自分が顎に力入れて震えていることに気づく。肩にも力がはいる。腕が振れなくなる。そうするとなおさら走れなくなっていく。悪循環だ。先のエイドのドロップバックには、ダウンと防寒タイツも用意してあり、セントヘレンズ山の懐に入っていくことへの用意と覚悟はできていた。脚は十分残っており、時間をかけて次のエイドで身体を温めなおせば、まだ行けるという自信もあったが、ペースがあがらず、時間が刻一刻と過ぎ、その選択肢も消えた。120km地点、Cold Water Lake 、そもそも名前が寒そうである(笑)、そこのエイドにて、私の今季のロングレース最終戦を終えた。

 

レースとは言え、ソロ行動であること。

今回、自分は低体温症というよりも、身体は動いており、その1つ手前の症状ではあると思う。補給も十分回せていたので、低血糖状態でもない。ただ、山中にスタッフがいないレースを、ペーサーをつけずソロで走っており、おそらくそのセクションの28km区間にいるランナーは数名という小さな大会を走っている。これがなにかの怪我で動けなくなったと状態を想定すると、引き返したランナーと一緒に行動し、前のエイドに戻る選択肢の方が正しいと思う。

 

慣れからの油断

タイミングを誤った要因として、標高の数字からくる油断ということがある。自分のどこかに、「標高あげても1,500mだろ」という気持ちがあり、着るタイミングの判断を誤らせたと素直に思う。ワシントン州の緯度は北海道の緯度と同じ。よく北海道の2000m級は本州の3000mと同じだと表現される。主に森林限界の標高に由来しているが、このセントへレンズ山の周囲は1500mといえでも、日本の本州の2500mクラスの条件に等しい。奥多摩の三頭山ではなく、甲武信ヶ岳の稜線だと思っていい。火山活動で樹林帯のないexposed areaは一度天候が荒れれば、3000m級の八ヶ岳の稜線と同じリスクと考えていいはずだ。逆に天候がよければ、これほど開放的なトレイルはないだろう。しかも岩陵ではなく、走れるトレイルならなおさらだ。併設されている100Kmのカテゴリーは120mileの後半部分を使用し、制限時間と累積標高を見る限り、信越五岳が完走できれば走力的には問題はないはず。手軽にとは言えないが、日本からも是非参加してほしいと思う。最後にFinish地点でドロップバックの返却を待っていると、ワシントン州在住のMMAブロガー藤岡さんとお会いし、短い時間ですがお話をすることができました。ヨーロッパの華やかなレースにも憧れますが、アメリカのアットホームの雰囲気が自分には合っているような気がしているので、また是非お会いできたらと思っています。

もし、タラレバの話。2回の集団ロストと自らのミスからのコースアウトがなければ、自分はゴールできただろうかと考えてみる。シングルトラック率ほぼ100%(ダブルトラックさえない) D+8,300m 190kmを45時間で完走するには、走れる区間は走らなければならない。林道と舗装路をしっかり走るKoumi100にエントリーしていたので、脚はできていても、いざトレイルに入ると、ここは走るべきなのか、抑えて歩くべきなのか、戸惑う場面が多かった。答えとしては、壮太練で教わるように上手く切り替えて、筋肉疲労を分散して最大効率を求めていくのが良いのだと思う。まだ自分のテクニックとして身についていないと実感したりもした。

GPS操作ミスに関しては、興味のある人は限られていると思うので、備忘録としてのGarmin E-trexの実践レビューとして下記のリンクへ記しておきます。

https://drive.google.com/file/d/0B8RJcLsAyUiEU1JmaVE1cUtRWWc/view?usp=sharing

image

 

他は時系列的に写真アルバムのように載せておきます。スマホのリーダー機能で見るとさらに長文になるのでご注意を(笑)

image

Race Director の Candice Burt. 他にTAHOE 200のRDも務めており、アメリカの松井裕美さんというところか。

 

image

昔、矢追純一のUFO番組と並んで人気だったBig Foot、イエティ、サスクワッチとも呼ばれている。当時の動画や写真を現代の技術で解析すると、全てこういった被り物らしい。いや、そんなことはない!いるんだ!(ということにしておこう)

image

渋滞する人数ではないので、いきなりシングルトラックからスタート

序盤、樹齢の大きい樹林帯を走る

序盤、樹齢の大きい樹林帯を走る

自分が辿りついた、北米で初めてのエイド

image

エイドに入ってすぐ注文すると、身支度が整った頃には出来上がる。他には、アボガドと豆のサンドや、ハンバーガーもある。ハンバーガーは油がない焼き方をしており、美味しくいただいた。正直言って、日本のエイドより自分には合っている。

image

大木が土に還っていく様子。少しづつ朽ちて、土に還っていくところが蟻塚のようになっている。

image

立ち枯れているのが、1980年の火山活動時の時にあった木、低い木はその後で、幼木から育ったと思われる針葉樹

image

女性のDirectorだからだろうか、バックルもカラフル。いつかゲットするぞ。

 

帰り際に振り返ると、南から見えるセントへレンズ山、山頂付近はうっすらと雪化粧をしており、昨晩の嵐を物語っていた。それにしてもこの角度は富士山ににている。

帰り際に振り返ると、南から見えるセントへレンズ山、山頂付近はうっすらと雪化粧をしており、昨晩の嵐を物語っていた。それにしてもこの角度は富士山ににている。

 

IPA is the best recovery drink なんだそうです。