DNFというチャンス

DNFされた皆さんへ

こんばんは!先週は金曜日の夜中から友人とUTMFの応援にいってまいりました。
日曜日の朝、河口湖でぐるりから戻ってきたランナーを見て涙ぐみました。本当に戻ってきたんだなー、と。
今年はあの完走率の低さに天候がサーフェスに与える影響をヒシヒシと感じました。
故障、体調の不調、気持ちが折れた、そして泣く泣く関門に引っかかったなどありますね。

悔しくて悔しくて辛い方へ。
DNFは来年の完走へのチャンスです。そう私は思います。
今年はすべてのレースがDNFの私がいうのもなんですが、トルデジアンを完走したい、という目的を定めた時の話をします。

1.完走に何が足りないか、を現実レベルで考えることでやるべき課題が出てきます。
私の場合はトルデジアンの場合は:
・山力のなさ
・精神力の弱さ
・胃の弱さ が課題でした。
2.課題に向かい、改善手段を考えます。
山力に関しては、南アルプス、あるいはエイドが充実してるシチュエーションではないレースやイベントに慣れて、とにかく厳しい山の斜面に慣れようと、いろいろでかけました。冬山もその一つだし、縦走や分水嶺に興味を持ったきっかけもそれが要因でした。
精神力に関しては、仕事において悪シチュエーションを想定しながらギリギリまで粘ることをしました。徹夜も何度かしました。
胃の弱さに関しては、食べてからすぐ動くこと、をしました。例えばお寿司を食べた後にジョグするなど、です。笑。これは超長距離トレイルレースをでている武石さんから受けたアドバイスでもあります。
3.負けそうな時に見るものを作ること。
私の部屋にはトルデジアンのフラグがあります。デスクトップにはゴールゲートをスクリーンセイバーにしていました。携帯にはあの美しい景色をメイン画面に。しかも、自分の心が折れた時の景色です。
あとは心にいつも景色を思い浮かべます。それだけで熱い気持ちが沸き起こり、涙ぐみます。(私は涙がポロポロでますが)。
改めて、来年こそは!と強く思えます。

一年がかりなんてあまりかっこよくない〜、と思う方もいるかもしれませんが、私はそれでいいと思います。一年越しで完走したいと思う目標は、素敵です。そして一回に一つでいいと思います。
長い一生、一つ一つ大切に取り組めばいいと思いますよ。生き急ぎはいけないですよ!楽しまないと、です。

今年はすべてのレースがDNFで本当に情けない私ですが…まだなかなか走る気持ちになりません。今はまだ自分に甘くし、走りたいと思う気持ちになるのを待ってます。そこから対策を実行に移したいと思います〜。人にはリズムがありますから、ね!

皆さんの目標への対策方法はなんでしょうか。ぜひ聞きたいです!聞かせてください。

01 - 1

UTMFのゲート。ここから出発しここに戻る。長いドラマが一人一人にあります。

 

 

 

 


0919-21飯豊山連邦縦走

こんにちわ!ミキです。

今週は信越五岳、そして週末はUTMFとトレイルランのクライマックスがやってきましたね!楽しみですね。
イタリアでは愛しのトルデジアンが悪天候により200㎞でレースが中止になり、なんと実際にゴールゲートをくぐったのは6人という驚きの結果となってしまいました。みんながあのすばらしいレースを最後まで進めなかったことはとても胸が痛見ます。でも・・・天候によりレースは変わるものなので受け入れざるを得ませんよね。つらいですね、ですがですがあの悪天候の中200㎞地点まで進んだみんなには敬意を表したいです。だってだって3000m級のあの斜度のある斜面のつるつるは恐怖ですよ。私は初年度は雪が降ってないのに怖くて泣いていましたから。本当にお疲れ様でした!

そんな中、トルデジアン仲間の吉田さんとゆうこりんと飯豊連峰縦走に行ってきました。
飯豊連峰は磐梯朝日国立公園にあり、福島県、新潟県、山形県の三県にまたがる山々です。その中の飯豊山は(2,105m)日本の100名山の一つで、昔から山岳信仰の山だったそうです。

18日金曜日の夜深夜バスに乗り、会津若松駅を目指します。

22 - 1

会津若松駅まえの赤ベコとゆうこりん。ご満悦です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22 - 1

さあ開始。右側にトイレもあり、民宿案内所もあります。吉田さんは56L。ゆうこりんは38L。

 

 

 

 

 

 

 

 

22 - 1

吉田さんとゆうこりん。まだまだ、まだまだ岩場が続きます。登りごたえ満点。

途中岩場になり、鎖場もありますが、三点確保で慎重に登ります。

 

 

 

 

 

22 - 1

三国小屋。こちらのほうの避難小屋はとてもきれい。

ようやく一つ目の避難小屋に到着。三国岳(1,644m)の三国小屋です。

 

 

 

 

 

小休憩後、先を進みます。ところが雨、雨、雨で晴れていたら美しいであろう稜線も見えません。ガスっており・・・でも雨の中って嫌いではありません。
切合小屋にて昼の腹ごしらえをささっとして先を進みます。
雨と風が強く、登りもなかなかの斜面で体が重く(あ、いつものことですけどね~笑)
気合を入れて一歩一歩進みます。強風が吹く地帯を超えて
15時あたりに飯豊山本山小屋到着。

22 - 1

飯豊山本山小屋。

22 - 1

神社があります。山信仰ありましたからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テントを張りに登ってきた斜面を下りますが、強風が吹き荒れる地帯がテント場で・・・
寒さでかじかんだ手で震えながらテントを張ります。ペグをダウンしつつ、ザックをテント中に入れようとしたところ、ものがひっかかりモタモタしていたら、すごい強風がやっていて、なんとものすごい勢いでテントが飛ばされてしまいました。まるで三匹の子豚の家です・・・。」
”ああー、私のアライテントちゃんがーーーー!”あっという間に空中に浮いて斜面に引っかかりました。引っかかった斜面に行くのにトレイルがあったので下りて、吉田さんにテントを運んでもらいました。
なんとかテントを張り、中に入り装備を出すも・・・・なんと寝袋を忘れたようです。ここは2000m超え、そして強風が吹いている。分水嶺でも大丈夫だったし、ツエルト泊も結構してきているし・・・ではだめです。
ダウンの上下とエスケープビビイーだけでは耐えられないだろうと
決心をして避難小屋にて寝ることを決めました。吉田さんとゆうこりんはちゃんとテントを張り、なかなか快適に寝れたようです。

22 - 1

本山避難小屋の夜は楽しい。かぼちゃの炒め物や主人の料理をごちそうになり、山小屋での登山者の会話も楽しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

22 - 1

いただいた料理。あぶらあげに納豆とねぎが入ってて、ビールが飲みたくなる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて二日目!小雨でスタートです。

22 - 1

ときおき見える先・・・。紅葉しているのがわかります

 

 

 

 

 

 

22 - 1

御西小屋到着。

 

 

 

 

 

 

 

22 - 1

雲が晴れて紅葉した稜線が見えました

 

 

 

 

 

 

22 - 1

今日は無印のチリコンカン!

御西小屋で小休憩をとり、天狗岳、烏帽子岳を進み、梅花皮岳を超えて
梅花皮岳山荘で腹ごしらえをします。

 

 

 
その後北俣岳(2,024.8m)を超えて門内岳到着。門内岳に到着したのは12時すぎでここで宿泊予定でしたが早いため、先を進み、頼花木小屋にて泊まるため目指します。
途中、雨がやみ、ガスが晴れる所もありました。

22 - 1

北俣岳の雪の斜面。北俣岳の雪渓はとても有名だそうです。石転び沢で登るそうです。

 

 

 

 

 

 

 

22 - 1
うわあい、うわあい^^

 

 

 

 

 

 
地神山を越えて・・・・

22 - 1

ガスが晴れるとこんな感じ!”神様私今週めっちゃ頑張った!だからお願い!”っていったからかどうか・・・きれいでしたよ

 22 - 1

 22 - 1

22 - 1

頼花木山を越えると頼母小屋が見えてきます。こじんまりしてきれいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝袋がないから避難小屋で宿泊しようとしたら避難小屋の主人がお布団を3枚貸してくれました!優しい!夜はもふもふしながら寝れました。

22 - 1

アライのエアライズ。ここからほかの二人とテントを眺めて楽しみます。

22 - 2

ビールを飲んでこてっと寝て起きたら、日が沈んでおり・・・でも昼間見えなかった尾根が見え・・・雲海と三日月がきれいでした。なんだかご褒美でした。

22 - 1

太陽が昇ってきました

22 - 1

おはようございます。美しい夜明けで、皆さんにもいい日がきますように

 

 

 

 

 

 

5時ちょっとすぎに頼母木小屋を出発し頼母木山を登り、地神北峰から丸森尾根を下ります。

22 - 1

ぬかるんだサーフェスや、砂っぽいサーフェスなどの変化を楽しみながら、ずっとずっと下ります。なかなかテクニックが必要な斜面です。この斜面は斜度がすごい

下れば下るほど気温が上がるのが感じられました。なかなかテクニカルな油断できない斜面が続きます。

22 - 1

ゴール^^

22 - 1

 

下山10:00あたり、飯豊山山荘到着。しばらく休憩して飯豊梅花皮荘まで歩き温泉に入り、
11:58のバスにより小国駅へ。

飯豊山連邦を縦走してわかったことは下記です:

①けっこう山力がいること(三点確保で登り斜面あるし台嵓尾根はかなりテクニカルらしいです)。ですが縦走するには最高の楽しい地域です。南アルプスも八ヶ岳もいいですが、人も少なめでいいですよ~

②避難小屋とはいえど場所によっては管理人がいて、アットホームな山小屋もあること。
③トイレがきれい

22 - 1

使用後のトイレをきれいにするための自転車。おがくずを混ぜるのに稼働します

④熊注意の看板がないけど、実はいる
⑤みな、フレンドリーである。そして優しい。
下山後のお風呂場でも話しかけられました。山荘のお姉さんには私物の靴下をいただいてしまいました。

22 - 1

おぐに駅でたかきびうどんを食す。

帰りは新潟駅から新幹線です。
雨や風もあった旅ですが新たな山の魅力を知れたいい旅でした。
吉田さん、ゆうこりん、ありがとうございます。
みなさんもぜひ行かれてみてください!

IMG_6371.JPG

最近ゆうこりんとのお気に入りはこの帽子。Patagonia。髪を二つ結びが一番決まります^^

IMG_6540.JPG

The NorthfaceのTeeに、タイツとショーパンはPatagonia。ザックはMilletの30L。寝袋が入っていたら30L には入りませんでした~涙


0814白峰三山へgo

こんにちは!MBが終わってみんなの頑張りに感動してしまったミキです。
来週はついにトルデジアン!(≧∇≦)
いやー、でないのにわくわくしちゃいます。

さて、私は8月中旬に南アルプスにいってきましたよ。ヨーロッパのあの大きい山に適応できるように去年から行き始めました。
長い距離や標高高い所が好きなので、というのもあります。
いつも山に行くとき一緒のゆうこりんと。メインはビバーク付きの縦走です。
なので格好はトレイルランニングスタイルですが、バックパックは私は25Lで。
いつもは奈良田からいきますが、今回は広河原から。
到着した朝は寒くて驚きましたが、すぐにキャプ4を脱ぐことに。日が上がると暑い暑い。
たらたら登って行くと御池小屋到着。
南アルプスの天然水をたくさん飲み、ボトルに詰め込み出発です。ソフトクリームは我慢です!日差しは眩しく、超いい天気でラッキーです。滑り草の斜面を楽しみながらたらたら休みながら登り…なんだか虫が多い…途中、トルデジアンファミリーのあんさんが降りてきます。体調が悪いようで…悪いのに肩の小屋につく時間が速いのはさすがです。トルデジアンが控えてますから無理は禁物ですね。

北岳肩の小屋に11:30過ぎ到着。小腹が空いたのでラーメンをいただきます。ニンニクが効いてて美味しい!
実は農鳥小屋まで行こうとしてましたが、急ぐことはないなあ、と考え直し、北岳の山荘でツェルトをはることにしました。
だって天気いいし、素晴らしい眺めだし、時間あるし…
北岳山荘到着後、ツェルトをはります。そして生ビールを飲みにいきました!いやー、こんな標高高いところで生が飲めるなんて!!
年末に天狗岳いく途中の黒百合ヒュッテでビールを飲んだら猛烈に酔っ払ったので、想像してましたが、酔っ払いました。ゆうこりんは強いので、中ジョッキのあとさらに缶ビールを飲んでましたw。 夕暮れの景色は静かでゆったりした時間が流れ…贅沢なひとときでした。いやなことも疲れもなにもかも忘れられる幸せな時です。
…で案の定、ツェルトの中で爆睡です。
夜にむくむくっと起きて、ゆうこりんに声をかけてディナータイム。夜はアルファ米とコンビニで買ったお惣菜で周りのテントの会話や暗闇の中で見える景色を見ながら食べました。テレビやラジオ、携帯もみる必要がないぐらい心も平穏で、幸せでした。
山ではなぜか眠れる…と思ったら、結露が激しく起きる時間の前に、ツェルト内が冷たくて驚きました。シュラフカバー必要だったなあー…。
朝は3時起床。すぐお湯を沸かして、ツェルトをしまいながらご飯を食べます。雨降ってないし風もなくてラッキーです。まず星がキレイ。いやー、東京ではみれませんね、この景色!大きな流れ星が現れ、思わず K!K!K!と頭に浮かびます。K!ってなんぞや。笑。
寝ぼけてるから、あまり気にしませんでした。
4時ちょい過ぎに北岳山荘を出発。
夜が明けていく様子を見ながらゆっくり進みます。
終始”うわあ、キレー^ ^”という声を上げながらゆっくり進みます。
”富士山だ!”とゆうこりんがいいますが、
左側にどう見てもマンタにしか見えない山が…”えー(>人<;)あれ?”と疑いましたが、しばらくしたら下の方が見えて富士山であることを認識できました。いやー、富士山って上だけ見るとツノがあるように見えるのね。
間ノ岳ではまたまた美しい富士山が見えました。
農鳥山荘ではいつものおやっさんに挨拶。おやっさんは優しいのだ。礼儀正しく装備もしっかりしてるトレイルランナーには優しい。天気の会話をして、さよならの挨拶してまた進みます。農鳥岳までの景色が山らしく本当に楽しくて好きです。途中気をつけないといけないところもありますが、怪我しないように、注意しながら進みます。
大門沢降下点あたりには鐘があり、それが見えそうなあたりで二人で”あの鐘を〜鳴らすのはあなーたー♪”と歌います。和田アキ子は本当にスゴイ、なんてつくづく二人で同意。

ここからはずっとずっとずっとずっと下りです。膝が笑っちゃいますがトルデジアンではよくあるずっとずっと続くくだり。辛いけど久々で大好きです。ずっとずっと下り…ようやく大門沢に到着。大門沢小屋でゼリーを購入してひと休憩。またまた続くくだり…途中で膝の力が入らず滑ったりしながらゆっくり下ります。
そんな時、つくづく去年のトルデジアンはよくやったなー、と感心しました。
このくだりはほとんど人に会わないので大声で歌ったり笑いながら会話したりとたらたら進みます。
2000m下るってそうありませんからね!嬉しいです。川の流れる音を聞きながら、途中俊足のハイカーさんに抜かされても、鼻歌やニャニャニャニャ歌いながら進みます。去年来た道、再び。去年を思い出しながらまた来れていることに感動しながら、です。
建設現場近くまできたら橋を渡りついに地上に。いやー、下界は暑い。でも奈良田温泉までまだ3km。いろいろ真面目な話もしながら奈良田について奈良田温泉に。なんだから空いてる。
バスの時間を待ちながらご飯を食べて広河原に移動。またバスを乗り換えて、昼間の夜叉神をまじまじと見ながらバスに揺られて甲府に移動。
贅沢な二日間でした。
来年もまた行きたいコースです。でも来年はもう少し長く縦走してみたいと思います。今年はもう南アルプスはいけないかもしれませんが、今後の楽しみのためにとっておこうとおもいました。生き急ぐのはもったいない。ゆっくり山を楽しみ、生きる糧にしたいと感じました。

16 - 1

広河原しゅっぱーつ*\(^o^)/*

16 - 1

白根御池小屋をでたらスベリ草の斜面が!キレーなのです

IMG_6037.JPG

肩の小屋にてラーメンを食す。カレーは売り切れだったよ

 

IMG_6041.JPG

北岳にてポーズ

IMG_6047.JPG

途中であった誠二さんやなっちゃんたち。めちゃ速い!速いよーファンタスティックです!

IMG_6049.JPG

山荘ついて生ビール!生が飲めるなんてー。中生は900円。

 

IMG_6061.JPG

夜のテン場。なんだか楽しそうなパーティーが。八時には寝るヨ

IMG_6071.JPG

富士山にはツノがある

IMG_6076.JPG

間ノ岳から富士山を眺める

IMG_6089.JPG

富士山and me

IMG_6106.JPG

先をいくゆうこりんに思い切り手を振るの図