When 100miles is not far enough..3 レースを終えて

アメリカ、パシフィックノースウエスト、ワシントン州で行われたBigfoot200 endurance ran は、過酷で孤独な耐久レースではなく、まず選手がセルフレスキューの精神によって自立していること、そして選手同士、主催者、ボランティアスタッフ、全ての人と人が尊敬し合い、認め、思いやる事によって成立する、ちょっときつめの山旅でした。自身の結果は、レースも後半に差し掛かった時点で、勘違いによるルートミスをし、それをリカバーできず、残念ながら160マイル、255kmの関門でタイムアウトDNFとなりました。

 

image1 3

スタート後、約2日が過ぎ、そろそろ各選手の疲労が蓄積している。中位から少し後ろを走っていたつもりでも、各エイドの関門でカットオフになったり、自らの正しい判断でドロップした選手もいて、自分はいつの間に最後尾に近いポジションになっていた。111マイル地点、Lewis River Aid は美しい滝(リンク)のある景勝地にある。ここから次のセクションはこの滝を横目に見ながら、渓谷を高巻きして、徐々に標高を上げ、セクションとしては最大の5,500フィートの累積標高、19マイルのセクション、夜なのでほぼ全歩きで、8時間程になるはずだ。このエイドからペーサーをつけられるのだが、ペーサーもクルーもいないインターナショナルランナーを心配したのだろうか、エイドを出るときに、ボランティアスタッフが、小さな封筒に入ったカードを手渡してくれた。「苦しくなったらこれを見ろ」と。おおよその内容は想像できたが、その心遣いと優しさに上手く応える言葉が見当たらない。「サンキュー、アイ ガッ ゴー」とだけ言い、強く握手して別れた。

 

image1

 

初日のセントへレンズ山の砂漠のような暑さから、軽い熱中症となりながらも、なんとか上手く時間を使ってリカバリーはできていた。ただ、プランしていたような仮眠をしっかりとりながら進む展開ができていない。眠気からペースが上がらず、Ambit3のマイル表示がなかなか進まない。「自分はやはり登りが弱いんだ」と自分を疑い、ネガティブな言葉が脳から全身を支配しようとする。標高のフィート表示は体感通りにアップダウンしているので、高低図からも距離は判断できるのだが、Ambit3の距離とは合わない。深夜で周囲の地形が見えず不安になる。前後の選手のライトは見当たらない。後続の選手は諦めて戻ったのだろうか?時折現れるリフレクティブのリボンマーカーだけが自分とレースをつないでくれている唯一の接点だ。上がらないペースと残り時間から、諦めようとする自分がいるのがわかった。そしてそいつが心を支配しようとする。「もう十分だ、よくやったよ、100マイルはとっくに超えているし」そうだ、あのエイドで渡されたカードには何が書いてあるのだろうか。補給のために一旦腰を下ろし、カードを開けてみる”believe, believe, believe…” 信じろ、信じろ、信じろ、と書いてある。心に刺さった。自分が自分を疑ってどうする?単純ではあるが、時として言葉はシンプルな方が刺さるものだ。補給をしたからだろうか、脳の思考がクリアになる。Garmin の小型GPSのスイッチを入れてみる。すると衛星捕捉エラーが出た。分かった。渓谷のルートと、それを通過後にはこの巨木が立ち並ぶシダーウッドの深い森でGPSが捕捉できない区間が多いのだ。高度計は気圧変化で計測されるので、やはり高度表から自分の位置を判断すればよいだけの事、残りの距離はもうさほど遠くないはずだ。眠気が一気に飛んでペースを上げる事ができた。このセクションは予定よりも大幅に時間がかかったが、カットオフには間に合い、ボランティアスタッフの心優しさに助けられた事になる。

 

image2

序盤のボルダースクランブリングエリアでポキっとやってしまったが、テーピングで応急処置、次のエイドでダクトテープで補強、その次のエイドでは予備ポールがあったのでレースへの影響はなし

 

このセクションを通過できたことによって、ゴールが見えてきた。ペースはコントロールしているので、脚は十分残っている。食欲は旺盛でエイド毎にアボガドベーコンのハンバーガーや肉系のラップをしっかり食べていた。ただ、仮眠のプランが崩れており、2つ後の比較的楽なセクションで、大きな勘違いによるルートミスをしてタイムアウトとなってしまった。やはり、脳の思考を正常に保つために、睡眠は大事なのである。

前回のブログ(リンク)に200マイルは100マイルよりも身体への負担は小さいのではないか?と書いた。答えはYesでありNoであった。確かにペースを抑えているので筋肉ダメージは少ない。少なくとも自分が走った160マイルまでなら100マイルより身体は楽だ。足裏の豆関係は 100マイルを過ぎた辺りからエイド毎にメディカルスタッフの世話になる事が多くなる。胃腸のトラブルは一切無し。ただ、何かの気象条件変化やトラブルが1つあると仮眠時間が削られて、私が好まないと書いた二晩越えの100マイルと同じ状況へと陥る。これを防ぐにはやはり走力によって余裕を作るしか方法はないのだろうか?感覚的には、このBigfoot200ならば、UTMFで30時間前後の走力があれば、必ず起きるであろう何かのトラブルも吸収しつつ、仮眠をとりながら進めるはずですが、リザルトを見ると47人の完走者の内、10人が55歳以上、最高齢は64歳の方である。とてもそのスピードがあるとは思えない。どこにその解があるのか、今の自分には分からない。今、ぼんやりとあるのは、今回、身体のマネージメントはある程度できたのだけれど、脳のマネージメント(睡眠はその1つ) ができていなかったなということです。

 

image

ノースリーブでスタートし、軽い熱中症になりながらも、夕方にはジャケットを着ていた。翌日の夜には、エイドではダウンジャケットを着て焚き火にあたっている。これぐらいの気温変化に対応する装備が必要だが、全エイドでドロップバッグが可能で、ザックの容量は抑えられる。エイド間隔最大で20マイル、7-8時間程になるので、水も浄水フィルターを利用して沢の水を補給する必要があり、他の北米レースとは装備が大きく異なる。

 

北米の他の200マイルとその難易度をディスカッションしているFBページ(リンク)があるので参考にしてください。北米のトレイルランニングレースは、一部のクラッシックレースを除き、ヨーロッパのような大きなスポンサーがついて潤沢な資金で運営されているわけでもなく、ランニングコミュニティがレースディレクターの下、ボランティアスタッフとの協力によって運営が成立しているわけです。国立公園内の規制は厳しく定員も百名前後から数百名で、日本やヨーロッパのような数千人規模の商業化、観光化された華やかなイベントではない事を理解して下さい。そこに参加するインターナショナルランナー達は温かく迎えられる。だから自分達もそのローカルコミュニティをリスペクトし、選手やスタッフと片言の英語でもいいから話しをして、やっぱりウルトラトレイルの変態は世界共通なんだと笑い合う事がとても大切なことになります。

 

image2 3

日本のように誘導員がいることはない。チェックポイントがなくても、ごまかす発想をする選手などいない。

 

最後に、64マイル地点でのエイドでボランティアをされていたMMAブロガーでもあるシアトル在住の藤岡さんご夫妻、最終エイドでの業務とスイーパーを担当されていたポートランド在住の@trailinportland (ツイッターアカウント)さんに感謝いたします。序盤に他の日本人の選手にトラブルが発生しており、藤岡さんがボランティアにいなければ自分がレースを棄てて、そのエイドに留まる事になったことでしょう。そして自分が最後尾になった時点でも、十分に脚は残っていることから、これはもしかしたら@trailinportlandさんと初めてお会いするのに、自分はDFL(Dead Fxxxxxx Lsat) としてスイープされるのかあ、かっこ悪いなあなどと考えていた事がモチベーションになっていたのも事実です。来年もよろしくおねがいたします。(え?行くのか?俺は?)

追記:大会のオフィシャルフォトグラファーを尊重して、写真がオンラインになったらできる限り購入してブログでも活用し、上記の写真と入れ替える予定です。現時点での自分の写真は自分のインスタグラムを見て頂けらコースからの美しい写真があります。(普段は非公開ですが、しばらくはオープンにしておきます)特に#nofilterとタグがあるものはフィルター加工なしでも美しいものです。インスタアカウント(リンク)https://www.instagram.com/kugitk/?hl=ja

 


When 100miles is not far enough..2. なぜ北米200マイル?

image

今、このブログをシアトル行きの飛行機の中で書いている。「はあ?200マイル?」「なんでトルデジアンとか欧州の有名な山岳レースではなく北米のマイナーな200マイルに?」率直に聞かれたこともあったし、自分も変わり者だよなとも思う。自分がこのレースを選んだ理由をとりとめもなく書いてみた。

 

 

image

Bigfoot200のオフィシャル Face ブックへのリンクはこちら。
昨年、ある論文を読んだ。UTMB(100マイル)に出場したランナーとTDG(200マイル)に出場したランナーにおいて、レース前と後で血液サンプルを採取し、身体のダメージを調べたもの。準エリートから、完走レベルのランナーまで複数のサンプルを調べたところ、TDGのランナーの方がダメージが小さいということ。研究者はペースがゆっくりであることと、ある程度の仮眠と休憩によって回復させながらゴールへ向かうことがその理由と推論している。(本当かよ! ?? )
image
過去にダメージが小さく、身体のむくみも最小限で、数日後にはジョグができたレースを振り返ると、八ヶ岳スーパートレイル100マイル(現在はKOUMI100に姿を変えている)がある。決して楽ではなかった。ただ、自分の経験の中で、UTMFとの明らかな違いは、一晩越えでゴールできる、それと引き換えに、走れるサーフェースでは走らなければならない、制限時間は短めだ。二晩寝ない100マイルレースは、どうしても日常のランニングライフや、山の遊びとは違う世界の競技だと思っている。それはそれでやりがいもあり、その強烈な達成感は決して否定されるものではないのだけれども、自分にはどうしても二晩寝ないで動く100マイルレースは、身体への負担、特に筋肉よりも極度に糖質に偏った補給による内臓への負担が大きいように思えてならない。
image
ならば、仮眠が前提であり、エイドで温かい食事が取れ、多少制限時間が短くとも走れるサーフェースがある北米の200マイルは一番自分に合っているのではないか?という強引な2段論法だ(笑)楽がしたいわけではない。楽なはずはない。ただ、自分はレースを目標に練習をすることはしなくなった。(今回はゴールデンウイークに大きな対策練習を1つやったが)レースは日々のランニングライフ、山のアクティビティの中の1つのスパイスであり、延長であるべきだと思っている。あえて言うならば、レースのために走っているのではなく、レース後のために走っていると言っていい。だから、心身ともに疲弊しきって、その後燃え尽きてしまうことは避けたいと考えるようになった。
「練習じゃないんだよね。ルーティンなんだよね。」by R.D. Tomo
image
自分の内側にある理由だけでなく、周囲との関わりに視点を移してみる。普段、一緒に練習をしている仲間を見ると、常に周りに影響を与え、トレイルランニングコミュニティーに貢献している人が多い。速いだけではなく、make a difference = 影響を与える、貢献する、ということを実践している。定期的な練習会を主催したり、トップクラスのランナーであればその活動をブログやインスタ、Podcastで発信することで、我々も影響を受け、日々走るモチベーションとなる。こんな自分でも何かできないだろうか?と考えるようになった。いい歳だもんな、そいうことを考えたい。北米のカスケード山脈、シエラネバダ山脈の山々をレースだけでなく、時にはロングハイクで、その体験をシェアしていけたらと思う。それに加えて、長時間のナビゲーション競技の面白さも発信していきたい。海外(北米、欧州問わず)の24時間ロゲイニングやロングオリエンにいつかは出場したいとも思う。
image
さてさて、どうなることでしょう。このBigfoot200は発信GPSが義務付けられているのでTJARのようにLive Trackingが見られるようだ。どこかでくたばっていたら笑ってやってください。Bib#は36です。
こちらは通常のUltraLive
追記 : このLive Trackingでは現在Joe Grantが単独で挑戦しているColorado 14ersも見られます。Colorado !4ersに関してはMMAブログでどなたかが紹介してくれることでしょう。