分水嶺Bコース:後半

富士見平小屋で仮眠をとり、2:17頃出発。
あともう少し!…確かに距離的には、ね。ここからも本当に濃い山で….藪漕ぎゾーンもあるし、疲労が溜まった体にはこたえるんですが、好きなゾーンでもあります。正直に申し上げると苦手なサーフェスはありますが、嫌いなところは一つもありません。笑。

富士見平小屋でチーム出発の報告をして、見送ってもらい、ヘッデンつけて大好きな瑞牆山の岩場を登ります。何度登ったかなココ。最初は大学のテニス関連でつるんでいた山女のゆうこ先輩ときたんだ。”いつもミキちゃんが行くような走るトレイルの山じゃないところに行こう”と連れて行ってもらったのが最初です。ゴツゴツした岩場を気をつけて登り、おしゃべりしながらゆっくり登ります。他の人に抜かれながらもゆっくり進み、しばらくしたら踊り場に。そこから不動沢を下ります。昨夜から雨ときいていたのですが、降らなかったから滑りませんでした。2年前はまあまあ滑りました。とはいえど、油断すると転びます。
クマさんが”ココ滑るんだよな〜♪(´ε` )”と嬉しそうに抜いていきます。ここらへんからコースが変わったのもあり、試走にきている私がリードする番になりました。
焦らずマイペースにところどころ補給をとり、休みながら進みます。水の音が響き、涼しくて気持ちのよいトレイルです。
途中ようこさん夫妻達が朝ごはんを広い所でとっており、わいわい楽しそう。他のチームもおのおの朝食とってます。参加者が実に楽しそうなのが分水嶺の特徴です。
”ココ、山田さんがすっ転んだ所だよね”なんて3人で2年前のことを思い出しながら進みました。
はあー、懐かしい。
瑞牆自然公園にきて、ここからは新コースです。激流の川を大木使って渡り(渡り方ワタワタでみんなに助けてもらった)、トレイルを進み松平林道に。もう明るいので少しずつ気温が上がってます。藪漕ぎに備えてハッカ油を振りかけ、補給しながら行きます。
途中トレイルに入る道を間違えてしまいましたがなんとか目的の道に入り目的の岩場、石ッコツに。私の苦手な滑りそうな岩場。なんとか登りまた藪漕ぎします。いつの間にかたけぽんが前を進んでくれます。
ごめんよ〜私、ダメなリーダーだなあ;_;
信州峠にでて休憩。
気温が意外と上がり、知らないうちに水を大量に飲んでました…とにかくここからも長いので、進みます。
たけぽん、笑顔でリード。素敵。
松沼さんもけろっとして私の後ろをついてくれます。そのあとにスイーパーさんとマーシャルさん。寂しくありません。なんだか大勢で楽しい。
横尾山はもう気温が高く、ジリジリ照らしてきますが登ると心地よい風が吹いてきます。
小さめなピークをいくつか進んでは休み、ゆっくり進みました。
しかし暑く…
食べ物はまあありますが水がなくなり….
牧場の柵まできたところで、松沼さんにお水をわけていただきました。
今まで水がなくなるような失態をしたことはありません。瑞牆あたりで水をたくさん見て満足しており、自分の水の消費量を気にしていなかったとは、大失態です。
”水、組んでおけばよかった;_;”
”チームでよかった…”
”松沼さん、ありがとう〜〜;_;”
の気持ちでいっぱいです。

皆さんも水は必ず重くてもたくさん持ちましょうね。一番に水、です。何が何でも水、です。
バテバテになりながら、お腹の調子もなんだかよくなく、ゆっくり歩いたり登ったり。
飯盛山が見えてきた時は本当に嬉しかったです。

私の最大のミッションはたけぽん、松沼さんぬ華麗なるレース戦歴に傷をつけないこと。つまりとにかく完走することでした。

飯盛山にて本部に電話連絡して(たけぽんが)下ります。まあまあここからも獅子岩まで長い。お腹の調子が悪い私は急いだり、座ったり。よくわからないがなんだか獅子岩まで持ちそう。
なんだか視界が開けて人の声も聞こえてきて…..
ついた。
獅子岩。
制限時間内に着いたあーーーと
階段を降りてたら武田さんをはじめとするスタッフさん達、尊敬するあんさん、つまみにホッケチームが笑顔で出迎えてくれました。
わあい。13:43ゴール。
安堵しました。
記念写真を撮る時、うるっときたら金曜日からつけっぱなしのメイクが目にしみてまともに目が開けられませんでした。笑。
キンキンに冷えたビールをご馳走になり、水分がないからぐびぐび飲み、良い心地です。

f1dbc329-afa6-48c3-a34b-d9046059fb25

目がしみてあかないの図。

3368e83b-796a-4be8-b260-20c67679d472

mountain kingのストックは軽くて快適。

7aab0f35-c58f-435f-9250-fc86db68a648

ビールがものすごいご馳走でした。

   毎年、このチームを受け入れてくださる分水嶺トレイルスタッフのみなさんに感謝です。長い間気にしてくださいます。そしてゴールではとびきりの労いをしてくださいます。

そして私と我慢強く進むことを決意し、一緒に組んでくれたたけぽん、松沼さんに感謝です。
また、都合が悪くなりましたがずっと気にしてくれていた山田さんとけいちんにも感謝です。
そして”ねえ、完走できたの?”と気にして連絡くれる仲間にも感謝です。みんなとっくにゴールしていますから。

分水嶺トレイルは自分のレベルを再確認できる大会であり、濃い山を楽しめるイベントであり、恐ろしく好きな大会であります。

もっともっと山の経験を積んで、スピードトレーニングもやって、いつかはあの憧れのレースに出れるようになりたい。
と、水分をたくさんとって幸せに浸りながら思うミキでした。


分水嶺Bコース:中盤

前半終了。
…っていったって、まだ80kはあるし、一昨年のAコースだしー、まあ長いわけです。
雲取山荘では再会がありました。スリーピークスで前日ボランティアをして、当日選手として走る女性が雲取山荘でボランティアスタッフをしていました。”あー(≧∇≦)”なんて話して、激励してもらいました。
カップラーメン食べて三ツ矢サイダー飲んで(コーラは売り切れ。予想通りー)靴脱いで足裏マッサージして”痛いよう”とぴーぴー言いました。新しいラスポルティバのアカシャちゃん、どうやら前の相棒のウルトララプターちゃんより柔らかいかも。痛いんだわ(松沼さんも同意見)。それにしても雲取山までの山は厳しいんです。
休憩をそこそこに、雲取山山頂にいき、そこから一昨年のコースに向かいます。
笹の葉の崖から落ちそうになったなあー
そう思い出しましたが、今年はラッキーなことに雨は降らずいいコンディションです。がんばって進もうっ将監小屋まで。
引き続きたけぽんがリードしてくれます。
三ツ山、飛龍山…あれ三ツ山ってこんな険しかったっけ?一歩足を踏み外したら崖から落ちちゃうよねー、な道ばかりでした。人の記憶はあてにならないなあ。
いやいや、飛龍山にはいったらまた橋が多いし、崖もあるし、油断ならない道が続きます。夜になり、霧もでてかなり見えにくくなり、1人遅れて2人の後を追いかけます。

あ。ペロリと書いてますが、本当に濃いのですよ、この山は。
将監小屋がなかなか現れず、まだかなーと進むと看板が見えてきました。斜度のある滑りやすい斜面をおりたらつきました。
すでに21時近くになりました。
途中でけっこう眠かったので私だけご飯を食べずにツェルトをひいてシュラフをだしてごろ寝しました。雨がふってないのが幸いです。
テント場にはりたかったですが、場所が見つからず、他の選手の邪魔にもなるので、小屋の方の迷惑にならないように床で寝ました。
23時出発、仮眠しか取れていないので途中なんども仮眠をとりました。それでも関門の雁坂峠にできるだけ早くつくことが目的でした。細いトレイルを進み、途中からKさんと合流し、おしゃべりしながら、ほかの選手達とも励ましながらすすみます。
雁峠着。ここからまた登ります。途中で、雲取山までいきます、とソロで逆走してきたトレイルランナーに会いました。
”いやー、僕は分水嶺なんてまだまだですーっ”そうおっしゃるが、1人でこのトレイルを逆走はなかなかのもんですが、ね。
途中口笛でジブリの曲を歌ったり笑ったりしながら進みます。空が燃えるように赤くなるのが見え、鳥達が起き始めています。鳥より早くおきてる、と少しは嬉しくなりました。
ふとひらけたら、左に雲海がみえました。先がキラッと光り、雁坂峠の関門が見えました。わーい。

b21bd119-9614-4714-8c30-9b4198cfc73e

雁坂峠から見える富士ちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついたらスタッフさん達が写真を撮影してくださいます。ふとベンチを見たらKさん、なんと町田さんが、寝てました。はあー、速いとねれるわねー(>人<;)
甲武信ヶ岳でご飯を食べたいから先に進みます。雁坂峠越えで”つまみにホッケチーム”にぬかされます。5:30ほど寝ていたらしいです。はー(>人<;)いいなあ。
またまた途中で早川さんに会い、少し話してから進みます。
破風山のゴツゴツの下りは苦手。しかし前は夜だったのでまだましです。途中Kさんに下り方の悪さに笑われ抜かれました。下りて、甲武信ヶ岳を目指します。
甲武信ヶ岳到着。
カップラーメンを朝食に。でも塩っけが美味しくてたまらん。
すでにホッケチーム、Kさん、あんさん、他数名がいて、途中くまさん、早川さん達がきました。
その後甲武信ヶ岳山頂到着。本部に連絡をして出発します。
この先は大弛小屋までかなり長かった記憶があります。とにかく大弛のカレーをありつきたいっ
その気持ちを胸に進みます。
気温も高めですが、なんとか大丈夫。それより、国師ケ岳の存在を忘れてました。
たけぽんが”キツイですよ、偽ピークもたくさんありますよ”と言ってましたが、自分は全く覚えてない…。それまではもののけの森みたいなのに。
”国師のタル”からやってきました。
なんとなく先が見えない登り。
途中フラットなところで緑色のタヌキが飛び出してきて、驚きました。
いい刺激になりました。まだまだ、まだまだ登ります。登ってて思い出しました。ピーク超えて山頂についたと思ったら大きな山がこちらの様子を伺ってるのを…。この景色前にも見た。そしてこの景色みてトルデジアンを想ったことを。休みながらゆっくり国師ケ岳を目指し、ついに到着。

35c232e6-aaa7-4aba-b574-a233f270ea01

国師ケ岳って酷使ケ岳だよね 笑。 終了後、分水嶺の武田さんとみんなで笑いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついて口からでた言葉が”なんで忘れてたかな、国師!なんじゃこれ””山梨県の100名山じゃなくて、日本の百名山になるべきでしょ!””トレイルランナーならここにトレーニングに来いだよね!チー100できなよー!”
興奮して喋ってるから松沼さんもたけぽんも笑ってます。
しばらく休み、補給をして先を進みます。

長い長い木段をおりて、大弛の山荘に到着。カレーあるって、ヤッタァーー!!♪(´ε` )何よりもそれが嬉しくてたまりません。だってふつーのものが食べれるんですもん。具沢山のカレーをペロリと平らげたら、水の補給をしてすすむことにしました。国師ケ岳に比べたら金峰山なんておちゃのこさいさい♪な気分です。
途中2人に先に行ってもらいお花摘みをしたら、あまりにも速く焦りました。2人は余力たっぷり。さすがです。
金峰山から大日岩を進み、見事にきりたった崖を見ながら下に進みます。そこからからの下りから足がガクガクしてしまいました。寝ていないし疲れたが足にモロにきたようです。今までこんな風になったことはありません。自分の体、面白い。ガレ場もつるつるの岩場も鎖場もそのせいか怖く、途中合流したようこさんが朗らかにひっぱってくれたので富士見平小屋まで気持ちが保てました。
富士見平小屋到着21時ちょい過ぎ。
山小屋は就寝時間だし、20時ちょい前に着いたら食べれたであろう鹿ドッグのことを想いながらアルファ米を食べました。後半の信州峠からの時間がまあまあかかると想定し、2時に出発することに決めました。まだ足がガクガクしていましたが、睡眠で回復を願います。

 

 


分水嶺Bコース :前半

興奮冷めやらぬとはいかず、日常に戻り仕事の締めに追われタクシーで帰宅…
ハッ、3日前は山にいたのに。
ミキです。
金曜日深夜からスタートして分水嶺トレイルBコースに参加し、無事に完走することができました。
私のいるチーム、ホイポイカプセルは2年前に鴨沢コースを5人で完走しています。こちらを

昨年はDNSでしたので、なんとか今年は出たいー
ということでバタバタしましたが、なんとか3人で参加してまいりました。
2年前からそうですが、我がチームホイポイカプセルのボトルネックはわ.た.し。
いろんな事情がありますが、走力いちぢるしく低下の中、出させていただきました。

Bコースは青梅スタート、獅子岩ゴール
120kの累積標高12000mです。
制限時間は64時間です。
Aコースは鴨沢スタート、獅子岩ゴールです。また、土曜日の12時スタートのBコース
84k累積標高は約8000mです。制限時間は52時間です。
ロープスリング、カラビナなどの用具をもち、ツェルト、シュラフ、バーナー、食料と水、雨具、イマージェンシー用品、地図とコンパスなどなど必要装備を持ちゴールをめざします。
あ、2年前にブログ書いてますのでよかったら(=゚ω゚)ノ

必要だと私が思うものは下記です:
地図読み能力
時間の読みと計画性
危険判断能力
問題が起こった時の対応能力
あらゆるサーフェスに対応できる山力
楽しむ力
負けない心
山を愛する心
山を自然を山で出会う方を尊重する心
チームならチーム力
体力
走力
たくさーん! あります。
ただ最後の走力、今の私には不足してました。
今年のメンバーはたけぽん。うちのエースです。もう1人は松沼さん。なぜかトルデジアン組になりました。
タイムスケジュールはたけぽんが練ってくれたものです。2年前に出た時に、昨年亡くなられた藤生さんのブログを参考にベースをたてて、そこから私の走力に合わせ、精査してもらっています。
予測の通り、このペースだと関門が厳しいことと、やはり睡眠時間を削らないといけないことは明らかでした。私にとってはいつものことですが、お二人にはかなり厳しい大会かと。覚悟を決めての参加となりました。
金曜日の23時あたりに青梅駅の鉄道公園にて受付と入念な装備チェックがあるので到着。夜からか2年前のAコースの時と比較し、かなりすごいメンツの集まりで萎縮しそうでした。だってJTAR出場選手多数ですから。普通のトレイルレースとは(小野さんがいる以外)参加者の顔ぶれが、雰囲気が違います。

68f10699-6677-4ca4-834d-e890e74ce445

cd73854a-7fee-4c92-b832-505d43d4d70d

すべての装備チェックを受けます。そう、長丁場ですからしっかり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、まあどこにいっても必ずいるトルデジアンファミリーの山野郎達に会うと安心し、自然と嬉しくなります。
”やっばり出場能力のある人達となるとこの人達だなあ”と。

00時スタートし、まずは雲取山を目指します。知り合いもたくさんなので気分は明るいです。昨年試走にきてましたが、このコースの日向沢ノ峰あたりは山らしく好きなエリアです。しかし雲取山荘まで長い…。

 

酉谷でまさみさんが熊が向かってきたと言ってたのでビビりながらすすみます。ボーっとした頭で。これでもかという登りにちょいと思い出しました、分水嶺のすごさ。

雲取山荘着14時ちょい過ぎ。

まだ長いのですがまずは前半クリアです。


0919-21飯豊山連邦縦走

こんにちわ!ミキです。

今週は信越五岳、そして週末はUTMFとトレイルランのクライマックスがやってきましたね!楽しみですね。
イタリアでは愛しのトルデジアンが悪天候により200㎞でレースが中止になり、なんと実際にゴールゲートをくぐったのは6人という驚きの結果となってしまいました。みんながあのすばらしいレースを最後まで進めなかったことはとても胸が痛見ます。でも・・・天候によりレースは変わるものなので受け入れざるを得ませんよね。つらいですね、ですがですがあの悪天候の中200㎞地点まで進んだみんなには敬意を表したいです。だってだって3000m級のあの斜度のある斜面のつるつるは恐怖ですよ。私は初年度は雪が降ってないのに怖くて泣いていましたから。本当にお疲れ様でした!

そんな中、トルデジアン仲間の吉田さんとゆうこりんと飯豊連峰縦走に行ってきました。
飯豊連峰は磐梯朝日国立公園にあり、福島県、新潟県、山形県の三県にまたがる山々です。その中の飯豊山は(2,105m)日本の100名山の一つで、昔から山岳信仰の山だったそうです。

18日金曜日の夜深夜バスに乗り、会津若松駅を目指します。

22 - 1

会津若松駅まえの赤ベコとゆうこりん。ご満悦です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22 - 1

さあ開始。右側にトイレもあり、民宿案内所もあります。吉田さんは56L。ゆうこりんは38L。

 

 

 

 

 

 

 

 

22 - 1

吉田さんとゆうこりん。まだまだ、まだまだ岩場が続きます。登りごたえ満点。

途中岩場になり、鎖場もありますが、三点確保で慎重に登ります。

 

 

 

 

 

22 - 1

三国小屋。こちらのほうの避難小屋はとてもきれい。

ようやく一つ目の避難小屋に到着。三国岳(1,644m)の三国小屋です。

 

 

 

 

 

小休憩後、先を進みます。ところが雨、雨、雨で晴れていたら美しいであろう稜線も見えません。ガスっており・・・でも雨の中って嫌いではありません。
切合小屋にて昼の腹ごしらえをささっとして先を進みます。
雨と風が強く、登りもなかなかの斜面で体が重く(あ、いつものことですけどね~笑)
気合を入れて一歩一歩進みます。強風が吹く地帯を超えて
15時あたりに飯豊山本山小屋到着。

22 - 1

飯豊山本山小屋。

22 - 1

神社があります。山信仰ありましたからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テントを張りに登ってきた斜面を下りますが、強風が吹き荒れる地帯がテント場で・・・
寒さでかじかんだ手で震えながらテントを張ります。ペグをダウンしつつ、ザックをテント中に入れようとしたところ、ものがひっかかりモタモタしていたら、すごい強風がやっていて、なんとものすごい勢いでテントが飛ばされてしまいました。まるで三匹の子豚の家です・・・。」
”ああー、私のアライテントちゃんがーーーー!”あっという間に空中に浮いて斜面に引っかかりました。引っかかった斜面に行くのにトレイルがあったので下りて、吉田さんにテントを運んでもらいました。
なんとかテントを張り、中に入り装備を出すも・・・・なんと寝袋を忘れたようです。ここは2000m超え、そして強風が吹いている。分水嶺でも大丈夫だったし、ツエルト泊も結構してきているし・・・ではだめです。
ダウンの上下とエスケープビビイーだけでは耐えられないだろうと
決心をして避難小屋にて寝ることを決めました。吉田さんとゆうこりんはちゃんとテントを張り、なかなか快適に寝れたようです。

22 - 1

本山避難小屋の夜は楽しい。かぼちゃの炒め物や主人の料理をごちそうになり、山小屋での登山者の会話も楽しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

22 - 1

いただいた料理。あぶらあげに納豆とねぎが入ってて、ビールが飲みたくなる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて二日目!小雨でスタートです。

22 - 1

ときおき見える先・・・。紅葉しているのがわかります

 

 

 

 

 

 

22 - 1

御西小屋到着。

 

 

 

 

 

 

 

22 - 1

雲が晴れて紅葉した稜線が見えました

 

 

 

 

 

 

22 - 1

今日は無印のチリコンカン!

御西小屋で小休憩をとり、天狗岳、烏帽子岳を進み、梅花皮岳を超えて
梅花皮岳山荘で腹ごしらえをします。

 

 

 
その後北俣岳(2,024.8m)を超えて門内岳到着。門内岳に到着したのは12時すぎでここで宿泊予定でしたが早いため、先を進み、頼花木小屋にて泊まるため目指します。
途中、雨がやみ、ガスが晴れる所もありました。

22 - 1

北俣岳の雪の斜面。北俣岳の雪渓はとても有名だそうです。石転び沢で登るそうです。

 

 

 

 

 

 

 

22 - 1
うわあい、うわあい^^

 

 

 

 

 

 
地神山を越えて・・・・

22 - 1

ガスが晴れるとこんな感じ!”神様私今週めっちゃ頑張った!だからお願い!”っていったからかどうか・・・きれいでしたよ

 22 - 1

 22 - 1

22 - 1

頼花木山を越えると頼母小屋が見えてきます。こじんまりしてきれいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝袋がないから避難小屋で宿泊しようとしたら避難小屋の主人がお布団を3枚貸してくれました!優しい!夜はもふもふしながら寝れました。

22 - 1

アライのエアライズ。ここからほかの二人とテントを眺めて楽しみます。

22 - 2

ビールを飲んでこてっと寝て起きたら、日が沈んでおり・・・でも昼間見えなかった尾根が見え・・・雲海と三日月がきれいでした。なんだかご褒美でした。

22 - 1

太陽が昇ってきました

22 - 1

おはようございます。美しい夜明けで、皆さんにもいい日がきますように

 

 

 

 

 

 

5時ちょっとすぎに頼母木小屋を出発し頼母木山を登り、地神北峰から丸森尾根を下ります。

22 - 1

ぬかるんだサーフェスや、砂っぽいサーフェスなどの変化を楽しみながら、ずっとずっと下ります。なかなかテクニックが必要な斜面です。この斜面は斜度がすごい

下れば下るほど気温が上がるのが感じられました。なかなかテクニカルな油断できない斜面が続きます。

22 - 1

ゴール^^

22 - 1

 

下山10:00あたり、飯豊山山荘到着。しばらく休憩して飯豊梅花皮荘まで歩き温泉に入り、
11:58のバスにより小国駅へ。

飯豊山連邦を縦走してわかったことは下記です:

①けっこう山力がいること(三点確保で登り斜面あるし台嵓尾根はかなりテクニカルらしいです)。ですが縦走するには最高の楽しい地域です。南アルプスも八ヶ岳もいいですが、人も少なめでいいですよ~

②避難小屋とはいえど場所によっては管理人がいて、アットホームな山小屋もあること。
③トイレがきれい

22 - 1

使用後のトイレをきれいにするための自転車。おがくずを混ぜるのに稼働します

④熊注意の看板がないけど、実はいる
⑤みな、フレンドリーである。そして優しい。
下山後のお風呂場でも話しかけられました。山荘のお姉さんには私物の靴下をいただいてしまいました。

22 - 1

おぐに駅でたかきびうどんを食す。

帰りは新潟駅から新幹線です。
雨や風もあった旅ですが新たな山の魅力を知れたいい旅でした。
吉田さん、ゆうこりん、ありがとうございます。
みなさんもぜひ行かれてみてください!

IMG_6371.JPG

最近ゆうこりんとのお気に入りはこの帽子。Patagonia。髪を二つ結びが一番決まります^^

IMG_6540.JPG

The NorthfaceのTeeに、タイツとショーパンはPatagonia。ザックはMilletの30L。寝袋が入っていたら30L には入りませんでした~涙