BEYOND TRAIL マイトリー・カルナーへ寄せて

少し複雑な気持ちでこのブログを書いています。自分は相馬選手と直接関わる機会は残念ながらなかった。そうした私が相馬選手について書くのは不遜な事ではあるまいかとも思った。相馬選手と親しい方の中には、未だにこの写真集を冷静にみることはできない方がいるかもしれない。それでも何か書き残したいと考えたのは、間接的ではあるが、やはりこの時代にトレイルランニングを始めた一人として大きな影響を受けていること、自分がトレイルランナーとして過ごしてきた時代の何かを、次世代へ書き残したいと考えたからです。この写真集を作成されたスタッフもそんな想いからではないでしょうか。

 

image

「ランナーズ」に連載されていたコラム、Trail Fighterというタイトルでとても熱いコラムだった。

 

自分の本棚に古くても捨てられない「ランナーズ」が一冊ある。2009年1月号は相馬選手が連載していたコラム「Trail Fighter」の最終回であった。2008年のハセツネは鏑木選手の国内での最後のレースであり、横山選手が故障からカムバック、山本健一選手が大会記録を大きく塗り替え優勝して一躍脚光を浴びた年でした。相馬選手も前年の優勝者として優勝争いをするはずが、アクシデントで失速、255位という結果に終わっている。このコラムには、そのレース中の細かな心境変化が書かれており、トップ選手として次のレースを考えれば、第二関門でのドロップが正しい判断であるにも関わらず、周りのランナーの様子、そして後続で完走を目指している一般のランナーを想い、「やめられないな」と考えたという。そしてプライドを捨てて、ほぼそこから全歩きに近い状態で、12 時間以上かけゴールへとたどりついた様子が書かれている。自分とは大きく競技レベルが違うが、自らの力で安全が担保できる限り、そのレースを捨てることはしない、ということを、自分はこのコラムから学んでいる。このコラムの最後に相馬選手が一編の詩を紹介している。小笠原諸島に勤務していた時代に、島の小学校2年生によって書かれた詩ということです。

ハート

ハートが燃えている限り
人間は生きていけるのだ
ハートが燃えている間は
自分の好きなことができるのだ
ハートをつかんだ自分は失敗しても
次の自分に旅立っていけるのだ
ハートは大切 いのちの一つ

2008年2月 吉井千尋

 

自分は2012年の信越五岳に知人のペーサーとして参加している。そのときの前泊が相馬選手とそのご家族と同じホテルでした。早い時間に大浴場にいると、相馬選手とそのお子様達が入ってきました。そこにいるのは、あのTrail Fighterの相馬剛ではなく、一人の優しい父親でした。自分の中で勝手に作り上げていた相馬選手のイメージとそのギャップがとても新鮮に思えことをよくおぼえている。一昨年、遭難の一報を聞いたとき、思い浮かべたのは一人の父親としての相馬さんであり、これから先、自分の近しい仲間や、ましてや自分が山で遭難したら、どうなるのだろうと考えるようにもなりました。残念ながら時期を同じくして、鹿島槍でその想像の半分が現実になってしまったわけですが、自分はこれからも絶対に自力下山するという誓いとともに、同じ時代を生きたトレイルランニング愛好者として、山での安全に対する考え方は、次の世代へ引き継いで行きたいと思っています。

 

image

 

前記のランナーズ以外にも、今は廃刊となっているアドベンチャースポーツマガジンなど、いくつかの古い専門雑誌をが本棚にある。どれも写真が美しいもので、この風景の中を走りたいと思ってトレイルランニングに傾注していった自分の歴史でもある。今でも、「あ、あの写真の風景って、ここだよなあ」と思う事も数多くあります。このBEYOND TRAILが、これからの世代のランナーにとってそんな一冊になることを願っています。

 

image

 


三浦半島を走り続けるために、僕らのできること。

じろーさんのブログ(リンク)で三浦縦断トレイルへの疑問符が投げかけられましたが、私自身も参加したことがあり、いわんや公式の試走会をお手伝いしたこともあります。だからこそわかるのですが、ここで定員800人規模のレースが行われることは、やはり反対の立場を取らざるを得ません。そこで一旦、三浦だけでなく、日本のトレイルランニングレースを取り巻く環境全体を考えてみました。

自分のブログ(リンク)を読み返すと2014年の3月に下記リンクの石川弘樹氏のブログを紹介しています。この時はランナーのマナーに言及したものだったのですが、今回はもう1歩進めて、自分たちとレースの関わり方に言及したものとして読み返してみました。彼にしては珍しく長文ですが、ぜひ全文を読んでみてください。

http://beachishikawa.blog.shinobi.jp/Date/20110529/

 

(以下抜粋)

今日、トレイルランナーの人口が増え、レースも増え続けている中で問題も出てきているように思います。問題視されるようなレースが実際あるのは事実です。そんなレースでも多くの人々の想いがあり、そのレースを走りたいというランナーも沢山います。時に私が疑問を感じるのであれば、直接指摘しなければならないのかもしれませんが、そのような背景がある中では、こうした場でメッセージさせていただく中でどこか大会主催者や関係者に影響を与え、多くの選手には様々な内容に心から気が付いてもらえればと考えています。トレイルランニングがこれからの将来、自然の中での共存を健全と認められ、今まで以上に誰もが楽しめて、遊べるアウトドアスポーツとしての文化として認知されることを願います。そして皆が楽しみにしているレースも場所や規模を十分に考慮しフィールドの受け入れ側が快く向かえているような関係を築いたうえで開催し、各所でトレイルランニングのレースが有意義とされる環境ができあがることを目指していきたいものです。目先のことではなく、長い目で見たレース開催、運営方法を多くの大会におこなってもらえるような風潮となっていってもらえたら幸いです。これまで多くの自然とトレイルランニングと付き合ってきた、視てきたなかで伝えたい私の願いです。
Have fun.

いつまでも自然と人々と共に…

(抜粋以上)

 

石川弘樹氏が2011年の段階で、このように予見していたことが、現実として起こってしまった。三浦で、もっと、小さい規模で、例えば地元のランニングクラブや子供たちを中心に、トレイル整備を前提にした小さなレースを開催するようなことは、とても意味のあることだとは思います。北米の多くのレースはそういったクラブコミュニティーが主催で始まっている歴史があり、比較的小規模でもなんとか収支バランスが取れるのだと思います。欧州と比較してエントリーフィーが高いのはその要因もあるでしょう。一方、日本の場合、ある程度の規模の定員を満たさなければ、収支バランスも取れず、地元への経済的な還元も難しいのかもしれません。ボランティアの確保にも苦労されていると思います。私たちが主催者に協力できることは、トレイル整備やボランティアで大会をサポートしていくことで、トレイルへのインパクトを最小限に、そして小規模でも運営収支がバランスをとれるように協力することだと思うのです。自分もそれほど経験があるわけではありませんが、少しづつ増やしていくつもりです。個人的には日本を代表するUTMFやハセツネが、北米のレースエントリー資格にあるように、トレイル整備やボランティアをエントリー条件(どこのレースでも可)にしてもよいと思っています。すでに主催者も事前のトレイル整備や清掃活動を行っていますが、自分の主催するレースだけではなく、どこのレースでも要件を満たすようにすれば、参加者の意識も変わるのではないでしょうか。エントリー要件を満たすためのボランティアは本末転倒だという考え方もあるでしょうが、入り口としてはありだと思いますし、そこでどのようにしてトレイルランニングレースという他のスポーツイベントとは大きく異なるマイナースポーツ(競技人口、経済規模という点では)のイベントがどのように運営されているかを肌感覚で感じることができると思うのです。ITRAポイントをエントリー要件にする前に考えていただきたかったことです。そんなの理想だよ、と思われるかもしれません。でもそれが成立しないのであれば、私たちのトレイルランニングカルチャーはまだ成熟していないと言えるのではないでしょうか。欧州の岩場が多く硬いトレイルで、土砂流出も抑えられ、レースによるインパクトも低く、キャパシティーがあり、山岳文化として長い歴史があり、その用品メーカーからの金銭的支援もある。そういったものをいきなり真似しても難しいだろうと思います。欧州でもお金が絡むとTDGのように難しい局面を迎えることもある。やはりレースを運営する理念が明確で、小さな規模から積み上げていくようなレースを応援したいと思っています。レース主催者は地元に根付いた活動とその理念を忘れずに。地元の理解を得られれば、支援者も増えるでしょう。自分たちができることは少ないかもしれませんが、日本のトレイルランニングレース全体が、良い方向へと向かうことを願っています。

 

レースコースではありませんが、三浦には戦後の人工林でない昔ながらの雑木林も残っています。

レースコースではありませんが、三浦には戦後の人工林でない昔ながらの雑木林も残っています。いつまでも残していきたいですね。

 


自由であること

渋井さんがトレイルランニングの楽しみ方(リンク)という記事を書かれたので、そのアンサーブログになるのかもしれない。

ここ半年ほど、トレイルランニングを一生涯長く自然に楽しみたいと思う自分の気持ちと、Intermational Trail Running Association ( 以下ITRA) のポイント制に始まったトレイルランニングレースを取り巻く環境がしっくりと噛み合わない。自分の考えは少し変わっているのだろうか?と思うぐらい居心地の悪さを感じることさえある。特に先月あたりから、2016年のエントリーが本格化し、ITRAのポイント制が本来の目的とは乖離した形で、特定のレースを目指すことに偏重してしまう日本のトレイルランニングの現状を浮き彫りにしてしまった。自分自身もそうであったように、特定のレースを目標にすることは決して悪いことではないのですが、レースに対してポイント制という囲い込む枠ができたことで、特定のレースに、我も我もとラッシュしていく(させられてしまう)ことに何か良い解決方法はないものかと考えてしまうのです。結局、何も思い浮かばないのだけれども。

困ったときの犬猫通信。ITRAの理念やポイント制の意義などをわかりやすく解説しているので、こちらを参照(リンク)されたし。

競技としての難易度を査定した上で、競技者の成績を公正に評価する。主催者としての安全ガイドラインを整備する。これは競技として発展していくのに必要な要素です。それによって、プロ選手や指導者の地位も確立されていく。あれ?でも俺はランキングを上げるためにレースを走るのだろうか?

多くの人はこの景色の中を走りたくて、自然と一体となりたくてUTMBに憧れるのではないでしょうか?UTMFでは竜ヶ岳から顔を出したでっかい満月や、朝陽を迎える樹海の中も神秘的で美しかった。でもね、これらはレースでなくても経験することは可能なのです。もちろん、エイドサポートやマーキングがないが故に、様々な山岳経験を積むことが必要ですが、レースである必要はないわけです。

本来、トレイルランニングとはA地点からB地点へ移動するのに、ルートを考え、プランし、装備する。そこには自分の思い描くルートという自由がある。五日市中学校を起点に24時間で戻って来いと言われたら、自由なスタート・ゴール時間の選択があり、ハセツネコースよりも美しいマイナールートが奥多摩には沢山あるのです。そしてその自由度の幅は、山岳経験と走力によって決まります。だから特定のレースを目指さなくとも、日々のトレーニングは不可欠であり、ナビゲーション力はレース以上のもが必要となるわけです。一方、レースには自由がないのかと言えば、そうではなく、エイドやマーキングがあるが故に、心地よく心拍を上げたスピートで走ることができる。一般の人では考えられない距離と時間を走り続けることもできる。そして制限時間や競争によってこそ味わうことのできる非日常的な厳しさ、これもまた自由の1つだと思うのです。どんな自由を求めるか、それは各個人に委ねられているわけです。

他のスポーツの例ですが、スポーツクライミングは、登山の一形態であるアルパインクライミングから派生し、人工壁を使った競技となり、IFCS(国際スポーツクライミング連盟)がルールを整え、ワールドカップは世界各地で転戦され、2020年には東京オリンピック追加種目にさえなっています。それでも、不思議なことに、どんな選手でも皆、自然の外岩を登り、クライミングの原点のようなものを求め続けています。競技者としてではなく、クライマーの本能みたいなものがそうさせるのだと思います。

ITRAの定義にあてはまらない、バーチカルレースやナビゲーション競技、あるいは評価減点となる周回レースやセルフサポートレースにも楽しめる自由があり、レースではないトレイルランニング、スカイランニングのアクティビティーに、ランナー、あるいはアルピニストとしての本能を求めていく、そんな多様性のあるランニングコミュニティーが日本で形成されて欲しいと思うのです。ITRAのポイントに振り回されてしまうことは、現在のレース数が少ない状況では致し方ないことですが、将来のあるべき姿は、結局のところ、私たちランナー次第というのが、今のところの私の結論です。どうか皆さんも、あのトレイルに初めて足を踏み入れた時の胸の高鳴りを忘れないで欲しいと思います。自戒を込めて。

キリアン=ジョルネのDVD、A FINE LINEの中で、有名な山岳スキーヤー、故)ステファン=ブラッセが、山での「自由」について語っています。それは人生の自由に例えられ、哲学者のようです。キリアンとの行動中に山岳事故に会い、帰らぬ人となってしまいましたが、美しい映像と共に語る様子は、少し寂しくもありますが、とても印象的です。英語の字幕を追ってもらえれば、なんとなく意味はわかるでしょう。ただ、山からあの世へ向かうのは自由ではありませんよ。絶対に。それだけはお忘れなく。今週末、雪山へ向かう方、お気をつけ下さい。