八ヶ岳スリーピークスで会いましょう

お手伝いスタッフとして現地におります。マーシャルとして38Kを巡回しながら走る予定ですので、お気軽にお声をお掛けください。でも、そんな余裕ないか(笑)

今日、植生保護のために、一部コース変更が発表されました。ふと思い出した話をご紹介します。

ハリー ブラッドショーというゴルファーの名前を聞いたことがありますか?ゴルフのご経験のある方なら名前は覚えていなくても、この話は聞いたことがあるはず。

以下 「ゴルフの虫がまた騒ぐ」(夏坂健著、二見書房刊)から参考引用

「アンプレアブル !!」

ハリー・ブラッドショーは、左手を高く上げて宣言した。( アンプレイアブルを宣言すると、ボールが打てない状態になっている場合でも、打数に一打を付加して、拾い上げ、肩の高さから落としてプレーを再開できる)

「何だって?」

一緒に回っていたクリスティ・オコーナーは勿論、見守っていた大勢のギャラリーも一瞬、呆然とした。そこはごく浅いラフで、ボールを打つのに障害があるとは思えない場所であった。なのにハリーは「アンプレアブル」と再度左手を上げてからボールを拾い上げて後方にドロップ。そこから5アイアンでグリーンをとらえると、2パットでホールアウト。1罰打を加えボギーとなったが、ハリーは涼しい顔で次のホールに向かった。

「いったい、何があったんだ?」

クリスティがハリーの顔を覗き込みながら尋ねた。

「ボールが打てなかった」

ぶっきら棒にハリーが応える。

「石かね?」

「いや、ライ(ボールがある状態)が悪かった」

クリスティはゲーム終了後、新聞記者から真相を聞かされた。記者がラフを仔細に観察すると、ハリーのボールは、ラフの片隅にひっそりと咲く可憐な紫色の花が一握りほど群生したそばにあった。

「なんて奴だい….」

早速記者はハリーをつかまえて、意地の悪い質問を試みた。

「ちょっとキザだとは思いませんか? 詩人的要素が強いゴルファーは勝負に弱いといいますが」

「私は綺麗に咲いている花をなぎ倒す勇気のない人間だ。花よりショットの方が大事だとは思えなかった。ついでだが、アンプレアブルの宣言はゴルファーの選択にまかされているんだよ」

発表された八ヶ岳スリーピークスでのコース変更に関して、なぜこのタイミングで?どういう植物なのか?トレイルからの距離は十分にあるのではないか?…様々な意見があるかもしれない。しかし、今回、実行委員会は万に一つの状況を想定して「アンプレイアブル」を宣言した。ここは選手、スタッフ全員がハリー・ブラッドショーになってみようではありませんか?まあ、ハリーのボールはもっと花の近くにあったとは思いますけれど。

実は、この逸話は、もう1つ後日談があり、それとセットで語られることが多い。

1949年、ハリーは、ロイヤル・セント・ジョージズで開催された全英オープンに出場する。初日68、堂々の首位スタートだ。ところが二日目の5番ホールで、ラフに飛び込んだハリーの打球に信じられない災難が待ち受けていた。なんとボールが、割れて下半分だけになったビール瓶の底に納まってしまったのだ。

大笑いした後でハリーは呟いた。

「さて、どうしたものかな…」

ルールブックに解決策を求めれば、同伴競技者の言葉を聞くまでもなく救済は受けられるだろう。しかし、ハリーにはルールブックに頼る気持ちなどかけらもなかった。おもむろにテイクバックするとクラブを一閃。瓶は粉微塵に砕け散って、ボールはようやく30y先に転がり出ただけだった。結局、このホールで6打を費やし、この日77。しかし、3日目68、最終日70で、南アフリカのボビー・ロックとプレイオフにもつれ込んだが、惜しくもハリーは敗れてしまった。

記者たちはあきれて聞いた。

「花の時はボールを拾ったのに、ビール瓶ではそのまま打った。何故だね、ハリー ?もしあそこで救済を受けてたら、全英オープンで勝てたというのに」

インタビューに答えて、ハリーは控えめな声でこう言った。

「自然を愛して、あるがままにプレイせよと父から教えられたんだ。そしたら、ああなったが、私にはどちらも同じことだった」

これはブラッドショーボトル事件として有名で、あるがままにプレーするというゴルフの大原則を貫いた逸話として有名です。一見、正反対の行為であっても、1つの理念に基づいた行為は矛盾することなく、後日、歴史を動かすことになる。このことがきっかけで、R&A (= 全英ゴルフ協会、実質、世界のゴルフルールはここで決まる)が、公平性を重んじて、「動かせる障害物」(この場合はビール瓶)の場合は無罰で救済を受けることができるように改定を行っています。

今回実施される迂回措置は、誰かになにかを言われ、強制されるわけではなく、自らの判断で行うものです。ハリー・ブラッドショーのように。言うまでもなく、実行委員会の理念 http://trail38.com/concept/ が貫かれていると信じています。来年は別の解決法が見つかるかもしれませんし、迂回が定着するかもしれません。どちらにせよ、理念に基づいた行動は、必ずしや実を結び、将来、歴史が証明するのだと思います。

トレイルランニングと自然を愛する全ての人々の共生を願って。

image1

写真は八ヶ岳ではありませんが、南アルプス三伏峠付近に咲く高山植物の群生、大切に残していきたい気持ちは皆同じはず。

 

 


富士山麓12時間ロゲイニング

テーマがMMAブログらしくないかな? と思いつつも自分の周囲はOMMにエントリーする人も多く、ナビゲーション競技もトレイルランナーの間に浸透してきているはず。ナビ競技は年間を通してこれぐらい(リンク)行われており、グループでファンランをしながら楽しめる街ロゲから、ソロでシビアな地図読みとオフトレイル走力が要求される学生主催のオリエンテーリング(一般もエントリー可)、そして長時間行動とその効率、それを支える確実なナビゲーションスキルが要求されるロングロゲイニング、ロングオリエンテーリングまでが存在する。ランナーの間ではOMMが注目されてはいるが、天子山塊や朝霧高原の森林オフトレイルも競技エリアとなる富士山麓12時間ロゲイニング(リンク)、そして深夜0:00にスタートするアドベンチャー感満点の菅平ロゲイニングチャレンジ(リンク)は参加者の高いレベルと、そのセッティングの壮大さはOMMのそれと引けをとらないものだと思っています。

 

image

雨ヶ岳付近からの富士山、第1回のUTMFでは、この富士山を見た後に、高低図から抜け落ちていた竜ヶ岳を見て愕然とした選手が多かった。ただ、地形図を読めるならば、端足峠からもう一度登るのは明確にわかる。

 

今回はその富士山麓12時間ロゲに参加してきました。結果は前回の優勝チームやアドベンチャーレースの世界選手権に出場するチームを抑えて、混合クラスで準優勝という上出来すぎる結果です。競技エリアの西端が天子山塊の稜線であり、ここ数回のUTMFでは通過しない毛無山までが競技エリアとなっています。この大縦走は第1回のUTMFで、自分も、そしてパートナーも経験しており、それが優位に働いたともいえます。それでも上位間の順位はむしろ下山してからのナビゲーション勝負になっており、混合といえどもレベルの高いものだったと思っています。次回、2年後のエントリーが今から楽しみです。

image

長者ヶ岳の隣、天狗岳から稜線に入った。

 

image

久しぶりの毛無山、UTMFの時はかなりきつく感じたが、足がフレッシュなせいか、あっという間に到着してしまった。後半、下山後のナビゲーションが組み立てやすくなった。

 

私自身の初めての経験として、ナイトナビゲーションがありました。日没から競技終了21:00までの数時間とはいえ、この時間帯でどれだけ拾えるかが順位に大きく影響しますのでとても重要です。一般的には、トレイルやロードから外れたところにあるフラグのSIチップ記録によるポイントを避け、ロード上、あるいはその脇にある写真通過証明によるポイントを中心にルートプランを組むのがよいかとは思いますが、自分たちはあえてフラグによるポイントを取りにいきました。(薮コギ好き)

トレイルから外れてCPへ向かうアタックポイントを正確に決定できれば、下の写真にあるように、リフレクティブプリントの部分が光るので、十分対応できるとオリエンティアの方から聞いていました。薮の植生の濃さ次第ではどうにもならない場合も想定できるので、常に正しいとは限らないとは思います。また、写真通過証明の場合、地形として特徴のある三角点や人口建造物は見つけやすいのは言うまでもありません。

image

 

image

 

OMMにエントリーしている方の参考になるように、オフトレイルのナビゲーション例を1つご紹介します。そして、夜間であるがゆえのミスをしていますが、リカバリーしてCPをパンチ、そして脱出しています。OMMに夜間のナビゲーションはありませんが、自分も含めてオフトレイルのナビゲーション経験の浅い方の「あるあるミス」であり、それをパートナーとどう補完し合っていくかが競技のポイントだと思います。

下の地図のスクリーンショットは、自分たちのログを国土地理院の1/25kに落とし込んだものです。等高線間隔10m、縮尺も競技で使用されたものとほぼ同じです。ただ、競技に使用された地図では、+のポイント手前に「ひらけた土地」の色分けがされていたので、森との植生界をアタックポイント(+地点)に設定しました。赤い丸印がフラグ位置です。このCPの前に、夜間に2つのオフトレイルのフラグCPを取っており、その2つはライトで映し出される範囲の地形をトレースできれば比較的容易に見つかるCPでした。その気の緩みから+のポイントで、コンパスによる方向維持を怠ってしまいました。この時も目の前にある尾根を距離130m(地図上5mm)、高さ20m (等高線2本分)登ればピークがあり、簡単に見つかるはずと。ところが、植生界に沿って顕著な踏み跡があり、それにつられて少し奥に入ってから、尾根を登り始めています。この時パートナーは「もっと右ではないか? 」と忠告してくれていますが、登りやすいひとつ西の尾根をスタスタと登ってしまいました。当然そこにピークはなく、少し平になり、もう一度登り傾斜が続いています。そもそも俯瞰図的に見れば、南西の892mから北東の941mに向かって大きな斜面であり、それもイメージできていませんでした。そして昼間であればよく見えるであろう東側の沢地形を見逃しています。夜間はライトで見えている範囲が限られているからというのは事実ではあるけれども、基本を怠った言い訳とも言えます。パートナーは「今ちょうど等高線2本分のぼったぐらいですよね」とブレーキをかけてくれました。最初の忠告を思い出し、東へ移動しながらライトの出力をあげ、注意深く見ると、沢地形があり、その先に薄っすらと尾根地形が確認できました。さらに近づきながらライトを丁寧に当てると、フラグのリフレクティブが光りました。脱出は踏み跡や微地形に流されず、コンパスで方向を維持して最短距離で脱出できたと思います。オリエンテーリング歴の長い方ならば、OMMレベルの設定ならば、ナビゲーションという点に限って言えばほぼノーミスで切り抜けられるはずですが、トレイルランニングをベースに活動している方にとってはそうもいかないはずです。慌てずにパートナーと力を合わせて乗り切って欲しいと思います。そして自分がそうであったように、OMMをきっかけに、この競技人口が増加し、海外ではスタンダードとなっている24時間ロゲイニング(村越先生談)がいつの日か日本で開催されて欲しいと願っています。

 

Screen Shot 2016-06-04 at 4.42.07 PM


分水嶺 2016春

今年もこの時期にこの山に。

昨年は分水嶺トレイルの大会に参加する形で、夜間行動をとり、一気に分水嶺を駆け抜けたのですが、今年はテント泊縦走という形で後半部分の山域を楽しんできました。今年から分水嶺トレイルの一部コース変更になり、瑞牆山から不動沢を下った後、「少し退屈」とされていた林道部分が短縮され、破線ルートで県境の分水界へと向かい、忠実に中央分水嶺を西へなぞるコースになるようです。そこは松平林道や他の主要林道ができる以前は、信州峠から小川山方面へ抜けるルートとして活用されていたと思われますが、現在の山と高原地図や、国土地理院地図にも記載されておらず、もちろんリボンや道標はありませんから、廃道古道ということになるのでしょうか。危険な箇所ではありませんが、地形図を読む読図力は必要になります。一部登山道としての跡がかすかにあり、人知れずひっそりと佇んでいます。自分たちが久しぶりに現れた人間だったかもしれません。昔の山と高原地図には記載があるようで、あるピークに「石っこつ」という名前がつけられています。自分はなにかの記念碑が風化して彫り文字が消えたのではないかと勘違いするような、不思議なオリベスク状の岩石でした。そこから西へ伸びる尾根は石がごろごろと転がり、頑丈で、それでいて歩きやすい風情のある尾根でした。林道ができて、車も通過できるようになり、便利になったことは間違いありませんが、それと引き換えになにかが失われたのかもしれません。それをこういう形でまた楽しむのもよいでしょう。

image

こちらは登山者も多い金峰山五丈岩

 

image

 

image

 

image

広いく踏み跡が薄い尾根は獣の踏み跡などに騙されて、方向を外しやすい。

 

image

 

image

 

 

春の満月...動物たちがとても賑やかだった。

春の満月…動物たちがとても賑やかだった。

 

image

 

image