never mind but I do mind

こんにちわ。
先日の神流マウンテンラン&ウォークでまさかの持倉でひかかってしまい、反省していたはしもとみきです。
神流マウンテンラン&ウォークは鏑木さんがプロデュースされているトレイルランニングの大会で群馬の神流で開催されます。28k、40k、50kとありますが、なんといってもこの大会の魅力は50Kをペアで走る、スーパーペアという種目があります。昨年40kを走った時は風邪をひいのほほんとエイドと景色を楽しみながら、走ることができました。が、50Kはもう一つ先に山があり、まあ、これがなかなか足にくる感じなんです。ペアは足が速く走力のあるゆうこりん。よく一緒に山にいって楽しんでいます。

で、なぜひっかかったか・・・

走力低下が著しいかったからです。

まったく走れていませんでした。

そんな神流の後、仕事以外のことでまいることがあったのをきっかけに ”このまま生活が変わらず、走力はどんどん落ちるんだろうか・・・生活も変わらずこのまま・・・ (ため息)” と落ち込んでしまいました。そんなだめだめな様子を見たラン仲間の青年に、”とあるお方のブログを読みなよ”と勧められました。
そこには私の常日頃悩んでいることに対して参考になることがたくさん書いてありました。やっぱり速くて強い人ってpositiveだし、機転がきくんだなと感心しました。

”走れていないことは確かに練習不足だが、一方で精神的にも鍛えられていると思えばよい”
“自分のやっているトレイルランを理解してもらうための活動をしていること”
“職場において、自分しかできない仕事を見つけること,存在意義を見つけること”
特に3つ目はセンセーショナルでした。逆に海外レースに参加するために休みを取りたいため自分の仕事が誰でもできるほうが良いと思っていました。自分の存在価値があるようにするほうが前向きですよね。そうしたらちょっと考え方が明るくなりました。

走れていない”ことに関して。思えばみなさんもそうですよね、十分に走れてレースに臨めている方はどれぐらいいるのでしょうか・・・。睡眠時間を削ってランニングされる方も多いかと思います。私は家での短い時間のストレッチと体幹トレーニングを毎日必ずやることにしました。

体幹に関して、登り坂を走ろうとした時に、いつも力をいれるお腹にまったく力が入らずうまく走れなかったのでショックでした。(そりゃ、何にもしてなかったからね・・・笑) 自分は本当に自己流で走ってきていますが、体幹ってないと本当にだめなんだなとつくづく感じました。また、実はテニスを長年やっていますが、テニスでも体幹はとっても大事で、ストロークやボレーを打つ時の打点のずれをなくし、安定させるんです。

↓ 下記、私のやっている体幹トレーニングについて、とあるスポーツクラブの説明があります
taikan _a part of

↓ 男子体操選手もやっているようです・・・
taikan a part2

今はこれを毎日1:30分やっています。tdg少し前は一日2:30分までできるようになってやっていました。私は腰痛持ちなので、そんなに長くはできませんが、無理せずにコツコツやっていったらだいぶ走りが変わった記憶があります。

あとは会社中での移動は、できるだけ階段を使うことにしました。鏑木さんを見習ってです(笑)そして、万が一平日にランニングするチャンスがあるならば、ランニングを楽しむ。

今はこれだけです。そのうち切羽詰ってきたら考えようと思います(笑)。

今週末は”修行走 身延山七面山トレイルランニングレース”です。どうなることやら・・・ですが、まずは楽しんできます。本当に山を走ることができるのは幸せだと思います!

ありがとうございます。

 


1102-1104:TOMOSU RUN

みなさん、こんにちわ。

11月2日かマラニックイベントのTOMOSU RUNに参加してきました。
マラニックとはマラソンとピクニックの合わせ語で東日本大震災で地震と津波で被災した復興地域を走るイベントです。主催者、イベント参加者そして地元の方全員で参加して盛り上げるイベントというコンセプトです。
コースは陸前高田→大船渡→釜石の①55kmと②33km(南リアス線三陸鉄道に乗れる)の2種類です。私と一緒にいった友人は33kmのコースを走りました。実はそれぞれ+3kmで58kmと36kmだったようです。(笑)

11/2:一ノ関駅に到着後、バスにて移動し、陸前高田市で燈されている「1.17希望の灯り」の火を分けてもらいにいきます。

IMG_2285
↑ 奇跡の一本松。ボラセン行く途中でいつも見えていた

IMG_2294image
↑ ゲストランナーの宮地藤雄さんが灯りの火をもらいます。

その後、陸前高田市の米崎小学校の体育館に行き、競技説明をきき、ゼッケンや旗をもらいます。催しの漫才をきき、最後に前夜祭がありました。。その後宿に移動します。

IMG_2309
 
さんまとホタテ、芋に汁、サンドウィッチをいただきました

11/3、朝4:00バスにてスタート地点の米崎小学校に移動。
6:00スタート。55km走る3チーム、そして私が参加の33kmチーム(三陸鉄道チーム)の4チームで順にスタートしていきます。
IMG_2316
↑ 夜明けとともにスタート

image
↑ 4.8km地点のエイド小友小学校へ。朝日がまぶしい。
その後碁石海外を過ぎ、下船渡駅あたりを通過し13km地点のエイドおさかなセンターに。
また国道を通り大船渡に。
image
↑ 鉄道のかわりにJRバスがとおります

15km地点のエイドの大船渡夢商店街に到着。ここでサンマ、トン汁、おにぎり、バナナなどのお食事をいただきながら、被災された方々の話をききました。私のチームは大船渡の消防団で活動されている青年で波に流されて助かった方の話をききました。地震がきたら「高台に避難してほしい」というのを痛切に感じたと言っていました。
別のチームはマラソンをされている男性で、津波に自分の家が流され、流されている途中で自分の家の屋根から丈夫そうな家の屋根に飛び乗って、命が助かった男性の話だったそうです。つらい思いをされているのに丁寧にお話ししてくださって、ありがたいなと思いました。
商店街のみなさんが笑顔で迎えて見送ってくださったのがとても印象的でした。私も元気をもらいました。
IMG_2338IMG_2337
大船渡夢商店街を過ぎて、行きのバスで津波の映像を見たのですが,その撮影ポイントに到着しました。目の前に見えるのはさら地とさいとう製菓さんの看板などのある建物だけ。
すべて流され、すべて瓦礫となった家々は撤去されていました。

その後,さいとう製菓さんに到着。”かもめのたまご”のミニをいただきました。
IMG_2346image

しばらく走り、三陸鉄道の盛駅に到着。三陸鉄道南リアス線は現在は盛駅から吉浜まで走っています。来年にはもう少し長く鉄道がとおる予定だそうです。
IMG_2352
 運賃表の半分はまだ再開通していないから

IMG_2356IMG_2370
“恋し浜”駅停車。ホタテの貝に願いを書いてつるしてある場所があります。思い思いの願いが書いてあり、希望がつまった部屋でした。
IMG_2384
三陸下車:大津波資料館というちいさな施設があって、津波が押し寄せた時とその後の写真が展示されていました。駅に降りたら海が見えて、気分が悪くなり駅構内に戻られる方もいました。
IMG_2392

その後、駅に戻り吉浜に。吉浜駅下車し、みんなで記念撮影をして、ここから走ります。
国道45号をずっと走り、トンネルなどを越えながら唐丹に。途中で仮設住宅の前をとおりましたが、住民の方がたくさんいらっしゃるようでした。これからぐっと寒くなるけど暖かくすごせたらいいな、と思いました。

唐丹(とうに)駅前のエイドにて補給。その後釜石市に入ります。

IMG_2404
↑ 唐丹で。黄色いのは”がんづき”。蒸しパンやゆべし、おせんべい、南部センベイなどなど。
唐丹駅は来年開通し、鉄道が走るそうです。

トンネルを過ぎたら釜石市に入りましたが、小雨が降り始めました。途中で野球少年がエイドまでランニングに合流。みんな元気元気。ゴールから4km地点のスーパーにあるエイドにて補給。

釜石港にあるホテルわき地点がゴールなのでそちらまでラン。最後の数kmぐらいは真面目に走ろうか・・・ときよみんと話をして即登り坂をダッシュ。下りもダッシュ。

IMG_2408
↑ はじめて36kmという距離を走る友人のカメちゃんと雅子ちゃん。みんなこんないい笑顔。スタッフも本当にいい笑顔をくれました。

お風呂にはいってホテルにて後夜祭。
みんなとっても大盛り上がりでした。ランニング終了の充実感もありますが、仲間として結束力が高まっている様子です。
そして
くじ引き。当選者は前に出て行き景品をもらいながら一言。みんないろんな思いがあるようです。本当にいろんな思いで今回のイベントに参加されているようです。
出身が岩手の方も、地元の方もいました。少しずつ環境や想いが違っていても気持ちは一緒のようでした。

 私は、と言えば、津波が襲ってさら地になった土地を見るのはこれが初めてではないのですが、いつも思うのは”こんなことになるなんて・・・”と。
ですが、いつも接する被災者の方たちはつらい思いをしているのに、その気持ちを抱えながら気丈に私たちに丁寧にお話をしてくださいます。そしてとても笑顔が優しいし、なんでだかわからないのですが元気をもらっちゃうのです。
 私ができることは?それは聞いたお話を伝えること、そして震災について話し合うことです。そして忘れないことなんですよね。 普段はランニングばかりで忘れがちですが、TOMOSU RUNに参加して、東日本を思い直すいい機会になりました。
 スタッフのみなさんには、ずっと元気をもらいました。みんなとってもいい笑顔で応援してくださいました。こんなにランニングのサポートされるのが嬉しくて、まいりました。(笑)
参加者の皆さんもすがすがしくとてもいい笑顔でした。

なんだか走ることで復興の様子を見つめられる、元気をもらえる。そして復興を願う。
また、参加したいイベントでした。

 

 

 


ランニング、レースと山の合間に

みなさんこんにちわ。

今日はUTMFの当選発表の日でFACEBOOKで”当選!、”落選!”がいきわたっていましたね。それを見ていると、それぞれの気持ちがすごく感じ取れて、嬉しかったり悲しかったりと、ランチタイムからずっといろんな感情になり、疲れてしまいました(笑)。

☆ミニ情報(ご存じの方も多いでしょうが・・・)
UTMFは(Ultra-Trail Mt. Fuji)といい、富士山の周りの山麓、林道、歩道を走りつなぎ、    富士山をぐるり一周するレースです。距離は161km、累積標高は9,000mの日本初の100マイルレースです。制限時間は46時間。同時にSTYという(”Shizuoka to Yamanashi”、距離84km、累積標高4000m、制限時間24時間)のUTMFの半分のレースも行われます。2014年は4月の25日からUTMF,26日からSTYという日程です。

UTMF, STY参加選手の皆さん、頑張りましょうね!
IMG_0616

↓ UTMFのホームページはこちら
utmf homepage

さてさて、最近は本格的に寒くなってきましたね。そろそろ日本アルプスは冬山になり、なかなか経験と能力がないといけない時期ですね。私は先日の奥穂高岳が忘れられず、北アルプスに行きたいなあ・・・・と思っております。でも行く時間も実力もない。そんな中、ふと、涸沢ヒュッテで見た”岳”の映画の撮影模様や新聞の切り抜きをみて興味を持ったのでマンガの”岳”を読み始めました。

IMG_2280
↑ 石塚真一さんの ”岳”  マンガ大好きなんです(笑)

映画もありますね。

↓ リンクは下(主人公は小栗君ですね)
Gaku*movie

 なんとのっけから我慢ができずに泣いてしまいました….。主人公の三歩がすごいから、だけではなく、登る方、救助する方、本当にいろんな人生や思いが溢れていて、本当に感動しました。山は綺麗だけではなく、厳しい面も持っているんですよね。命を落とす方もいるし、そしてそうさせまいと懸命に救おうとする方もいます。同僚から、彼の友人が山で100mほど滑落してヘリコプターで救助された、という話をききました。本当にその人の命が助かってよかったなって思いました。
改めて思いますが、山へは楽しいだけではなく、必要な装備を忘れずにしっかり準備して行きたいですよね。たとえ標高が低い山であっても・・・。なので、トレラン行く際は 水、食糧、防寒、雨具、救急セット、熊鈴や笛、ライトは絶対持ってくださいねー。
登山行かれる方、もっといろいろあると思いますが、しっかり準備して慎重に楽しんでくださいね。

それでは今日はランニング、レースと山の合間に心の休憩をしてみました。

ありがとうございます。