マン喫通信17〜チーム「すぽるちば」忘年会

昨晩、エリートトレイルランニングチーム「すぽるちば」の忘年会に参加させてもらいました。

私は実態があるような、ないような謎のチーム「トレランマンズ」がメインの所属チームですが、いろいろな方々のご好意により精鋭集団の「すぽるちば」にも混ぜてもらってます。

今年は「すぽるちば」の戦闘モード用のチームロゴを作らせてもらったので、忘年会の会費を免除していただいました。ご好意に感謝いたします。ありがたや。

一応グラフィックデザイナーなのでして・・・

一応グラフィックデザイナーなのでして・・・

 

貸し切りじゃないのに本当にうるさくて、すごい楽しかったです。
最近忙しくて気も滅入りがちだったのでので凄くパワーもらいました。
「すぽるちば」の面々は人間的にも魅力的な方々が多くて実にいいですね。皆さん職業が素晴らしいし。

そしてぜんぜん「すぽるちば」と関係ないチームメイトのあの人がなぜかいました。突然の飛び入りもウエルカムな懐の深いチームだなあ。

 

たまたま都内に来ていて暇だったらしい・・・

たまたま都内に来ていて暇だったらしい・・・

恒例になっているのか?クリスマスプレゼント交換があり、私はOSJのボス滝川さんのプレゼントを頂きました。(写真参照)
すごく手の込んだお手製のプレゼントですね。

OSJのテープと養生テープで巻いてある・・・厳重な二重梱包

パワースポーツのテープと養生テープで巻いてある・・・厳重な二重梱包

 

開封してみるとなにやらダイイングメッセージのような書き文字が・・・・

スクリーンショット(2013-12-20 18.59.41)
というわけで割引もしてもらえるので来年も八ヶ岳100マイルに出ないとですね。
エントリーまでに捨ててしまいそうなので画像アップで証拠残しておきます。
最近全然走れてないから気合い入れないとなあ。
さて年末も押し迫ってきましたね。
皆さん飲み過ぎ食べ過ぎに気をつけて良い年越しを!


マン喫通信16〜闇に蠢く〜ライト付帽子のご紹介

え〜当ブログをホームラン級な脱線したネタから本筋に戻していきたいと思います。

今回はランに役立ちそうなグッズ紹介です。

先日イベント用のテントを扱っている業者さんから面白いグッズを提供してもらいました。
「パンサービジョン」というもので、フリースのキャップにLEDのライトが4灯付いた商品。

販売は黒のみらしいです

販売は黒のみらしいです

P1090617

点灯すると・・・

P1090618

こんな感じです。

バッテリーは CR2032ボタン電池を2個で連続点灯50時間とのこと(サンプルには4個入ってました。)

P1090619

私のラントレーニングはここ最近は会社から家までの帰宅ランのみなので、早速使用してみる事にしました。

会社の築地界隈から246号の三宿までは割と明るいのでライトは必要ないのですがそこから緑道に入って暗くなるのでライトを試してみました。

専門的なヘッドライトとは比較になりませんが結構明るい。そして手袋したままでも操作が確実。そしてライト自体に重さがないので非常に快適でした。

短時間点灯するシーンのある夜間走には重宝しそうです。

大会でも本使用のライトの電池交換時や、いざという時のサブライトとしてで使えるかもしれません。

気になる洗濯についてですが、ボタン電池を外して手洗い可能。業者の方は洗濯機でも大丈夫ですテキなニュアンスだったので、帰宅後、洗濯機に放り込んで洗ってみました。

結果電池を入れたら問題なく点灯。耐久性もありそうです。とはいえ、やはりライトのユニットが外せた方がいいだろうし、バッテリーもボタン電池じゃない方がいいなとか、充電や汎用性を考えてアイデアスケッチしてみました。

いかがでしょうね?

いかがでしょうね?

後ろからの視認性にも対応できた方がいいですね。
電池部分の重量が気にならないかがポイントですかね。

この商品今シーズンかぎりの入荷商品らしく、取り扱い1個からできるみたいです。岩本町のトレランショップとかで需要あるかな〜?

P1090620


マン喫通信15〜千金のイベント 後編

イベントスタート。
惨劇の幕開けです。

清音駅からスタートして程なくして、高梁川に差し掛かります。歩行者と自転車の専用橋があり、ここをゆったりと広がりながら進みます。

金田一ゾロゾロ

金田一ゾロゾロ

スタート前にはしゃぎすぎた息子は虫の息だったのですが、橋の後半川から吹いてくる心地よい風も手伝って撃沈。
橋の最後にカメラが大勢スタンバイしていて撮影スポットだったのですが健闘むなしく最初の犠牲者となりました。(写真中央で抱きかかえられて下を向いてます。)

こんなに大勢のカメラに待ち構えられる経験そう無いですよね。

こんなに大勢のカメラに待ち構えられる経験そう無いですよね。

ちびっこがこのタイミングで寝てしまったのが悔やまれます。

ちびっこがこのタイミングで寝てしまったのが悔やまれます。

寝てしまったので、ここからベビーカーに乗せて先を進みました。

残念無念

残念無念

このイベントは探偵の軌跡をただ歩くだけではありません。途中本陣殺人事件やその他代表作のキャラに粉した地元の方が登場し、寸劇など交えなから盛り上げてくれます。
演技の方も年々レベルアップしているようです。

トレイルの大会でもよくあるメッセージカードがコース上に

トレイルの大会でもよくあるメッセージカードがコース上に

この警官も寸劇の配役です

この警官も寸劇の配役です

ご存知!三本指の男

ご存知!三本指の男

中間地点である岡田村役場跡の公園では、児島のデニム生地で作った金田一の衣装に粉した伊東香織倉敷市長がミゼットで登場。寸劇鑑賞と記念撮影を経て先に進みます。
(市長まで駆け付けてくれるあたりにもこのイベントの力の注目度の高さが伺えますね。)
NHK岡山局の男性アナウンサーの方も金田一衣装で参加されてましたか、この方も完全プライベートで参加との事てす。素晴らしいですね。

こんな素敵な看板がお出迎え

こんな素敵な看板がお出迎え

倉敷市長、国政に参戦お願いしたい

倉敷市長、国政に参戦お願いしたい

こんなイカしたキッズも登場!学校のヒーローだ!

こんなイカしたキッズも登場!学校のヒーローだ!

場数を踏んで上達している寸劇

場数を踏んで上達している寸劇

容疑者も作者も警官もご一緒に

容疑者も作者も警官もご一緒に

この日のベスト金田一耕助(右)と、この方が髪型や衣装を含めて一番かと思いました

この日のベスト金田一耕助(右)と、この方が髪型や衣装を含めて一番かと思いました

歩き方もサマになってる

歩き方もサマになってる

この後は濃茶のほこら(八つ墓に出てくる濃茶の尼のモデル)から横溝先生の疎開宅、千光寺(獄門島に出てくるお寺の名称のモデル)岡田大池(悪魔の手毬唄のおりん像がある)を経てゴールの真備ふるさと歴史館へ。

濃茶のほこらにて

濃茶のほこらにて

登場のタイミングを伺っていました

登場のタイミングを伺っていました

疎開宅のW表札、ちなみに写ってる方はもう死んでますね

疎開宅のW表札、ちなみに写ってる方はもう死んでますね

チームおりんさん

チームおりんさん

怖い!この人の仮装がわからなかったが最後にわかりました

怖い!この人の仮装がわからなかったが最後にわかりました

去年のゴール地点川辺宿駅よりコースは短縮されましたが、和装に下駄履きでのウォーキングは予想以上に疲れます。昔の方の行脚は大変だったんだなと改めて実感。ウェアやシューズの高機能に恵まれた我々は贅沢ですね、。

ゴールでは地元のボランティアの方によるお汁粉とお米のポン菓子(その場で作ってる)をいただきながらオリジナル紙芝居を鑑賞してウォーキングイベントは終了です。

初あんこ

初あんこ

テンションの高い紙芝居

テンションの高い紙芝居

見入る参加者

見入る参加者

 

ちなみに長い眠りについていたちびっこ金田一はこのタイミングで目を覚まして覚醒したように走り回ってました。

タイミングの悪い子・・・

タイミングの悪い子・・・

このあと希望者による意見交換会を近隣の真備公民館岡田分館で実施。我が家も昨年同様家族で参加しました。(コスプレはしたままです。)

去年赤ちゃんだった息子を大勢の方々が覚えていてくれて1年経った息子を暖かく迎えてくれるのがうれしかったです。

催しも全然真面目な感じではなく、地元岡田地区まちづくり推進協議会の婦人会の方々の手作りのおこわ、お煮しめ、汁物が振る舞われます。(これがどれも優しいお味で絶品なのです。)

栗入りおこわ

栗入りおこわ

25

ボリューム満点のお煮しめ

 

食べづらいんだよね、このマスク

食べづらいんだよね、このマスク

会はなごやかな感じで進行していきますが、途中「金田一耕助100周年」記念の特注ケーキが運ばれてきた時は一同大爆笑とこぞっての記念撮影。
それもそのはず、ケーキ上には本陣殺人事件の事件現場が再現されていたのでした。

でかい!

でかい!

死体の乗ったケーキ

死体の乗ったケーキ

最凶コンビ、圧巻の怖さ

最凶コンビ、圧巻の怖さ

ケーキ入刀

ケーキ入刀

こちらのケーキを作ったのは地元真備のウォールウォーレンというケーキ屋さん
デコレーションの出来も素晴らしかったですが、味も抜群でした。

 

途中血を吐いて亡くなる方や、見立て殺人で殺害される方も出て大変な現場のはずが終止大爆笑。大盛り上がりのうちにイベントは終了しました。

この見立て殺人のための仮装だったのか!

この見立て殺人のための仮装だったのか!

意見交換会でのテンション高く、ステージも占拠

意見交換会でのテンション高く、ステージも占拠

で、もう我が家では来年の仮装を企てたりしてます。来年もどうかこのイベントが実施されますように。

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

エピローグ

最後に述べたかった事があります。

今回のウォーキングイベントは参加費は無料。意見交換会もこんなにもてなしをしていただいて一人1,500円。大勢の地元岡田地区まちづくり推進協議会のボランティアやスタッフの方々のご協力がありました。

みなさん対価を得る訳でもなく、このイベントを企画している倉敷市 観光課の方々も、進行役の地元の金田一も、大勢の参加者も、そしてボランティアやスタッフも心からこのイベントをもに楽しんでいるようでした。

イベントの仕掛人、岡山の金田一(右)と真備の金田一(左)

イベントの仕掛人、岡山の金田一(右)と真備の金田一(左)

婦人会の加藤さんは息子の事が新聞の記事に乗るからと、数日後地元の新聞をまとめて送ってくれました。地元の方との交流がとてもうれしかったです。

加藤さんありがとうございました

加藤さんありがとうございました

 

この真備地区岡田という集落にもし横溝先生が疎開していなかったら、おそらく一生足を運ぶ事はなかったでしょう。一見平凡な集落ですが、私はもう何度も足を運んで、とても愛着のある場所になってます。
このような場所や、人との出会いを大切にしたいですね。

半ば強引にトレイルランニングの話しに結びつけて締めくくりますがレースだとこのイベントで「神流トレイルラン&ウォーク」の事を思い出しました。

神流のレースも同様におもてなしの心が感じられる大会でしたね。自分もこれからレースに選手として参加する時や、もしボランティアやスタッフとして参加させていただくときがあれば、このような心構えを忘れずにいたいなと思いました。

35